著者
入駒 慎吾 小久保 荘太郎
出版者
日本臨床麻酔学会
雑誌
日本臨床麻酔学会誌 (ISSN:02854945)
巻号頁・発行日
vol.28, no.5, pp.757-764, 2008-09-12 (Released:2008-10-17)
参考文献数
7

周産期医療を取り巻く環境は, 最近大きく変化している. さまざまな報道により, 国民の間にも周産期救急医療の重要性が認識され始めた. このことは周産期医療の集約化を後押しする力となり, われわれ麻酔科医は周産期救急医療に一層貢献できるようになる. 周産期救急は大きく母体救急と胎児救急とに分けられる. 母体救急には大出血への対応, 痙攣あるいは塞栓等があり, 胎児救急には超緊急帝王切開術等がある. 大出血への対応力や麻酔導入の迅速性は, まさに麻酔科医の得意とするところであろう. しかし, 麻酔科医が帝王切開術の麻酔管理を行っているのは全体の30%にも満たない現状がある. まずはここから変えていかねばならないと考える.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@kurozukuri @tunatuna_01 @kazokutohonto @okm_man これ2008年の記事ですけど、帝王切開ですら麻酔医が管理してるのが30%以下とか。https://t.co/u16q8HlztN 逆… https://t.co/akZuEH8ou2

収集済み URL リスト