oʞɐsɐ ɐɹnıɯ (@asarin)

投稿一覧(最新100件)

@masashikomori @riet911 @aloha_koh こんな論文がありました. 鍼治療と B 型・C 型肝炎感染に関する文献レビュー https://t.co/WTGp7ZpKHW
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』の以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. なお本論文は,J-STAGE「電子付録」で補足資料が公開されています. Mizuka Ohtaka,Kaori Karasawa Perspective-ta…
『実験社会心理学研究』誌は昨秋から電子付録を利用可能としていましたが,初めてそれを適用した論文が公刊されました(左サイドバー「電子付録」からDL可能). Ohtaka, M., & Karasawa, K. Perspective… https://t.co/UbGBVi782F
RT @jssp_pr: 論文PDFへのダイレクトリンクはこちらです. 西田公昭「オウム真理教の犯罪行動についての社会心理学的分析」 https://t.co/qkUA7tJjmO https://t.co/1wBMgAFwtG
RT @kazuigarashi: 総説原稿の校正を英文校正業者に依頼したら、全く別のグループから勝手に投稿され掲載されていた、、、、Tohoku Journal of Experimental Medicineに出た驚きのリトラクション告知です。 https://t.co/…
社心研でLasso使った論文もOSFにあげた資料全部つけて投稿したけど,Lasso自体にはひとことも突っ込まれずに通ってしまった.そういうことは起こりますが,ある統計法を使ったことがリジェクト理由になるほど国内(社会)心理系の人た… https://t.co/OMyQxQllqR
渡邊芳之「心理学のデータと再現可能性」 https://t.co/2xhzP1JUwK 心理学評論「再現可能性」特集号 #基礎心再現
ref: 池田+平石「心理学における再現可能性危機:問題の構造と解決策」心理学評論 https://t.co/lBhsKBKMOI #基礎心再現
@toritorix 人狼ゲームの心理学研究はパソ研に掲載されてますね. https://t.co/VyEB1L91Hq
RT @moriguchiy: 引き続き色々とご意見をいただいていますが、より詳しい情報は以下のところをご参照ください。 ・米国の研究についてのまとめ https://t.co/DaWrxbNv4r ・日本の研究についてもふれているもの https://t.co/HBXTs4…
RT @animemitarou: 「先行研究を調べなさい」と言われて途方に暮れているそこのあなた!こちらの「資料のえじき ―ゾンビな文献収集」をぜひご覧ください(^_^)「ゾンビ」の先行研究探しを例に、詳細解説!!「ゾンビ」をあなたの好きな言葉に入れ替えれば、きっと先行研究が…
@myamadakg ここでいう社会的スキルは「社会的場面で仕事や人間関係をうまくやる」能力なんでw Kikuchi's Scale of Social Skillsでございます.洒脱な先生です. https://t.co/sAXSKidMR5
@kosukesa @saku_taka 関学心理の後輩の木戸君の嗜癖研究なんかもありますね.彼も実地研究していますよ.https://t.co/O26DHlvxaD
@aloha_koh こないだ実社心研に第一興商からの受託研究でカラオケ使ったボイストレーニングの高齢夫婦コミュニケーションへの効果を検証した論文が出ました.https://t.co/GS6jIoCU8d
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ Short Note Juri Hori The Structure of Human Well-Being Related to Ecosystem Services: A case study in…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 資料論文 有吉 美恵・池田 浩・縄田 健悟・山口 裕幸 定型業務がワークモチベーションを抑制させる心理プロセス:職務意義の媒介効果…
The structure of human well-being related to ecosystem services: A Japanese case study to confirm the repeatability… https://t.co/WGRnsRoZRl
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 長谷川孝治 ボイストレーニング・プログラムへの参加経験が心理的健康と夫婦間コミュニケーションに及ぼす影響-高齢男性と配偶者のwell-…
RT @masashikomori: @aloha_koh @asarin これな!→ https://t.co/PsuHQg2dUN 教員と学生の体のシンクロは「授業への関心度」とは関係があるんだけど,実は成績とはなんの関係もなかったんだよ(未発表).わかる. とはいえ,昔か…
RT @yuji_ikegaya: 【席位置と成績の関係】デキの良い学生は大学の講義で前方席には座わらないようです。昨年の論文より→ https://t.co/fdlGZUqoSI (注:無理やり前方に座らせると成績が伸びるという報告はあります→ https://t.co/Tq…

