okazakiyslab (@okazakiyslab)

投稿一覧(最新100件)

通信教育における意見文の協同推敲を支援するグループ編成方法の開発と評価 https://t.co/pNGmlO0LTb
統計的因果推論の視点による重回帰分析 https://t.co/khhOqD3Lla
我が国の社会医学における因果関係論の構築を目指して https://t.co/sia53rnaov
医学における因果関係の推論 疫学での歴史的流れ https://t.co/Gy1ZDq9X9b
医学における因果関係の推論 : 意思決定 https://t.co/mf1IcwU48E
因果推論の道具箱 https://t.co/yukZKOmPhF
企業・学校に求められる"教育"から"学育"への移行 https://t.co/Pha9CP8cU5
中学校1年生の4月における英語学習に対する意欲はどこまで持続するのか https://t.co/McPkewXU1A
アメリカのスクール・リーダー養成における教授法の歴史的展開 -1980年代以降の大学院段階の養成プログラムを中心に- https://t.co/00zWys0Ll1 アメリカでは学校データに基づく意思決定(ビジョン形成)が一般化しつつある。
アメリカにおけるスクールリーダーとその専門職団体について https://t.co/neafnLfoNg
RT @yohei_econ: 国会図書館の小池拓自さんによる論考。英国のEBPM推進機関であるWhat Works Centre(WWC)のうち、地域経済政策を担っているWWC for Local Economic Growthの詳細な解説。文献を丁寧にレビューされていて参考…
医師の生涯教育制度:世界の潮流 https://t.co/YNu1v9WSCM 医師個人の努力だけでは継続的修得が困難となり、制度として「医師生涯教育(Continuing Medical Education: CME)」 が運用されてきた。
医学教育における outcome-based education(OBE)の影響 https://t.co/f3irjpOawT
臨床医のための疫学シリーズ:地域中核病院で行う臨床研究 第3回 研究仮説の立て方とDirected Acyclic Graph(疫学各論2) https://t.co/358Y7Snu7N
臨床医のための疫学シリーズ:地域中核病院で行う臨床研究 第1回 臨床研究における疫学と統計学(疫学総論) https://t.co/HU1enXDKIK
子どもを取り巻く「つながり」と学習意欲の関係 https://t.co/ZC4VfBcW9Y
システマティックレビュー論文の評価と活用に向けたワークショップの実践とその評価 https://t.co/0yzBGPVmlT
「科学的根拠に基づく実践を適用することへの態度尺度(EBPAS)」日本語版の心理測定学的特徴の検討 https://t.co/Y3LfWCC1Ek
心理学におけるベイズ統計モデリング https://t.co/SbO8wrZtEJ
潜在変数への観測変数の回帰に関する問題と段階推定による解決 https://t.co/foopUk8VIH
Problem-based learning in a multidisciplinary group enhances clinical decision making by medical students: A randomized controlled trial https://t.co/pIdF7UZWcd
心理療法におけるエビデンス概念の変遷 https://t.co/LkDMyetvze 心理学における根拠に基づく実践(EBPP)のガイドラインに関する記載あり。APAが2006年に公表。
わが国の教育心理学の研究動向と展望 臨床心理学の研究動向と課題:知を伝えることと受け止めることの観点から https://t.co/bte4nLkRPR エビデンス・リテラシーに関する記載あり
わが国の教育心理学の研究動向と展望 臨床心理学の研究動向と課題:知を伝えることと受け止めることの観点から https://t.co/bte4nLkRPR
日本の EBM の動きからのレッスン -前車の轍を踏まないために- https://t.co/7mhkls9IeV 厚生省のガイドライン作成(中止)に関する記載あり
エビデンスに基づいた臨床心理学教育:教養教育への示唆 https://t.co/YQAmpRDQS0
これからの「体育科教育学」教育:教職課程の見直し(教職課程の再課程認定)を踏まえて https://t.co/vrEJ9BryLo (1)教職課程コアカリキュラム:各授業の到達目標 (2)保健体育科教育法:指導理論・改善方法の確立 (3)体育科教育学:授業内容・改善を支える根拠・エビデンス
Rによる効果量分析の実際 https://t.co/CxvTbMAFwp 分散分析のサンプルサイズの計算 > pwr.2f.test(u = x, f2 = y^2, power = z) F分布を使った一般線形モデルの関数
臨床疫学の進め方と読み方 https://t.co/EICAhjepQx 疫学が臨床領域で応用された臨床疫学を基盤に、根拠に基づく医療(Evidence-based medicine: EBM)が発展。(本文より) EBMの背景に疫学・臨床疫学があるから情報がつながるのか。EBMから勉強を始めたので、合致してゆく感覚がとても新鮮。

2 0 0 0 OA EBMとは何か?

