小嶋 慎二@アポネット (@kojima_aponet)

投稿一覧(最新100件)

RT @kuriedits: 可逆性とはいえ・・・恐ろしい。 ”発育歴正常.国立大学経済学部卒.2001年に慢性頭痛でナロンエース服薬開始.BUを最大で1日服用量の4倍の2,400mg/日内服” びまん性脳萎縮,可逆性多発性末梢神経障害を呈した慢性ブロムワレリル尿素中毒の1…
RT @kuriedits: おお〜〜!これはミノキシジル製剤を販売している全薬剤師必見かと。対象薬剤はリアップ、ミノキ、リグロ、ミノファイブ。リニューアル前の製品とはいえ、各製品の品質の差がわかります。 各種市販ミノキシジル製剤の安全性・有効性に及ぼす容器の種類の影響 薬剤…
日薬はこのグループにお任せだったもんな 京都大学SPH薬局情報グループ が、これまでの国内外の取り組みを紹介しています。 【社会薬学 39(2) p93-99,2020】 COVID-19パンデミック下での薬局薬剤師の役割 https://t.co/bnUXiP2LUP https://t.co/6J1sVpuoJW
日薬はこのグループにお任せだったもんな 京都大学SPH薬局情報グループ が、これまでの国内外の取り組みを紹介しています。 【社会薬学 39(2) p93-99,2020】 COVID-19パンデミック下での薬局薬剤師の役割 https://t.co/bnUXiP2LUP https://t.co/6J1sVpuoJW
日本薬学会第140年会の誌上シンポ 【薬学雑誌 141(1) p. 35-39,2021】 点眼薬含有塩化ベンザルコニウムの角膜上皮に対する影響 https://t.co/qnPj9pwFAk https://t.co/jxfnOkue6M
日本薬学会第140年会の誌上シンポ 【薬学雑誌 141(1) p. 35-39,2021】 点眼薬含有塩化ベンザルコニウムの角膜上皮に対する影響 https://t.co/qnPj9pwFAk https://t.co/jxfnOkue6M
【日本プライマリ・ケア連合学会誌 43(4) p158-160】 新型コロナウイルス感染症パンデミック下における薬局での外国人対応―Webサイトを用いた情報発信と今後の展望 https://t.co/wkgBa4tYat https://t.co/HDRmSRPBjZ
【日本プライマリ・ケア連合学会誌 43(4) p158-160】 新型コロナウイルス感染症パンデミック下における薬局での外国人対応―Webサイトを用いた情報発信と今後の展望 https://t.co/wkgBa4tYat https://t.co/HDRmSRPBjZ
【日本救急医学会関東地方会雑誌 41(4) p407-410】 ツロブテロールテープの過剰使用による中毒症が疑われた1例 https://t.co/EBmFG0CZYT https://t.co/Vts5XZT7vf
【日本救急医学会関東地方会雑誌 41(4) p407-410】 ツロブテロールテープの過剰使用による中毒症が疑われた1例 https://t.co/EBmFG0CZYT https://t.co/Vts5XZT7vf
こちらを見るだけでもこの博士論文の内容の凄さがわかる GE使用促進後の動きがよくわかる 【日本経済大学リポジトリ】 変革期における製薬企業の競争優位の構築に関する研究 -ジェネリック医薬品業界での事例研究を中心としてー(内容の要旨及び審査結果の要旨) https://t.co/7adVQEMjnS
この博士論文は必見 「小林化工の現状と競争優位要因について」という項目の他、日調やAGについても論じている 【日本経済大学リポジトリ】 変革期における製薬企業の競争優位の構築に関する研究 -ジェネリック医薬品業界での事例研究を中心としてー (2019年3月14日) https://t.co/1gteyCiDHZ
【医学教育 51(5) p541-543,2020】 コロナ禍における薬学実務実習での工夫 https://t.co/RF1S6iA9IW
RT @kojima_aponet: @kuriedits 過去8年間に一般用医薬品を過量服薬した86例を対象に,年齢・性別,製剤の種類,患者数の推移,致死量摂取例の成分について検討した。 【日本臨床救急医学会雑誌 23(5) p702-706,2020】 一般用医薬品による…
@kuriedits 過去8年間に一般用医薬品を過量服薬した86例を対象に,年齢・性別,製剤の種類,患者数の推移,致死量摂取例の成分について検討した。 【日本臨床救急医学会雑誌 23(5) p702-706,2020】 一般用医薬品による中毒患者の現状とその対策 https://t.co/cRX8aSLXj3
RT @kuriedits: 薬剤師自身の関心が薄く情報も少ない 地域薬剤師50名の内、 「依存や中毒が疑われる患者を目撃・発見したことがある」(50%) 「依存や中毒が疑われる患者に対して薬局内で対策がされていない」(90%) 「流行している中毒やその対応方法などの情報を入…
RT @EARL_Med_Tw: 新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019, COVID-19)流行に際しての医療資源配分の観点からの治療の差し控え・中止についての提言.日本集中治療医学会臨床倫理委員会(日集中医誌 2020;27:509-10…
この分野は弱い 医師や看護師と比較し、薬剤師の労働量が医療安全に及ぼす影響を報告する研究は少ないうえに、エビデンスレベルの低い研究が多い 【日本医療・病院管理学会誌 57(3) p95-104,2020】 コメディカルの労働量が医療安全へ及ぼす影響: システマティックレビュー https://t.co/KXqi5nCOt5
RT @kojima_aponet: 病院薬剤師不足解消に向けて、今後病院側の取り組むべき方策は、積極的な薬学生へのアプローチと調剤薬局へのアプローチを同時に進めることだと考える 【日本農村医学会雑誌】 不足する病院薬剤師の確保~ 北海道の薬剤師配備の現状から見た課題と解決方…
RT @4motion_tiguan: これは読むと面白いですよ。 北海道の物ですがよく書かれています。 J-STAGE Articles - 不足する病院薬剤師の確保 https://t.co/urPHwQ5Apx
RT @wakakonaoya: Expanding Pharmacy Services for Sustainable Universal Health Coverage: Lessons from the Canadian Health Care System https:…
RT @kojima_aponet: カナダでは「お薬受診」がない代わりに、処方箋は長期処方にリフィルが付されており、最長で 1 年分の処方薬を指示する処方箋が薬局に持ち込まれる 【薬学雑誌 140(11) p1365-1372,2020】 カナダに学ぶ持続可能な国民皆保険…
RT @kojima_aponet: カナダでは「お薬受診」がない代わりに、処方箋は長期処方にリフィルが付されており、最長で 1 年分の処方薬を指示する処方箋が薬局に持ち込まれる 【薬学雑誌 140(11) p1365-1372,2020】 カナダに学ぶ持続可能な国民皆保険…
44歳男性の交通事故後の国内症例報告 エルデカルシトールと市販カルシウムサプリメント併用による高Ca血症の影響もあるのかなあ 【Intern Med 59(21) p2733-2736, 2020】 Acute Interstitial Nephritis and Acute Tubular Injury Due to a Transdermal Loxoprofen Patch https://t.co/pSyZrqhf5L
【薬学雑誌 140(11) p1397-1403,2020】 薬物による脳機能の向上に関する大学生のアンケート調査 https://t.co/UePzSXJrcs https://t.co/tfcls0EzWk
【薬学雑誌 140(11) p1397-1403,2020】 薬物による脳機能の向上に関する大学生のアンケート調査 https://t.co/UePzSXJrcs https://t.co/tfcls0EzWk
カナダでは「お薬受診」がない代わりに、処方箋は長期処方にリフィルが付されており、最長で 1 年分の処方薬を指示する処方箋が薬局に持ち込まれる 【薬学雑誌 140(11) p1365-1372,2020】 カナダに学ぶ持続可能な国民皆保険と薬剤師の活用 https://t.co/MrcH81qePA https://t.co/RuPoNrJrmr