32 0 0 0 OA 実験心理学講義

RT @Tatsunori_Ishii: やばい、1909年の日本の心理学の教科書がダウンロードできるのを見つけた。 野上俊夫・上野陽一(1909). 実験心理学講義 同文館 https://t.co/s4kkIf457X
RT @leeswijzer: [欹耳袋]椎名乾平 2016. 相関係数の起源と多様な解釈.心理学評論 59(4): 415-444 https://t.co/nku5J1ZWLM [open access] ※「はじめに」(p. 415)では,統計学史のもつ意義に関するとても…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 宮島 健, 山口 裕幸 印象管理戦略としての偽りの実効化:多元的無知のプロセスにおける社会的機能 https://t.co/4ThSI…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 宮前 良平, 渥美 公秀 被災写真による「語りえないこと」の恢復 https://t.co/smmKIWEOwH
上野 雄己, 飯村 周平, 雨宮 怜, 嘉瀬 貴祥 困難な状況からの回復や成長に対するアプローチ https://t.co/RBkJsJMdRM 椎名 乾平 相関係数の起源と多様な解釈 https://t.co/cn30j0aCdK
上野 雄己, 飯村 周平, 雨宮 怜, 嘉瀬 貴祥 困難な状況からの回復や成長に対するアプローチ https://t.co/RBkJsJMdRM 椎名 乾平 相関係数の起源と多様な解釈 https://t.co/cn30j0aCdK
内海 健太, 齊藤 智 展望記憶における反応抑制と表象抑制の役割 https://t.co/NAbtrlLdWh 三好 清文 認記憶データモデリング https://t.co/0rvGH32AKw 木川 智美 他者を操作することの… https://t.co/XKWbfEWu2O
内海 健太, 齊藤 智 展望記憶における反応抑制と表象抑制の役割 https://t.co/NAbtrlLdWh 三好 清文 認記憶データモデリング https://t.co/0rvGH32AKw 木川 智美 他者を操作することの… https://t.co/XKWbfEWu2O
内海 健太, 齊藤 智 展望記憶における反応抑制と表象抑制の役割 https://t.co/NAbtrlLdWh 三好 清文 認記憶データモデリング https://t.co/0rvGH32AKw 木川 智美 他者を操作することの… https://t.co/XKWbfEWu2O
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(3月分)】 科学的基礎知識とハザードへの不安との関係 早期公開はこちら https://t.co/o0HP8lPiSM 日本語アブストラクトはこちら https://t.co/AtaYdAUTkU
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(3月分)】 分冊版調査と短縮版調査の統計学的比較 早期公開はこちら https://t.co/OtSruugXHx 日本語アブストラクトはこちら https://t.co/Pq0Kod0u6d
@NishikawaMasaru はい.そうです.こんな科研もやってます.https://t.co/HDqUxqQdy8
RT @morinagayasuko: ネットにあがりました。J-STAGE Articles - 女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ https://t.co/QmNoFSlfP6 (教育心理学研究)
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
北村 智, 河井 大介, 佐々木 裕一 ソーシャルメディアにおける感情語使用と 投稿動機,ネットワーク構造の関係―ツイッターでのポジティブ感情語・ネガティブ感情語に着目して― https://t.co/0Ga7xRTEkj 私の研究もいくつか引用して下さっている.が,読めぬ…
三浦麻子・楠見孝 2014 批判的思考態度・リスクに対する態度と投票行動 https://t.co/yJTtJtAmOY 以前『選挙研究』で公刊された論文がJ-STAGEでご覧いただけるようになりました。
J-STAGE Articles - 平石界 堪え性のない一研究者からみた研究者のアイデンティティ 基礎心理学研究 https://t.co/p8VmtJLmy8 あれ~これ気がついてなかった,気がする.
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 柳 学済・堀田 美保・唐沢 穣 外集団成員との相互作用の予期が集合的罪悪感に与える影響 https://t.co/JLeScQEpTS
ボウルス+ギンタス『協力する種 制度と心の共進化』 書誌情報:https://t.co/CVKdfL8Z2h リレー書評:https://t.co/nShlzB9NZn
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】 日本語版嫌悪尺度(DS-R-J)の因子構造,信頼性,妥当性の検討 https://t.co/rFZdbWG0xe
RT @jpa_psych: コンテンツ作者の村山綾さんらによる「心理学研究」所収の論文はこちらでお読みいただけます(本文は日本語です)→「被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連――」https://t.co/DiTZbA6luj https://t.co…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】山田順子・鬼頭美江・結城雅樹(2015) 友人・恋愛関係における関係流動性と親密性―日加比較による検討― https://t.co/LYtsRFVHnI
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】吉田琢哉・中津川智美(2013) 対人葛藤対処方略の選択に対する関係目標の影響―接近―回避の軸に基づく検討― https://t.co/kwh1W4yVKW
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 齋藤真由・白岩祐子・唐沢かおり 大学生における司法参加意欲の規定因:要因関連モデルを用いた検討 https://t.co/udosr…
楽しい午後でした^^ 論文はこちらです. 三浦・小森・松村・前田(2015心研) https://t.co/ENdIjLrGvU 三浦・鳥海・小森・松村・平石(2016AI学会論文誌) https://t.co/gMj8ocNsWY https://t.co/ud2kOT77Lk
