たけちゃん (@nitrotake)

投稿一覧(最新100件)

実務実習でプレテストポストテストを導入してみようかなと思って検索したら、流石清水先生達の文献に当たった J-STAGE Articles - 薬学部3年次学生に対するEvidence-based Medicine(EBM)教育の試みとその評価 https://t.co/RrL4B7nHVb
J-STAGE Articles - 地域で活躍する「かかりつけ薬剤師」の養成 https://t.co/e1EFrVwyY6
米国の医学教育の影響もあり医学教育、薬学教育で「殿のように学んだか」ではなく「どのような能力が取得出来たか」にシフト これが新コアカリキュラムのきっかけの部分なのかな。 https://t.co/7rMN9ACBUO
J-STAGE Articles - 薬局薬剤師を対象とした継続的なEBM教育プログラムが薬剤師業務に与える影響 https://t.co/4NoORC2T9j
感染症を原因とする横紋筋融解症でインフルエンザが多い?  https://t.co/k8jiM19k8q
β2刺激薬の低K血症を逆手に取った? 高K血症に対するサルブタモール吸入 https://t.co/0YblMEAjeu
コイツぁ、熱いやつだぜ! 工業化学の染料から医薬品応用へ進展が抗菌薬の開発などに。工業化学が盛んだった時期に育った人達のお陰っす https://t.co/oh4cG81Xm5
J-STAGE Articles - わが国のβ_2刺激薬MDIと喘息死 : 司会の言葉(3 わが国のβ_2刺激薬MDIと喘息死) https://t.co/x0cnvPJHW0
きたー!これか?? J-STAGE Articles - 2. 成人喘息 1) 慢性喘息の管理 (<シンポジウム>I 特別シンポジウム アレルギー性疾患の治療ガイドライン) https://t.co/lCNCXKb4EU
J-STAGE Articles - 喘息児に対する長期ベクロメサゾン吸入療法の有効性と身長及び副腎皮質機能への影響 https://t.co/Ofe6gjlKiD
鼻アレルギーに対する局所薬物療法の変遷 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO) 33(1): 1―6, 2015 https://t.co/1qkqRUyiEr