カナダでは「お薬受診」がない代わりに、処方箋は長期処方にリフィルが付されており、最長で 1 年分の処方薬を指示する処方箋が薬局に持ち込まれる 【薬学雑誌 140(11) p1365-1372,2020】 カナダに学ぶ持続可能な国民皆保険と薬剤師の活用 https://t.co/MrcH81qePA https://t.co/RuPoNrJrmr
@penguin_pharm 商品名はもう忘れてかけていますが ご参考まで 【ファルマシア(43)11,p1097-1102,2007】 市場撤退した医薬品 : 副作用の諸相 https://t.co/GnnEMOaYTh これ以降では、アンダーム(ブフェキサマク)なども
@geraniumlove @economicscience @penguin_pharm すこしづつ思い出してきた 【臨床薬理 16(2) p401-407,1985】 唾液中濃度測定による小児用Theophylline徐放性製剤の評価 https://t.co/X4pBZTX2II https://t.co/ilU9bYR314
@geraniumlove @economicscience @penguin_pharm すこしづつ思い出してきた 【臨床薬理 16(2) p401-407,1985】 唾液中濃度測定による小児用Theophylline徐放性製剤の評価 https://t.co/X4pBZTX2II https://t.co/ilU9bYR314
RT @kojima_aponet: JMDC の2017年4月~2018年3月のデータを解析 最も処方されたのは、葛根湯、小青竜湯、麻黄湯、麦門冬湯、五苓散の順 処方の85%で西洋薬と組み合わせて使用​​ 【Intern Med July 21, 2020】 Outpati…
2002年1月9日の政令で、未成年女子の口頭による訴えに対し、用いる条件に適うことを確認する対話を先ず行い、薬局でノルレボを無償、無記名で交付することを明確にした。 【薬剤学 (67)1 p9-11,2007】 くすりを介して健康の見張り役を自任するフランスの薬剤師 https://t.co/yVRsLwWFoG
RT @kadsho: 北大薬からの報告 Prescription of Colchicine with Other Dangerous Concomitant Medications: A Nation-Wide Survey Using the Japanese Clai…
2014年10月に、関東地方の介護付き有料老人ホーム89施設で勤務するスタッフ 1717 名を対象に行われた、郵送による無記名自記式アンケートの結果解析 【薬学雑誌 140(10) p1285-1294,2020】 介護施設スタッフの医薬品関連業務に関する実態及び意識調査 https://t.co/lvWbgCQrvL
徳島文理大学の学生・職員がボランティアで行ったらしい 【薬学雑誌 2020.09.29】 点眼の滴下成功率と滴下部位のビデオ解析 https://t.co/oR3kNGtt5b https://t.co/80oq4w218c
徳島文理大学の学生・職員がボランティアで行ったらしい 【薬学雑誌 2020.09.29】 点眼の滴下成功率と滴下部位のビデオ解析 https://t.co/oR3kNGtt5b https://t.co/80oq4w218c
RT @kojima_aponet: こんな連載があったんだ ドラッグストア勤務の人には有意義かも 【日本香粧品学会誌 42(1) p26,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 「皮膚をみる人たちのための化粧品知識」連載のねらい https://t.…
RT @kojima_aponet: こんな連載があったんだ ドラッグストア勤務の人には有意義かも 【日本香粧品学会誌 42(1) p26,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 「皮膚をみる人たちのための化粧品知識」連載のねらい https://t.…
【日本香粧品学会誌 42(2) p109-124,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 化粧品の種類と使い方—スキンケア化粧品— https://t.co/vdmoKZlWX1 https://t.co/vw3NSRyCvv
【日本香粧品学会誌 42(2) p109-124,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 化粧品の種類と使い方—スキンケア化粧品— https://t.co/vdmoKZlWX1 https://t.co/vw3NSRyCvv
これは少し難しい 【日本香粧品学会誌 42(4) p280-287,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 保湿化粧品とその作用 https://t.co/Oz9s6uLal3 https://t.co/qkANws1kHp
これは少し難しい 【日本香粧品学会誌 42(4) p280-287,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 保湿化粧品とその作用 https://t.co/Oz9s6uLal3 https://t.co/qkANws1kHp
スキンケア洗浄料、ボディケア洗浄料、ヘアケア洗浄料 などを解説 【日本香粧品学会誌 42(4) p270-279,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 洗浄料とその作用 https://t.co/SEa9XS96Vm https://t.co/Ofe7Nj6ncw
スキンケア洗浄料、ボディケア洗浄料、ヘアケア洗浄料 などを解説 【日本香粧品学会誌 42(4) p270-279,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 洗浄料とその作用 https://t.co/SEa9XS96Vm https://t.co/Ofe7Nj6ncw
【日本香粧品学会誌 43(1) p32-38,2019】 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 遮光製品(サンスクリーン)とその作用 https://t.co/lHU0MCLiW8 https://t.co/WG8Qyf5mYM
【日本香粧品学会誌 43(1) p32-38,2019】 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 遮光製品(サンスクリーン)とその作用 https://t.co/lHU0MCLiW8 https://t.co/WG8Qyf5mYM
【日本香粧品学会誌 42(1) p27-35,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 人はなぜ化粧をするのか https://t.co/j1EJ3yTUrP https://t.co/vNCyaqlFeG
【日本香粧品学会誌 42(1) p27-35,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 人はなぜ化粧をするのか https://t.co/j1EJ3yTUrP https://t.co/vNCyaqlFeG
こんな連載があったんだ ドラッグストア勤務の人には有意義かも 【日本香粧品学会誌 42(1) p26,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 「皮膚をみる人たちのための化粧品知識」連載のねらい https://t.co/FNPzujicnb https://t.co/c1DpQ8Qe04
こんな連載があったんだ ドラッグストア勤務の人には有意義かも 【日本香粧品学会誌 42(1) p26,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 「皮膚をみる人たちのための化粧品知識」連載のねらい https://t.co/FNPzujicnb https://t.co/c1DpQ8Qe04
これも 【日本香粧品学会誌 43(2) p119-127,2019】 教育シリーズ:皮膚をみる人たちのための化粧品知識 メイクアップ製品 https://t.co/2pyF20rKxW https://t.co/3RLIjmRiya
