著者
織田澤 利守 大平 悠季
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集D3(土木計画学) (ISSN:21856540)
巻号頁・発行日
vol.75, no.5, pp.I_1-I_15, 2019 (Released:2019-12-26)
参考文献数
74

社会資本整備のマネジメントサイクルの確立に向けて,事後評価の充実が重要な課題の 1 つに挙げられる.事後評価では,ストック効果の発現状況を多面的に捉え,統計データを有効に活用しながら,可能な限り定量的・客観的に効果を把握することが求められる.インフラ整備によってもたらされるストック効果を適切に評価するためには,実務で一般的に行われている単純な前後比較では十分とは言えない.本稿では,昨今,様々な分野で広く活用されるようになった統計的因果推論について,その手法を概説したのち,交通基盤整備効果の推定を行う既往研究をレビューする.その上で,交通基盤整備評価への適用に向けた論点整理を行うとともに展望について述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

交通インフラ整備効果の因果推論:論点整理と展望 土木計画学研究・論文集 第36巻(特集) https://t.co/4sLK0RMYRE 本稿では、昨今、様々な分野で広く活用されるようになった統計的因果推論について、その手法を概説… https://t.co/ydTFJjzE9a

収集済み URL リスト