1 0 0 0 OA 1.治療の変遷

気管支喘息の治療の変遷 (日内会誌 102:1327~1332,2013) https://t.co/lhvEPtgdVm
そういえば、六君子湯も抗がん剤における吐き気に対して凍らして飲ませる(服させる)ってあったなと思いだしたら、つわりにも使用報告があった。いけるんっすね https://t.co/hZXSwPvmB3 https://t.co/WJYWSM5KD3
高血糖緊急症で、超速攻型インスリンを使うのか。しかも筋注ではなく静脈投与なんですね。 学生さんからクエスチョンを頂いた。勉強になったぜ! https://t.co/J9ND4exGHZ
こちらを見て、ふとセンノシドに光線過敏症ありそう… って思ったら、一例報告があった。 https://t.co/e0IGGWVvpv https://t.co/cMKcqC5zoU
エフェドリンの抽出の論文 長井長義 https://t.co/fs3kiFLc53
世界における覚せい剤の乱用の現状と問題点 https://t.co/cKYxjAIfEB
薬物問題の現状と薬物鑑定 https://t.co/y4jAwUOwfY
構成主義が投げかける新しい教育 https://t.co/mPGHZ4qCzg 僕ら6年制が受けてきたPBLやSGDはこういう概念から導入されてきたのか。
プレガバリン内服に伴う副作用発生と危険因子の検討 -血清K値がプレガバリンの副作用の危険因子であることが示された。 https://t.co/Jz6DrFzPEM
リラグリチドが近医尿細管の尿酸再吸収などに及ぼす影響 https://t.co/A6vDwv3syT
アボルブカプセルにおいて、PTPシート内外とカプセル表面においてデュタステリドの汚染が確認された報告 https://t.co/zvP4WxHvin
https://t.co/yeRqBLZWlZ 緊急脳血管内治療時における抗血小板薬ローディング投与後の薬効解析
J-STAGE Articles - 血液透析患者のインフルエンザウイルス感染に対する,オセルタミビルの治療的,予防的投与の有効性,安全性に関する検討 https://t.co/E7pZ2Q1M4y
https://t.co/Zp33GPJcdT 薬学部 5 年次実務実習における原著論文を用いた情報収集・評価実習の試み
https://t.co/SU6LhDQldZ 心不全チーム医療における薬剤師の役割。  病院薬剤師だけでは限界もあり、調剤薬局の介入についても記載あり
慢性心不全に対する患者教育は再入院を減らすかもしれない https://t.co/sMHU1d5SLq
52.多嚢胞性卵巣症候群の排卵誘発におけるメトホルミン療法の実際とその位置づけについて教えてください. (臨床婦人科産科 63巻4号) | 医書.jp https://t.co/d7trmookJv
Tohoku Journal of Experimental Medicine 1920;1:153-166. https://t.co/fB1IUq4f9W 熊谷岱蔵は1920年にバンディングDr.とほぼ同時期に日本で血糖値を制御する因子=インスリンの発見と報告を行っていた。
https://t.co/y9CB4racc6 カルベジロールの光学異性体別の体内動態研究
J-STAGE Articles - 覚醒剤乱用者にみられた非A非B型急性肝炎の集団発生例 https://t.co/4ZXVHflr4k あった。
J-STAGE Articles - The attitude survey toward the clinical use of opioids for the palliative care in pharmacists https://t.co/y15XkTce5l
CiNii 論文 -  薬物乱用・依存の今日的状況と政策的課題 https://t.co/bBE4hGxCpT #CiNii 見れなーい!!
J-STAGE Articles - 日本における依存性薬物乱用の動向 https://t.co/7y1TPpmWED
J-STAGE Articles - 2.チェーン・ストークス呼吸症候群 https://t.co/uADUYfD8Id
アダパレンゲルの配合変化について https://t.co/s5T6jeNLFZ
J-STAGE Articles - アセトアミノフェンの長期投与により重症薬剤性肝障害をきたした帯状疱疹後神経痛の1例 https://t.co/mu1Gdc7q07
https://t.co/Ld1tr4IWyK 高用量アセトアミノフェン投与時の肝機能異常に対する結果のデータ解析
めも。イソバイド https://t.co/U40IVVRY1V
ロンベルグ試験 https://t.co/OHcwhbOrqc
https://t.co/keW0GseU6K ビフィズス菌がビオチンなどを増やす可能性。 ここから腸内細菌が整う→ビオチンなどが増える→皮膚の分化促進→皮膚疾患に有用かも? ってことかな? もう少し追う必要性ありそう
自己血輸血によるサイトカインについて https://t.co/TbwL5H6sKy
胃ろうチューブの洗浄にコーラーは向かないかもしれない。 https://t.co/3UGnJ6svaE
これまとまってそう https://t.co/qUMIbYYbSD
関連痛を念頭においたがんの痛みの診断 https://t.co/RxMmx4dnp1
脊髄外科医が知っておくべき症候学 https://t.co/HjPsEAy7Lh
その一方で、こんな報告もある。 https://t.co/IWAsmr5Vga
増殖性網膜症の疑いがある糖尿病患者は運動療法に注意するって知らなかった。 https://t.co/di9773ZZC5
@kentaron1971 J-STAGEにありました。 https://t.co/ubgmqIM02L
@chakaliki2 こちらは症例報告っぽいですが、ありました https://t.co/ubgmqIM02L
性交中は意外に少なく、性交後数時間立った後に突然死するものが多い。 https://t.co/ubgmqIM02L
急性カフェイン中毒 https://t.co/bDtj6kQx1V ブロンってコデイン中毒のみならず、カフェイン中毒もありえるのですね
鉄欠乏性貧血による氷食症 https://t.co/Mz18QJsOmm
迷走神経刺激は上室頻拍には影響あり、心室頻拍には影響しない。 https://t.co/d25iZgUZBE
こんな症例があるんだ。 https://t.co/a854iLxtJ3
生物と化学 Vol.23 No,1 オピオイドリガンドの設計 https://t.co/U1ILobTK2U N-メチルモルヒナン(いわゆるモルヒナン骨格)がモルヒネ合成の出発物とのこと
耳管開放症に対する補中益気湯の投与 https://t.co/vFLay4Of6w
アキレス腱のアキレスもギリシャ神話から来てますよね。 意外にギリシャ神話からの医学用語ってあるらしいですよ https://t.co/43b2aUeIQQ

