oʞɐsɐ ɐɹnıɯ (@asarin)

投稿一覧(最新100件)

RT @jgda_pr: #jgda67「2021年度優秀論文賞」が発表されました。おめでとうございます! 大門大朗・渥美公秀・稲場圭信・王文潔 『災害ボランティアの組織化のための戦略』 実験社会心理学研究 第60巻第1号, 18-36. https://t.co/APhw…
@y_sumi 私もこんな研究(https://t.co/u9yFj564gd)の共著者だったりするのでおっしゃることは頭をよぎりました.しかし,そうすべきではないので.
RT @hirokazuarai: やっと出た~! J-STAGE Articles - 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言期間における予防行動の関連要因:東京都在住者を対象とした検討 https://t.co/GfeIR6BfpT
@oshio_at 論文読みました.日記みたいで楽しい.今の森下仁丹は玉造が本社みたいですね.児相が宮津って突然京都かよと思ったら大阪市内にそういう地名があるんですね. https://t.co/KXOVTiGonR
新型コロナウイルス感染症に関わる社会心理学研究・新規公開論文 新型コロナウイルス感染者に対するステレオタイプと行動免疫システム活性化の個人差との関連 心理学研究 早期公開 山本真菜・岡隆 https://t.co/Jsyx5hNfbG
RT @jssp_pr: 次に、「奨励論文賞」です。おめでとうございます! 古橋 健悟・五十嵐 祐 援助要請における援助者の切り替え方略:援助者数が援助要請者のストレスに及ぼす影響 36巻2号 https://t.co/yatRD9wjdd #JSSP2021
RT @jssp_pr: 2021年度 日本社会心理学会総会で、学会賞が発表されました。おめでとうございます!まず、「優秀論文賞」です。 志水裕美・清水裕士・紀ノ定保礼 社会経済的地位と怒り表出のメカニズム:心理的特権意識と正当性評価の媒介効果に注目して 36巻3号 htt…
@aloha_aya @kaihiraishi ほんまじゃ. あと平石書評は最初と最後が同じフレーズなのですよ. https://t.co/Gc6YCtrkWr
RT @d_nakamuran: 理科教育分野における再現性問題とQRPsの実態について検討した論文が公開されました。問題のある研究実践の実態について過去4年間の論文を対象に調査したものです。再現性問題に興味のある教育学・心理学分野の方に興味をもっていただけるのではないかと思っ…
RT @KeikoIshii10: Our paper is out. We failed to find any interaction between culture and DRD4 polymorphism in social orientation, which is…
確かにそれはあって,ごく初歩でも「なんでここで1引くの!」「絶対値でなくなぜ自乗!」みたいなことは数多い.そこをちゃんと説明してくれると人間味が増すので頭に入ってきやすくなる.あ,これは脳癖の話に結びつくかもしれない.分担してる科研の話なんですけどね. https://t.co/BYqRmPFlBC
あー実社心研矢守論文は優秀論文賞対象外なのか…(過去受賞経験ありだと除外とのこと)断然これなんだけどな… https://t.co/zYk8ZBkVIJ
@ryomakom ぐぐってみたら大竹先生と坂田桐子さん(先輩社会心理学者,広島の大雨災害の避難行動の研究をしてる)らの共著を見つけました.個人的にはここにあるのはいかにも「ナッジ」で,ほんとに今危ない時だと「そっと押す」感が強すぎると思います. https://t.co/PrywkqVk4m
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(6月分)】COVID-19禍の日本社会と心理 https://t.co/ETWrNrjdoF
RT @hus_sp: 山縣芽生(博士後期課程2年)を第1著者とする論文が『心理学研究』に採択され、早期公開されました。こちらからどなたでも閲覧・ダウンロードしていただけます。 https://t.co/1lWiuty3zT
山縣 芽生, 寺口 司, 三浦 麻子 COVID-19禍の日本社会と心理──2020年3月下旬実施調査に基づく検討── https://t.co/6D752g2qVV 早期公開されました!
RT @jsugi13: フォーラム「社会心理学とシミュレーション&ゲーミングとの遭遇」(杉浦2021)が『シミュレーション&ゲーミング』に掲載されました。 https://t.co/q9azt1JDNr
RT @jsugi13: 招待論文「オンラインで対話する:オンラインでのゲーム実施と対話的なレポート」(吉川・中村・杉浦2021)が『シミュレーション&ゲーミング』に掲載されました。 https://t.co/SUxalScKLB
RT @jsugi13: 論文「合意形成ゲーム「市民プロフィール」の開発:ドイツ・ノイス市の都市政策の社会調査事例から」(杉浦・大沼・広瀬2021)が『シミュレーション&ゲーミング』に掲載されました。 https://t.co/ttiRj77nsv
@momentumyy 結構業界で活躍しておられる様子のこの方が名付けたんですね. https://t.co/vSyIq65Xjh
@hus_sp 関連する日本語論文にはこちらがあります. 長谷川 龍樹, 多田 奏恵, 米満 文哉, 池田 鮎美, 山田 祐樹, 高橋 康介, 近藤 洋史 実証的研究の事前登録の現状と実践──OSF事前登録チュートリアル── 心理学研究 https://t.co/MoatIDmAqY
RT @jssp_pr: 「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 仁科・三船(2021) 信頼行動における社会的交換ヒューリスティック仮説の探索的検討 https://t.co/dRqaeD7T5A
RT @hus_sp: 仁科助教を第1著者とする論文が『社会心理学研究』で早期公開されました.どなたでもお読みいただけます. 仁科国之・三船恒裕 信頼行動における社会的交換ヒューリスティック仮説の探索的検討 https://t.co/wsjyogamGO
RT @HIGUCHI_MA: 2020年4月末時点での東京都民のCOVID-19予防行動に関する研究論文が日本公衆衛生雑誌にて早期公開されました。現在も進行中のパネル調査の第1波データでもあります。 「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言期間における予防行動の関連要因:東京…
@hideman2009 そんな研究(見てなさそうか見てそうかで事後の測定結果が異なる)をしたことがありました. https://t.co/1ZEdmfreBl
早期公開ではこれも気になる: 心理学的研究における重回帰分析の適用に関わる諸問題 吉田 寿夫, 村井 潤一郎https://t.co/9fCQkakYJm
心研早期公開 実証的研究の事前登録の現状と実践──OSF事前登録チュートリアル── 長谷川 龍樹, 多田 奏恵, 米満 文哉, 池田 鮎美, 山田 祐樹, 高橋 康介, 近藤 洋史 https://t.co/MoatIDmAqY
@kosugitti これっす.ただ数年前はもう運用されてなかったという記憶. https://t.co/GrG7FXh7z3
@yoshi_mjm @matiasauquebaux この論文の3あたりの分類もそうなんですが,さすがに(少なくとも当時の私は)論文に根性マイニングとは書けませんでしたw https://t.co/wm3OebHV50
J-STAGE Articles - 日本におけるBig Fiveパーソナリティの地域差の検討 https://t.co/XQ8Shzps2q
@pentax @aloha_aya そういや今日の実験実習で学生がこの論文を紹介してくれたので「私が著者ならこの状況に感動でわなないて追加実験するね」と言ったらほんとにちゃんとやっててうれしかったです. https://t.co/OEM58X2Bw1 https://t.co/d7eVgKilQ7
@pentax @aloha_aya そういや今日の実験実習で学生がこの論文を紹介してくれたので「私が著者ならこの状況に感動でわなないて追加実験するね」と言ったらほんとにちゃんとやっててうれしかったです. https://t.co/OEM58X2Bw1 https://t.co/d7eVgKilQ7
@ichipoohmt https://t.co/BYEeDzJgCK
J-STAGE Articles - 連言錯誤課題の理解過程と代表性ヒューリスティックを用いた判断との関係 https://t.co/vFh8Lo6vAR B3ゼミ報告論文のひとつ.面白い.