これも 【日本香粧品学会誌 43(2) p119-127,2019】 教育シリーズ:皮膚をみる人たちのための化粧品知識 メイクアップ製品 https://t.co/2pyF20rKxW https://t.co/3RLIjmRiya
これは業務に役立ちそう 【日本香粧品学会誌 43(3) p199-208,2019】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 頭髪用製品とその作用 https://t.co/4jymIl10Fm https://t.co/ksBrQrkf5m
これは業務に役立ちそう 【日本香粧品学会誌 43(3) p199-208,2019】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 頭髪用製品とその作用 https://t.co/4jymIl10Fm https://t.co/ksBrQrkf5m
日常的に慢性疾患薬を使用し ている市民を対象とし、慢性疾患薬の残薬状況、災害に備えた慢性疾患薬の自己備蓄の有無 などについて調査 【日本医療経営学会誌 14(1) p 5-10,2020】 慢性疾患薬を使用する市民の残薬状況と災害時用自己備蓄の実態調査 https://t.co/NJt9rEP3LX
【医薬品情報学 22(2) p101-107, 2020】 保険薬局の薬剤師を対象とした副作用救済制度についての意識調査およびその問題点の検討 https://t.co/80GXAdaZLR https://t.co/Qye9oJaA6A
【医薬品情報学 22(2) p101-107, 2020】 保険薬局の薬剤師を対象とした副作用救済制度についての意識調査およびその問題点の検討 https://t.co/80GXAdaZLR https://t.co/Qye9oJaA6A
抄録しか読めませんが 【学校保健研究 62(3) p166-177,2020】 10~18歳の子どもにおけるエナジードリンクの摂取実態と摂取者の身体症状・生活状況の特徴 https://t.co/XdXTCg9s0U
RT @kojima_aponet: やっぱり怖いよな 気軽に買えるし 【日本臨床救急医学会雑誌】 血液透析を施行した重症ジフェンヒドラミン中毒の1例 https://t.co/8QeqkiRMzS
やっぱり怖いよな 気軽に買えるし 【日本臨床救急医学会雑誌】 血液透析を施行した重症ジフェンヒドラミン中毒の1例 https://t.co/8QeqkiRMzS
東京医科大学病院救命救急センターへ搬送された、アナフィラキシー患者を調べ、特徴を検討した。 被疑物質は,食物アレルギーが74.5%を占めた。 【日本臨床救急医学会雑誌】 都市部の救命救急センターに搬送されたアナフィラキシー症例の検討 https://t.co/qjC9OtY3E1
こんな国内研究があったんだ 唾液中のアセトアルデヒド濃度は減らしたが・・・ 【Tohoku J Exp Med. 2018 Apr;244(4):317-325】 Detection of Acetaldehyde in the Esophageal Tissue among Healthy Male Subjects after Ethanol Drinking and Subsequent L-Cysteine Intake https://t.co/gHE0BR3R8N
札幌医科大学附属病院の研究 【薬学雑誌 140(8) p1041-1049, 2020】 ラメルテオン・スボレキサントを含めた睡眠薬の服用と転倒への影響:症例対照研究 https://t.co/9DE5XWw6mm https://t.co/ZBJiYkHDng
JMDC の2017年4月~2018年3月のデータを解析 最も処方されたのは、葛根湯、小青竜湯、麻黄湯、麦門冬湯、五苓散の順 処方の85%で西洋薬と組み合わせて使用​​ 【Intern Med July 21, 2020】 Outpatient Prescriptions of Kampo Formulations in Japan https://t.co/pswXqKbadm
よく見たら、あの赤木佳寿子さんが共著 史実として受け入れないとな 【薬史学雑誌 55(1) p83-91, 2020】 大正~昭和初期におけるセルフメディケーションとしての配置薬~愛知県の配置販売一個人業者の史料の検討~ https://t.co/NvsO4EwsvS https://t.co/Hx92nqENCK
よく見たら、あの赤木佳寿子さんが共著 史実として受け入れないとな 【薬史学雑誌 55(1) p83-91, 2020】 大正~昭和初期におけるセルフメディケーションとしての配置薬~愛知県の配置販売一個人業者の史料の検討~ https://t.co/NvsO4EwsvS https://t.co/Hx92nqENCK
今の日本の薬学(教育)にこういうものはないかもしれない 【薬史学雑誌 55(1) p78-82, 2020】 日本の薬学を哲学する https://t.co/ezmGRNfPwx https://t.co/hX1SJBfNZX
今の日本の薬学(教育)にこういうものはないかもしれない 【薬史学雑誌 55(1) p78-82, 2020】 日本の薬学を哲学する https://t.co/ezmGRNfPwx https://t.co/hX1SJBfNZX
【薬史学雑誌 55(1) p38-53, 2020】 我が国の薬剤師生涯学習の歩みについて―内山 充先生を偲んで― https://t.co/z5ZwQabzFr https://t.co/tUzTyE9WsH
【薬史学雑誌 55(1) p38-53, 2020】 我が国の薬剤師生涯学習の歩みについて―内山 充先生を偲んで― https://t.co/z5ZwQabzFr https://t.co/tUzTyE9WsH
現在も世界各国で肝疾患などに広く用いられているウルソデオキシコール酸(UDCA)が世界で初めて発売されたのは,今から 60 年以上も前の日本においてであった 【薬史学雑誌 55(1) p13-20, 2020】 日本生まれの肝 ・ 胆 ・ 消化機能改善剤 ウルソデオキシコール酸開発の歩み https://t.co/4ptpV7mxIb
日本薬史学会 2019 年会での、エーザイ 木村禎治氏の年会講演を補筆したもの 【薬史学雑誌 55(1) p1-5, 2020】 認知症治療剤研究開発の潮流 https://t.co/IiEc1MlMh5 https://t.co/RH8e7AdYDf
日本薬史学会 2019 年会での、エーザイ 木村禎治氏の年会講演を補筆したもの 【薬史学雑誌 55(1) p1-5, 2020】 認知症治療剤研究開発の潮流 https://t.co/IiEc1MlMh5 https://t.co/RH8e7AdYDf
RT @kuriedits: ”1 週間に Yahoo! 知恵袋に投稿された医薬品やセルフケアに関する質問は283投稿であったが、これは年間に換算すると1 万5千投稿にのぼると推定される。人が使用する医薬 品・セルフケアに関する多くの相談がネット上で投げかけられていた” <続…
昭和大岸本らの報告 【社会薬学 39(1) p.12-18, 2020】 患者・生活者は、医薬品についてインターネット上で、どのような情報を求めているか? https://t.co/QGAPSxXo23 https://t.co/T8rwSknzxF
昭和大岸本らの報告 【社会薬学 39(1) p.12-18, 2020】 患者・生活者は、医薬品についてインターネット上で、どのような情報を求めているか? https://t.co/QGAPSxXo23 https://t.co/T8rwSknzxF

1 0 0 0 OA 外用薬

@kuriedits @fukaifamily @economicscience あとググっていたら、この総説を見つけました。 日本医真菌学会の学会誌です 【Medical Mycology Journal 54(3) p.269-278,2013】 教育シリーズ:Dermatomycosis 外用薬 https://t.co/Q2Qi2NoMGG https://t.co/4QRofTc72F

1 0 0 0 OA 外用薬

@kuriedits @fukaifamily @economicscience あとググっていたら、この総説を見つけました。 日本医真菌学会の学会誌です 【Medical Mycology Journal 54(3) p.269-278,2013】 教育シリーズ:Dermatomycosis 外用薬 https://t.co/Q2Qi2NoMGG https://t.co/4QRofTc72F