46 3 0 0 OA 感冒後嗅覚障害

@An_azure_sky ぐぐったら、当帰芍薬散でした https://t.co/R0yGcaQ0E7
頭位性めまい症例と自覚的視性垂直位 https://t.co/lJxzaYprkS
モルヒネ型構造と鎮痛作用に関する研究 https://t.co/bn6SUsrfJx
プラリアでの低カルシウム血症。腎機能が低下していると生じやすいみたい https://t.co/md8UlymeEB
横紋筋融解症の診断基準とかバラバラじゃね?と思って調べていたら、こんな記事が https://t.co/bme3ufEQXQ

5 0 0 0 OA 経口補水療法

手作りORSのレシピが載ってる。 KやMgは含有されてないので注意とのこと https://t.co/DcAGuRnmZO
透析患者の経口補水液について https://t.co/CvS1o5ZkHX
@sakasanchan19 @chakaliki2 こういう所ですかね? https://t.co/1cHAx9KCCW https://t.co/7jhCtdDddX
CiNii 論文 -  膣内射精障害患者に対するマスターベーションエイドを用いた射精リハビリテーション https://t.co/koaxjf3Njd #CiNii
シシリアンガンビットについて https://t.co/4Y75UrjYz7
3万年前のネアンデルタール人のケシ採取痕跡を残す化石が発掘されている。また文献上では6千年前から利用された記録がある。 まじか!! https://t.co/1tpNoLJueA
コカインなどの薬物濫用が原因と考えられた若年性脳梗塞の1例 https://t.co/Amk6yaAv5K
J-STAGE Articles - 芍薬甘草湯による横紋筋融解症の一例 https://t.co/v3nbYEA3ic

2 0 0 0 OA 光アレルギー

めも https://t.co/aimScaD9xg
75歳以上のAMIは気温18度以下だと5℃低下するごとに発生率が16%上昇する https://t.co/NElJqcYhh1

1 0 0 0 OA 痛みの生理学

痛みの生理学 https://t.co/CQnyC4YFDI
整形、皮膚科、神経内科の3領域でデルマトームの図が異なるってw どれ使うのww https://t.co/f7mUC0SrcF
口腔機能に対する医歯薬連携について https://t.co/zI03diGzUA
ニューキノロンと消炎薬の併用の痙攣 https://t.co/wF2r9wzGye ニューキノロンも横紋筋融解症のリスクって考えると。併用は聞くが単独もあるのかしら?
J-STAGE Articles - 非がん性慢性疼痛に対するトラマドールの長期投与―日常診療における3年投与症例の調査研究― https://t.co/aVwxbUDyQE
CiNii 論文 -  P-189 腫瘍熱に対するナプロキセンの解熱効果の検討 https://t.co/UtuvN6qnXl #CiNii 読めない……。
骨粗鬆症脊椎圧迫骨折に対する治療法 https://t.co/3UNG49Eauq
糖尿病治療と心不全 https://t.co/S5gbSdYU4b
電話による退院患者のフォローアップ https://t.co/Ka1KoHq3pV 2001年だからDOACが出る前ですね
コカインで思い出したけど、若年性脳卒中でコカインが因子になるってのありましたね。 https://t.co/Amk6yaiTHa
おお、こんな記事もあるのか https://t.co/S5gbSdYU4b 20日に話せたらいいかな?
DMによる無症候性脳梗塞。ラクナなだけでなく、アテローム梗塞も増えてきているんだ。 メタボリックシンドロームの影響もあるようで。 https://t.co/PgyFHPH8Vk
無症候性脳梗塞って概念あった。糖尿病とかがハイリスクで、ラクナ梗塞とかがあてはまるみたい https://t.co/5oHaziAPVi
ジェランガムにNaCl添加とKCl添加で比較したら、エンタルピーがKClの方が大きかった。 https://t.co/WK99y8l3ge
ボノプラザンはCYPで代謝活性化される抗血小板薬の薬効を減弱させる https://t.co/su7l7tJVz0
トラマドールの併用がワルファリン服用患者の PT-INR の変動に及ぼす影響 https://t.co/EZ91xVblBO ほう。こういう報告もあるのか
トラマドールが薬物乱用者からの指名率が最も低いオピオイドであることから比較的に安全に使用できるオピオイドである考えられる。 https://t.co/cMCfVn8dzQ 元論文→https://t.co/nbTXorTCoB

お気に入り一覧(最新100件)