楽しい午後でした^^ 論文はこちらです. 三浦・小森・松村・前田(2015心研) https://t.co/ENdIjLrGvU 三浦・鳥海・小森・松村・平石(2016AI学会論文誌) https://t.co/gMj8ocNsWY https://t.co/ud2kOT77Lk
RT @sakura_osamu: JST編集発行の『情報管理』60巻1号の《この本! おすすめします》という欄に「日本(人)にとって、科学とは?」というエッセイを書きました。科学史家・辻哲夫の『日本の科学思想』を紹介しつつ、日本の知的風土と西洋由来の科学の関係を考えたものです…
J-STAGE Articles - 絵本検索システム「ぴたりえ」~子どもにぴったりの絵本を見つけます~ https://t.co/Y2eoK48xun #ICBM1
J-STAGE Articles - コミュニケーションが困難な発達障害のある人のキュレーティング・コミュニケーション https://t.co/qaCmXu4p6J #ICBM1
これか:J-STAGE Articles - 漢字は地域をつなぐ・カタカナは地域を越える https://t.co/l26QA2KqL7 https://t.co/TOR9wN61tK
RT @oshio_at: 自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.c…
RT @oshio_at: 自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.c…
RT @oshio_at: 自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.c…
RT @oshio_at: 自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.c…
村山綾・三浦麻子「刑事事件の元被告人に対するフォルスアラーム効果」(認知科学) https://t.co/bkKUOM78CO 気づかぬうちにJ-STAGEで公開されておりました.よろしくどうぞ.
前世紀から心理学やってて出演の二人の現所属を知ってる人ならわかると思うけど,TODAってのは戸田正直先生だから.https://t.co/QnnPlIOade
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 矢守 克也・李 旉昕 「Xがない,YがXです」―疎外論から見た地域活性化戦略― https://t.co/dUqrv9HT5W
今でこそドヤ顔で「見出し機能!」と言っている私だが数年前までその存在を知らず,当時の卒論生に教えてもらったのだ.彼女のレポートや論文は本当にできがよくて,実験実習のレポートは今も「お手本」として使われてる.https://t.co/YtsYRu6bmP
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 予防焦点は創造性課題の取り組み時に粘り強い解答をもたらすか? https://t.co/0AHz8N2m5o
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 見慣れた文字だと納得しやすい――筆跡の反復接触による説得効果の促進―― https://t.co/y1tmdJ65ap
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 被援助場面で経験される感謝感情と負債感情の生起過程モデルの検討 https://t.co/05e4ZqSvLy
@nishidak0705 さいざんす.これが掛詞だと第一著者が言うものですから→https://t.co/TiJ4CSwiZE
@riet911 一応CiNiiで検索したらこんなのあったよ:https://t.co/N7byZYNemg
ふわっと無重力で心変化? 京大、土井さんらが実証実験 https://t.co/diZG6LL10A 同じく宇宙飛行士の野口聡一さんの宇宙滞在中の心理に関する論文① https://t.co/fXvKWHFzxV,②https://t.co/wYvLq8KqiG
ふわっと無重力で心変化? 京大、土井さんらが実証実験 https://t.co/diZG6LL10A 同じく宇宙飛行士の野口聡一さんの宇宙滞在中の心理に関する論文① https://t.co/fXvKWHFzxV,②https://t.co/wYvLq8KqiG
@marxindo 心研(https://t.co/GvTQLO4cMJ)以外の雑誌論文ありましたっけ.なんかどこかで「どこの雑誌も載せないのによく載せたな君の学会は.勇気がある」といったコメントを見た覚えだけあるのですが…
村井潤一郎「教育心理学領域における社会心理学的研究の概観と研究法・統計法に関する考察」教育心理学年報 https://t.co/QhqeYQJthc 雑誌的に「教育心理学領域」という冠はついているが,ごく一般的な社会心理学研究の,と考えてよい.村井さんならではの丁寧なレビュー.
そう,こんな研究がね.「2ちゃんねるが盛り上がるダイナミズム」https://t.co/TsWCD8u5dw https://t.co/pN6RBB1jUo
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 仙波 亮一 自己愛タイプ別に見た労働者の自我脅威の知覚が対処方略に及ぼす影響 https://t.co/8pzRhQZGUz
RT @jgda_pr: 日本グループ・ダイナミックス学会の今年度の優秀論文賞としてが2編が決定しました。もう1つは以下の論文です。 生命科学実験室のグループ・ダイナミックス:テクノロジカル・プラトーからのエスノグラフィ 日比野 愛子 https://t.co/YrdcxM…
RT @jgda_pr: 日本グループ・ダイナミックス学会の今年度の優秀論文賞としてが2編が決定しました。うち1つは以下の論文です。 行動免疫システムと福島県近隣の汚染地域の推定との関連 樋口 収, 下田 俊介, 小林 麻衣, 原島 雅之 https://t.co/7poXz…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』第57巻2号・論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 竹ヶ原 靖子・安保 英勇 日常的コミュニケーションから予測する潜在的援助者のコスト https://t.co/QNDN3…
飛行機の中で人の感情・認知能力・体は変化し、地上とは異なる反応を見せるようになる https://t.co/UsaTifVNOl もうちょい突き抜けると野口・木下論文「宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか」→https://t.co/AioMcKU12y