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 山本佳祐・池上知子 援助行動が自己呈示とみられるとき:観察者の有無と性別が動機推測に及ぼす影響 https://t.co/DXKiAzr…
「スマホ育児」自制心に影響なし? 久留米大「親の不安和らげる」 https://t.co/gN9LxuWNLR #西日本新聞 浅野良輔さんたちの研究.論文は→https://t.co/sfwclY4vns
RT @toritorix: マーケティングジャーナルに論文が掲載されました.検察庁法改正案のツイッターデモの分析です. 学術論文になりづらかった分析が無事成仏してよかった・・・ 「バースト現象における拡散の定量分析― ツイッターデモはどう広がったか ―」 https://t…
【論文早期公開】金内 さよ, 三浦 麻子, 唐沢 穣 利己的行動・利他的行動は連鎖するか──独裁者ゲームを用いた実験的検討── 心理学研究 https://t.co/A2nfOqHK1b アブストはこちら↓ https://t.co/w9lfJ089K6
RT @MK_cogn: 新しい感情語リストができてたのね。知らなかった。電子抄録にリストが載ってました。ありがたいですね。 J-STAGE Articles - 二字熟語を用いた感情喚起語リストの作成 https://t.co/QutWT6pOJ5
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】三浦麻子・飛田操(2002) 集団が創造的であるためには https://t.co/Vo6ftp8coh
鼎談 コロナ問題をめぐる哲学と心理学の対話 阿部 恒之, 北村 英哉, 原 塑 https://t.co/AfPJRJe0Vz
RT @derelictio: 総長が光るのは阪大の二番煎じ。/CiNii 論文 -  まぶしく光り輝いて : 師についての回想と教説 (鷲田清一名誉教授 退職記念号) https://t.co/6K0OphcI1l #CiNii
@itsukoh0702 そうですね.できればこれもお読みいただけるとうれしいです. https://t.co/90RlTseT3T
@KunisatoY 正確には「調査でデータを取るような心理学者は信用できへん」ですw https://t.co/hwXV4tZm6o
@kaichi_chi @Y_Kawaura スマホ利用だとこれとかね. メディア利用時間における自己申告型調査と行動ログの乖離に関する研究 https://t.co/g124pPj6cJ
RT @lakens: The one year embargo of my paper "The value of preregistration for psychological science: A conceptual analysis" is lifted, and…
RT @lakens: Special issue titled "The new style of psychological research: CHANGE we can believe in" edited by @asarin who did so much to i…
私は特集担当編集委員として他の担当者諸氏(友永雅己・原田悦子・山田祐樹・竹澤正哲)とともに巻頭言を述べ,また,事前登録と事前審査をマネジメントした経験を資料論文としてまとめています. 巻頭言:https://t.co/V9pfybWInT 資料論文:https://t.co/g6DCJCKRGJ
私は特集担当編集委員として他の担当者諸氏(友永雅己・原田悦子・山田祐樹・竹澤正哲)とともに巻頭言を述べ,また,事前登録と事前審査をマネジメントした経験を資料論文としてまとめています. 巻頭言:https://t.co/V9pfybWInT 資料論文:https://t.co/g6DCJCKRGJ
心理学研究 早期公開論文 J-STAGE Articles - 新型コロナウイルス拡大期における手洗い行動の規定因 https://t.co/yU8A6bI32q 新型コロナ特集号掲載の論文が徐々に早期公開され始めます.
心理学研究 早期公開論文 J-STAGE Articles - 再生テストに基づく記憶現象のオンライン実験による再現 https://t.co/mbowKwbo3Y 新型コロナ特集号.実験室実験ができず途方に暮れている方々向け.
日本心理学会『心理学研究』2/25公開論文:小中学生の子どもをもつ親の暗黙理論と子育てストレスの関係 https://t.co/CmP2rHRdiY
実社心研早期公開論文 向井 智哉, 藤野 京子 少年犯罪に対する厳罰志向性と犯罪不安および被害リスク知覚の関連―先行要因としての子どもイメージに着目して― https://t.co/kxoGQV3gRW
実社心研早期公開論文 清水 佑輔, 岡田 謙介, 唐沢 かおり 愛好家サブカテゴリーの顕現化によるギャンブラーへの潜在的態度の肯定化 https://t.co/USuSZGY8Qm
RT @d_nakamuran: 昨年度、研究室のメンバーで取り組んだメタ分析の論文がオンラインで公開になりました。 この研究では、過去10年間の日本の理科授業における指導実践の平均効果量を推定しました。 ご高覧いただければ幸いです。 https://t.co/9kqyOQku…
J-STAGE Articles - 昆虫食受容に関する心理学的研究の動向と展望 https://t.co/CYhdODOZIp
@y_sumi @matumura ですねー.ブログとは絶対に言いたくないと思っていた時期もありました.その後,諦めましたw https://t.co/ubHLNmhItI
(#論壇)私は「普通」…陰謀論にご注意:朝日新聞デジタル https://t.co/HEX7HGyGYD 大橋恵さんの研究が紹介されています.引用がないのが残念ですが多分実社心研のこれかな→https://t.co/UHc0EoAVgg
【心理学評論・新規公開論文】 予定行為遂行に関わる情報への気づき,内的表象,および個人特性 大山 正, 渡辺 はま https://t.co/ZWuY86bAsr
【心理学評論・新規公開論文】 精神病理ネットワークの応用可能性―うつ病治療のテイラー化を促進するために― 樫原 潤 https://t.co/is8XmtCvge
【心理学評論・新規公開論文】 乳幼児における発話の視聴覚統合と言語発達―発達科学の立場から― 今福 理博 https://t.co/FrleEApyzE
@cotoroki ご参考になるかどうかわかりませんが,最近書いたものです. https://t.co/2NGa4zPgkM
RT @jsre_pr: ただいま紹介されている研究はこちら。 J-STAGE Articles - 評定尺度法の反応ラベルによる影響の補正:公的組織への信頼に関する社会調査を題材として https://t.co/85MmOjmLvn
林賢一さんが『心理学評論』「統計革命」特集号に寄せて下さったコメント論文はこちら: 統計学は錬金術ではない https://t.co/rp0TppJf2K https://t.co/UtUOMZP4ch
矢守克也 〈実験社会心理学研究〉に関する研究 https://t.co/MGCHxYK1SH 実社心研早期公開論文.これを手がかりに学会で徹底議論,といった企画は面白くなりそう.
