著者
廣瀬 勝己
出版者
日本エアロゾル学会
雑誌
エアロゾル研究 (ISSN:09122834)
巻号頁・発行日
vol.10, no.4, pp.289-294, 1995-12-20 (Released:2010-07-22)
参考文献数
22
被引用文献数
1 or 0

言及状況

外部データベース (DOI)

Google+ (1 users, 1 posts)

【一般公開】 いわゆる「Puは重いから遠くに飛ばない」談義に関して、twitterで某青プリン先生が 「(Pu飛散には原子の) 重さじゃなくて (Puが付着しているチリの) 粒径が重要。砂粒くらいの大きさならともかく、エアロゾルくらいの大きさになれば重さとか関係ないし。火山学者の方が数段知識がある」 という発言をされてた。この人の性格とか普段の発言はともかくとして、専門家がそう言ってるので、そ ...

Twitter (53 users, 63 posts, 56 favorites)

ヨウ素131は原発事故では一度、揮発しますので、エアロゾル中の粒径が小さくなる。それゆえ、他の核種に比べても(希ガスは除く)、飛びやすいと考えて良いようです。 http://t.co/KS2UZKjS @Todaidon
これは参考になりました。 【大気エアロゾルの長距離輸送の指標としての人口放射性核種】http://t.co/KS2UZKjS @take2602 @Yutinkun
ありがとうございます。 RT @eakasaka: @iwakamiyasumi いつも有難うございます。メルマガ登録しました。PuやSrの飛散について大気エアロゾルの長距離輸送の指標としての人工放射性核種 http://t.co/piS06QGp 重さより粒径に左右される
@iwakamiyasumi いつも有難うございます。メルマガ登録しました。PuやSrの飛散について高橋さん@kentarotakahashが紹介されていた 大気エアロゾルの長距離輸送の指標としての人工放射性核種 http://t.co/dBsYw4PW 重さより粒径に左右される
福島からのプルトニウム検出メカニズム関連。勉強になる。RT @Mihoko_Nojiri: ここには チェルノブイリからの Cs, I で日本で観測されたものはサブミクロン径の粒にのってきたとかいてあるな。福島・・ http://t.co/XArspdsA
【大気エアロゾルの長距離輸送の指標としての人工放射性核種】http://t.co/KiSs63bM 気象研究所地球化学研究部 第2研究室室長 廣瀬勝己
@HayakawaYukio もうこれはお読みになっているだろうと思いますが、大気中での核種の分別は、粒子の径に加えて、雨での落下率、あるいは上空での水蒸気との反応といったことが関わっていそうですね。 http://t.co/KS2UZKjS
大気エアロゾルの長距離輸送の指標としての人工放射性核種http://t.co/a4mAZfDv ( #iwakamiyasumi live at http://t.co/bCljBsCQ)
核種を含むエアロゾルの平均粒径の順序はI<Cs<Sr<Puだったよう。http://t.co/KS2UZKjS QT @Mihoko_Nojiri チェルの時はそうみたいね〜 RT @nojiri_h: Puは比重ではなくエアロゾルになったときの粒径が大きい、ということかな?
Puは比重ではなくエアロゾルになったときの粒径が大きい、ということかな? RT @Mihoko_Nojiri: ここには チェルノブイリからの Cs, I で日本で観測されたものはサブミクロン径の粒にのってきたとかいてあるな。福島・・ http://t.co/ND1Z8vaK
ここには チェルノブイリからの Cs, I で日本で観測されたものはサブミクロン径の粒にのってきたとかいてあるな。福島からきてつくばに落ちた物はだいたい数ミクロンなので、粒径で飛ぶ距離が違うのだろう。http://t.co/oMRRCvAi
ああこれね。RT @iina_kobe: ?http://t.co/oMRRCvAi に、…チェルノブイリ由来の核種の中ではプルトニウムが一番沈降しやすかったことを意味している。と書かれているから。 RT @pinpon_2011
だってこれベクミルさんがマニュアル整備するののお手伝いだよ、ボランティアよ。RT @iina_kobe: ?http://t.co/oMRRCvAi に、…チェルノブイリ由来の核種の中ではプルトニウムが一番沈降しやすかったことを意味している。と書かれているから。
?http://t.co/X1aZ3gg1 に、…チェルノブイリ由来の核種の中ではプルトニウムが一番沈降しやすかったことを意味している。と書かれているから。 RT @pinpon_2011: @iina_kobe プルトニウムは重いから・・に対して、沸点3200度のPuが1000
廣瀬, 大気エアロゾルの長距離輸送の指標としての人工放射性核種, エアロゾル研究 http://t.co/X1aZ3gg1 RT HayakawaYukio: プルトニウムは重いから遠くまで届かないと言った御用学者(あるいはニセ科学者)の言説を信じていたのですか。信じられない。
というわけで(?)、Pu飛散の参考知識になるかと思って読んだ、チェルノ産放射性核種を含む大気エアロゾルの長距離輸送についての論文→ http://t.co/vi1SeOfE メモは某所に書いた

収集済み URL リスト