@Mizoski @tkobyashi リンクし忘れました.https://t.co/kfVJedC5E1
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』第57巻2号・論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 安藤香織・大沼進 東日本大震災後の節電行動の規定因の検討―記述的規範の影響に着目して― https://t.co/lSv…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』第57巻2号・論文早期公開のお知らせ 出口拓彦 教室における私語の頻度と規範意識・行動基準の関連:個人レベルおよび集団レベルの影響に着目して https://t.co/k3Al8rU2U1 今後も受理論文は速やかに早期公開す…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』第57巻2号・論文早期公開のお知らせ 谷口友梨・池上知子 対人認知場面での自発的推論を規定する要因:解釈レベル理論に基づく検討 https://t.co/5H0SRHWPJp
実社心研オンラインPDFのヘッダ書誌情報が無駄に英語になっているのに気づいたので57巻1号から(和文論文については)日本語にすることにしました.英語だと学生が引用文献にそのまま書きよるんですわ…今般は雑誌本体なんか見ないですからね.https://t.co/bl7YHGVnf7
@kosukesa 直接そのことじゃないけど,動心って自宅住所を掲載する主義なんですか?https://t.co/FyGrMrYEEM
@SugimotoT3 @tkobyashi ええ,できる場合,ということです.例えばこの記事(https://t.co/QqRn4KgBUC)で「専門誌「社会心理学研究」電子版で発表」から… https://t.co/QNvoMf3gor
@tweeting_drtaka ありがとうございます.その研究だけ書誌情報の紹介がない(後で追加していただこうと思います)のですが,日本語でお読みいただける論文だとこちらです→三浦・飛田(2002)「集団が創造的であるためには」https://t.co/X0W4x5jxRx
RT @tkobyashi: .@k_inamasu と2011年に選挙研究に書いたレビュー論文「ネット時代の政治コミュニケーション: メディア効果論の動向と展望」が公開されました。公刊から5年以上経ちましたがまだ「使える」レビューなのではないかと思います。https://t.…
@perafotoko 以前関学にポスドクで短期間いた人が以前その研究をしていました.「運転停止エスカレータに乗込む際の潜在的運動制御 : 違和感の原因を探る」https://t.co/GhdOFl2PQu
ESRIジャパンさんにはソフトウェア提供だけはなく,実際の解析に際しても手厚いサポートをいただきました.ありがとうございました.論文はこちらです:https://t.co/PhQyzHrSDm https://t.co/54mkKIbqDD
RT @uranus_2: 瀧本彩加(in press). 初心者のための英語プレゼンテーション術 動物心理学研究 doi:10.2502/janip.67.1.4. https://t.co/v4UWczOqkw
CiNii 論文 -  実世界指向Webマイニングによる同姓同名人物の分離(<特集>情報融合) https://t.co/ukUmowpMpr うっすらと著者のどなたかの趣味が透けて見える表 https://t.co/LzBTm6hQdC
RT @toritorix: なぜ江川卓氏と並べて @asarin 先生を評価対象に選んだのか. https://t.co/5fDilBd0Hp #jsai2017
阪神と巨人で選んだんだろうか、、、@m_harumi さんにかなり前にこの研究の源流?のネタを伺ったことはある。 https://t.co/3n6imntacM https://t.co/0Rkw28gCL6
@HrkzOgw @almore 私に言わせるとそういう本を学会誌(ですか?)で書評すること自体センスが…ということになる.面白くないと自負する技術書の書評がこちらになります:https://t.co/ci5ONn6bB7
【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)古村健太郎「接近・回避コミットメントが恋愛関係における感情経験に与える影響―行為者-パートナー相互依存性調整モデル(APIMoM)による検討―」 https://t.co/7lNcvHVHxv
【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)谷口淳一・清水裕士「大学新入生の自己高揚的自己呈示が友人関係の形成と自尊心に及ぼす影響―APIMを用いたペア縦断データの分析―」 https://t.co/ab4amYyYxn
【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)相馬敏彦・礒部智加衣「社会的動機は個人を超えて影響をもつか―ダイアド関係における社会的接近動機の収束プロセス」 https://t.co/y4eqegpUqq
【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)鬼頭美江・佐藤剛介「 夫婦関係満足感に与える自尊心の影響―夫婦データを用いたAPIMによる検討―」 https://t.co/lVWpLN4TIc
【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)石盛真徳・小杉考司・清水裕士・藤澤隆史・渡辺太・武藤杏里「マルチレベル構造方程式モデリングによる夫婦ペアデータへのアプローチ」 https://t.co/QpwRBMeA8A
【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)清水裕士「二者関係データをマルチレベル分析に適用した場合に生じる諸問題とその解決法」 https://t.co/Uygi900QJc
【実社心研・最新論文】(特集論文 ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ)浅野良輔「ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ」(エディトリアル) https://t.co/SnJWJdcbM4
【実社心研・最新論文】宮前良平・渥美公秀「 被災写真返却活動における第2の喪失についての実践研究」 https://t.co/amvRAu3yUo
【実社心研・最新論文】新井田恵美・堀毛一也「評判に対するセンシティビティが男性の短期配偶志向に及ぼす影響」 https://t.co/amvRAu3yUo