@murmurmia 「作家研究」(https://t.co/qYOVASWL0n)は割とメジャーなようだ,というのがKG文での実感です.あともう一つ大いなる違いは基本的に共同研究なんか「ありえない」というスタンスですね.
野口 聡一, 丸山 慎, 湯淺 麻紀子, 岩本 圭介(2014) 宇宙で日常をつぶやく:SNSの宇宙利用に関する探索的検討 認知科学 https://t.co/wYvLq8KqiG
野口聡一が見た宇宙という「暗黒の死の世界」と「絶対的な孤独」|文藝春秋digital https://t.co/qhaXiRK1Eq 野口 聡一・木下 冨雄(2014). 宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか:身体定位、認知、対人関係の変化を中心に 社会心理学研究 https://t.co/NHP4AxbNKJ
『基礎心理学研究』解説論文「心理学研究法としてのウェブ調査」が早期公開されました. https://t.co/KXxZ43kN5C 調査(特にウェブ調査)について「研究法として着手したことがほとんどない」方向けに特徴・利点・問題点を解説しました.
RT @jsugi13: 廃棄物ゲームのオリジナルと展開については、シミュレーション&ゲーミングの拙著論文をご参照ください。 トランプのルールを応用したゲーミング・シミュレーションによる社会的課題の理解 https://t.co/a7WOgAeHzF
あ,(c)山岸先生ではないらしい. 心理学では囚人のジレンマ実験が盛んに実験されたが,結局「昆虫採集(Pruitt and Kimmel, 1977) 」と揶揄 された。 https://t.co/vydpahHJHN
@oshio_at 多分GTrendの2004年11月というのはこの論文の参考文献5でしょうね.https://t.co/wZHDoP7cql となると4が同時に引かれていて1989だからもっと遡ると.
@sakura_osamu @etlovesLG @sociologbook 「知らんなあ」と思いながら検索したらこんな論文が出てきて面白そうなんですが鍵付きです. https://t.co/4hFm3g0EEo
@ryomakom 例えば物理的な上下(高低)が地位関係の上下と対応づけられやすいのは地球ではありがちじゃないでしょうか. https://t.co/AioMcKU12y
こういう科研(https://t.co/AZvj0mUZd0)のメンバーなので「自分の論文集原稿をクソミソに貶されたらたまらない」という一心で,大変に注意を払って書いております.でも紙幅が足らないよう.
@momentumyy かえす刀でこれを書評するのはどうかしら。 https://t.co/Wr1KJMiKkq
昨日のトークセッションのパネリストのおひとり,齋藤真里さんのインタビュー記事が公開されています.心理学のプロフェッショナルとして企業で働くということ.J-STAGE Articles - 基礎心理学者のキャリアパスV https://t.co/gtrtENhsuo
RT @carpenter0212: めちゃわかりやすい J-STAGE Articles - 刺激の効果を侮るなかれ―ランダム刺激効果を含んだ線形混合モデルの重要性と落とし穴― https://t.co/hMT7eZc6TX
偏見と差別について https://t.co/bTP4rx8JjU https://t.co/Nafv1GU44O
心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 https://t.co/bztmLHJCj0
@yukitsunamama @pentax @Y_Kawaura こないだ実験実習でターンら(2019)の公正感受性尺度日本語版(短縮版)を使ってデータ収集をしました.ここで議論してる文脈は被害者JSだと思いますが,こんな分布です. https://t.co/7WUwzvX1cN https://t.co/QNDRmkroCV
RT @simizu706: 『理論と方法』に掲載された論文がWebでも読めるようになりました。稲増さんとの共同研究です。 政治的態度の母集団分布の形状を統計モデリングによって推測するという論文です。一般化段階展開法という項目反応理論を用いつつ反応バイアスを除去するということを…
RT @ceekz: 前に朝日新聞で取り上げられていた研究に関する論文が公開されました。僕もなにかに選出されたい!! https://t.co/bXuI5vqCkU / ソーシャルメディアを用いた新型コロナ禍における感情変化の分析 https://t.co/6NN7n6P0PC
@daihiko @aloha_koh 私も甲号よりは貴重! https://t.co/JpXItqbkT9 https://t.co/4z7WOjdkV7
@hideman2009 「同じ場面(ある場面を描いた数コママンガ)を見ても想起するストーリーが異なることがどういう原因に根ざすものか」を知りたいという文脈ですが,私たちも似たようなことを試みつつあります. https://t.co/KNnBW0d245
@han_org これはSESRA-S(平等主義的性役割態度スケール短縮版)ですね.こういう項目を見るとagreeせよという圧力だと思うんだ…というのを実感しました.難しいです… https://t.co/RotoOUSOZg
日本における動物心理学の再現性問題についての総説はこちら. https://t.co/0DvXwzZHAQ https://t.co/uxZ0W57yvN
@pentax 実はわれわれ科研的にはデータがガタ減りですが致し方なし。https://t.co/AZvj0mUZd0
社会の声を聴く,社会に声を届ける:心理学と社会のコミュニケーション https://t.co/Z2cKMYU09z 心理学研究「新型コロナウイルス感染症と心理学」公募開始.概要に「社会からは心理学に対して様々な形での接近を求める声が広がっています」とあるのを見て,心評にこんな論文を載せたのを思い出した.