EBMとは何か?医学図書館とEBM https://t.co/BjVtVKu0t3 2000年、厚生省は、主な疾患の治療ガイドラインをEBMに則って作成し、普及させる方針を打ち出したが、あえなく頓挫した。(本文より) EBMとガイドラインを混同。

2 0 0 0 OA 臨床疫学

総説 第90回総会 臨床疫学:その科学性と倫理性 https://t.co/sbWBtxwcP0
e ポートフォリオとしての教育ビッグデータとラーニングアナリティクス https://t.co/rV1gMco4TY
数理社会学ワンステップアップ講座 統計学・計量社会学をどう教えるか:よりよい統計学教育をめざして https://t.co/ypikDZaWFx
特集 高等教育研究のニューフロンティア 計量分析の新展開 過去10年間の経験を振り返って https://t.co/6gzuBkVEZJ
初任教員のストレスと適応感-パネルデータを用いた分析- https://t.co/lNFqJ8pYCa
パネルデータの基礎的分析方法-NFRJ-08Panelの有効活用に向けて- https://t.co/gfZlv9kCOL
パネルデータを用いた学力格差の変化についての研究 https://t.co/nCeCs7XKF9 算数・数学のパネルデータ分析を実施。
有配偶女性の就業とディストレス-NFRJ08-Panelによる検討- https://t.co/Sgypwpf8oJ 「全国家族調査パネルスタディ(NFRJ08-Panel)」を用いてパネルデータ分析を実施。個人特性を統制すると、有職時は無職時よりもメンタルヘルスが良好。
社会学におけるパネルデータ分析の展開 https://t.co/nxW6Ez1xIg
数理社会学ワンステップアップ講座(7) パネルデータ分析の基礎と応用 https://t.co/16JNkEEKm1
医薬研究におけるメタアナリシスと公表バイアス https://t.co/IWpjDgfULU
システマティックレビュー論文の評価と活用に向けたワークショップの実践とその評価 https://t.co/0yzBGPVmlT
薬学部6年生教育への改変型Team-based Learningの導入とその成績向上効果の検証 https://t.co/dTk48iuA24
誰でもすぐにできるTeam-Based Learning (TBL)の仕掛けを使った講義 https://t.co/IuGaj1TiGQ 予習、個人テスト、グループテスト、アピール、フィードバック、ピア評価の6つのステップ
看護師の直観に基づく意思決定に関する文献レビュー https://t.co/NvrzxLPfkv
教育用標準データ(SSDSE)を中心とした統計教育支援への枠組み https://t.co/kanca137pR
総務省における統計リテラシー向上への取組 https://t.co/YDFMkIoarD
薬局薬剤師を対象とした継続的なEBM教育プログラムが薬剤師業務に与える影響 https://t.co/y3o7Zz0qFN
ソーシャルワークにおけるエビデンス・ベース・プラクティス(EBP)の出現 : 近年のソーシャルワークにおける新たな動向 https://t.co/AdjxHEX6OO
予備実験後のt検定、分散分析、 多重比較のサンプルサイズの決定 https://t.co/lELndKII5G
心理統計の新しい展開と今後の統計教育 https://t.co/1l4biGJzE7
統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計 https://t.co/lELndKII5G
RT @K_Toshiosan: 少なくともペーパーテストを前提とする限り,「抽出調査で十分」なのではなく,「抽出調査でないとマズい」んです。詳しくは,木村(2006)「戦後日本において「テストの専門家」とは一体誰であったのか?」をどうぞ。 https://t.co/Xwu8…
エクセルを用いた検定力分析 https://t.co/UvJePh9wf7
EBPMに対する温度差の意味するところ https://t.co/lVsyyrr0FE 上記の論文で著者が「スピード感が違いすぎる」と指摘していたことを思い出しました。 https://t.co/8KsLUbSMQX