お気に入り一覧(最新100件)

論文PDFへのダイレクトリンクはこちらです. 西田公昭「オウム真理教の犯罪行動についての社会心理学的分析」 https://t.co/qkUA7tJjmO https://t.co/1wBMgAFwtG

32 0 0 0 OA 実験心理学講義

やばい、1909年の日本の心理学の教科書がダウンロードできるのを見つけた。 野上俊夫・上野陽一(1909). 実験心理学講義 同文館 https://t.co/s4kkIf457X
「統計検定を理解せずに使っている人のために」シリーズが好きです。 https://t.co/ZVv2nrAFd0
日本人の自尊感情の男女差が年々小さくなってきたという論文を出したことがあるのですが(https://t.co/7BbcxoZMlR)、男女平等では「ない」国ほど自尊感情や性格の男女差が小さいという報告がある。 https://t.co/poQxVFbolK
書誌情報を。今田恵 心理学という「科学」 https://t.co/JvocwYT0k4
「教育心理学研究」は発行されたらすぐにオンライン公開になったのか。 波田野 結花, 吉田 弘道, 岡田 謙介 (2015). 『教育心理学研究』におけるp値と効果量による解釈の違い https://t.co/VR9LrEE6aE
[memo]日本語版IPANAT作成の試み(下田ら2014心研) http://t.co/gmZNE7UVVX 感情の潜在測度.J-StageのソーシャルボタンはURLしかインクルードしないのでシンプルだが若干手間がかかる.
社会科学における因果推論の可能性。石田浩先生@東大によるすばらしい講演です(><) http://t.co/LaOkmvkiwM
パソ研に「自由意志・決定論尺度日本語版の作成」(https://t.co/EAdnrOyvOG),心研に「日本版自由意志・決定論信念尺度」(http://t.co/sCdXrw5xKc)がほぼ同時期に載っていて,東大対京大対決の様相。
パソ研に「自由意志・決定論尺度日本語版の作成」(https://t.co/EAdnrOyvOG),心研に「日本版自由意志・決定論信念尺度」(http://t.co/sCdXrw5xKc)がほぼ同時期に載っていて,東大対京大対決の様相。
北村英哉(2013). 社会的プライミング研究の歴史と現況 -特性プライミング,目標プライミング,評価プライミング,感情プライミング,マインドセット・プライミングの研究動向- 認知科学, 20(3), 293-306. https://t.co/XwXMM1BocE
入戸野先生の分散分析についての解説論文。反復測定分散分析の多重比較や球面性の仮定,多変量分散分析などについてわかりやすく書いてある。実験系の院生はもちろん,卒論生もぜひこれを読んで勉強してほしい。 https://t.co/kqZdrAniYc
論文が出ました。→「放射線に関する知識測定と不安の要因分析における諸問題」『科学技術コミュニケーション』15号 http://t.co/Wpn8De3Q4i
続先生たちは回答反応パターン研究もやっていて、5ー6本紀要論文があります。 <共同研究>反応パターンの解釈によるパーソナリティー検査の試み (1) http://t.co/f4qWK8Kwsx
これも続有恒先生の研究。郵送調査をして送付してこなかった人のところへ行って面接調査をしたら、郵送した人とは違う回答が返ってきたじゃんか!という内容。 郵送調査における回収応答からの一般化の限界 http://t.co/EKxvua8ROT
名古屋で学生をしていた時によく端々に聞いた続有恒先生の研究。質問紙と観察結果がそもそもどれくらい合致するかという内容。給食を残さず食べたかとか、挙手をしたかとか。 質問紙調査法と観察法との基礎的な比較研究 http://t.co/WWsoALN9l4
村山航さんの,妥当性についての論文。勉強になります。 村山航 2012 妥当性 概念の歴史的変遷と心理測定学的観点からの考察 教育心理学年報, 51, 118-130. http://t.co/pkxqja22UE
レポート諸々、ちゃんとした書き方を知っておくか・・・な方にぜひ。阪大生に限らずぜひどうぞ。 【阪大生のためのアカデミック・ライティング入門(2014年4月) http://t.co/Vhgq1ESj8j (誰でもDL可能)】
@tsujidai 匿名アカウントから失礼いたします。そのコメントで言及されていた分析結果は、こちらhttps://t.co/fyZTXF0ZTSの『社会学評論』論文の表2になりますね。10%水準ではありますが、「親友訪問頻度×一人当たりGDP」が有意にプラスとなっています。

フォロー(99ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @JackKiyuna: 拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u
音楽が時間経過や色彩感覚に及ぼす影響に関する基礎的考察 https://t.co/sPPeXnCTdI
音楽が時間経過に及ぼす影響-仮説的研究- https://t.co/BodpxNGlyi
RT @monogragh: 石田徹「〈資料〉私立大学法学部政治系学科における政治学教育の現状 : 龍谷大学との比較」(1995)https://t.co/zvFb6asYPU
RT @monogragh: 世登和美「政治学のジェンダー・バイアス --女子大学における政治学教育から考える」(2001)https://t.co/vF7TyjW8aU
RT @asarin: 『実験社会心理学研究』誌は昨秋から電子付録を利用可能としていましたが,初めてそれを適用した論文が公刊されました(左サイドバー「電子付録」からDL可能). Ohtaka, M., & Karasawa, K. Perspective-taking in f…
RT @asarin: 『実験社会心理学研究』誌は昨秋から電子付録を利用可能としていましたが,初めてそれを適用した論文が公刊されました(左サイドバー「電子付録」からDL可能). Ohtaka, M., & Karasawa, K. Perspective-taking in f…
RT @JSPP_keijyo: 【2018年(『パーソナリティ研究』第26巻)学会賞、奨励賞のお知らせ】 論文賞:(第26巻1号) 相馬敏彦(広島大学大学院)・西村太志(広島国際大学)・高垣小夏(高垣デンキ産業) 『攻撃的な人が不味い飲み物を与えるとき-挑発的行為と制御資源に…