明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK9ypye
J-STAGE Articles - プレガバリンは腎機能を考慮した推奨用量でも腎機能低下患者の有害事象発生率が高い https://t.co/qGNwnu5zZj
2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃潰瘍の1例 https://t.co/Blv5epWwxu https://t.co/mMqz9Rd8qu
2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考えられた胃潰瘍の1例 https://t.co/Blv5epWwxu https://t.co/mMqz9Rd8qu
SGLT2阻害薬の内服により,呼気アルコール検知器が偽陽性になる場合があるようです.J-STAGE Articles - SGLT2阻害薬服用中にアルコール検知器反応陽性を示した正常血糖ケトーシスの1例 https://t.co/rQzOgotZuy
良い研究なのでシェアします。甘草による偽アルドステロン症の頻度について、今後多くの調査が必要としながらも 1g→1% 2g→1.7% 4g→3.3% 6g→11.1% という頻度推定値の暫定使用を提案。 甘草の使用量と偽アルドステロン症の頻度に関する文献的調査 https://t.co/RCmHDitg6P
済生会横浜市東部病院薬剤部の報告 【薬学雑誌】 副作用の発見と重篤化回避に対する薬剤師の介入効果とその解析 https://t.co/Cnt0spYFT7 https://t.co/n4kgTrCZmq
済生会横浜市東部病院薬剤部の報告 【薬学雑誌】 副作用の発見と重篤化回避に対する薬剤師の介入効果とその解析 https://t.co/Cnt0spYFT7 https://t.co/n4kgTrCZmq

フォロー(272ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

J-STAGE Articles - 慢性維持透析患者に対する静脈栄養ならびに経腸栄養に関する提言 https://t.co/2DOCV3Eaf3
CiNii 論文 -  看護師における共依存傾向とその影響についての検討 https://t.co/BksjpfpAzu
RT @Fizz_DI: 30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 h…
30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 https://t.co/8ekRxJqbhM
RT @syuichiao89: @nnago open-label+clinical deteriorationですね。 心血管系ですが、僕らの研究では「相対危険減少が30%を超えるランダム化比較試験では、結果の内的妥当性が低い」ことが統計的にも有意に示されており、このよう…
第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/相対危険減少が30%を超えるランダム化比較試験では、結果の内的妥当性が低いかもしれない https://t.co/EiCi6lsCzT
@nnago open-label+clinical deteriorationですね。 心血管系ですが、僕らの研究では「相対危険減少が30%を超えるランダム化比較試験では、結果の内的妥当性が低い」ことが統計的にも有意に示されており、このような効果サイズの大きな研究については続報を待ちたいです。 https://t.co/iX84WKmDVX

フォロワー(1271ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

J-STAGE Articles - 慢性維持透析患者に対する静脈栄養ならびに経腸栄養に関する提言 https://t.co/2DOCV3Eaf3
CiNii 論文 -  看護師における共依存傾向とその影響についての検討 https://t.co/BksjpfpAzu
RT @CaseK_SMU: Effect of the COVID-19 Pandemic on Acute Respiratory Care of Hypoxemic Patients With Acute Heart Failure in Japan A Cross-Se…
RT @Fizz_DI: 30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 h…
RT @Fizz_DI: 30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 h…
RT @Fizz_DI: 30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 h…
RT @Fizz_DI: 30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 h…
30歳男性が、肉料理の香辛料として「ナツメグ」10gを香辛料として使用し、手の震え・発汗・浮遊感・動悸などの症状が現れたという報告(経過観察で症状改善)。 日本救急医学会関東地方会雑誌.39(2):285-7,(2018) 「ナツメグ中毒の1例」 https://t.co/8ekRxJqbhM
RT @syuichiao89: @nnago open-label+clinical deteriorationですね。 心血管系ですが、僕らの研究では「相対危険減少が30%を超えるランダム化比較試験では、結果の内的妥当性が低い」ことが統計的にも有意に示されており、このよう…
第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/相対危険減少が30%を超えるランダム化比較試験では、結果の内的妥当性が低いかもしれない https://t.co/EiCi6lsCzT
@nnago open-label+clinical deteriorationですね。 心血管系ですが、僕らの研究では「相対危険減少が30%を超えるランダム化比較試験では、結果の内的妥当性が低い」ことが統計的にも有意に示されており、このような効果サイズの大きな研究については続報を待ちたいです。 https://t.co/iX84WKmDVX