著者
宇野 宏司 高田 知紀 辻本 剛三 柿木 哲哉
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集B3(海洋開発) (ISSN:21854688)
巻号頁・発行日
vol.71, no.2, pp.I_677-I_682, 2015 (Released:2015-09-04)
参考文献数
12

国生み伝説で知られる淡路島の海岸から1km圏内には多くの神社が鎮座している.本島沿岸は2012年に公表された内閣府による南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)で兵庫県下最大の津波被害が出ると予想されており,避難場所の確保が重要な課題のひとつになっている.本研究では,本島沿岸1km圏内に鎮座する神社の空間配置の諸情報(緯度経度・標高)と内閣府による津波被害の想定結果を用いて,将来の南海トラフ地震時における淡路島沿岸域の神社の津波被災リスクについて検証した.その結果,多くの神社が直接の津波被害を免れ,長い歴史をもつ神社の現在の空間分布は過去の大規模災害によって淘汰された結果を示しているという仮説を裏付ける結果が得られた.また,祭神による津波被災リスクの違いがあることも明らかにされた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 10 posts, 6 favorites)

淡路島沿岸の神社における南海トラフ地震の津波被災リスクの検証 https://t.co/s63a0ZFiyo
「淡路島沿岸の神社における南海トラフ地震の津波被災リスクの検証」: 公益社団法人土木学会 https://t.co/zrf14fGN4T 「紀伊半島沿岸の神社における南海トラフ地震の津波被災リスクの検証」: 同上 https://t.co/GRD5i1u8Wn
1 1 https://t.co/2uj09pK4rF
「淡路島沿岸の神社における南海トラフ地震の津波被災リスクの検証」 日常に鎮座する事代主神、住吉三神は津波被災のリスクが高く、誉田別尊、八幡大神、スサノオノミコトは被災リスクが少ない。祭神の違いは地域防災における避難空間への有用な情報 https://t.co/AKfHvutYJp

収集済み URL リスト