フォロワー(3879ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

栁田直美(2008)「中上級レベルの「討論会」における準備活動の効果-アイスブレーキングとプレ討論会-」『日本語教育方法研究会誌』15-2, pp.34-35, 日本語教育方法研究会 https://t.co/EMvWrqmGyz
@ozawajun わたしもです。ほんと学びが多い。んで気になって調べてみて古めの論文みっけたり。今はもっといい方法あったりするのかなあ、、あんまなさそうな気もしますが。 https://t.co/ObK0fuMLTk へーへー、と。
栁田直美(2010)「初級レベルの話す活動-即時に話す・聞く力の養成を目的とした「デイリートーク」-」『日本語教育方法研究会誌』17-1, pp.52-53, 日本語教育方法研究会 https://t.co/SQ0LEPCQ99
タイトルだけでせつない : 乳幼児のキャラクター志向に関する研究 ―何故,子供は2歳のときにアンパンマンが大好きになり, 5歳になると「ださい」というのか ― https://t.co/P38oWrZwHY
【実験社会心理学研究・掲載論文】河野和明(2000) 自己隠蔽尺度 (Self-Concealment Scale) ・刺激希求尺度・自覚的身体症状の関係 https://t.co/LYEBXDeW3G
姉川恭子(2017).ベンチマークを通じて明らかにする早稲田大学の学生調査の課題 早稲田教育評論,31(1),73-83.[PDF]https://t.co/5hbJGaS19I(早稲田大学で実施されている学生関連の各種調査を整理… https://t.co/d4Jzpc7NBX
津富宏ほか(2017)静岡県立大学生は, 安心して大学生活を送り, 勉学に励むことができているか:県大生の経済状況に関する調査結果 国際関係・比較文化研究,16(1),31-70.[PDF]… https://t.co/sqE1tfFMWe
岩田弘三(2018).大学における中退の実態とその防止に向けた取り組み:大学へのヒアリング調査をもとにした事例分析 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要,8,15-26.[PDF]https://t.co/e7gH5qKNnc(… https://t.co/4K8EzfBer7
RT @marxindo: CiNii 論文 -  大東亜戦争期の日本陸軍における犯罪及び非行に関する一考察 https://t.co/yfGrmunnra #CiNii
CiNii 論文 -  大東亜戦争期の日本陸軍における犯罪及び非行に関する一考察 https://t.co/yfGrmunnra #CiNii
“沖縄における学校図書館の展開過程” https://t.co/6A8CiaM3fO #沖縄
土山玄「じんもんこん2017開催報告」情報処理, Vol.59, No.8, 2018. https://t.co/upoUYVdL2b
RT @Macaca_masataka: 「霊長類の行動研究におけるロボットの利用可能性」という総説論文を執筆しました。これまで書いた3編の総説の中で、一番熱のこもった論文になりました。https://t.co/0Hrtq9W51j
RT @Macaca_masataka: 「霊長類の行動研究におけるロボットの利用可能性」という総説論文を執筆しました。これまで書いた3編の総説の中で、一番熱のこもった論文になりました。https://t.co/0Hrtq9W51j
RT @Macaca_masataka: 「霊長類の行動研究におけるロボットの利用可能性」という総説論文を執筆しました。これまで書いた3編の総説の中で、一番熱のこもった論文になりました。https://t.co/0Hrtq9W51j
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
RT @Mikanixonable: https://t.co/sucb7chATT 英語にも似た規則がある可能性がある https://t.co/B6B6WbbxRF
暑い夏のお供に「磁性寒天」はいかがですか? https://t.co/MRQt5F89a7
RT @JackKiyuna: 拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u
RT @Mikanixonable: https://t.co/sucb7chATT 英語にも似た規則がある可能性がある https://t.co/B6B6WbbxRF
【実験社会心理学研究・掲載論文】原田春美・小西美智子・寺岡佐和・浦光博(2011) 支援枠組みにおいて専門職が用いる人間関係形成方法とそのプロセス―保健師による地域の仕組みづくりに焦点をあてて― https://t.co/RBIPVd1ALV
【閉経の年齢】 日本での研究 1.平均は49.5歳 2.早い人は45歳~56歳くらいになる人も 3.筋腫があると閉経が遅くなることがある 4.卵巣を片方とっても閉経は遅くならない 本邦女性の閉経年齢 Age at Natural… https://t.co/k9INuE6GSl
RT @ajgeog: 【E-journal GEO掲載論文】早川裕弌・安芸早穂子・辻 誠一郎 2018.古景観の復原における3次元景観情報を用いた地理的想像の喚起,E-journal GEO 13(1),236-250.https://t.co/nzfF6HRw7d

19 8 8 0 OA 梅園魚譜

暑いですね。 こんな熱帯夜は江戸時代の肉筆魚類図鑑でも眺めて涼みましょう。 人魚も魚類ですよ。ちなみに作者は旗本の本草学&写生マニア。 毛利梅園『梅園魚譜』(国立国会図書館蔵) https://t.co/bYbhmm4xdu https://t.co/OjgHsw2RB4
RT @hirokiarato: 深澤英司 (2015) 「格差と経済成長の関係についてどのように考えるか」,『レファレンス』,No.769,pp.55-73,国立国会図書館. https://t.co/FpSvxh9Sqt #経済論文
RT @hirokiarato: 深澤英司 (2015) 「格差と経済成長の関係についてどのように考えるか」,『レファレンス』,No.769,pp.55-73,国立国会図書館. https://t.co/FpSvxh9Sqt #経済論文
【実験社会心理学研究・掲載論文】品田瑞穂(2009) 二次の協力行動としての第三者による罰行動 https://t.co/OXy5mvj2gf
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(7月分)】 父親・母親の養育スタイルに関する大学生の回想とアイデンティティ形成 早期公開はこちら https://t.co/EqFKJ2Z9nJ 日本語アブストラクトはこちら https://t.co/oDDVlp…
へえ、こういう研究があるのか。/KAKEN — 研究課題をさがす | 中学校におけるCAN-DOリストの波及効果に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-25908054) https://t.co/dPXhHf7G3g
「潰瘍性大腸炎では種々の腸管外合併症が認められているが,その中でも脊椎および関節症状は血清反応陰性脊椎関節症の範疇に属している.その特徴は急性に発症し」/潰瘍性大腸炎に破壊性の股関節炎を合併した1例 (臨床整形外科 35巻3号)… https://t.co/CwOxLJJEXT
大学生を対象とした「新型うつ」のしろうと理論の検討 : https://t.co/v9zXe6BzqP #miteru
@Yu_guitarlaw ぼくには判断評価はつきにくいんですが、ざっとネットを回って見た限りは抑止力はあるとするデータの方が多いので設置の仕方等に問題があるんですかねぇ… https://t.co/B6IiudigTJ
栁田直美(2010)「非母語話者との接触場面において母語話者の情報やり方略に接触経験が及ぼす影響-母語話者への日本語教育支援を目指して-」『日本語教育』145, pp.49-60, 日本語教育学会 https://t.co/ZiVPj9jMpp
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
音楽が時間経過や色彩感覚に及ぼす影響に関する基礎的考察 https://t.co/sPPeXnCTdI
音楽が時間経過に及ぼす影響-仮説的研究- https://t.co/BodpxNGlyi

