著者
伊藤 啓
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.55, no.5, pp.307-317, 2012-08-01 (Released:2012-08-01)
参考文献数
6
被引用文献数
3

遺伝子の変異や目の疾患によって色の知覚が異なる人が,日本には500万人以上存在する。これらの人は,特定の組み合わせの色が識別しにくい以外に,赤い表示を見落としやすい,色名がわからないなどの不便が生じる。フィルターやパソコンソフトで提供されているツールを使うと,こうした色の見分けにくさを疑似体験できる。色を使ったデザインを行う際は,これらのツールで確認しながら,できるだけ見分けやすい配色を選ぶ,形の違いなど色以外の方法を併用して情報を伝える,色名を表記するなどの工夫を行い,伝えたい情報が誰にでも理解してもらえるようなカラーユニバーサルデザインに配慮する必要がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

[design][webdesign] 伊藤啓. カラーユニバーサルデザイン 色覚バリアフリーを目指して. 情報管理. Vol. 55 (2012) No. 5 P 307-317

Twitter (13 users, 13 posts, 19 favorites)

パワーポイントのの色覚多様性対応について尋ねたら、いい感じの資料を頂いた。カラーユニバーサルデザインというらしい。感謝! #色覚異常 #色覚多様性 #パワーポイント #カラーユニバーサルデザイン こんなの参考になりますか? いく… https://t.co/AdQ6LqxD6j
RTの図2、オレンジから緑で変化を示すのはかなりまずいと思う。 参考 https://t.co/7a5b7QzAEb
配色のユニバーサルデザインについて。 Link: 書誌事項 https://t.co/EdJYTqTZ http://t.co/tAobKXCU
■J-STAGE:情報管理 Vol.55No.5カラーユニバーサルデザイン 色覚バリアフリーを目指して https://t.co/bHTPtQa6 ■という中から「カラーユニバーサルデザイン 推奨配色セット」 http://t.co/7KS0JCi0 の存在を知る

収集済み URL リスト