【J Epidemiol. 2020 Jul 4.】 Changes in Drug Utilization After Publication of Clinical Trials and Drug-Related Scandals in Japan: An Interrupted Time Series Analysis, 2005-2017 https://t.co/KErMMfrbp7
明薬大の報告 【社会薬学 39(1) p.35-39, 2020】 リフィル処方制度導入がもたらす経済性の効果予測 https://t.co/rXiwhJzOec
阪大の学生を対象にOTC医薬品、サプリ等の使用頻度、エナジードリンク(カフェイン飲料含む)の使用状況等をあわせて調査 【社会薬学 39(1) p.2-11, 2020】 大学生のセルフメディケーションに対する関心およびエナジードリンクの使用状況に関する調査:パイロット研究 https://t.co/KhsBnG73Ng
【社会薬学 39(1) p1, 2020】 新型コロナウイルス感染に負けるな:日本社会薬学会第39年会延期のお知らせ https://t.co/JAYusTlqL3 https://t.co/lIrtr703u7
【薬剤学 80 (1), 24-35 (2020)】 夢対談 薬剤師と院内製剤を取り巻く環境の変化~過去,現在,未来~ https://t.co/BhWOAkT3kg
【日本ペインクリニック学会誌 27(2) p133-142,2020】 痛み診療の現場における2015年および2016年の有害事象について―日本ペインクリニック学会安全委員会・有害事象調査報告と課題― https://t.co/jWPiagg89V
2019年に開催された第4回日本薬学教育学会大会のシンポジウム「薬剤師の職能発展とキャリア開発論―多様化の時代に求められるキャリアの考え方―」での議論に加筆する形で論点を整理 【薬学教育 2020年4巻】 薬剤師のキャリアデザインとキャリア教育の必要性 https://t.co/NeqiqwuEXv
全国規模での医薬品使用実績を知りうるエビデンスレベルの高い情報源であり,薬学教育に反映させることが有益であり,実状把握能力の育成が課題発見能力への発展に繋がる 【薬学教育 2020 年 4 巻】 薬学教育へのNDBオープンデータ・薬剤データの利活用を目指して https://t.co/tnkN3A3HiI
RT @yachu93: 薬学教育への NDB オープンデータ・薬剤データの利活用を目指して https://t.co/Mgk2ljvlCL
RT @kojima_aponet: サプリメントに対するイメージは3つのクラスタに分類できる。 ・「自分には必要ない!」タイプ ・「迷いに迷っちゃう」タイプ ・「つい使いたくなっちゃう」タイプ 【栄養学雑誌】 サプリメントに関する若年女性向け啓発リーフレット開発の試み ht…
RT @kojima_aponet: サプリメントに対するイメージは3つのクラスタに分類できる。 ・「自分には必要ない!」タイプ ・「迷いに迷っちゃう」タイプ ・「つい使いたくなっちゃう」タイプ 【栄養学雑誌】 サプリメントに関する若年女性向け啓発リーフレット開発の試み ht…
RT @Invesdoctor: 誤嚥により窒息死した5万人以上のデータを分析すると、窒息死の約7割が75歳以上の高齢者で、1月1日の死者数が最も多く、1月2~3日も相当多かった。おそらく、餅が原因と考えられる(Journal of Epidemiology, in press…
【J Epidemiol. 2020 Jun 13】 Epidemiology of Food Choking Deaths in Japan: Time Trends and Regional Variations https://t.co/yvrgOl5h0q
【医薬品情報学 (22)1, p44-52 2020】 ワークショップを用いた,介護施設における介護スタッフ・看護師・薬剤師の連携に関する問題点の抽出とその対応策の検討 https://t.co/IEgSU5qbxM https://t.co/3YdZvAyIwb
【医薬品情報学 (22)1, p44-52 2020】 ワークショップを用いた,介護施設における介護スタッフ・看護師・薬剤師の連携に関する問題点の抽出とその対応策の検討 https://t.co/IEgSU5qbxM https://t.co/3YdZvAyIwb
慶応大薬学部付属薬局を利用した患者または家族173人のアンケート調査結果 【医薬品情報学 (22)1, p30-34 2020】 医薬品の第三者への転売・譲渡の違法性に関する消費者の意識調査 https://t.co/DjGNTqm1We https://t.co/JbXpCr4gyE
慶応大薬学部付属薬局を利用した患者または家族173人のアンケート調査結果 【医薬品情報学 (22)1, p30-34 2020】 医薬品の第三者への転売・譲渡の違法性に関する消費者の意識調査 https://t.co/DjGNTqm1We https://t.co/JbXpCr4gyE
【医薬品情報学 (22)1, p17-23 2020】 介護老人保健施設入所者に対する病院薬剤師の薬学的介入効果の検討 https://t.co/XmqBG3S3nb https://t.co/9Oj0lb8v90
【医薬品情報学 (22)1, p17-23 2020】 介護老人保健施設入所者に対する病院薬剤師の薬学的介入効果の検討 https://t.co/XmqBG3S3nb https://t.co/9Oj0lb8v90
PMDAが公開している「救済給付の決定に関する情報」を利用し、HPVワクチンの副作用給付に関する現状を調査 【医薬品情報学 (22)1, p1-6 2020】 医薬品副作用被害救済制度における HPV ワクチンの副作用給付状況について https://t.co/Q9HKiA46kF https://t.co/auu04L63gM
PMDAが公開している「救済給付の決定に関する情報」を利用し、HPVワクチンの副作用給付に関する現状を調査 【医薬品情報学 (22)1, p1-6 2020】 医薬品副作用被害救済制度における HPV ワクチンの副作用給付状況について https://t.co/Q9HKiA46kF https://t.co/auu04L63gM

お気に入り一覧(最新100件)

可逆性とはいえ・・・恐ろしい。 ”発育歴正常.国立大学経済学部卒.2001年に慢性頭痛でナロンエース服薬開始.BUを最大で1日服用量の4倍の2,400mg/日内服” びまん性脳萎縮,可逆性多発性末梢神経障害を呈した慢性ブロムワレリル尿素中毒の1例 臨床神経学2020.11 https://t.co/54u5PWEBzS
おお〜〜!これはミノキシジル製剤を販売している全薬剤師必見かと。対象薬剤はリアップ、ミノキ、リグロ、ミノファイブ。リニューアル前の製品とはいえ、各製品の品質の差がわかります。 各種市販ミノキシジル製剤の安全性・有効性に及ぼす容器の種類の影響 薬剤学2021.1 https://t.co/RxMq8ZFrFj
1980年代までOTC薬の大型広告には規制があっというくだりが興味深いです。 J-STAGE Articles - OTC医薬品等の広告をめぐる環境と審査について https://t.co/wa74j5eudH
「小児の急性咳嗽患者に対し,カルボシステインに加えチペピジンヒベンズ酸塩を投与すると,症状を遷延させる可能性がある」 マジ
こちらを見るだけでもこの博士論文の内容の凄さがわかる GE使用促進後の動きがよくわかる 【日本経済大学リポジトリ】 変革期における製薬企業の競争優位の構築に関する研究 -ジェネリック医薬品業界での事例研究を中心としてー(内容の要旨及び審査結果の要旨) https://t.co/7adVQEMjnS
この博士論文は必見 「小林化工の現状と競争優位要因について」という項目の他、日調やAGについても論じている 【日本経済大学リポジトリ】 変革期における製薬企業の競争優位の構築に関する研究 -ジェネリック医薬品業界での事例研究を中心としてー (2019年3月14日) https://t.co/1gteyCiDHZ
ドラッグストアにおけるアンケート調査。 第一類医薬品を購入した顧客の薬剤師サービスに対する意識調査/日本プライマリ・ケア連合学会誌 https://t.co/ORZhLtCUB1
@kuriedits 過去8年間に一般用医薬品を過量服薬した86例を対象に,年齢・性別,製剤の種類,患者数の推移,致死量摂取例の成分について検討した。 【日本臨床救急医学会雑誌 23(5) p702-706,2020】 一般用医薬品による中毒患者の現状とその対策 https://t.co/cRX8aSLXj3