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
基礎心理学研究に「Web調査」の解説記事を書くことになったんですが,どういうポイントをお伝えするのがいいのかいまいちまだピンとこない.既にWeb実験の解説は出てて,これとあんまりかぶらない方がいいらしい.となると考えようによってはめっちゃむずい.ご意見乞う.https://t.co/0DpnBkUTJ0
@marxindo 末永先生って確か教授になられたの定年直前とかじゃなかったでしたっけ.しゃこうけんって末永先生の退官記念で始まったんですね. https://t.co/eoHtDMlUEa
どこかで説得研究が話題になっているのでしょうか.説得の社会心理学研究は非常にたくさんありますよ.例えば, 心理学評論特集号(2005) https://t.co/iD4DYsjff2 中村@CzechVsky0309 ・三浦(2018) https://t.co/EAzVl3uGEN
・筆者らによる,東日本大震災に関するツイートに含まれる感情後の特徴とその伝播過程の研究 三浦・鳥海@toritorix・小森@masashikomori・松村@matumura・平石@kaihiraishi (2016) ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情:東日本大震災に際する事例 https://t.co/gMj8ocNsWY
・筆者らによる,東日本大震災に関するツイートに含まれる感情後の特徴とその伝播過程の研究 三浦・小森@masashikomori・松村@matumura・前田 (2015) 東日本大震災時のネガティブ感情反応表出──大規模データによる検討── https://t.co/mbdp8yGkGX
関連研究についてはこちらをご覧下さい. ・SNSによるリスク情報の拡散メカニズムの解明 https://t.co/htkORXRVsr https://t.co/weQFIYUppN

お気に入り一覧(最新100件)

日本教育心理学会総会の学会企画チュートリアル・セミナーで話題提供いたしました。抄録が公開になった模様。もう自分のスライドも公開してよいかな?/J-STAGE Articles - 『心理学の7つの大罪』から考える心理学研究法 https://t.co/YwEBFmQfxK
受賞ありがとうございます!第一著者の志水さんは僕の初めての院生さんで、今は調査会社に就職して、研究で得た知識を活用して頑張っています。受賞した論文は彼女の修士論文を投稿したものです。 論文はこちらです。 https://t.co/YxENIKXu8y
理科教育分野における再現性問題とQRPsの実態について検討した論文が公開されました。問題のある研究実践の実態について過去4年間の論文を対象に調査したものです。再現性問題に興味のある教育学・心理学分野の方に興味をもっていただけるのではないかと思っています。(続く https://t.co/byMhUo2Bi2
この論文、長かったけど身を結んでよかった。以前ポスドクとしていてくださった頃の共同研究の成果です。https://t.co/n6zsLWKwE2
こちらも早期公開になっていた。何年越しで論文になったのでしょう…無事公開されて良かったです。 川崎直樹・小塩真司 病理的自己愛目録日本語版(PNI-J)の作成 心理学研究 https://t.co/IsNZpae0kF
マーケティングジャーナルに論文が掲載されました.検察庁法改正案のツイッターデモの分析です. 学術論文になりづらかった分析が無事成仏してよかった・・・ 「バースト現象における拡散の定量分析― ツイッターデモはどう広がったか ―」 https://t.co/N5tj75HwLS
@asarin たとえば逐次プライミングなら、北村(2013)認知科学  https://t.co/a5mA8UhZ1E でも読んでおくと、雑な思考から抜けられるのではと思いますw。唐沢かおり 新・社会心理学とかもいいかもです。
Special issue titled "The new style of psychological research: CHANGE we can believe in" edited by @asarin who did so much to introduce ways to improve research in Japan. Some articles in English, such as this on how to cheat with preregistration: https://t.co/L6hEFUwxjM https://t.co/dIrAPjhp3C
西山慧さんと石黒 翔さんによる「Googleサービスを用いた半自動実験参加者募集システム 」素晴らしいです!Githubアカウントで詳しい説明もあります。 https://t.co/l16mG5CIIQ
明日から人工知能学会@新潟。最終日6/7の午前、ポスター発表します。ポスターなんて何年ぶり、いや、何十年ぶりだろうか・・・。ポスター入れた筒を東京駅に置き忘れそうになってあせりましたw 最終日までいらっしゃる方は是非いらしてください! https://t.co/P6zeDCcZwt
論文PDFへのダイレクトリンクはこちらです. 西田公昭「オウム真理教の犯罪行動についての社会心理学的分析」 https://t.co/qkUA7tJjmO https://t.co/1wBMgAFwtG
日本人の自尊感情の男女差が年々小さくなってきたという論文を出したことがあるのですが(https://t.co/7BbcxoZMlR)、男女平等では「ない」国ほど自尊感情や性格の男女差が小さいという報告がある。 https://t.co/poQxVFbolK
書誌情報を。今田恵 心理学という「科学」 https://t.co/JvocwYT0k4
「教育心理学研究」は発行されたらすぐにオンライン公開になったのか。 波田野 結花, 吉田 弘道, 岡田 謙介 (2015). 『教育心理学研究』におけるp値と効果量による解釈の違い https://t.co/VR9LrEE6aE
[memo]日本語版IPANAT作成の試み(下田ら2014心研) http://t.co/gmZNE7UVVX 感情の潜在測度.J-StageのソーシャルボタンはURLしかインクルードしないのでシンプルだが若干手間がかかる.
