著者
嘉幡 久敬
出版者
科学技術社会論学会
雑誌
科学技術社会論研究 (ISSN:13475843)
巻号頁・発行日
vol.16, pp.30-42, 2018-12-10 (Released:2020-02-10)
参考文献数
40

人工知能(AI)を使った兵器の自律化は世界の軍事技術のトレンドになりつつある.自律兵器は戦局を有利にすると期待される一方で,その非人道性ゆえに規制を求める声も多く,国連で昨年,初の公式会合が開かれ,議論が始まった.日本でもAIを含めた先端技術の軍事応用に防衛省が注目している.防衛省は近年,先端技術の開発を進めるため,大学などの学術界の研究者向けに新たな研究費制度を始めた.米軍も日本の技術に注目し,学術界向けに研究助成を続けている.こうした状況を受けて,日本では,科学者の軍事研究への加担をめぐる関心が高まり,議論が始まっている.本稿ではAI兵器をめぐる世界の現状と日本の議論を紹介し,日本の取り得る選択肢について検討する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

軍事で利用されたものはその内民間で使用され始めるのが常ですが AI兵器はその内警備システムとかに転用されるのかな https://t.co/fGCbHeRkSc

収集済み URL リスト