薬剤師自身の関心が薄く情報も少ない 地域薬剤師50名の内、 「依存や中毒が疑われる患者を目撃・発見したことがある」(50%) 「依存や中毒が疑われる患者に対して薬局内で対策がされていない」(90%) 「流行している中毒やその対応方法などの情報を入手する機会がない」(78%) https://t.co/KfEFhTXVd8
こうした研究はもっと欲しいな。 ”「コスパの良い」という表現は「安い」という表現に比べて,小売店舗に関する口コミ行動を促し,また対象店舗での購買促進にもつながる” J-STAGE Articles - “コスパの良い”は消費者の口コミと購買を促すのか? https://t.co/pVeVkokgvI
大学生のセルフメディケーションに対する関心およびエナジー ドリンクの使用状況に関する調査:パイロット研究 https://t.co/MwM6wYpvt5
北大薬からの報告 Prescription of Colchicine with Other Dangerous Concomitant Medications: A Nation-Wide Survey Using the Japanese Claims Database #BPB https://t.co/ovQPox7XWi
こんな連載があったんだ ドラッグストア勤務の人には有意義かも 【日本香粧品学会誌 42(1) p26,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 「皮膚をみる人たちのための化粧品知識」連載のねらい https://t.co/FNPzujicnb https://t.co/c1DpQ8Qe04
こんな連載があったんだ ドラッグストア勤務の人には有意義かも 【日本香粧品学会誌 42(1) p26,2018】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 「皮膚をみる人たちのための化粧品知識」連載のねらい https://t.co/FNPzujicnb https://t.co/c1DpQ8Qe04
これは業務に役立ちそう 【日本香粧品学会誌 43(3) p199-208,2019】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 頭髪用製品とその作用 https://t.co/4jymIl10Fm https://t.co/ksBrQrkf5m
これは業務に役立ちそう 【日本香粧品学会誌 43(3) p199-208,2019】 教育シリーズ: 皮膚をみる人たちのための化粧品知識 頭髪用製品とその作用 https://t.co/4jymIl10Fm https://t.co/ksBrQrkf5m
日常的に慢性疾患薬を使用し ている市民を対象とし、慢性疾患薬の残薬状況、災害に備えた慢性疾患薬の自己備蓄の有無 などについて調査 【日本医療経営学会誌 14(1) p 5-10,2020】 慢性疾患薬を使用する市民の残薬状況と災害時用自己備蓄の実態調査 https://t.co/NJt9rEP3LX
やっぱり怖いよな 気軽に買えるし 【日本臨床救急医学会雑誌】 血液透析を施行した重症ジフェンヒドラミン中毒の1例 https://t.co/8QeqkiRMzS
東京医科大学病院救命救急センターへ搬送された、アナフィラキシー患者を調べ、特徴を検討した。 被疑物質は,食物アレルギーが74.5%を占めた。 【日本臨床救急医学会雑誌】 都市部の救命救急センターに搬送されたアナフィラキシー症例の検討 https://t.co/qjC9OtY3E1
”1 週間に Yahoo! 知恵袋に投稿された医薬品やセルフケアに関する質問は283投稿であったが、これは年間に換算すると1 万5千投稿にのぼると推定される。人が使用する医薬 品・セルフケアに関する多くの相談がネット上で投げかけられていた” <続 社会薬学   Vol.39 No.1 2020 https://t.co/7Y8OzggHvl
2019年に開催された第4回日本薬学教育学会大会のシンポジウム「薬剤師の職能発展とキャリア開発論―多様化の時代に求められるキャリアの考え方―」での議論に加筆する形で論点を整理 【薬学教育 2020年4巻】 薬剤師のキャリアデザインとキャリア教育の必要性 https://t.co/NeqiqwuEXv
全国規模での医薬品使用実績を知りうるエビデンスレベルの高い情報源であり,薬学教育に反映させることが有益であり,実状把握能力の育成が課題発見能力への発展に繋がる 【薬学教育 2020 年 4 巻】 薬学教育へのNDBオープンデータ・薬剤データの利活用を目指して https://t.co/tnkN3A3HiI
PMDAが公開している「救済給付の決定に関する情報」を利用し、HPVワクチンの副作用給付に関する現状を調査 【医薬品情報学 (22)1, p1-6 2020】 医薬品副作用被害救済制度における HPV ワクチンの副作用給付状況について https://t.co/Q9HKiA46kF https://t.co/auu04L63gM
PMDAが公開している「救済給付の決定に関する情報」を利用し、HPVワクチンの副作用給付に関する現状を調査 【医薬品情報学 (22)1, p1-6 2020】 医薬品副作用被害救済制度における HPV ワクチンの副作用給付状況について https://t.co/Q9HKiA46kF https://t.co/auu04L63gM
都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
都内にある私立中高一貫校で調査 【栄養学雑誌 78(2) p57-65,2020】 中学1年生女子における鉄欠乏のリスク因子の検討 https://t.co/64XgCqW04v https://t.co/6MbWWq6Dm9
オープンアクセスに 日本保険薬局協会の会員薬局2,667薬局で実施 各薬局における変更不可処方せんの割合の平均値は10.22%だが5%以下の薬局が46.38%で、ばらつきは大きい 【レギュラトリーサイエンス学会誌 9(3)141-150,2019】 後発医薬品への変更不可に関する薬局実態調査 https://t.co/sa6zUTZTUG
岐阜薬大はいろんな論文を出してくるな 【Biol Pharm Bull】 Developing and Verifying the Efficacy of "Educational Program for Promoting Appropriate Self-medication via Pharmacies and Pharmacists": A Randomized Controlled Trial. https://t.co/7CTw1G1A1U https://t.co/GpSihE8gUS
サプリメントに対するイメージは3つのクラスタに分類できる。 ・「自分には必要ない!」タイプ ・「迷いに迷っちゃう」タイプ ・「つい使いたくなっちゃう」タイプ 【栄養学雑誌】 サプリメントに関する若年女性向け啓発リーフレット開発の試み https://t.co/u9iK3MAxKr https://t.co/YSarpWSfbK
サプリメントに対するイメージは3つのクラスタに分類できる。 ・「自分には必要ない!」タイプ ・「迷いに迷っちゃう」タイプ ・「つい使いたくなっちゃう」タイプ 【栄養学雑誌】 サプリメントに関する若年女性向け啓発リーフレット開発の試み https://t.co/u9iK3MAxKr https://t.co/YSarpWSfbK
この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 https://t.co/qhrMU58mE1 https://t.co/8JNMlBKEcJ
この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 https://t.co/qhrMU58mE1 https://t.co/8JNMlBKEcJ
一中学校区を基本とする日常生活圏域設定の妥当性検討 -地方中核都市における高齢者福祉行政単位と高齢者の行動実態との比較考察- https://t.co/pheEKsBtfW
永井恒司先生はぶれないなあ 【薬剤学 79 (1), 26-30 (2019) 】 私のLifework:専門を侵食された擬薬剤師から脱出し,薬剤師Ethicsを備え世界に恥ずかしくない真の薬剤師への伸展 https://t.co/Zl5rwFE9Uj
松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DKzwKypbWr