社会科学における因果推論の可能性。石田浩先生@東大によるすばらしい講演です(><) http://t.co/LaOkmvkiwM
パソ研に「自由意志・決定論尺度日本語版の作成」(https://t.co/EAdnrOyvOG),心研に「日本版自由意志・決定論信念尺度」(http://t.co/sCdXrw5xKc)がほぼ同時期に載っていて,東大対京大対決の様相。
パソ研に「自由意志・決定論尺度日本語版の作成」(https://t.co/EAdnrOyvOG),心研に「日本版自由意志・決定論信念尺度」(http://t.co/sCdXrw5xKc)がほぼ同時期に載っていて,東大対京大対決の様相。
論文が出ました。→「放射線に関する知識測定と不安の要因分析における諸問題」『科学技術コミュニケーション』15号 http://t.co/Wpn8De3Q4i
村山航さんの,妥当性についての論文。勉強になります。 村山航 2012 妥当性 概念の歴史的変遷と心理測定学的観点からの考察 教育心理学年報, 51, 118-130. http://t.co/pkxqja22UE
@tsujidai 匿名アカウントから失礼いたします。そのコメントで言及されていた分析結果は、こちらhttps://t.co/fyZTXF0ZTSの『社会学評論』論文の表2になりますね。10%水準ではありますが、「親友訪問頻度×一人当たりGDP」が有意にプラスとなっています。

フォロー(99ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shintoyo: 論争そのものが忘却されているんでしょうかね。《意図せざる結果》をめぐる《適確に評価されざる論争》 ―冷戦期における日本の防衛構想https://t.co/8ON61jblVJ
CiNii 論文 -  事例研究における根本的な原因の発見 https://t.co/VKP9skqUFP #CiNii
CiNii 論文 -  利益団体の協力関係と影響力 https://t.co/Uf2SHvQHQM #CiNii
RT @knagasaki: 私は反対だったが、当時は学術会議とは無縁で誰に意見を伝えればいいのかもわからなかった。でも組み込まれたので当時賛成した人達と協力して人文学を振興しなければと思っている。 「人文・社会科学を科学技術基本法の対象に組み込むことは日本学術会議も求めてき…
【社会心理学研究・掲載論文】前田・橋本(2019) 「「命てんでんこ」の教えに学ぶ防災教育の可能性:防災教育に対する教員の態度と学校組織風土の交互作用効果」 https://t.co/oKBNbpnJpl
RT @dock_nn: 堀内さんには広域のP連の「事務局」を誰がどう押さえていくのか?を「ジャーナリストであるなら」突っ込んでいって欲しいですね。 それを考える上でのベース資料 家庭教育支援法の立法過程-政策波及の観点から https://t.co/VrV82muKvf…

1 1 1 0 OA IDM!水玉潰し

どこにテコ入れすれば社会への影響量が一番大きくなるかという問題を「IDM!水玉潰し」としてモデル化したことがある。 https://t.co/OO8F9uQLKv
RT @shikihuton: 遺伝的プログラミングによる支配方程式の推定 https://t.co/uNWKKQfJ46
【社会心理学研究・掲載論文】原田・土屋(2019) 「社会性と集団パフォーマンス:他者の感情理解と自己制御に着目したマルチレベル分析による検討」 https://t.co/uVbtS1TwkZ
RT @richkawa: よい教材になる論文だと思ったし、「おわりに」が特に素敵 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/oxgqmSNCgs
あさりん先生 @asarin のウェブ調査サービス間の比較についての論文! 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/QFxjFa0wi6
歴史上の人物と対話してもらうのは面白くて,自分が夏目漱石アンドロイドでやった研究では, ・本人がベラベラ喋るより,殆どお付きの人に喋らせた方が良い ・人工知能に畏怖や恐れを覚えている人の方が,アンドロイドを本物の漱石ぽく感じる という結果を得た. ↓ https://t.co/dc4EENqTdd https://t.co/74yhiNRrKO
日本の心理学研究で、「引用・参考文献なし」といえば立林・田中(1996)の「理科的事物に対して特異な行動を示す児童の因子分析的研究(教育心理学研究)」。理科的な事象に異常なまでの興味を示す子の特性に迫る、個人的にはとても好きな研究。https://t.co/KOUjtRoNBv
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】縄田健悟(2013) 集団間紛争の発生と激化に関する社会心理学的研究の概観と展望 https://t.co/t42swWvY1P
【社会心理学研究・掲載論文】酒井・相川(2021) 感謝表出スキルの実行がジレンマ状況にいる感謝される側に及ぼす効果 https://t.co/Uk4DGATnXT
面白そう!!!ありがとうございます!!! 注意の放散と葛藤が社会的促進に与え る効果 https://t.co/dLz4Q2wIxh https://t.co/sxtX8EcOXt
【社会心理学研究・掲載論文】清水・橋本・唐沢(2021) 多様な精神障害に対する人々の認知:ステレオタイプ内容モデルに着目して https://t.co/Mm4TSqxuv5

フォロワー(6639ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shintoyo: 論争そのものが忘却されているんでしょうかね。《意図せざる結果》をめぐる《適確に評価されざる論争》 ―冷戦期における日本の防衛構想https://t.co/8ON61jblVJ
論争そのものが忘却されているんでしょうかね。《意図せざる結果》をめぐる《適確に評価されざる論争》 ―冷戦期における日本の防衛構想https://t.co/8ON61jblVJ
RT @Historian_nomad: ていうか当該書籍の明における新式火器の導入に関する論文、リポジトリで読めますね ご参考ください 「明末における新式火器の導入と京営」 https://t.co/QpskvJyV91
CiNii 論文 -  事例研究における根本的な原因の発見 https://t.co/VKP9skqUFP #CiNii
RT @29silicon: @ya_hata 論文がありました J-STAGE Articles - 食品の保温温度が食塩の拡散に及ぼす影響 https://t.co/E4VZqEKGUe
@ya_hata 論文がありました J-STAGE Articles - 食品の保温温度が食塩の拡散に及ぼす影響 https://t.co/E4VZqEKGUe
CiNii 論文 -  利益団体の協力関係と影響力 https://t.co/Uf2SHvQHQM #CiNii
RT @naka___35: ちなみに人工知能学会の件は学会側は改善のために専門家の意見を聞いて特集を組んでるし、それをネット上に公開してる。国の表現ガイドを参考にしたガイドも作成とのこと。 人工知能学会誌の表紙がなぜ批判されたのか分からないという人は全文読むことをオススメしま…
