著者
須田 順子 セルビト ウイルソンA. 小栗 紀彦 松沢 時弘 岡 明男 佐藤 邦忠
出版者
Japanese Society of Equine Science
雑誌
日本中央競馬会競走馬総合研究所報告 (ISSN:03864634)
巻号頁・発行日
vol.1992, no.29, pp.26-31, 1992-12-20 (Released:2010-08-10)
参考文献数
18

若齢雄馬の精巣の組織所見解析に, 多変量解析法の一つである主成分分析の応用を試みた.材料と方法: 臨床所見から, 異常の認められない雄馬5頭の精巣を採取し, 精巣の大きさ (長径×短径×幅cm) と重さ (g), ならびに左右各7ヵ所の組織標本を作成し, Sertoli細胞数, Leydig細胞数および精細管の大きさ (断面の最長径と最短径の積: μm2) を求め, 多変量解析を行った結果:(1) 精巣の大きさと重さ, Johnsenスコア, Sertoli細胞数およびLeydig細胞数, 精細管の大きさ等の要因には, 個体間と精巣の左右間に有意差が認められなかった (P<0.05).(2) Johnsenスコア; Sertoli細胞数と精細管の大きさ. Sertoli細胞数; 精細管の大きさの相関係数には有意性が認められた (P<0.05).(3) 主成分分析で, 精巣からの組織採取部位による所見に差異があることが明らかになった.以上の結果から, 精巣組織所見の分析に主成分分析の応用が可能であることが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 5 favorites)

@CyberIguana 昨夜、こちらの論文https://t.co/EH2WMEhdBMを参考にして、馬のキンタマサイズは重量基準でおよそヒトの20倍前後としたのですが、だいたい合っていますでしょうか? https://t.co/DTGoqlz3lh
参考論文;主成分分析法による若齢雄馬の精巣組織所見の解析について https://t.co/EH2WMEhdBM

収集済み URL リスト