松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DKzwKypbWr
【国立国会図書館・レファレンス】 https://t.co/lJS3uv4pgd 薬局薬剤師に求められる役割の変遷と現在の議論 (No.820(2019年5月)) https://t.co/sFTpoVYEyG
今後は外来部門でしょうかね。 米国臨床薬剤師の業務内容に見る日本の薬剤師の可能性 薬剤学 2018 J-STAGE Articles - https://t.co/Qa2XscjwQm
これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5)年薬事法改正等」解説 https://t.co/QGtuQetaBW
これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5)年薬事法改正等」解説 https://t.co/QGtuQetaBW
近畿大の研究 薬局・薬店もしくは薬剤師が関与し救急車が出動したケースを検討し,薬局・薬店における救急対応のニーズに関して検討した。 【日本臨床救急医学会雑誌】 薬局・薬店における救急車要請事例に関する検討 https://t.co/VSscCKBjAS
フェキソフェナジン、ロラタジンは日米ともにパイロットの内服直後の飛行が認められているが、管轄する組織により細部基準が異なる。 【航空医学実験隊報告】 パイロットの花粉症治療における規制 https://t.co/y7JzDGTwzu
有害事象の発生とその集団的背景の関係性がある 【薬剤疫学】 PMDA 医薬品有害事象報告データベースを用いた総合感冒剤有害事象の集団的背景の研究 ―潜在クラス分析を使った発症症例の分類― https://t.co/PmD9s8zIJM
症例は煎じ薬を用いている 【日本東洋医学雑誌】 吃逆に対する柿蔕湯の効果 https://t.co/Zdbt9fC3df
@chihayaflu こんなのもあった 滋賀大の博士論文 東アジの医薬分業と連携の章で、韓国の医療保険制度と医薬分業という項がある 論文全般に結構すごい内容 【滋賀大学学術情報リポジトリ】 医薬分業から医薬連携へ : 医薬分業の制度分析からみた医薬連携の現状と課題 https://t.co/OBopC6KOfq
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
これはみんな読んでおこう!(頼んだ) J-STAGE Articles - 日本における健康医学情報の探索行動 : 2008年および2013年調査の結果 https://t.co/rnJhRFbzn0
がん患者の薬剤師及び薬物療法に関するニーズを調査する質的研究 #YakugakuZasshi 2015 https://t.co/SDogCFj2I0 https://t.co/Pr2afiSRkR
やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Patients with Large or Massive Consumption of Caffeinated Supplements or Energy Drinks in Japan https://t.co/8WzkZyciNh https://t.co/bWUeSlKhPw
【原著】療養病棟スタッフの緩和ケアに対する意識:東京都内の緩和ケア病棟を併設していない療養病棟における調査 https://t.co/jjwKvP0Vit
薬剤師の意識調査と分析を通して健康サポート薬局の推進および効果的運用に向けた情報記録・管理・運用システム設計のための課題を明らかにすることを目的として研究 【デザイン学研究】 医療・健康ライフサポートモデル構築に向けた薬事システムの課題抽出に関する研究 https://t.co/vXAUL1JKId
TDM を必要とするシクロスポリン,タクロリムス,ミコフェノール酸モフェチルについては後発品の採用がほとんど進んでいない 院外薬局における後発品への切り替えに対してはほとんど許可してない 【Organ Biology】 免疫抑制薬の後発医薬品使用の実態:アンケート調査報告 https://t.co/5ud2sTGtbQ
J-stage は調べるといろいろあるな 【膵臓 2017】 我が国で処方可能な各種消化酵素製剤の特長とそれに応じた製剤の使い分け https://t.co/ZkSb3OWXVU
処方箋を一般名に統一するとともにGEを原則化することによって政府目標の80%が初めて達成できると考えられる。 【行動経済学 2017】 処方箋のデフォルト変更のジェネリック医薬品選択行動に与える影響:行動経済学からの検討 https://t.co/JAMafBknMb
こんな研究があったんだ 2012年に札幌市内に所在するチェーン薬局が運営する8店舗で行われた無記名・自己記入式の質問紙調査 【生活経済学研究】 残薬削減のための実証研究薬局における患者満足と服薬継続意思の影響構造の比較 https://t.co/pFUj06C3Nd
正論を主張するのはもう永井先生くらいだろうな 【薬剤学 2017年 77 巻 1 号】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/YuypA0plgY
そもそも保健所にまず報告というのは疑問がある 【食品衛生学雑誌】 健康食品の利用が関連した被害通報の実態調査 ―消費者および医師・薬剤師を対象としたインターネット調査― https://t.co/VV1BTGVePk
【医薬品情報学】 スマートドラッグに対する大学生の認識に関する研究 https://t.co/849A6xepnB https://t.co/K1PDwLHghm
【医薬品情報学】 スマートドラッグに対する大学生の認識に関する研究 https://t.co/849A6xepnB https://t.co/K1PDwLHghm
仕事の量的負担(役割過重)や役割葛藤よりも役割の曖昧さが継続意欲の低下に関連 【日本公衆衛生雑誌】 東京都の民生委員の活動継続意欲を促進・阻害する要因:援助成果,役割ストレス,サポートとの関連 https://t.co/S9CnnBMSVi
信州大学を去るに当たって: 患者さんに寄り添い,学生時代の夢の実現に向けて 池田修一先生が定年退職されました。特別寄稿文で、HPVワクチン問題のことに言及されています。定年退職後もご健康に留意され、活躍されることを期待しています。 https://t.co/ZA9B4jJuJ2
【日本環境感染学会誌】 鹿児島県医師会災害医療チームによる2016年熊本地震における避難所感染対策支援活動 https://t.co/R2y3P4gQ0V
滋賀県内の159薬局が回答 在庫金額は在庫品目が増えるほど、また門前医療機関からの処方せん応需の集中率が下がるほど増える傾向にあった 【医薬品情報学】 保険薬局における応需処方箋枚数と医薬品在庫の関係https://t.co/SlcPd5RVOI
一包化による待ち時間への影響を調べた研究 大阪の循環器専門病院の門前薬局1施設で行われた 【Biol Pharm Bull】 The Impact of One-Dose Package of Medicines on Patient Waiting Time in Dispensing Pharmacy: Application of a Discrete Event Simulation Model. https://t.co/qcqTHKDyne
@yusuke_tsugawa 海外では本来テクニシャンが行う業務を行っているからです。 将来像にはこういう指摘も 【薬剤学 Vol. 75, No. 3 (2015) 139】 日本の薬剤師の将来:国際的な調査活動を基にした検討 https://t.co/E6Fr9UrgCk
【日本臨床救急医学会雑誌】 一般市民の「救急車を呼ぶべき状況」についての意識調査 https://t.co/20ppf4uRUd
【日本健康教育学会誌】 ヘルスプロモーションを支える理念・理論・戦略―原点はWHOオタワ憲章―ヘルスプロモーションを支える理念・理論・戦略 ―原点はWHOオタワ憲章― https://t.co/vOMnCCWUQ7
自分も薬を慢性的に使用していてその状態を脱することがなかなかできなかったのだけれどもけっこう問題になってるお話。/「点鼻用血管収縮薬による薬剤性鼻閉 33 例の検討」 https://t.co/L8ueV2NDPf
北薬大の報告 院内処方支持が7割というのは衝撃だった 院外処方賛否の評価に関わるラベル分類というのが興味深い 【社会薬学】 国民の院外処方賛否に関する評価の視点─混合研究法を用いて─ https://t.co/DxzxUyE7SV https://t.co/6mH2pEspli
