著者
久光 正
出版者
日本心身健康科学会
雑誌
心身健康科学 (ISSN:18826881)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.1-6, 2008-02-10 (Released:2010-11-25)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは痛みをブロックする働きがある。 うつなど不安などストレスを多くかかえるとセロトニンは少なくなる。 心理的ブロックをはずしてあげれば、痛みは少なくなる:認知療法 生体には痛みを抑えるシステムがある… https://t.co/CJ9oSC91NG
✅大きな危機や興奮状態にあるなどの特殊な状況下では、痛みを痛みとして感じさせない神経伝達物質が分泌されることは一般的にも知られています。14/26 『痛みのメカニズムとそのケア』https://t.co/720q5Tk9OO https://t.co/AAMxZHdV6a
幸せすぎると手のひらが痛くなるんだけど、誰にも共感されない。 調べてたら、痛み受容器に作用して、痛みを起こしたり、酷くさせる物質としてセロトニンが紹介されてたんだけど、セロトニンって痛みをましにするやつだと思ってた。詳しくないしあ… https://t.co/pJUy5vqp8L

収集済み URL リスト