著者
須藤 信行
出版者
公益財団法人 日本ビフィズス菌センター
雑誌
腸内細菌学雑誌 (ISSN:13430882)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.23-32, 2017 (Released:2017-01-31)
参考文献数
58

腸内細菌叢は様々な生理機能や病態形成において重要な役割を果たしているが,脳機能に対する影響については明らかではない.近年,いくつかの研究グループより腸内細菌は宿主のストレス応答や行動特性に影響することが示されている.本稿では,筆者らの人工菌叢マウスを用いた実験結果を元に,本研究領域の現状と最近の進展について概説した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 2 favorites)

https://t.co/As7i3gtmDG https://t.co/1NTrg6W7eu https://t.co/Tv6a0CAJF6 https://t.co/c33jQhihfy 関連する情報源です 読んでみるとびっくりするかも
腸と脳の関係について、この記事とても分かりやすい! https://t.co/Z0iKYEGxCl こちらの腸内フローラに関する論文にもその働きの詳細が示されています。 https://t.co/mTCgpfBFx4 #腸活 #育菌 #断食 #腸内細菌叢
ラクトバチルスさん増やすしかない。 https://t.co/U3vFCQCSzT https://t.co/i5JLomG7Uw
JB1 株による不安減弱効果は迷走神経を介して作用する 脳機能と腸内細菌叢 https://t.co/G67mI1CDIF

収集済み URL リスト