RT @naka___35: ちなみに人工知能学会の件は学会側は改善のために専門家の意見を聞いて特集を組んでるし、それをネット上に公開してる。国の表現ガイドを参考にしたガイドも作成とのこと。 人工知能学会誌の表紙がなぜ批判されたのか分からないという人は全文読むことをオススメしま…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? トラウマと拷問を生き抜いた難民および異文化からの新規移住者の援助のための森田療法 : ある症例を通して(石山 一舟ほか),2013 https://t.co/dr8jPIm1ZE

24 16 16 16 OA p値の是非を考える

RT @Invesdoctor: 「p値は学界で論争されてきた話題で、フィッシャーはp値を形成することを提案し、0.05 をp値の閾値に設定した後、この話題の論争は中断されたことがない。本稿で現状に基づいてp値の是非を考える。」 p値の是非を考える https://t.co/…
【実験社会心理学研究・掲載論文】鬼頭美江・佐藤剛介(2017) 夫婦関係満足感に与える自尊心の影響―夫婦データを用いたAPIMによる検討― https://t.co/Zfrc25yD9z
これおもろい。 CiNii 論文 -  子ども時代のネグレクト体験の報告は大学生の痛み体験と関連している https://t.co/eHmfcDrV4c #CiNii
RT @DN_networks: 「ビデオ受容空間の経験史「趣味の地理学」と1980年代のアニメファンの経験の関係から」『マス・コミュニケーション研究99号』 https://t.co/GxgEPXefSZ こちら電子公開になっておりましたのでご関心のある方はご照覧ください。D…
RT @uwaaaa: イカツい論文を書いてる人だった CiNii 論文 -  工藤會壊滅を目指して (特集 暴力団壊滅への道(2)) https://t.co/0uN8C2a8b7
RT @high_octane2960: @shintoyo 政党交付金はスウェーデンが国民一人当たり300円、日本が250円とほぼ同額です。 スウェーデンの場合は、ドイツ同様、政党系シンクタンクは別に国から助成をもらっていると考えられるので、政党交付金だけでシンクタンクという…
RT @tkymti0923: 農業政策の効果測定手法: 差分の差分法 https://t.co/NN4yLHhf3z
RT @hosakanorihisa: 「宇宙人は理解できるか」という問題である。そこには「理解できる」という立場と、「理解できない」 という立場があるわけだが <中略> 前者は反相対主義(普遍主義)、後者は相対主義に対応すると言える 。 「ファースト・コンタクトの人類学:木村…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ニホンザル社会におけるオスの空間的位置(花村 俊吉),2005 https://t.co/70QUKV21IR ニホンザルの群れにいるオスは、群れを構成する多くの個体…
科学技術基本法改正と人文・社会科学 中村 征樹 https://t.co/xnypzXY1Nv
早川・金崎・北山の共著論文が、下のリンクからダウンロード可能になりました。「地方創生政策の特徴と課題 : 関西2府4県自治体アンケート調査をもとに」 https://t.co/f3S6M3KykL
RT @knagasaki: 私は反対だったが、当時は学術会議とは無縁で誰に意見を伝えればいいのかもわからなかった。でも組み込まれたので当時賛成した人達と協力して人文学を振興しなければと思っている。 「人文・社会科学を科学技術基本法の対象に組み込むことは日本学術会議も求めてき…
RT @oxyfunk: 『年報社会学論集』(第33号、関東社会学会)に掲載された拙稿「2020年東京大会のエンブレム問題と社会学的記述:デザインの「作り方」と「使い方」に注目して」のPDFが公開されました。『オリンピック・デザイン・マーケティング』のダイジェストにもなっており…
RT @BungakuReport: 中村 征樹 - 科学技術基本法改正と人文・社会科学 【科学技術基本法の改正では、「人文科学のみに係るものを除く」という規定が削除され、人文・社会科学が科学技術・ イノベーション政策のなかに明確に位置づけられることになった。】 https…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ニホンザル社会におけるオスの空間的位置(花村 俊吉),2005 https://t.co/70QUKV21IR ニホンザルの群れにいるオスは、群れを構成する多くの個体…
RT @yabooarat_grn: 木村大治 亀井伸孝 森田真生「数学における身体性」 https://t.co/9cfHfU0AKC
RT @hosakanorihisa: 「宇宙人は理解できるか」という問題である。そこには「理解できる」という立場と、「理解できない」 という立場があるわけだが <中略> 前者は反相対主義(普遍主義)、後者は相対主義に対応すると言える 。 「ファースト・コンタクトの人類学:木村…
RT @ryusukematsuo: 安藤丈将「社会運動研究と民主主義研究の再統合に向けて」『社会学研究』104号,145-173頁,2020年2月 https://t.co/G10RZ8mF3r
RT @medical_presen: 8割おじさんの西浦先生 技術学会誌に観察者間の信頼性について寄稿してくれていたんですね 個人的に大変勉強になりました AC1という統計量は、新しい指標で多くのsoftで未対応ですがRで算出可能でした https://t.co/rR…
実は昨日ちょっと調べてたんだけど、Vの者の人格的な権利って法解釈的にまだあやふやなとこあるみたいね。そこそこ揉め事起きてるイメージあったから判例とかあるかと思ったけど調べた限りではまだ無いみたい。論考もこれとかごく少数な感じ。>RT https://t.co/19ol68bYLX
RT @BB45_Colorado: こういう面白いことしていたから吉野さんのような人を輩出できた。 https://t.co/3TqDj1rkYm
CiNii 論文 -  現場とは何か?--ローカル・ノレッジを媒介としたコミュニケーションに関する社会学的考察 https://t.co/cKaRhnBp9O
『現場で使える教育社会学』(ミネルヴァ書房)を著者の皆様から御恵投賜りました。ありがとうございました。ぱらぱら眺めながら、昔、「現場とは何か」という論文を書いた身としては、改めて、教育社会学にとって「現場」とは何かということをつらつら考えております。 https://t.co/bvYiFrkY6C
RT @Cristoforou: 第一波から第四波までのフェミニズムの流れについては去年『現代思想』2020年3月臨時増刊号に「波を読む : 第四波フェミニズムと大衆文化」っていう、大学の初年次の授業とかで使えるようにごく基本だけ説明したものを書いてますので、見てくだされ… h…
RT @KONITASeiji: 在った無かった話で盛り上がる人は、最低でも 問題の記事 https://t.co/qh9obhFA8H 紹介されてる田口論文 https://t.co/9qvSpQR60c 取材された室井論文 https://t.co/Sn7orPTUhd を…
【実験社会心理学研究・掲載論文】浅井千秋(2013) 組織特性,リーダーシップ行動および就業態度が自発的職務改善に与える影響 https://t.co/auLryvECEo
RT @ronbun_man: イヌが飼い主の表情から感情を読み取るかを検討した研究。飼い主が楽しそうなときは、悲しそうな時より飼い主の方を見ている時間が長い。 #心理 #犬 J-STAGE Articles - イヌにおけるヒトの感情認識 https://t.co/Jft…
