著者
宮本 真吾 石川 秀樹 若林 敬二 酒井 敏行 武藤 倫弘
出版者
一般社団法人 日本血栓止血学会
雑誌
日本血栓止血学会誌 (ISSN:09157441)
巻号頁・発行日
vol.27, no.1, pp.29-33, 2016 (Released:2016-02-26)
参考文献数
25

要約:症例対照研究やコホート研究ではアスピリンの常用者は大腸がんの発生頻度が低いことが多数報告されている.ランダム化比較試験においても,アスピリンは大腸がんの前がん病変である腺腫の発生を予防することがメタ解析レベルで示されている.大腸がんに関しては,これまで明らかではなかったが,アスピリン介入試験の終了後,長期間追跡すると大腸がんの発生を抑制することが示された.以上は欧米のデータであるが,日本でもアスピリンを用いた大腸がん予防を目的とした2 つの二重盲検無作為割付試験が報告されており,現在ではアスピリンの実用化に向け,最適化に関する大規模試験が行われている.本稿では,アスピリンの大腸がん予防介入試験の現状を紹介するとともに,アスピリンの標的として可能性のある血小板と大腸がんとの関連性について考察する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 10 favorites)

アスピリンと癌については多くの論文があるので今更なのですがちなみに京都大学の方の資料が読めます 血小板と血管新生の関係についての話が興味深いです。 https://t.co/iC0nB0z51x
@Rw4xYHAVrZ2nZqd 高い健康サプリ買うより安価で手軽なのがいいですよね! ちなみに大腸がんだけでなく心血管疾患、脳卒中にも効果があります ただ出血のリスクもあるので医者と要相談ですね… https://t.co/nCdFfgSqbj

収集済み URL リスト