著者
木本 真司 河原 史明 安齊 泰裕 塩川 秀樹 鈴木 涼子 小室 幹男 市橋 淳 西郷 竹次 下山田 博久
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.20, no.4, pp.563-571, 2017-08-31 (Released:2017-08-31)
参考文献数
10

目的:とくに救急医療において,地域で形式を統一したお薬手帳による薬物医療情報の共有化が必要であると考える。方法:お薬手帳に関するアンケート調査,病院薬剤師と保険薬局薬剤師が協同した協議会の発足,会津地方で統一した『會津お薬手帳』の構成検討を行った。結果:保険薬局対象のお薬手帳に関するアンケート調査では,お薬手帳のデメリットとして,「持参しない」が90.2%,「医療機関ごとに複数所持している」が85.7%であった。作成した『會津お薬手帳』は,情報共有の同意や病名等を記載する「サマリーページ」,残薬確認,医療スタッフからのメッセージ等を記載する「アセスメントページ」,過去の処方内容や変更が一目でわかる「薬歴ページ」で構成された。考察:救急医療において病名や薬剤服用歴,処方意図を把握することは重要であると考えられ,地域統一型の『會津お薬手帳』を用いての薬物医療情報の共有化が可能となることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 3 favorites)

會津お薬手帳の話、こないだはじめて聞いた。すてき。 →會津お薬手帳を用いた薬物医療情報の共有化 https://t.co/S78QBbQqif 日臨救急医会誌(JJSEM)2017;20:563-71
會津お薬手帳を用いた薬物医療情報の共有化 日本臨床救急医学会雑誌 Vol. 20 (2017) No. 4 p. 563-571 https://t.co/cLJPdw4C4l
おくすり手帳も患者囲い込みのための電子化ありきではなく、薬薬連携で進めて欲しいな 【日本臨床救急医学会雑誌】 會津お薬手帳を用いた薬物医療情報の共有化 https://t.co/Kzd2HzZiQB https://t.co/KqCxwO87mn
おくすり手帳も患者囲い込みのための電子化ありきではなく、薬薬連携で進めて欲しいな 【日本臨床救急医学会雑誌】 會津お薬手帳を用いた薬物医療情報の共有化 https://t.co/Kzd2HzZiQB https://t.co/KqCxwO87mn

収集済み URL リスト