著者
望月 龍也 石内 伝治 伊藤 喜三男
出版者
THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE
雑誌
園芸学会雑誌 (ISSN:00137626)
巻号頁・発行日
vol.68, no.5, pp.1000-1006, 1999-09-15 (Released:2008-01-31)
参考文献数
24
被引用文献数
1 1

遺伝的に多様なトマト30品種・系統を供試し, 完熟果実におけるグルコースおよびフルクトース含量の作期および果房位による変動特性の差異を検討した.トマト品種・系統間における両成分含有量の相対的関係は, 栽培・環境条件の変動に対して比較的安定していた.また全体を通じてグルコース含量とフルクトース含量には高い正の相関がみられたが, 糖含量が高くなるほど全体に占めるフルクトース含量の比率は低くなる傾向がみられた.全品種・系統をこみにした作期・果房位ごとの平均値に対する, 対応する作期・果房位における糖含量の回帰分析から, 供試材料は, (1)作期・果房位ごとの糖含量が全供試材料の平均値とほぼ平等して変動する品種・系統, (2)作期・果房位間の変動が全供試材料の平均より大きい品種・系統, (3)作期・果房位間の変動が小さく安定した糖含量を示す品種・系統, (4)回帰直線への回帰が有意でなく糖含量変動が全供試材料の変動傾向と異なる変動を示す品種・系統が認められたが, 糖含量が高くかつ変動の小さい品種・系統は見出せなかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

https://t.co/jFRsRdCycH フルーツトマトって糖度で語られることが多いけど、果実のスクロース割合って少ないんだよね、、還元糖の仕組みとかもっと知りたい。可能性しかない。 研究者の頭脳が本当に羨ましい、、やっぱやるからには凄いの作りたいよな。何年かかっても #新規就農 #トマト #環境制御
@itamaco @j53herbie トマトは果実だからセーフ! https://t.co/GTacJhCpJg
トマトジュースをコップにそそぎつつ 「そういやコイツの糖の組成はどうなってる?」 と思いチェック

収集済み URL リスト