北薬大の報告 院内処方支持が7割というのは衝撃だった 院外処方賛否の評価に関わるラベル分類というのが興味深い 【社会薬学】 国民の院外処方賛否に関する評価の視点─混合研究法を用いて─ https://t.co/DxzxUyE7SV https://t.co/6mH2pEspli
ビタミンB6摂取量が50mg/日以上でレボドパの薬効が減弱する可能性が高くなると考えられた. 【食品衛生学雑誌】 レボドパの薬効に影響を与えるビタミンB6摂取量に関する系統的レビュー https://t.co/C6kby35FQJ
アムロジピン製剤の先発品及び後発品を用い、マグミット錠同時懸濁における各製剤間の配合変化の程度の差異について検討を行った 【医薬品情報学】 酸化マグネシウム製剤とアムロジピンベシル酸塩製剤間における 同時簡易懸濁時に生じる配合変化の相違 https://t.co/i4NhSyuUDe
興味深い内容です 九州保健福祉大学大学院の博士研究のようです 【法政論叢 2016】 在宅医療を推進するための医療法からの一考察─ 保険薬局ならびに保険薬剤師の現状と問題点─ https://t.co/75gayQBVad https://t.co/0koApZs5vd
興味深い内容です 九州保健福祉大学大学院の博士研究のようです 【法政論叢 2016】 在宅医療を推進するための医療法からの一考察─ 保険薬局ならびに保険薬剤師の現状と問題点─ https://t.co/75gayQBVad https://t.co/0koApZs5vd
芍薬甘草湯内服中に低カリウム血症による心室細動を繰り返した一例 #日本集中治療医学会誌 https://t.co/vqGdTXlq1y
【臨床薬理 27(3) 635-645,1996】 Scutellaria属の生薬による肝障害ならびに同属のオウゴン含有漢方処方による肝機能障害について https://t.co/S5bKEdqRlP https://t.co/1B1U77ghol
【臨床薬理 27(3) 635-645,1996】 Scutellaria属の生薬による肝障害ならびに同属のオウゴン含有漢方処方による肝機能障害について https://t.co/S5bKEdqRlP https://t.co/1B1U77ghol
二酸化塩素のガスの放散によるウイルスや細菌の除去を標榜する市販の四社の四製品について,その効果の有無を検証した イメージ先行のビジネスに結び付けられている面も否めない 【日本環境感染学会誌】 身体装着型の二酸化塩素放散製剤の検証 https://t.co/OWdI2sHLde
【薬剤学】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/TGdD51ncvc
EBM教育についての論文が薬学雑誌に掲載されました(^-^) 現在も様々なトライアルをしているので、継続して発信していく予定です。 https://t.co/HiSajNjMst
【日本老年医学会雑誌】 高齢者高血圧診療ガイドライン2017 https://t.co/9vKihNAj4N (解説) https://t.co/we9k5rXTsE 【朝日新聞】 高齢者の高血圧「終末期は治療中止も 学会が指針 https://t.co/kbjkPqR6fm
【日本老年医学会雑誌】 高齢者高血圧診療ガイドライン2017 https://t.co/9vKihNAj4N (解説) https://t.co/we9k5rXTsE 【朝日新聞】 高齢者の高血圧「終末期は治療中止も 学会が指針 https://t.co/kbjkPqR6fm
Analysis of Adverse Drug Reaction Risk in Elderly Patients Using the Japanese Adverse Drug Event Report Database https://t.co/KFZxVbCQAf
【薬剤疫学】 関節リウマチを主な適用疾患とするバイオ医薬品における有害事象プロファイルの比較 https://t.co/W3Bd4VjuJr
【耳鼻咽喉科免疫アレルギー】 アレルギー性鼻炎の鼻閉に対するpseudoephedrineの有効性 https://t.co/BeULTKJxCo https://t.co/p4kf3XJALr
【耳鼻咽喉科免疫アレルギー】 アレルギー性鼻炎の鼻閉に対するpseudoephedrineの有効性 https://t.co/BeULTKJxCo https://t.co/p4kf3XJALr
一薬局でこれだけの報告ができるのはすごい 【医薬品情報学】 疑義照会の内容からみる薬の専門家としての薬局薬剤師の責務 https://t.co/6iXx6kMCjb https://t.co/kK037klvEc
一薬局でこれだけの報告ができるのはすごい 【医薬品情報学】 疑義照会の内容からみる薬の専門家としての薬局薬剤師の責務 https://t.co/6iXx6kMCjb https://t.co/kK037klvEc
副作用との関連要因として、患者の性別、居住形態、内服薬の品目数等を抽出。副作用の発生と多剤併用の関連も実証されたことから、医師と薬剤師の協働による中枢神経系用薬の減薬に取り組む必要があるとした。 【薬剤疫学】 https://t.co/8uYl4nKAnp
上位5症状分類は、めまい・ふらつき・立ちくらみ等、消化器障害、臨床検査値異常、意識障害、皮膚症状。被疑薬は、催眠鎮静剤・抗不安剤、精神神経用剤、その他の中枢神経系用薬、解熱鎮痛消炎剤が上位を占めた 【薬剤疫学】 https://t.co/8uYl4nKAnp
防風通聖散を始めとするオウゴン配合方剤と葛根湯は今後の販売等に適切な改善を期待したい。 【日本東洋医学雑誌】 厚生労働省副作用情報に基づく一般用漢方製剤の副作用の件数と内容の調査 https://t.co/UQO5iF7w7Y
やっぱりね 臨床試験段階では本剤による血圧上昇作用は明らかにはされなかったが JADER を利用した今回の検討では,ミラベグロンにおいて ROR: 7.52(95 %CI: 4.89-11.55)というシグナルを検出 【薬学雑誌】 https://t.co/ocDu4gQCeD
【食品衛生学雑誌】 ワルファリン服用者におけるビタミンK摂取量の許容範囲に関する系統的レビュー https://t.co/yYeJTfAhnd https://t.co/WvkpfBpGoM
【食品衛生学雑誌】 ワルファリン服用者におけるビタミンK摂取量の許容範囲に関する系統的レビュー https://t.co/yYeJTfAhnd https://t.co/WvkpfBpGoM
これは興味深い ケトプロフェンテープのの物理化学的および薬学的特性(pH、剥離力、透湿性、伸縮性)を製品名を挙げて比較。 【Drug Discoveries & Therapeutics】 https://t.co/ws04hPs7hS
薬剤疫学「処方箋データベースを利用した認知症患者に対する向精神薬等の利用実態の調査」 https://t.co/YS9OllyqXu
北里大学病院救命救急センターの報告 約3年の調査期間中に796 件の自殺企図もしくは故意の自傷による搬送があり,そのうちの 367 名が向精神薬の過量服薬による急性薬物中毒であった。 【日本臨床救急医学会雑誌】 https://t.co/xgIo1V81O6

フォロー(710ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

消化器外科病棟における診療看護師(NP)の役割と成果 https://t.co/7nSIy2BuVH
J-STAGE Articles - Intake of Vegetables and Fruits and the Risk of Cataract Incidence in a Japanese Population: The Japan Public Health Center-Based Prospective Study https://t.co/JBXyYn58Ry
J-STAGE Articles - Relationship between neighborhood food environment and diet variety in Japanese rural community-dwelling elderly: a cross-sectional study https://t.co/1e8gLcWEFH
