著者
木暮 貴政 井上 智子 白川 修一郎
出版者
一般社団法人 日本臨床神経生理学会
雑誌
臨床神経生理学 (ISSN:13457101)
巻号頁・発行日
vol.41, no.6, pp.505-510, 2013-12-01 (Released:2015-02-26)
参考文献数
19

医療介護用の電動ベッドの背を上げて (上半身を水平から0º, 10º, 20º, 30º起こして) 眠ることの影響を, 主観的睡眠感とシート型体振動計による客観的睡眠指標により評価した。24~45歳 (33.5±5.6歳) の健常者24名 (男性12名) を対象に覚醒時の寝心地を評価した結果, ベッドの背を20ºおよび30º上げた条件では有意に寝返りしにくく寝心地が悪い評価であった。24~42歳 (29.2±5.2歳) の健常男性13名を対象に自宅で4つの背角度条件を1晩ずつ無作為に施行した睡眠評価の結果, ベッドの背を20ºおよび30º上げた条件では睡眠効率が有意に低く, 睡眠感が有意に悪かった。ベッドの背を20ºより上げると寝返りがしにくくなり寝心地も悪くなり, 結果として睡眠に悪影響を及ぼすことが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

https://t.co/hx06JOjox3
https://t.co/RCaGwIpThT > 仰臥位では10°,寝返り時・側臥位・腹臥位では0°にすることで終夜同一角度とするよりも寝返りしやすく寝心地が良くなり睡眠に良好な影響を及ぼすことが示唆される。
@fro87762779 よく知ってるな https://t.co/dYt37ewrQ3
寝る時、上半身を起こした状態で寝た方が良いかもしれません たまたまその状態で寝た時質の高い睡眠がとれて気のせいか?と思ったんですが医療学的に正しいみたい ベッドの背を上げて眠ることによる睡眠への影響 https://t.co/kmIHhEUQK1
こんな研究があった 起きたら読む https://t.co/ib1W25eiLW

収集済み URL リスト