交通インフラ整備効果の因果推論:論点整理と展望 土木計画学研究・論文集 第36巻(特集) https://t.co/4sLK0RMYRE 本稿では、昨今、様々な分野で広く活用されるようになった統計的因果推論について、その手法を概説したのち、交通基盤整備効果の推定を行う既往研究を既往研究をレビューする。
RT @okazakiyslab: 薬学部におけるEBM教育の現状 https://t.co/REk3zgfMsJ 教育学部でも「エビデンス情報を参照する考え方・実践方法」を提供できるのか現在も模索中。
薬学部 3 年次学生に対する Evidence-based Medicine(EBM)教育の 試みとその評価 https://t.co/D7ZqrrsAnL 大変参考になりました。 https://t.co/rtsKOT7MjD
教育現場にエビデンスに基づく実践を広めるためには何をすればよいか https://t.co/tOyidhXcyO
医学における因果推論 第一部 研究と実践での議論を明瞭にするための反事実モデル https://t.co/kYfr304Z6r 医学における因果推論 第二部 交絡要因の選択とバイアスの整理および仮説の具体化に役立つDirected Acyclic Graph https://t.co/NeoodEo7Z3
医学における因果推論 第一部 研究と実践での議論を明瞭にするための反事実モデル https://t.co/kYfr304Z6r 医学における因果推論 第二部 交絡要因の選択とバイアスの整理および仮説の具体化に役立つDirected Acyclic Graph https://t.co/NeoodEo7Z3
医学における因果推論 第一部 -研究と実践での議論を明瞭にするための反事実モデル- https://t.co/anbG4ZnzKE
数理社会学ワンステップアップ講座 統計学・計量社会学をどう教えるか:よりよい統計学教育をめざして https://t.co/gdyyJxflOS
心理学と心理測定における信頼性についてーCronbackのα係数とは何なのか、何でないのかー https://t.co/izhh6W7evo α係数は信頼性の「下限」ではない(本文より)。
スクールワイドPBISの研究に関する現状と課題 https://t.co/jcyyHzHWg0
発達障害への特別支援教育その先へ―教育・心理・医療の統合的展開― https://t.co/ki6h7tTMmu
薬学部におけるEBM教育の現状 https://t.co/REk3zgfMsJ 教育学部でも「エビデンス情報を参照する考え方・実践方法」を提供できるのか現在も模索中。
EBP (Evidence-based Practice)推進のための看護師の EBP 情報アクセスと利用の向上を目指した情報環境整備と教育的介入の評価 https://t.co/bB5YuwUfBi
Evidence based practiceに関する日本語版尺度開発と等価性の検証 https://t.co/zRenhihSg1
クリティカルケア看護で使用されているEvidence-Based Practiceプロセス https://t.co/TkuXB4D24A
日本の教育分野では、特別支援(特に応用行動分析学)がエビデンスを取り入れ始めている。 https://t.co/qlb4mjfOpj https://t.co/onMZMxI6qY
RT @K_Toshiosan: 「数値化される以前」の問題にこだわりたいという気持ちはわかる。しかしそのためには,何がどの程度まで数値化できるのか知らないといけない。数値化できる問題を数値化しようとせず,議論を混乱させるのは止めてほしい。 https://t.co/HVZ5…
小学校教員が効果的と考える普通教室でのICT活用の特徴 https://t.co/5TSp2AwFu9 現時点(2009年)の小学校において、「教員が効果的と考えるICT活用」は、「プロジェクタと実物投影機を用いて教科書等を映す」こと。
学力の評価と測定をめぐって(討論) https://t.co/EYRGNjOIYi
