著者
白神 麻依子 林 行雄
出版者
日本臨床麻酔学会
雑誌
日本臨床麻酔学会誌 (ISSN:02854945)
巻号頁・発行日
vol.32, no.3, pp.428-437, 2012 (Released:2012-07-05)
参考文献数
7

抗不整脈薬の作用機序はイオンチャネルおよびβ受容体にある.Vaughan Williams分類はその点を単純に分類し,優れた抗不整脈薬の分類法であるが,抗不整脈薬の中にはこの分類法では不十分なものが現われ新たな分類法が模索された.その結果生まれたのが,Sicilian Gambitである.Sicilian Gambitは抗不整脈薬の単なる分類にとどまらず,不整脈の発生機序からその治療法の考え方,さらには抗不整脈薬に伴う副作用の留意点を示したもので,抗不整脈薬の臨床使用において大いに参考になる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

シシリアンガンビットについて https://t.co/4Y75UrjYz7
不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009 年改訂版) https://t.co/QBmQPWoPVl 抗不整脈薬の分類,作用機序と使用上の原則と留意点(白神麻依子:臨床麻薬会誌,2012) https://t.co/9FSGFiY4jQ

収集済み URL リスト