著者
木暮 貴政 久保田 富夫 村山 陵子 新村 洋未
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌 (ISSN:13423215)
巻号頁・発行日
vol.16, no.4, pp.171-176, 2011-11-25 (Released:2017-07-28)
参考文献数
29

To evaluate the influence on sleep by mobility and comfort on a mattress, we estimated subjective sleep feelings and measured sleep quality by polysomnography. Ten healthy subjects (4 males, 6 females), aged 62-67, were recorded, sleeping in a laboratory for two nights at a week interval under two crossover designed conditions (EMC: a mattress easy to move and comfortable by first impressions, DMU: a mattress difficult to move and uncomfortable by first impressions). The percentage of wakefulness in the first half of sleep time was significantly increased at DMU. Subjective sleep feelings were better at EMC and subjective evaluations at the time of arising showed EMC was easier to move and more comfortable. These results suggest that mobility and comfort on a mattress is important for better sleep.
著者
木暮 貴政 井上 智子 白川 修一郎
出版者
一般社団法人 日本臨床神経生理学会
雑誌
臨床神経生理学 (ISSN:13457101)
巻号頁・発行日
vol.41, no.6, pp.505-510, 2013-12-01 (Released:2015-02-26)
参考文献数
19

医療介護用の電動ベッドの背を上げて (上半身を水平から0º, 10º, 20º, 30º起こして) 眠ることの影響を, 主観的睡眠感とシート型体振動計による客観的睡眠指標により評価した。24~45歳 (33.5±5.6歳) の健常者24名 (男性12名) を対象に覚醒時の寝心地を評価した結果, ベッドの背を20ºおよび30º上げた条件では有意に寝返りしにくく寝心地が悪い評価であった。24~42歳 (29.2±5.2歳) の健常男性13名を対象に自宅で4つの背角度条件を1晩ずつ無作為に施行した睡眠評価の結果, ベッドの背を20ºおよび30º上げた条件では睡眠効率が有意に低く, 睡眠感が有意に悪かった。ベッドの背を20ºより上げると寝返りがしにくくなり寝心地も悪くなり, 結果として睡眠に悪影響を及ぼすことが示唆された。

1 0 0 0 OA 寝具と睡眠

著者
木暮 貴政
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.189-193, 2005 (Released:2007-10-23)
参考文献数
9
被引用文献数
2 3

様々な報告から現代日本人の睡眠事情は危機的状況にあると言え,良い睡眠を確保するために正確な知識と対策が必要とされています.睡眠は様々な生命現象が同調して働く複雑系なので,寝具との関係もそのような中で捉える必要があります.そこで,まずは良い睡眠の確保に役立つ知識として生体リズム調整,覚醒時の過ごし方,入眠前の準備,快適な睡眠環境について紹介します.そして,睡眠環境の中でも特にマットレス(ベッド)や敷布団のような敷寝具に焦点をあて,良い睡眠をとるために必要と考えられる寝具の条件および寝具の選び方を考察します.