薬学部5年次実務実習における原著論文を用いた情報収集・評価実習の試み https://t.co/3PGh8kYJSn 薬剤師・薬学生を対象とした実践的Evidence-based Medicine(EBM)教育の試みとその評価 https://t.co/TjE4kGRTTJ
薬学部5年次実務実習における原著論文を用いた情報収集・評価実習の試み https://t.co/3PGh8kYJSn 薬剤師・薬学生を対象とした実践的Evidence-based Medicine(EBM)教育の試みとその評価 https://t.co/TjE4kGRTTJ
薬学生・薬剤師に実践的なEBM教育を進めていこう! https://t.co/lE6BvSPKOw 薬学部におけるEBM教育の現状 https://t.co/REk3zgxnRj 4年次臨床導入学習における反転授業を利用したEBM演習の取り組み https://t.co/zhQF8Z0Lsd
薬学生・薬剤師に実践的なEBM教育を進めていこう! https://t.co/lE6BvSPKOw 薬学部におけるEBM教育の現状 https://t.co/REk3zgxnRj 4年次臨床導入学習における反転授業を利用したEBM演習の取り組み https://t.co/zhQF8Z0Lsd
薬学生・薬剤師に実践的なEBM教育を進めていこう! https://t.co/lE6BvSPKOw 薬学部におけるEBM教育の現状 https://t.co/REk3zgxnRj 4年次臨床導入学習における反転授業を利用したEBM演習の取り組み https://t.co/zhQF8Z0Lsd
スクールワイド PBISの研究に関する現状と課題 https://t.co/jcyyHzHWg0
知っておきたいマルチレベル分析の考え方-データの階層構造 と文脈情報 を活かした分析のために- https://t.co/kQ94CpokGz
マルチレベルモデルを用いた「学校の効果」の分析─「効果的な学校」に社会的不平等の救済はできるのか─ https://t.co/TwCVxGPWIr
小学 1 年生から中学 3 年生を対象とした 学力テストの垂直尺度化 https://t.co/pV4RHqRM3h
教育経済学研究と教育心理学研究の協働を考える https://t.co/2EN3I3nehk
RT @K_Toshiosan: pdf公開されてました。 「項目反応理論と潜在クラス成長分析による自治体学力調査の再分析 算数・数学の学力格差とその変容」 https://t.co/zTowsEAb9d
項目反応理論を用いた試験問題の検討:共通教育心理学の例 https://t.co/AWYyIZyQUH
エビデンスに基づく教育のための縦断データの解析方法 (エビデンスに基づく教育実践と教育政策 : 国内外の視点から) https://t.co/Szpp3vpuqB
学びのユニバーサルデザイン(UDL)に基づいた授業実践ー反転授業の事前学習用コンテンツに着目してー https://t.co/XqTGZplhKV
シンポジウム「エビデンスに基づいた教育政策の形成の課題と可能性」 趣旨 https://t.co/mC7iCUTucO エビデンスに基づく教育 https://t.co/GP3qJjX2H5 教育行政におけるEBPMの取組状況について https://t.co/jvugIuFwmd 教育政策におけるエビデンスのあり方 https://t.co/s89Z2E2XDI
シンポジウム「エビデンスに基づいた教育政策の形成の課題と可能性」 趣旨 https://t.co/mC7iCUTucO エビデンスに基づく教育 https://t.co/GP3qJjX2H5 教育行政におけるEBPMの取組状況について https://t.co/jvugIuFwmd 教育政策におけるエビデンスのあり方 https://t.co/s89Z2E2XDI
シンポジウム「エビデンスに基づいた教育政策の形成の課題と可能性」 趣旨 https://t.co/mC7iCUTucO エビデンスに基づく教育 https://t.co/GP3qJjX2H5 教育行政におけるEBPMの取組状況について https://t.co/jvugIuFwmd 教育政策におけるエビデンスのあり方 https://t.co/s89Z2E2XDI

