著者
藤本 将志 伊藤 陸 鈴木 俊明
出版者
関西理学療法学会
雑誌
関西理学療法 (ISSN:13469606)
巻号頁・発行日
vol.20, pp.28-34, 2020 (Released:2020-12-28)
参考文献数
10
被引用文献数
1

The Trendelenburg sign can occur due to various factors, and it is necessary to evaluate the factors in detail and then perform treatment to lead to voluntary training. In this paper, we consider the factors and movement patterns of the Trendelenburg sign appearing in electromyogram data, and explain voluntary training for those factors.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 15 posts, 62 favorites)

“トレンデレンブルグ様現象”とは 立脚側股関節外転筋の筋緊張低下以外の機能障害が原因となり生じる骨盤下制の現象をいう。 トレンデレンブルグ様現象の要因 □内腹斜筋横線維の筋緊張低下 □長腓骨筋および後脛骨筋の筋緊張低下 □股関節内転筋の筋緊張低下 参考までに! https://t.co/oo5rMHMgHL
“トレンデレンブルグ様現象”とは 立脚側股関節外転筋の筋緊張低下以外の機能障害が原因となり生じる骨盤下制の現象をいう。 トレンデレンブルグ様現象の要因 □内腹斜筋横線維の筋緊張低下 □長腓骨筋および後脛骨筋の筋緊張低下 □股関節内転筋の筋緊張低下 参考までに! https://t.co/oo5rMHMgHL
“トレンデレンブルグ様現象”とは 立脚側股関節外転筋の筋緊張低下以外の機能障害が原因となり生じる骨盤下制の現象をいう。 トレンデレンブルグ様現象の要因 □内腹斜筋横線維の筋緊張低下 □長腓骨筋および後脛骨筋の筋緊張低下 □股関節内転筋の筋緊張低下 参考までに! https://t.co/oo5rMHvdFL
https://t.co/wzJoWMv8XM

収集済み URL リスト