著者
北村 智 河井 大介 佐々木 裕一
出版者
社会言語科学会
雑誌
社会言語科学 (ISSN:13443909)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.16-28, 2017-09-30 (Released:2018-02-07)
参考文献数
37
被引用文献数
1

本研究では,ツイッター上でのポジティブ感情語およびネガティブ感情語の使用と,投稿動機とクラスタリング係数の関係について検討した.20~39歳の日本のツイッター利用者1472名を対象としたオンライン調査データとツイッターのログデータの分析を行なった.分析の結果,社会的報酬動機とネガティブ感情語数,特に不安感情語数には有意な負の関係が示され,記録動機とポジティブ感情語数には有意な正の関係が示された.交流・自己充足動機はネガティブ感情語数との間に有意な正の関係をもつ一方,ポジティブ感情語数との関係ではクラスタリング係数が交互作用効果をもった.最後に,ビッグデータとしてのツイッターデータの利用に関する考察を行った.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 4 favorites)

電車の中で論文一本読んだ。クラスタリング係数、感情語の使用とツイートの動機の相関関係の研究だった。https://t.co/aaoQ9Gs4uK
北村 智, 河井 大介, 佐々木 裕一 ソーシャルメディアにおける感情語使用と 投稿動機,ネットワーク構造の関係―ツイッターでのポジティブ感情語・ネガティブ感情語に着目して― https://t.co/0Ga7xRTEkj 私の研究もいくつか引用して下さっている.が,読めぬ…

収集済み URL リスト