1 0 0 0 OA 趣旨

シンポジウム「エビデンスに基づいた教育政策の形成の課題と可能性」 趣旨 https://t.co/mC7iCUTucO エビデンスに基づく教育 https://t.co/GP3qJjX2H5 教育行政におけるEBPMの取組状況について https://t.co/jvugIuFwmd 教育政策におけるエビデンスのあり方 https://t.co/s89Z2E2XDI
エビデンスに基づく教育─歴史・現状・課題─ https://t.co/JTuz1tt3bD
潜在ランク理論を用いた大学生の社会的スキルについての 自己認知の段階的評価と変化についての検討-保育士・教員養成課程におけるグループワークの取り組みを通して- https://t.co/kj29qSG7ZY 各段階(ランク)に分類した上で事前・事後を比較。
日本の薬学部における統計学の入門講義の実態調査 https://t.co/6EAVOwqXEG
教育課程の違いが看護学生の統計学に関する態度と動機づけに及ぼす影響 https://t.co/pFnnj3JFbC
医療従事者の職員研修における学習効果向上に向けたインストラクショナルデザインの適用 https://t.co/QANPVUOodq

お気に入り一覧(最新100件)

わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の和文論文誌の重要性を説いてください。
なお、この授業は自分が院生だった頃、最も鍛えられたと感じる恩師の授業のパクりです…(笑) 授業については以下の紀要でもまとめられています。 https://t.co/ZFpaJAvYdr
国会図書館の小池拓自さんによる論考。英国のEBPM推進機関であるWhat Works Centre(WWC)のうち、地域経済政策を担っているWWC for Local Economic Growthの詳細な解説。文献を丁寧にレビューされていて参考になります。 「エビデンス仲介機関としての英国 WWCLEG の取組」 https://t.co/rHXcErpU2M
薬学雑誌に公開されました!参加型EBM学習を一人でできちゃいます、教育効果しっかりあります!っていう論文です。高垣先生、清水先生に感謝です。。。ちなみに、講師やテーマに関係なく、効果ありです^^世に広まって欲しい! https://t.co/vw1HK9ypye
リズィリエンシーが出たぽいですね。今こそついに米(津玄)師のこれがうなりを上げる! レジリエンスと感情処理過程の関連性─注意の瞬き課題を用いた検討─ https://t.co/3qBFgFOVam
少なくともペーパーテストを前提とする限り,「抽出調査で十分」なのではなく,「抽出調査でないとマズい」んです。詳しくは,木村(2006)「戦後日本において「テストの専門家」とは一体誰であったのか?」をどうぞ。 https://t.co/Xwu8Xw6u89
澁谷拓巳「異なる難易度のテスト項目のIRT垂直尺度化」(東北大学修士論文) https://t.co/aG2WSRjGCl IRTの垂直尺度化について,日本語でまとめてある文献はほとんどないので,大変参考になりました。主査の柴山先生は,全国学テの経年比較調査を主導されている方ですね。
「数値化される以前」の問題にこだわりたいという気持ちはわかる。しかしそのためには,何がどの程度まで数値化できるのか知らないといけない。数値化できる問題を数値化しようとせず,議論を混乱させるのは止めてほしい。 https://t.co/HVZ5KRq09W
@okazakiyslab 国内だと、こんなのもありますよ→ https://t.co/w4BhxFPSVv
pdf公開されてました。 「項目反応理論と潜在クラス成長分析による自治体学力調査の再分析 算数・数学の学力格差とその変容」 https://t.co/zTowsEAb9d
RSTの調査は科研費基盤A「テーラーメード教育開発を支援するための学習者の読解認知特性診断テストの開発」の支援等を受けて実施しています。 https://t.co/jSNy6evmK7
初中等教育でデータからはじめる教育について,ケチョンケチョンに言われてるなぁ…30年の時の流れで可能になってきたとか反論しないと… 「初・中等教育におけるコンピュータ教育のあり方をめぐって」 https://t.co/8u7hjjt3lp
KAKEN — 努力継続力の神経基盤解明と努力継続力を強化する手法の開発 https://t.co/TzvBVVIhHM
教育工学-構成主義の「学習論」に出あう, 菅井 勝雄 https://t.co/6B4Qr3QOoM