わたしは相続税についてはかなり正当化しやすいと考えています。たくさんとっていいんじゃないか。https://t.co/Tpg8T43Ejl
@pkm_aoi_ むしろ相続税ってめちゃくちゃ正当化しやすいと思ってます。https://t.co/Tpg8T43Ejl
J-STAGE Articles - 大学初年次生の生活習慣と取得単位数の関係 https://t.co/Xfmq0Zf4zg
J-STAGE Articles - ワルファリン服用者におけるビタミンK摂取量の許容範囲に関する系統的レビュー https://t.co/2SjZEKakhj 100ぐらいまでとっていいんだねビタミンK というか納豆がよほどすごいのだねえ
RT @tatsuya_kat0: 【ラノベ主人公に登場する主役とヒロインの組み合わせってどんな性格的特徴があるの?】という少しおもしろい論文 ー結論ー 組み合わせによる共通性はなかったけど、どちらか一方が安定型(気分が安定しており、真面目で、他者とも仲良くできるタイプ)が多い…
これに関連して、「ヤドカリの「車体感覚」を成立させる知覚基盤の行動学的解明」の進展が気になるところ。  https://t.co/5liRQJJSTP
<論文の紹介>[bot] 実験心理学でおなじみの課題を題材とした,ベイズ統計モデリングの解説論文です(分析スクリプト付き)。>実験心理学者のための階層ベイズモデリング入門─RとStanによるチュートリアル─(2021年・OA・和文)https://t.co/Un2BlULT7N
RT @strv: 80年代には有線給電だけど日本でも電動マルチロータ飛ばしてたりするよ https://t.co/kWX1r9PhTA
@king1234stone RTIは3層が代表的ですが2層や4層もあります。この論文がRTIについてまとまってると思います。 SWPBSやRTIといった多層支援システム(MTSS)は3層が主とされてる感じはありますね。 https://t.co/W8aGgiVbGi
RT @Cristoforou: 第一波から第四波までのフェミニズムの流れについては去年『現代思想』2020年3月臨時増刊号に「波を読む : 第四波フェミニズムと大衆文化」っていう、大学の初年次の授業とかで使えるようにごく基本だけ説明したものを書いてますので、見てくだされ… h…
RT @tsysoba: 七五三の全国展開について、何か良い論文ないかなあ、と思って探してたら、べらぼうに面白い論文が。民俗学の論文だけど歴史学的でもあり。/ 岩本通弥 「可視化される習俗 : 民力涵養運動期における「国民儀礼」の創出」国立歴史民俗博物館研究報告 141(200…
クロノタイプってのがあります。朝型夜型の傾向(これって活動の切り替わりが早いかどうか)。夜型の人に朝に高負荷の作業をしてもらうと注意資源の消費が・・・。数年前のラボの若手の力作から #心理 #クロノタイプ 質問紙は:https://t.co/5mm7cqxFNd https://t.co/vRaIzxmZvE
RT @cigarfan1966: 早稲田大学の時の山中さんの論文 ログインは早稲田の方しか出来ないと思いますが。 日時を確認してみてください。 『早稲田大学リポジトリ-トップページ』Takeharu Yamanaka https://t.co/xdEWTsqsd8 以下はsa…
補足。この提案は予算も政策も可能だと強調したい。 1)1996年の中教審答申で2001年からの、あの愚かな「ゆとり教育」。これも2001年に、当事者だった有馬朗人元文部大臣は「あれは減らしすぎた」との論文を公開。https://t.co/0SAjEuqU1g 実際に、2009年の指導要領から一部の揺り戻しが進行中だ。
命名の経緯も含めて論文化されていた。なるほどー。 https://t.co/toqbCNAggS
【社会心理学研究・掲載論文】前田・橋本(2019) 「「命てんでんこ」の教えに学ぶ防災教育の可能性:防災教育に対する教員の態度と学校組織風土の交互作用効果」 https://t.co/oKBNbpnJpl
RT @kanair_jp: 明日(今日)、日本神経回路学会(JNNS2001)で講演する。内容が2年前に話したこの記事の内容からあまり進んでいない。この間、細々と議論は続けてきていて、一部のアイデアは論文として出版した。でも、本当はもっと進めたい。 https://t.co/…
RT @kanair_jp: 明日(今日)、日本神経回路学会(JNNS2001)で講演する。内容が2年前に話したこの記事の内容からあまり進んでいない。この間、細々と議論は続けてきていて、一部のアイデアは論文として出版した。でも、本当はもっと進めたい。 https://t.co/…
RT @tomo_zow: "Empathic Embarrassment" を「共感性羞恥」と訳したのはたぶんこれが初出 『共感的羞恥と心理的距離 Empathic Embarrassment and Psychological Distance』(桑村 幸恵, 2010)…
RT @dock_nn: 堀内さんには広域のP連の「事務局」を誰がどう押さえていくのか?を「ジャーナリストであるなら」突っ込んでいって欲しいですね。 それを考える上でのベース資料 家庭教育支援法の立法過程-政策波及の観点から https://t.co/VrV82muKvf…
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)の運営をめぐる争いにみる研究観。 https://t.co/erlRscy2sx
【実験社会心理学研究・掲載論文】柿本敏克・細野文雄(2010) 状況の現実感尺度の再検討:2つの仮想世界ゲーム実験から https://t.co/fZIkPwK8b4
RT @kanair_jp: 明日(今日)、日本神経回路学会(JNNS2001)で講演する。内容が2年前に話したこの記事の内容からあまり進んでいない。この間、細々と議論は続けてきていて、一部のアイデアは論文として出版した。でも、本当はもっと進めたい。 https://t.co/…
明日(今日)、日本神経回路学会(JNNS2001)で講演する。内容が2年前に話したこの記事の内容からあまり進んでいない。この間、細々と議論は続けてきていて、一部のアイデアは論文として出版した。でも、本当はもっと進めたい。 https://t.co/3GxuM2uS5b
RT @senotake81: 2017年に実施された経理部門の実態調査(回答75社)‼️ 興味深い結果ばかりですが、30.7%の企業が入社に有利な資格として簿記2級を挙げてます。 経理部の現場において必要な会計知識レベルも、49.3%の企業が「簿記2級程度」と回答しており、や…
RT @mkrnitk: @touchey 外から失礼します。地域差的なことはあまり述べてませんが、スーパーの催事の数や雑誌広告からの分析の論文はありました。まず、着物レンタルが一般化するまで着物購入ができる層に限られた、の意味では平成でブームをこし一般的に定着したは言えそうで…
2017年に実施された経理部門の実態調査(回答75社)‼️ 興味深い結果ばかりですが、30.7%の企業が入社に有利な資格として簿記2級を挙げてます。 経理部の現場において必要な会計知識レベルも、49.3%の企業が「簿記2級程度」と回答しており、やはり簿記2級は重要と感じました✨ https://t.co/4KkcIXw9n1
