著者
村上 佳津美
出版者
一般社団法人 日本心身医学会
雑誌
心身医学 (ISSN:03850307)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.27-38, 2017 (Released:2017-01-01)
参考文献数
10
被引用文献数
2

注意欠如・多動症 (attention deficit hyperactivity disorder : ADHD) は, 多動性, 衝動性, 不注意の3主徴とする疾患である. 診断はDSM-5に基づき, 前述の3主徴の項目で行われる. しかし, 3主徴とも年代により症状が大きく異なるため, 診断においては年代の考慮も必要である. 鑑別診断においては特に自閉症スペクトラム症との鑑別が重要で, 困難である. 治療, 支援においては環境調整, 親への心理社会的治療, 子どもへの心理社会的治療, 学校などの関連専門機関との連携という4領域を組み合わせた心理社会的治療が優先され, 必要に応じて薬物療法を行う. 薬物はメチルフェニデート徐放剤, atomoxetineを使用するが, 適応は慎重に行う.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 16 posts, 17 favorites)

【論文】ADHDと喫煙の関係 ADHDは,多動性,衝動性, 不注意を 3 主徴とし発達障害と分類されている. 母親の妊娠中の生活様 式が ADHD と関係しており,特に母親の喫煙に 関するエビデンスが最も強い。 引用: 注意欠如・多動症(ADHD)特性の理解 https://t.co/t5Ftjs1yvo #ADHD
@fuyu_love_happy 私はお医者さんじゃないので、正確な情報は持ち合わせていないのですが、近畿大学の先生が書いておられる日本語総説にADHD診断基準が書いてあります。 https://t.co/vHCvd1SEOA
「ADHDと言えばまず微細脳損傷(MBD)から始まって、主要症候が存在すれば多動障害とみなした、というのが一連の流れだ」という辺りから始めて、ようやくADHDの理解とか言えるのでは。 #ADHD診断 https://t.co/5dMTFDnqsn
この文献引用させてもらうけどDSM-5って言う米国精神医学会が定めた診断基準があるんだけど、それが当てはまるか?当てはまったら別の疾患の要因ではないかって消去法で決めるんだよね。だから診断が難しい言われてる。 https://t.co/HNAzNr00Ce
最近読んだADHDに関する文献で最も読みやすくまとまっていたものです。読んでみてください。 心身医学 特集/心身医学の臨床における発達障害特性の理解 注意欠如・多動症 (ADHD) 特性の理解 https://t.co/oZmcOj562K #ADHD #発達障害
https://t.co/rGUONmqJpx
「出生前の要因として、母親の妊娠中の生活様式がADHDと関係しており、特に母親の喫煙に関するエビデンスが最も強く、喫煙とADHDには用量反応的な関係が存在しているとの報告がある。コカインへの曝露や妊娠中の母親のストレスがADHDと関係するといわれている」 知らなかった https://t.co/O84h6LDsHa
近畿大学医学部心身診療科が発光してるADHDの診断基準シートtable1、table2に照らし合わせて自分を思い返すと結構確信を持って不注意性のADHDだと思う。 近いうちに心療内科に行こう。 https://t.co/1XOQXPQYWW
最近よく接する患者さんのベースにADHDがありそう。 https://t.co/QyPiEpuwmd
2000年の資料ではエピネフリン(現アドレナリン)とドーパミンの不足って言われてたけど、今はノルアドレナリン・ドーパミン不足説の方が多いな。 https://t.co/F4mADeabXm

収集済み URL リスト