著者
平岡 昭利
出版者
地理空間学会
雑誌
地理空間 (ISSN:18829872)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.1-17, 2011 (Released:2018-04-11)

明治期,一獲千金をもくろみ,羽毛を獲得するためアホウドリなどの鳥類を追った日本人の行動は,太平洋の島々へと拡大していったが,本研究は南シナ海の東沙(プラタス)島への日本人の進出を考察したものである。東沙島へは1901 年にアホウドリを求めて玉置半右衛門や水谷新六が探検を行ったが,同島にはアホウドリは生息せず,玉置はすぐに断念し,水谷は目的をカツオドリに代えて進出したが失敗した。次に進出した西澤吉治は,当初,鳥類の捕獲を企図したが,鳥糞(グアノ)・リン鉱採取も視野に入れ,大量の労働者を導入した。無人島が一躍,企業(会社)島「西澤島」に変貌し,無人島進出の行為目的が鳥類から鳥糞・リン鉱採取に変わるのである。また,西澤の事業着手後,領土問題化した西澤島事件は,対日ボイコット運動などの中国のナショナリズムの高揚のなかで起こったもので,日本政府はこれらの運動により大きな痛手を受けており,本研究では,同事件について,日本が西澤島を清国領として認め,清国が西澤の資産を買収することで決着したことにも言及した。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (110 users, 121 posts, 226 favorites)

RT #尖閣ツツジ #尖閣オトギリ 【拡散】 1907年頃。南シナ海の東沙島を西澤島と命名し開発した日本人がいた。清国は直ぐ反論。現代の中国は日本の尖閣先占は帝国主義ガーと騒ぐが清国も東沙島の先占を主張していたのである。尖閣に反論しなかった https://t.co/u8qmMTafGe https://t.co/uxXeVGiIUW
1907年頃。南シナ海の東沙島を西澤島と命名し開発した日本人がいた。清国は直ぐ反論。現代の中国は日本の尖閣先占は帝国主義ガーと騒ぐが清国も東沙島の先占を主張していたのである。尖閣に反論しなかったのに東沙島には噛み付いた清国。当時尖閣は無問題だったといえる。 https://t.co/Ilk8k7A8dZ
@machi82175302 1866年に八丈島の島民34人が東沙(プラタス)島に漂流し上陸、中国漁船に救助され香港に運ばれ、香港政庁の保護を受け、翌年イギリス商船で横浜に送還された、という史実を初めて知りました。https://t.co/uS1wl6RaFz https://t.co/nMXHD8BvGy

収集済み URL リスト