著者
広瀬 寛子
出版者
公益社団法人 日本看護科学学会
雑誌
日本看護科学会誌 (ISSN:02875330)
巻号頁・発行日
vol.12, no.2, pp.45-57, 1992-09-30 (Released:2012-10-29)
参考文献数
32

本論文の目的は看護研究における現象学的アプローチの適用と課題について考察することである. そのために, まず, 現象学的方法の特性を論じ, 次に, 筆者が看護研究において, 現象学的アプローチを選択するまでのプロセス及び現象学的分析方法を完成させるまでの作成過程について論じた.現象学的方法とは, 因果関係を明らかにしようとするものではなく, むしろ生きられた体験としての現象の本質を明らかにしていくことを探究する記述的研究方法である. 筆者は, これまで看護学生の体験世界と, 患者と看護婦との体験世界に焦点を当てた研究を行ってきた. それらの研究に共通に流れているテーマは, 人間の行動・経験にはすべて, その人個々の意味があり, その意味を重視したいということであり, そのテーマを明らかにするためには現象学的方法が一番適していると考えた. そのような経緯から, Giorgi, A.の現象学的分析方法を参考として, 事例分析方法と看護面接過程の分析方法を作成した. 看護面接過程の分析過程は以下のようにまとめられた; (1) 本質的な意味の単位である場面に分ける; (2) 各場面のテーマを記述する; (3) テーマの中心的意味を記述する; (4) テーマの中心的意味を総合し, 統合して, 状況的構造的記述と一般的構造的記述を導き出す.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

@megmegyh 現象学的アプローチはフッサールの現象学を基に看護に使われてますけど、こういうのではなく? https://t.co/nAaG6Wg3s7
現象学は現象の本質を明らかにすることを探求する記述的研究、であるらしい。 看護研究における現象学的アプローチの適用に関する考察 https://t.co/P2gG0J3tRe

収集済み URL リスト