著者
伊藤 康弘 宮内 昭 木原 実 小林 薫 廣川 満良 宮 章博
出版者
日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会
雑誌
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 (ISSN:21869545)
巻号頁・発行日
vol.30, no.4, pp.294-298, 2013 (Released:2014-01-31)
参考文献数
10

年齢は甲状腺乳頭癌の予後を規定する重要な因子である。特に高齢者乳頭癌が生命予後不良であることは,よく知られている。ただし,生命予後とリンパ節再発予後,遠隔再発予後とは必ずしも一致しない。今回われわれは小児(20歳未満)乳頭癌110例の予後および予後因子について検討した。8例に術前から遠隔転移を認め(M1),これらはM0症例に比べてaggressiveな臨床病理学的所見を示した。M0症例における10年リンパ節および遠隔再発率はそれぞれ16%,5%であった。多変量解析において3cm以上のリンパ節転移,16歳以下が独立したリンパ節再発予後因子であり,3cm以上のリンパ節転移と被膜外進展が遠隔再発予後因子であった。M1症例およびM0症例各1例が癌死した。小児乳頭癌の生命予後は良好であるが,再発率はかなり高い。特に3cm以上のリンパ節転移,16歳以下,被膜外進展のある症例に対しては慎重な治療と経過観察が必要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (70 users, 93 posts, 39 favorites)

小児甲状腺乳頭癌の臨床(隈病院外科 宮内昭など、2013年) https://t.co/x7TY0AD52I … (引用) 最近のわれわれの研究では腫瘍径1cm以下でリンパ転移や遠隔転移もないsubclinicalな甲状腺微小癌は,むしろ若年者ほど増大しやすいことがわかった。
小児乳頭癌の臨床 https://t.co/kPgXuUGzqX 伊藤病院:1987-2007年の初回手術を受けた乳頭癌110症例。 年齢別の性差が不明だが、臨床癌の場合には15歳前後でスパークするのが特徴である。 https://t.co/gLbXSndZmr
「腫瘍径1cm以下でリンパ節転移や遠隔転移もないsubclinicalな微小癌は,むしろ若年者ほど増大しやすいことがわかった」  https://t.co/dmdgEe3wE6 隈病院の研究が @sivad @SciCom_hayashi
小児乳頭癌の臨床  隈病院  https://t.co/dmdgEe3wE6 「生命予後は良好であるが,再発率は高い。発見時にすでに進行している症例も多く,特に16歳以下の症例,3cm以上のリンパ節転移のある症例,T4aに相当する被膜外進展のある症例は再発しやすく,慎重な治療およ
@myenSU 伊藤康弘ら (2014) https://t.co/wBBXJNKZcl より "家族歴のない単発性のT1N0M0症例以外には甲状腺全摘を勧めたい"
伊藤康弘, 宮内昭ら (2013) "小児乳頭癌の臨床" https://t.co/wBBXJNKZcl

収集済み URL リスト