著者
黒田 寿美恵 船橋 眞子 中垣 和子
出版者
一般社団法人 日本看護研究学会
雑誌
日本看護研究学会雑誌 (ISSN:21883599)
巻号頁・発行日
vol.40, no.2, pp.2_141-2_150, 2017-06-20 (Released:2017-08-30)
参考文献数
57

目的:看護学分野における「その人らしさ」の概念を明らかにし,その人らしく生きることを支える援助への活用可能性を検討する。方法:『医中誌Web版(ver.5)』を用いて検索語「その人らしさ」で文献を抽出し,Rodgersの概念分析の手法を用いて分析した。結果:「その人らしさ」は「内在化された個人の根幹となる性質で,他とは違う個人の独自性をもち,終始一貫している個人本来の姿,他者が認識する人物像であり,人間としての尊厳が守られた状態」と定義された。結論:「その人らしさ」の概念に対する看護師の理解が深化することで,その人らしく生を全うできるための援助の実現可能性が高まる。「その人らしさ」を尊重した看護を行う際には患者の身体状況に考慮する必要があるため,看護師の職責が十分に発揮されることが重要である。また,「その人らしさ」の帰結は看護師がケアの場で「その人らしさ」をとらえる方法と同一と考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 13 favorites)

久々に看護論文を読んだ。 ー「その人らしさ」を尊重するケアとは、対象者の意思決定を促し、生き生きとした生活や社会参加を可能にし、最後まで自分の意思が尊重され、病状が進行していくなかでも充実した日々を過ごし、よい最期を迎えることを可能にする。 https://t.co/PBCpM136OS
その人らしさの概念分析 https://t.co/dJczgwU48B やっぱ、こういうアプローチを引っ張り出してくるあたり、さすがCNS

収集済み URL リスト