フォロー(242ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

まあ、そうだろうよ◎ J-STAGE Articles - Does Laughter Predict Onset of Functional Disability and Mortality Among Older Japanese Adults? The JAGES Prospective Cohort Study https://t.co/QKXwPkj7a7
RT @myuuko: 一般因子モデルの初出は Rushton and Irwing (2008) Personality and Individual Differences らしいです。 https://t.co/UYU9dclVru Google Scholarからダウン…
RT @myuuko: 一般因子モデルの初出は Rushton and Irwing (2008) Personality and Individual Differences らしいです。 https://t.co/UYU9dclVru Google Scholarからダウン…
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
ちょっとずれるかもしれないけど和文誌のあり方についてはここでも触れられている。 和文学会誌は再現性問題にどのように立ち向かうか https://t.co/7ILq1Jz5Jt
RT @drkgoto: 以前、ダウンロード件数を調べたときのものです。https://t.co/Jd9QiGsl3o
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
以前、ダウンロード件数を調べたときのものです。https://t.co/Jd9QiGsl3o
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
「ゲーム条例の憲法適合性―香川県条例を事例に」 『静岡文化芸術大学研究紀要』 第21巻 (2021) https://t.co/Azabhdizfy
診断推論と確率─ベッドサイドでのベイズの定理─ https://t.co/svsmDL4KQS
J-STAGE Articles - 日本におけるBig Fiveパーソナリティの地域差の検討 https://t.co/XQ8Shzps2q
過去に本当に「食欲増進」の適用があったとのことですが,今はその保険適用は取り消されているんですね.これは知らなかった. https://t.co/Imo29TChc0
RT @MK_cogn: 豊田・小林・大竹(2021)も早期公開されています。Episodic stimulation(いわゆる場面の想像)で援助行動意図が高まるという知見を絵画刺激に拡張したものです。 J-STAGE Articles - 援助想像が援助意図に及ぼす影響 h…
RT @koike_s: 「コンピュータで学校は変わるか」-小学校プログラミング教育必修化から1年、GIGAスクール構想の今、約30年前の佐伯先生の論考が胸に刺さる… 最後に、その問いが引っくり返されるのもまた… 佐伯胖, コンピュータで学校は変わるか, 教育社会学研究,…
RT @dmoriwaki: 弊社別ラボの高野さんの論考。プロダクトに直接関わらない「その他」である計算社会科学研究が、プロダクトの発展の上で欠かせないと言うお話。その通りだと思う  https://t.co/HrxnxPgNN6
中嶋忍・河合康(2021) 明治時代の長野県における悪癖(問題行動)を示す児童への教育に関する史的研究-教場唖(場面緘黙症)の児童の指導について-上越教育大学研究紀要 40(2), 517-526. https://t.co/SUSrcdy4Bg
明治以前における浮世絵の海外流出(1970) https://t.co/eNE7rUGBFM 和製ゲームのコレクションは海外にできる,浮世絵コレクションを見ろ,と言っている立場としては,輸出専門の絵師とか大人買いする目利きとか国内の芸術Kunst概念についても学んでおきたい
RT @ronbun_man: 因子分析の際の回転法や最適化の考え方がまとめられている。 多くの研究で用いられているプロマックス法は簡易な方法ではあるものの、何らかの回転基準を最適化するものではない。ESEMやスパース因子分析についても触れられている。 #心理 #因子分析 h…
RT @ronbun_man: 因子分析の際の回転法や最適化の考え方がまとめられている。 多くの研究で用いられているプロマックス法は簡易な方法ではあるものの、何らかの回転基準を最適化するものではない。ESEMやスパース因子分析についても触れられている。 #心理 #因子分析 h…

