著者
深井 喜代子 大名門 裕子
出版者
一般社団法人 日本看護研究学会
雑誌
日本看護研究学会雑誌 (ISSN:21883599)
巻号頁・発行日
vol.15, no.3, pp.3_39-3_46, 1992-07-01 (Released:2016-03-31)
参考文献数
26

88名の健康な学生(男27名,女61名,18-37才)を被験者として,注射針刺入部としてよく選択されている三角筋,前肘,手背各部の皮膚痛覚閾値を,タングステン製(直径140μm)の刺激毛を用いて痛点分布密度を測定する方法で調べた。その結果,三つの皮膚領域とも,痛点分布密度(prick painとdull painの総数)は男性より女性の方が有意に大きかった(平均痛点数:男,7.6-11.0/4mm2,女,10.2-12.2/4mm2)。部位別では,手背部(男,7.6±4.7/4mm2,女,10.2±4.2/4mm2),三角筋部(男,9.1±5.0/4mm2,女,10.7±4.4/4mm2),前肘部(男,11.0±4.1/4mm2,女,12.1±3.3/4mm2)の順で痛点分布密度が小さかった。この傾向は注射針刺入時の鋭い痛みに相当するprick painのみの分布に着目しても同様であった。このような痛覚閾値の部位差,性差について考察した。本実験の結果から,看護者は,健康な青年層では,女性は男性より痛覚閾値が低いこと,そして手背部の閾値は比較的高いことを考察して注射や採血を行うべきであると結論した。

言及状況

外部データベース (DOI)

OKWave (1 users, 1 posts)

毎回思うんですけど、どんな研究結果を見ても大体女性の方が痛みの閾値が低いという結果のものばかりなんですが、どうして女性の方が痛みに強いということになってるのですか? 自分が知る限り男性の方が閾値が低いと出た研究はなかったです。 ↓一応論文の出典です。 http://www.osachi.jp/download-PV/CPT/L-06.pdf http://ci.nii.ac.jp ...

Twitter (6 users, 6 posts, 3 favorites)

他の人に晒すまでしなくても…。 でも意外と手背での採血、ルートキープは優先順位高くても良いのかも。 古いデータですが。 https://t.co/K9BC3WHOC5 https://t.co/vtOwKTZ2at
@xx___aoi https://t.co/PvgHdbHczn 面白いで!
なお、接種の瞬間(針刺の『正にその時』)の痛みは 男女差が大いに関係ありそうな感じ。 周りの人を観察してても オバチャンら〜『痛い』って声 多いけど オッチャンら〜から『痛い』という声は圧倒的に少ない https://t.co/mhgGSMIITH
上肢の注射部位における皮膚痛覚閾値の検討. 一三角筋,前肘,手背各部の皮膚痛点分布密度の比較一. https://t.co/gg6Xn6OLuR 部位別痛覚閾値を知るうえでこれと4と14の論文は参考になりそう。しかし全身ではみてないのかな。

収集済み URL リスト