著者
Naveen CHANDRA Prabir K. PATRA Jagat S. H. BISHT 伊藤 昭彦 梅澤 拓 三枝 信子 森本 真司 青木 周司 Greet JANSSENS-MAENHOUT 藤田 遼 滝川 雅之 渡辺 真吾 齋藤 尚子 Josep G. CANADELL
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
気象集誌. 第2輯 (ISSN:00261165)
巻号頁・発行日
vol.99, no.2, pp.309-337, 2021 (Released:2021-04-15)
参考文献数
92
被引用文献数
6 9

メタン(CH4)は主要な温室効果気体の一つであり、対流圏および成層圏における化学過程にも重要な役割を果たしている。気候変動および大気汚染に関するCH4の影響は非常に大きいが、過去30年間のCH4濃度増加率や経年変動の要因については、未だ科学的な確証が得られていない。本研究は、十分に検証された化学輸送モデルを用いて、1988年から2016年の期間を対象に大気中CH4濃度をシミュレートし、逆解析によって地域別CH4排出量を推定した。まず、標準実験としてOHラジカルの季節変動のみを考慮し、大気中CH4濃度の観測データを用いた逆解法モデル、排出インベントリ、湿地モデル、およびδ13C-CH4のボックスモデルを用いた解析を行ったところ、1988年以降におけるヨーロッパとロシアでのCH4排出量の減少が示された。特に、石油・天然ガス採掘と畜産由来の排出量の減少が1990年代のCH4増加率の減少に寄与していることが明らかとなった。その後、2000年代初頭には大気中CH4濃度が準定常状態になった。 2007年からはCH4濃度は再び増加に転じたが、これは主に中国の炭鉱からの排出量の増加と熱帯域での畜産の拡大によるものと推定された。OHラジカルの年々変動を考慮した感度実験を行ったところ、逆解析による中高緯度域からのCH4排出推定量はOHラジカルの年々変動には影響されないことが示された。さらに,我々は全球的なCH4排出量が低緯度側へシフトしたことと熱帯域でのOHラジカルによるCH4消失の増加が相殺したことによって、南半球熱帯域と北半球高緯度域の間のCH4濃度の勾配は1988-2016年の間にわたってほとんど変化していなかったことを明らかにした。このような排出地域の南北方向のシフトは、衛星によるCH4カラム観測の全球分布からも確認された。今回の解析期間には、北極域を含めて地球温暖化によるCH4排出量の増加は確認できなかった。これらの解析結果は、気候変動の緩和へ向けた効果的な排出削減策を行う上で重要な排出部門を特定することに貢献できると思われる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (48 users, 53 posts, 108 favorites)

@turbotechdog @juliet_turner6 Here is what experts say. Bizarrely, I trust their opinions on the matter more than a farmer's! https://t.co/wtuIetaCVJ https://t.co/SNZx0US65K
@EliotJacobson @AutumnMandrake @Sou_HotWhopper New to me also, but this study https://t.co/IAOgRGlrhP heavily cited in AR6, strongly suggests that coal mining, especially in China, but also other places, is main driver of the post 2007 CH4 increase. Not expert, I do not know anything about C-13 fingerprint of coal mining
@SeanieCummins @conormulv "Emissions from the Oil and Gas Sectors, Coal Mining and Ruminant Farming Drive Methane Growth over the Past Three Decades" Chandra et al. 2021 https://t.co/bzKwXXRV3O "warming directly attributable to livestock to 23% of the total warming in 2010": https://t.co/gVPURvYemg
@sandy_brighton @arthur_bio_br @secondsatellite From https://t.co/QSwimLa7Qq Joseph Canadell, the lead author of this even more recent inventory https://t.co/wtuIetaCVJ
...Whilst ruminant farming is clearly confirmed, once again, as a key source of methane emissions, which have been going up alarmingly over the past three decades https://t.co/wtuIetaCVJ https://t.co/nd2uGSa204
A new study pinpoints the sources of the rise in methane emissions since 2007: It is "attributed to increases in emissions mainly from the coal mining industry, particularly in China, and increase ruminant farming globally (...)" https://t.co/wtuIetaCVJ
Emissions from the Oil and Gas Sectors, Coal Mining and Ruminant Farming Drive Methane Growth over the Past Three Decades https://t.co/10edjFfJ0k

収集済み URL リスト