6 5 5 0 OA 字源

門司で「関」と言えば、狩谷棭斎の歌 「文字の関 まだ越えやらぬ旅人は 道の奥をば いかで知るべき」 だな。 https://t.co/bqNz6JGKcL 簡野道明『字源』の冒頭にも引かれている。 https://t.co/eQ5uPjXax5
RT @tanonaka2: 『歴代残闕日記』所収平安時代古記録のデータベース化 https://t.co/2XXSzmPrkT こういう動きがあるの有難い。データベース化でなくても少なくとも何処に何が載ってるかリスト作ってくれるだけでもダンチだからなぁ
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
RT @J_geiste: なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co…
なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co/mgNgf1mOWQ
なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co/mgNgf1mOWQ
なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co/mgNgf1mOWQ
なお、天下りや官僚制の腐敗をテーマにして採択された科研費は既にいくつかあります。 https://t.co/7tSiPPOA56 https://t.co/XZ6komV2k4 https://t.co/XLO4kczRT1 https://t.co/mgNgf1mOWQ
【実験社会心理学研究・掲載論文】山中咲耶・吉田俊和(2011) 特性的共感性があがり喚起状況における主観的感情体験と課題遂行に及ぼす影響―観察者のフィードバックに着目して― https://t.co/CW8kUfPkfs

30 30 30 1 OA 漁業と森林

RT @yamasuguri: @tcv2catnap 林業崩壊からくるドミノ現象は早い時期から予測できたのにね。 治水能力低下→水害増大・土砂流出→近海漁業への悪影響 植生単純化→生態系変化→動物絶滅・害獣被害 森林と魚 水産庁漁場保全課 https://t.co/c6H…
小林ミナ・藤井清美・栁田直美(2015)「会話教材におけるローマ字表記-英語/イタリア語の母語話者を事例として-」『早稲田日本語教育学』19, pp.1-19, 早稲田大学日本語教育研究科 https://t.co/3ykYsC6DQO
RT @evil_empire1982: という訳で何度目かの鈴木先生の論文紹介ですよ CiNii 論文 -  自由意志と神経科学—リベットによる実験とそのさまざまな解釈— https://t.co/GdIOoD3tqO #CiNii
ヤギをさわると一時的にポジティブな気持ちになるよ、という論文 https://t.co/4QPe7LVudZ
RT @EelExtinguish: 稚魚の量が海流の変化でゆらぐ程度のことをもって我々うなぎ絶滅キャンペーンの成果を否定されては困りますな。 なお、ウナギの成魚の漁獲量は着実な成果をあげておりますよ https://t.co/KqPp1z2Rur 「日本におけるニホンウナギ…
RT @EelExtinguish: 稚魚の量が海流の変化でゆらぐ程度のことをもって我々うなぎ絶滅キャンペーンの成果を否定されては困りますな。 なお、ウナギの成魚の漁獲量は着実な成果をあげておりますよ https://t.co/KqPp1z2Rur 「日本におけるニホンウナギ…
CiNii 論文 -  SNSにおける子どもの読解能力獲得の過程に関する一考察 : 「意味がわかると怖い話」を中心に(自由研究発表) https://t.co/wxaKgiT3Lp #CiNii
RT @monogragh: 石田徹「〈資料〉私立大学法学部政治系学科における政治学教育の現状 : 龍谷大学との比較」(1995)https://t.co/zvFb6asYPU
RT @monogragh: 世登和美「政治学のジェンダー・バイアス --女子大学における政治学教育から考える」(2001)https://t.co/vF7TyjW8aU
RT @Aki_Okazawa: 論文これ https://t.co/nf0hYt3E49 鉄器が本格的に使われだすまでの時間が空きすぎてるのと、使われてる技術が違うのとから、ヒッタイトから鉄の鍛錬技術が広まったというのは「…と言われていたが」と注釈つけないと言えなくなってきて…
栁田直美(2008)「中国人学習者に対する「聞き手ストラテジー」指導の効果-授業活動と日本語母語話者の対中国人学習者評価から-」『筑波大学留学生センター日本語教育論集』23, pp.15-30, 筑波大学留学生センター https://t.co/xJysfvwoiY
【実験社会心理学研究・掲載論文】河野由美(2006) 看護学生の入棺体験による死観の変化―Death Educationの効果に関する準実験的研究― https://t.co/FAoLFLPizo
CiNii 論文 -  ベジタリアンを取り巻く日本的状況 : 食育思想と近親者からの干渉 https://t.co/io286TcoZN #CiNii
CiNii 論文 -  ベジタリアンへのインタビュー調査 : 近親者の反応と食育 (2011年度修士論文要旨) https://t.co/dhqALLfPaz #CiNii
CiNii 論文 -  ヴィーガニズムと人間関係美学 : 人間・食物・自然関係と新たな芸術的表現 https://t.co/oYr2cUECnJ #CiNii
沖裕貴・宮浦崇・井上史子(2011).一貫性構築のための3つのポリシー(DP・CP・AP)の策定方法:各大学の事例をもとに 教育情報研究,26(3),17-30.[PDF]https://t.co/LD2jKuQ7lT(使用可能な… https://t.co/hm4FwCzwUr

