著者
蔵治 光一郎 溝口 隼平
出版者
水文・水資源学会
雑誌
水文・水資源学会誌 (ISSN:09151389)
巻号頁・発行日
vol.20, no.4, pp.303-311, 2007 (Released:2007-09-10)
参考文献数
15
被引用文献数
1

かつて「越すに越されぬ大井川」とうたわれながら,戦後の発電ダム建設等により流量の大半を奪われ,下流の一部で「河原砂漠」と化している大井川の流量変化の実態を明らかにするため,1923年から2000年までの流況の長期変動について調べた.その結果,塩郷堰堤建設前の長期平均流況は平水51.0トン,低水29.4トン,渇水16.4トンであったが,建設後の堰堤流入量の長期平均流況は平水10.7トン,低水5.2トン,渇水2.6トンに変化していた.仮に近い将来,大井川の水量を回復するために塩郷堰堤を撤去したとしても,それだけでは下流の大井川に昭和30年代の水量を取り戻すことはできず,水量を取り戻したければ,上流ダム群を含めた総合的な流量再生策を検討する必要があることが示された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

@megutaikusoda パッと思いつくのは大井川かなぁ 結構データになってるしエビデンスとしては優秀 https://t.co/PRW3DNUrGX
参考 https://t.co/AOjZXnJaY6>JR東海:リニア中央新幹線 静岡県の同意なく着工を検討 - 毎日新聞 https://t.co/fB3TynPqkM

収集済み URL リスト