RT @yasuharu_are: J-STAGE Articles - マルクスの物象化論と廣松の物象化論(&lt;特集&gt;廣松物象化論と経済学) https://t.co/NlDNMemCVR マルクスの物象化論に関しては、これを読んでみると、廣松氏の残した影響の大き…
RT @tera_sawa: へえ、おもしろい。/七五三の全国的な広がりとスーパーの役割 https://t.co/8AOyRkhIsF
@Yoko3210go1 @suzaku_byakko1 @clothes_otaku @hiroyoshimura ありがとうございます。 淀川も工場排水の問題が大きく取り上げられていた頃があったなあと思っていたのですが、臭いだけとっても、格段に改善されていると聞いています。 余裕で20世紀に始まってますね。 大阪市の水質汚濁対策の歴史と現状 (大阪市立環境科学研究所)1993 https://t.co/D9pbH4DGyX https://t.co/YQLLwpDAGr
RT @khcoder: #研究事例リストに追加しました:砂金祐年 2021 「原発再稼働に対する市町村議会の態度 ―東海第二原発をめぐる意見書の計量分析を通じて―」 『年報行政研究』 56: 123-144 https://t.co/jovcQySvqJ ※お知らせ感謝申し上…
RT @moto_n: 女性が資産を持てなかったのは、結婚すると、親から受け継いだ資産がすべて夫のものにされてしまう時代が長く続いたからです。19世紀末になって法律が改正されました。詳しくはこちらの論文を。https://t.co/oCWdDzJUQI
@tokurontinus 尿沈渣の鏡検してみるとわかると思う。 https://t.co/PfcxTDR2M3  ネコに多いんですよ。それ用の処方食もありますよ。

1 1 1 0 OA IDM!水玉潰し

どこにテコ入れすれば社会への影響量が一番大きくなるかという問題を「IDM!水玉潰し」としてモデル化したことがある。 https://t.co/OO8F9uQLKv
へえ、おもしろい。/七五三の全国的な広がりとスーパーの役割 https://t.co/8AOyRkhIsF
RT @shikihuton: 遺伝的プログラミングによる支配方程式の推定 https://t.co/uNWKKQfJ46
「結婚情報サービス企業は 100 万円=1 歳差という目安を設定しており,婚活パーティーにおいて男性の年収・職業と女性の若さは,交換可能な価値とみなされている.」 論文「増大するあなたの価値,無力化される私:婚活パーティーにおけるフィールドワークを通じて」 https://t.co/TAYm8dj352
RT @bokukoui: 呉座さんの件に関する、歴史学者の反応。ラムザイヤー云々ではなく、ミソジニーや差別の意識を持っていたことが問題であることは明らかです。私はそれを煽った「界隈」の検討と分析が大事だと考えています。 https://t.co/uHt2XVRznV
RT @richkawa: よい教材になる論文だと思ったし、「おわりに」が特に素敵 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/oxgqmSNCgs
【実験社会心理学研究・掲載論文】村山綾・三浦麻子(2014) 集団討議における葛藤と主観的パフォーマンス―マルチレベル分析による検討― https://t.co/i4WChcFi5b
【社会心理学研究・掲載論文】原田・土屋(2019) 「社会性と集団パフォーマンス:他者の感情理解と自己制御に着目したマルチレベル分析による検討」 https://t.co/uVbtS1TwkZ
RT @satoshin257: @K_Kimura_Kobe いや、実は日本初、中国発という議論があるのです。 https://t.co/53woKRLg6e
RT @richkawa: よい教材になる論文だと思ったし、「おわりに」が特に素敵 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/oxgqmSNCgs
RT @richkawa: よい教材になる論文だと思ったし、「おわりに」が特に素敵 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/oxgqmSNCgs
RT @richkawa: よい教材になる論文だと思ったし、「おわりに」が特に素敵 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/oxgqmSNCgs
RT @richkawa: よい教材になる論文だと思ったし、「おわりに」が特に素敵 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/oxgqmSNCgs
「不審者事前検知ソフトの検証(3) ―メンタルチェッカーと潜在的な状態及び特性尺度の関連―」 大久保 智生, 稲垣 勉, 谷 伊織 2018 年 26 巻 Supplement 号 p. ps01 感情心理学研究 https://t.co/BvvVspmniR
RT @ykamit: 論文指導といえばゼミで『理科系の作文技術』を読んで、パラグラフ・ライティングと「レゲットの樹」の話をするのが定番になっているが、一つのcause(誰もが認める重要な問い等)から演繹されるように論を展開するスタイルは、西欧の文化、科学の成り立ちとどう関係す…
RT @richkawa: よい教材になる論文だと思ったし、「おわりに」が特に素敵 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/oxgqmSNCgs
あさりん先生 @asarin のウェブ調査サービス間の比較についての論文! 心理学研究法としてのウェブ調査 https://t.co/QFxjFa0wi6
RT @shinkai35: 00年代初頭くらいから、なぜか事実に反して、日本の治安はすごく悪くなったと認識する人が増えたんですよ。これを治安悪化神話といいます。それ以前は、日本は治安のいい国という認識が一般的でした。この論文が参考になります。/日本の治安悪化神話はいかに作られ…
J-STAGE Articles - BEHAVIOURS OF DYADS SITTING OUTSIDE IN NEW YORK’S TIMES SQUARE: EXPLORATORY OBSERVATION USING WEBCAM VIDEOS https://t.co/QA8gZ2sRIo NYのタイムズスクエアのWebカメラ映像を用い,「発話」「身体接触」「身振り」などがどのような属性の2者で生じたかを検討した研究。
歴史上の人物と対話してもらうのは面白くて,自分が夏目漱石アンドロイドでやった研究では, ・本人がベラベラ喋るより,殆どお付きの人に喋らせた方が良い ・人工知能に畏怖や恐れを覚えている人の方が,アンドロイドを本物の漱石ぽく感じる という結果を得た. ↓ https://t.co/dc4EENqTdd https://t.co/74yhiNRrKO
日本の心理学研究で、「引用・参考文献なし」といえば立林・田中(1996)の「理科的事物に対して特異な行動を示す児童の因子分析的研究(教育心理学研究)」。理科的な事象に異常なまでの興味を示す子の特性に迫る、個人的にはとても好きな研究。https://t.co/KOUjtRoNBv
RT @Yuu_ABA: 仮に内発的動機づけが良いものだとしても、この文献みると現場レベルでは気にすることではないと思う。 報酬の有害性について、文献中でも「かなり限定された状況でなければ生じないものであり,適切な指導法が取られている限り実際の教育場面では,起こり得ないものであ…