フォロワー(480ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

まあ、そうだろうよ◎ J-STAGE Articles - Does Laughter Predict Onset of Functional Disability and Mortality Among Older Japanese Adults? The JAGES Prospective Cohort Study https://t.co/QKXwPkj7a7
RT @myuuko: 一般因子モデルの初出は Rushton and Irwing (2008) Personality and Individual Differences らしいです。 https://t.co/UYU9dclVru Google Scholarからダウン…
RT @myuuko: 一般因子モデルの初出は Rushton and Irwing (2008) Personality and Individual Differences らしいです。 https://t.co/UYU9dclVru Google Scholarからダウン…
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @drkgoto: 以前、ダウンロード件数を調べたときのものです。https://t.co/Jd9QiGsl3o
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
以前、ダウンロード件数を調べたときのものです。https://t.co/Jd9QiGsl3o
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
タイトルは釣りで、中身は真面目な編集委員としての抱負だった。鳥海先生が文句言ってるのを期待していたのにw J-STAGE Articles - 私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い! https://t.co/w0fEndKK5o
RT @losnuevetoros: わあ出てる。 https://t.co/ieBSUqozfE 「和文論文誌をいつまで続けるべきか」 (副音声:今すぐ止めても良いのでは?) これは誰かに説得されるのであればそれはそれでよいと思っている意見なので、誰か僕に人工知能分野の…
RT @ceekz: 「私の論文が採録されないのはどう考えても編集委員会が悪い!」 力強いお言葉。1日3回唱えるわ。 https://t.co/552sqSAenJ
RT @koike_s: 「コンピュータで学校は変わるか」-小学校プログラミング教育必修化から1年、GIGAスクール構想の今、約30年前の佐伯先生の論考が胸に刺さる… 最後に、その問いが引っくり返されるのもまた… 佐伯胖, コンピュータで学校は変わるか, 教育社会学研究,…
RT @asarin: J-STAGE Articles - 日本におけるBig Fiveパーソナリティの地域差の検討 https://t.co/XQ8Shzps2q
診断推論と確率─ベッドサイドでのベイズの定理─ https://t.co/svsmDL4KQS
RT @MK_cogn: 豊田・小林・大竹(2021)も早期公開されています。Episodic stimulation(いわゆる場面の想像)で援助行動意図が高まるという知見を絵画刺激に拡張したものです。 J-STAGE Articles - 援助想像が援助意図に及ぼす影響 h…
RT @koike_s: 「コンピュータで学校は変わるか」-小学校プログラミング教育必修化から1年、GIGAスクール構想の今、約30年前の佐伯先生の論考が胸に刺さる… 最後に、その問いが引っくり返されるのもまた… 佐伯胖, コンピュータで学校は変わるか, 教育社会学研究,…
RT @koike_s: 「コンピュータで学校は変わるか」-小学校プログラミング教育必修化から1年、GIGAスクール構想の今、約30年前の佐伯先生の論考が胸に刺さる… 最後に、その問いが引っくり返されるのもまた… 佐伯胖, コンピュータで学校は変わるか, 教育社会学研究,…
「コンピュータで学校は変わるか」-小学校プログラミング教育必修化から1年、GIGAスクール構想の今、約30年前の佐伯先生の論考が胸に刺さる… 最後に、その問いが引っくり返されるのもまた… 佐伯胖, コンピュータで学校は変わるか, 教育社会学研究, 1992, 51巻, p.30-52 https://t.co/QXOtWKqIkX
「科学の進歩と人間」ヨゼフ・ピタウ(1979) "人々は,たとえ無暴な,危険なものを生み出しても,どんなに弊害のあるものをつくり出しても, 科学は必ずそれを補う方法を考え てくれるに違いないと信じているようである" https://t.co/JwnigW1O2N
RT @dmoriwaki: 弊社別ラボの高野さんの論考。プロダクトに直接関わらない「その他」である計算社会科学研究が、プロダクトの発展の上で欠かせないと言うお話。その通りだと思う  https://t.co/HrxnxPgNN6
マーケティングにおいてあるブランドに対する消費者の「意味形成プロセス」は以下の5段階に定義することができる。①文脈定義②情報抽出③意味創造④意味同一化⑤意味確認。/https://t.co/uKFqmoHRXU #ブランドに関わる論文を読む
RT @asujyu: 文科省の表彰の「優秀教員」には、 『4 .部活動などにおいて、特に顕著な成果を上げた者』なんてのもあるんですが、これってもちろん勤務時間内にやっている部活動の部分だけで成果をあげているんですよね? 時間外の部分を評価するのは、大変不適当ですし。 htt…
RT @ronbun_man: 因子分析の際の回転法や最適化の考え方がまとめられている。 多くの研究で用いられているプロマックス法は簡易な方法ではあるものの、何らかの回転基準を最適化するものではない。ESEMやスパース因子分析についても触れられている。 #心理 #因子分析 h…
RT @ronbun_man: 因子分析の際の回転法や最適化の考え方がまとめられている。 多くの研究で用いられているプロマックス法は簡易な方法ではあるものの、何らかの回転基準を最適化するものではない。ESEMやスパース因子分析についても触れられている。 #心理 #因子分析 h…
RT @LazyWorkz: ただ、ナイジェリア忍者論文、ちょっと情報が古くない? ナルトとか無視してるし… と思ったら、2011年の論文でした。 戸隠流忍者・初見良昭と武神館の影響力も過小評価してる気はします。 https://t.co/0KBbTdCJ8H
RT @maturiya_itto: 本物の異常論文、勝てないフレーズが山ほどあって良い。「そんなある日、忍者が登場する作品と出会った。サバンナや森の中に突然忍者が現れ人々を襲い手裏剣を投げつける、形勢が不利と見るやぱっと消え失せ、とまどう相手の前で今度は不意打ちを食らわせるの…
RT @ronbun_man: 因子分析の際の回転法や最適化の考え方がまとめられている。 多くの研究で用いられているプロマックス法は簡易な方法ではあるものの、何らかの回転基準を最適化するものではない。ESEMやスパース因子分析についても触れられている。 #心理 #因子分析 h…