著者
二宮 淳也
出版者
The Japanese Society for Medical Mycology
雑誌
日本医真菌学会雑誌 (ISSN:09164804)
巻号頁・発行日
vol.41, no.1, pp.5-9, 2000-01-30 (Released:2009-12-18)
参考文献数
18
被引用文献数
2 4

Trichophyton mentagrophytesの菌液を健常人の踵部角質に塗布し,様々な温度,湿度にて培養し,経時的に観察することにより,菌の角質内侵入に要する時間を検討した.一般に糸状菌培養の至適温度とされる27℃よりも,35℃の方が菌の角質内侵入が早期より観察された.湿度100%では,温度15℃においても菌の侵入が見られたことから,湿度は温度よりも重要な要因であると思われた.T.mentagrophytesとT.rubrumの2種の菌を用いて行った実験では,最も早期に角質内への侵入像が観察された日数は,湿度100%においてT.mentagrophytesで1日,T.rubrumで1.5日,湿度95%においてT.mentagrophytesで1.5日,T.rubrumの4日であった.第4趾間の1日を通じての湿度は95%以下と推定された結果から,毎日足を充分洗浄していれば,足白癬の発症は確実に予防できるものと思われた.角質の切断面に菌液を塗布した系では,100%のみならず95%の湿度においても,両菌共0.5日後に角質内への侵入像が観察された.また,表面側への塗布では侵入像が認められなかった85%以下の湿度においても侵入像が認められた.以上の結果から,微細な外傷による角質細胞膜の破壊は,湿度や温度同様,重要な発症要因である可能性が推測された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 31 favorites)

期间做了很多关于脚气的调查,也学到了不少知识x 推荐一片关于癣菌入侵角质的论文:https://t.co/nKG5aW9oA4 温度,湿度和皮损影响很大,温度的话人体本身温度就很适宜,湿度越高越好,皮损可以加速侵入
<参考文献> https://t.co/GQOzPkcXan https://t.co/zJkRMZVaIW https://t.co/3rm5Xxus2Y ※引用したツイートツリー先の参考文献もご参照ください。 amazon ※COIは有りません https://t.co/MPBcbxQ5Wx https://t.co/f9SdcKf3FM https://t.co/rRqVjvxgSm
<参考文献> https://t.co/GQOzPkcXan https://t.co/dS3mMEWN2m https://t.co/wFBslH83Ed https://t.co/zJkRMZVaIW https://t.co/1HWpYNdoh4 https://t.co/E2dnbNW0ss https://t.co/otBUC5WfAS ※引用ツイートツリー内の参考文献も併せてご参照ください。

収集済み URL リスト