著者
内海 美保 佐藤 雄一郎 山岡 由美子
出版者
一般社団法人日本医療薬学会
雑誌
医療薬学 (ISSN:1346342X)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.9-17, 2012-01-10 (Released:2013-01-10)
参考文献数
11
被引用文献数
2 2

Pharmacists who will graduate from the 6-year program are expected to have more clinical ability than those who graduate from the 4-year program. In 2008, the Japanese Society of Hospital Pharmacists designed a plan, “New development of the expanded pharmacist's practices”. In some medical facilities and educational facilities some pharmacists and pharmacy students are performing new clinical practices even though the practices are not clarified in existing medical law.So far, medical law has indicated the roles of pharmacists as only “dispensing drugs”. We should reconsider whether the concept of “dispensing drugs” includes some part of medical practices and how pharmacists should develop their expanded roles practically. We must discuss them concretely including the revision and the interpretation of the existing medical law.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 9 favorites)

@itsukoh0702 今は患者の了解を取れば触れますね。 あくまで診断を目的としての触診が無理であるということになります。 こちらが政府のHPにある法律を研究した論文です。 明確化されていないだけで触った結果をトレーシングレポートにまとめ送ることは法律には違反していないようです。 https://t.co/X1Mxsr9gPW
薬剤師の行う医療行為に関する医事法学的研究 https://t.co/KImXJzU5ad
けれど,薬のプロとして『一定期間の研修』を積めば,医療行為の一部が行えるような法改正がなされることを強く期待します COVID-19下の今だからこそ必要だと,わたしは思いますღ˘◡˘ற
医行為と医療行為は異なるらしい。 https://t.co/Bhoyiakm43
@shu_anaden うーん、最近はこんな風潮みたいです

収集済み URL リスト