1 1 1 0 OA 諭文紹介

OCR界ではわりと逆パターンもある。 例「諭文紹介」 https://t.co/gG6O3prOKC
RT @JSPP_keijyo: 【2018年(『パーソナリティ研究』第26巻)学会賞、奨励賞のお知らせ】 論文賞:(第26巻1号) 相馬敏彦(広島大学大学院)・西村太志(広島国際大学)・高垣小夏(高垣デンキ産業) 『攻撃的な人が不味い飲み物を与えるとき-挑発的行為と制御資源に…
RT @asarin: 『実験社会心理学研究』誌は昨秋から電子付録を利用可能としていましたが,初めてそれを適用した論文が公刊されました(左サイドバー「電子付録」からDL可能). Ohtaka, M., & Karasawa, K. Perspective-taking in f…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】吉田綾乃・浦光博(2003) 自己卑下呈示を通じた直接的・間接的な適応促進効果の検討 https://t.co/ib2lLTF3tC
栁田直美(2013)「接触場面における母語話者のコミュニケーション方略に関する研究の動向と課題」『関西学院大学日本語教育センター紀要』2, pp.21-35, 関西学院大学日本語教育センター https://t.co/BsWopOFfxU
明日のBS課題はこちらとなっております。読みました。「日本型オムニチャネルの特質と理論的課題 近藤公彦」https://t.co/xW5xzMYHI7
【実験社会心理学研究・掲載論文】吉田綾乃・浦光博(2003) 自己卑下呈示を通じた直接的・間接的な適応促進効果の検討 https://t.co/ib2lLTF3tC
RT @JSSunofficial: #社会学評論 書評 酒井泰斗・浦野茂・前田泰樹・中村和生・小宮友根編『概念分析の社会学2 : 実践の社会的論理』 https://t.co/GQOqymXVE5
“機械学習によってNDLSH細目付き件名標目に対するNDC代表分類記号を同定する試み” https://t.co/uzsXx4URZd
“CiNii 論文 -  機械学習によってNDLSH細目付き件名標目に対するNDC代表分類記号を同定する試み” https://t.co/GLFTvX4EmF
RT @arishima_takeo: 今泉早織「「自覚」と「不快」――埴谷雄高の創作における西田幾多郎の影響」、『求真』、田辺元記念哲学会求真会、2015。これはウェブで読めるよ。https://t.co/6wJDwDn1C3
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
RT @asarin: 『実験社会心理学研究』誌は昨秋から電子付録を利用可能としていましたが,初めてそれを適用した論文が公刊されました(左サイドバー「電子付録」からDL可能). Ohtaka, M., & Karasawa, K. Perspective-taking in f…
RT @NKGgakkaishi: 【全文公開】金田智子(2011)「「生活のための日本語」能力測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/FYyG2DfgQg
栁田直美(2010)「初級レベルの話す活動-即時に話す・聞く力の養成を目的とした「デイリートーク」-」『日本語教育方法研究会誌』17-1, pp.52-53, 日本語教育方法研究会 https://t.co/SQ0LEPCQ99
RT @animemitarou: 「論文のテーマが決まらない」と唸っているそこのあなた!うんうん唸っても、多分ずっと決まりません…。とにかく関連する論文や書籍を読んでみましょう。頭でっかちになるんじゃないかって?そうなるほど読んだらそれはそれですごいので大丈夫!心配せずにどん…
RT @asarin: 『実験社会心理学研究』誌は昨秋から電子付録を利用可能としていましたが,初めてそれを適用した論文が公刊されました(左サイドバー「電子付録」からDL可能). Ohtaka, M., & Karasawa, K. Perspective-taking in f…
RT @ShinHiroi: 【細胞障害性抗がん薬の治験参加中に被留置者となった一例】 単に治験データから脱落したものとして処理するのだと思っていましたが、保険診療→公費医療、治験薬中止は倫理上問題がないか? 等々色々な問題に気づかされました。大学にいれば全文読めたのに。 引用…
RT @JSPP_keijyo: 【2018年(『パーソナリティ研究』第26巻)学会賞、奨励賞のお知らせ】 論文賞:(第26巻1号) 相馬敏彦(広島大学大学院)・西村太志(広島国際大学)・高垣小夏(高垣デンキ産業) 『攻撃的な人が不味い飲み物を与えるとき-挑発的行為と制御資源に…
RT @JSPP_keijyo: 【2018年(『パーソナリティ研究』第26巻)学会賞、奨励賞のお知らせ】 論文賞:(第26巻1号) 相馬敏彦(広島大学大学院)・西村太志(広島国際大学)・高垣小夏(高垣デンキ産業) 『攻撃的な人が不味い飲み物を与えるとき-挑発的行為と制御資源に…
【実験社会心理学研究・掲載論文】矢守克也(2009) 再論―正常化の偏見 https://t.co/verMgZXHRy
メモ「高梁川と小田川の合流点付け替えの効果」 https://t.co/RWwlQx0v4U
RT @nishidak0705: 日本社会心理学会の機関紙に掲載された拙著です。僭越ながら、オウムの犯罪心理に関心ある方には読んでもらいたいです。 https://t.co/OGzGpFLD7x
RT @sayasayaf: https://t.co/DvqRN8WuKi この論文面白かった。 体罰は昔からあるのではなく、江戸時代にはなかった。1970年代まで世界的に体罰は主流であったが、それ以降急速になくなっていった。 日本では部活を中心に根強く残っている。 諸外国が…
RT @nishidak0705: 日本社会心理学会の機関紙に掲載された拙著です。僭越ながら、オウムの犯罪心理に関心ある方には読んでもらいたいです。 https://t.co/OGzGpFLD7x
栁田直美(2002)「日本語母語話者の会話支援ストラテジー-非母語話者との接触経験が及ぼす影響-」『日本語教育方法研究会誌』9-1, pp.28-29, 日本語教育方法研究会 https://t.co/7yicSD98R4
RT @rintosou: 定藤先生のこのWe mode neuroscience についての論文の内容は、自分がこれまで発達臨床のなかで考えてきたアプローチを神経科学的に説明するもので、つい感動してしまった。 https://t.co/J9aqX6gENg