著者
糸川 嘉則
出版者
日本補完代替医療学会
雑誌
日本補完代替医療学会誌 (ISSN:13487922)
巻号頁・発行日
vol.1, no.1, pp.41-52, 2004 (Released:2004-04-27)
参考文献数
28
被引用文献数
1 1

本総説はビタミン・ミネラルなど微量栄養素の代替医療における役割について述べたものである.ビタミンやミネラルが代替医療に利用できる条件としては次の二つがある.1. 大多数の日本人が通常の食事で必要量に達しないビタミンや必須ミネラルである.平成13年度の国民栄養調査の結果からビタミンB 1,B6,C,E,カルシウム,マグネシウム,鉄,亜鉛,銅がこれに含まれる.2. ビタミンやミネラルがその栄養素としての機能の他に特異的な薬理学的な機能を有する場合.これにはビタミンA,D,E,K,B 1,B12,C,マグネシウム,鉄,亜鉛,銅,リチウム,バナジウムが含まれる.さらに,まだビタミンとは認められていないビタミン様作用物質群は薬理的な作用を有するから,代替医療の対象になるであろう.これらの微量栄養素の機能と代替医療における役割について論じた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

腸内環境を整えるための「酵素・ミネラル・ビタミン」の大切さ https://t.co/0MK6aDwTse https://t.co/lMhj9uHHUq https://t.co/1JBQ1m9PlP https://t.co/NAYWttHfVw

収集済み URL リスト