著者
岩崎 学
出版者
一般社団法人 日本統計学会
雑誌
日本統計学会誌 (ISSN:03895602)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.217-230, 2016-04-07 (Released:2017-01-27)
参考文献数
72
被引用文献数
1

ビッグデータの時代と言われる現在,統計家そして日本統計学会などの学術団体の果たす役割も変化しつつある.本稿では,筆者の直接の経験に基づき,これまでの統計家の歩んできた道およびいくつかの統計学上のトピックスを挙げ,これからの統計家の在り方を考える手立てとする.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 19 favorites)

岩崎学先生の統計学会会長就任の寄稿論文を楽しく読んだ。いくつか抜き出す。 ・かつての数学会(統計数学分科会)は戦場。竹内啓,渋谷政昭による鋭いコメントが飛んできた。 ・竹内啓「数理統計学」(1963,東洋経済)は彼が30歳のときの本。 https://t.co/hp9yaHjHUh
これは正しいかも。>「大学初年級の線形数学の授業は,統計家が担当したほうが,適切な応用例も簡単に見つ けることができて学生の興味も引くであろうことから,数学者よりも望ましいのではない かと考えている.」 https://t.co/WXexiJ3E6w

収集済み URL リスト