著者
村上 佳津美
出版者
一般社団法人 日本心身医学会
雑誌
心身医学 (ISSN:03850307)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.27-38, 2017 (Released:2017-01-01)
参考文献数
10
被引用文献数
1

注意欠如・多動症 (attention deficit hyperactivity disorder : ADHD) は, 多動性, 衝動性, 不注意の3主徴とする疾患である. 診断はDSM-5に基づき, 前述の3主徴の項目で行われる. しかし, 3主徴とも年代により症状が大きく異なるため, 診断においては年代の考慮も必要である. 鑑別診断においては特に自閉症スペクトラム症との鑑別が重要で, 困難である. 治療, 支援においては環境調整, 親への心理社会的治療, 子どもへの心理社会的治療, 学校などの関連専門機関との連携という4領域を組み合わせた心理社会的治療が優先され, 必要に応じて薬物療法を行う. 薬物はメチルフェニデート徐放剤, atomoxetineを使用するが, 適応は慎重に行う.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 0 favorites)

最近読んだADHDに関する文献で最も読みやすくまとまっていたものです。読んでみてください。 心身医学 特集/心身医学の臨床における発達障害特性の理解 注意欠如・多動症 (ADHD) 特性の理解 https://t.co/oZmcOj562K #ADHD #発達障害
https://t.co/rGUONmqJpx
「出生前の要因として、母親の妊娠中の生活様式がADHDと関係しており、特に母親の喫煙に関するエビデンスが最も強く、喫煙とADHDには用量反応的な関係が存在しているとの報告がある。コカインへの曝露や妊娠中の母親のストレスがADHDと… https://t.co/e5k7xHrCTN
近畿大学医学部心身診療科が発光してるADHDの診断基準シートtable1、table2に照らし合わせて自分を思い返すと結構確信を持って不注意性のADHDだと思う。 近いうちに心療内科に行こう。 https://t.co/1XOQXPQYWW
最近よく接する患者さんのベースにADHDがありそう。 https://t.co/QyPiEpuwmd
2000年の資料ではエピネフリン(現アドレナリン)とドーパミンの不足って言われてたけど、今はノルアドレナリン・ドーパミン不足説の方が多いな。 https://t.co/F4mADeabXm
コンサータ(ADHD向けの覚醒剤)処方、下記読んでから受診したら、「これ赤ペン先生でやったやつだ!」って感じで楽勝でした。ストラテラが出るかは博打。 成人用ADHD診断面接(DIVA)… https://t.co/L79Utea5VK

収集済み URL リスト