J-STAGE Articles - Relationship between non-fasting triglycerides and cardiovascular disease mortality in a 20-year follow-up study of a Japanese general population: NIPPON DATA90 https://t.co/fsPjoXXzN4
看護師の裁量権拡大に対する施設の家族が抱く認識 高齢者施設入居者の家族の認識を明らかにするため,質問票の実施。305名 結果は条件付きで容認を示す家族割合は7割以上を占めた。2016年 https://t.co/zUBExQnifc
RT @Fizz_DI: 針を付けたままインスリン製剤を保管すると、製剤内への空気混入・薬液の漏出を繰り返すことによって薬剤濃度が変化する可能性がある。 糖尿病.50(12):877-82,(2007) 「インスリンカートリッジ内への空気混入が製剤の濃度および注入器の注入精度…
〈座談会〉診療看護師(NP)の新たな発展をめざして─活動の成果とこれからのビジョン https://t.co/GdFHbFxaUl
東日本大震災の発生後1~2ヶ月は1型DM患者のHbA1cが悪化したという報告。食事内容の偏りやインスリン製剤不足の影響、sick day対応も困難だった可能性。 糖尿病.57(1):16-21,(2014) 「東日本大震災による 1 型糖尿病患者の血糖コントロール悪化に関わる因子の検討」 https://t.co/PZuGRMujwo
針を付けたままインスリン製剤を保管すると、製剤内への空気混入・薬液の漏出を繰り返すことによって薬剤濃度が変化する可能性がある。 糖尿病.50(12):877-82,(2007) 「インスリンカートリッジ内への空気混入が製剤の濃度および注入器の注入精度に与える影響について」 https://t.co/zmVh4vaVlE
更年期ではエストロゲンの低下により手や腰の関節や骨が痛むことがあります。 更年期症状とリウマチの症状、見分けるのが難しいことがりますね。。。_φ(・_・ https://t.co/F9Xg9RzZfg https://t.co/mwCxWpUCP6
RT @shinjotakuya: 著者と編集者そして誰でも参加できる会です。Channel PCR  第3回WEB抄読会  日時 2021年1月29日(金曜日)18:30~19:00 YouTube Live URL: https://t.co/mG5KjIVn8w 名古屋…
【備忘】 久山町研究から、「冠動脈イベント・アテローム血栓性脳梗塞」(ASCVD)の10年間発生率予測スコア登場。 JAT https://t.co/OravFEhmzB https://t.co/psrygLcaLy
大分県立看護科学大学 第16回看護国際フォーラム 日本におけるNP教育開発のプロセスと現在 2016年 https://t.co/AazkjwDgcj
著者と編集者そして誰でも参加できる会です。Channel PCR  第3回WEB抄読会  日時 2021年1月29日(金曜日)18:30~19:00 YouTube Live URL: https://t.co/mG5KjIVn8w 名古屋祐子先生 『終末期にある小児がん患者のQOLと関連要因─看護師によるQOL代理評価尺度を用いて─』 https://t.co/fknJdiOXxL
@1007YC0528 この文献が参考になります。 https://t.co/tobtn0Atbn https://t.co/V5IBXytuHi
米国におけるNurse Practitioner(NP)Physician Assistant(PA)の実態 https://t.co/ERD81VPCG9

フォロワー(4720ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

消化器外科病棟における診療看護師(NP)の役割と成果 https://t.co/7nSIy2BuVH
RT @ariga_prdgmmkr: 【紹介】加治木紳哉「宇宙科学研究所の歴史に関する調査報告: 理学と工学の連携の系譜」。300ページを超える大変な労作です。JAXAがこれを紙の本にしないことと、時限付きプロジェクトであって恒常的なアーカイブを持っていないことを残念に思いま…
「ラッサ熱本邦初輸入例の臨床経験」 https://t.co/thbwhyRfOc 高度安全病棟の設備と運営—東京都立荏原病院特殊感染症病棟 https://t.co/VF0csBPnsK https://t.co/5FiwTSDBp0
某医大の件、そもそも臨床麻酔部自体が麻酔科医の大量退職が発端で出来たみたいな書き方されてるなぁ。 まぁ、実際は知らんけど。 >>三重大学麻酔科医の大量退職に伴い, 2004年に麻酔管理と臨床実習に業務を特化した臨床麻酔部が作られた。 https://t.co/mttnBX3rYY
過去のロボトミー手術を彷彿とさせますが、どうなることやら。 とりあえずドイツやフランスでDBSの調査がされて論文にもなってるのでそれを読んでみようかと。 https://t.co/qTajvsnOIX https://t.co/6lUoY2EN5R
J-STAGE Articles - Intake of Vegetables and Fruits and the Risk of Cataract Incidence in a Japanese Population: The Japan Public Health Center-Based Prospective Study https://t.co/JBXyYn58Ry
J-STAGE Articles - Relationship between neighborhood food environment and diet variety in Japanese rural community-dwelling elderly: a cross-sectional study https://t.co/1e8gLcWEFH
J-STAGE Articles - Relationship between non-fasting triglycerides and cardiovascular disease mortality in a 20-year follow-up study of a Japanese general population: NIPPON DATA90 https://t.co/fsPjoXXzN4
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/8hpHqruhcp https://t.co/t51GOLAB3k ↑それぞれ画像を引用させていただきました。 https://t.co/LxQQ5BblbB https://t.co/TOjKOshJC…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/tuhhhY9M7X https://t.co/LxQQ5BblbB https://t.co/ydjIaThoMH  ↑画像を引用させていただきました。 ※引用したツイートツリー内の参考文献も併せてご参照…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/tuhhhY9M7X https://t.co/LxQQ5BblbB https://t.co/ydjIaThoMH  ↑画像を引用させていただきました。 ※引用したツイートツリー内の参考文献も併せてご参照…
看護師の裁量権拡大に対する施設の家族が抱く認識 高齢者施設入居者の家族の認識を明らかにするため,質問票の実施。305名 結果は条件付きで容認を示す家族割合は7割以上を占めた。2016年 https://t.co/zUBExQnifc
RT @nov_saturday: 野久尾徳美「社会福祉における住民参加 : その四つの形態と問題点」『社会福祉学』1963 年 4 巻 pp. 1-14。 約60年前の論文だけど、一周回って最先端?の感じすらある。 https://t.co/GOMtQ2ICXJ
RT @Fizz_DI: 針を付けたままインスリン製剤を保管すると、製剤内への空気混入・薬液の漏出を繰り返すことによって薬剤濃度が変化する可能性がある。 糖尿病.50(12):877-82,(2007) 「インスリンカートリッジ内への空気混入が製剤の濃度および注入器の注入精度…
〈座談会〉診療看護師(NP)の新たな発展をめざして─活動の成果とこれからのビジョン https://t.co/GdFHbFxaUl
RT @Fizz_DI: 東日本大震災の発生後1~2ヶ月は1型DM患者のHbA1cが悪化したという報告。食事内容の偏りやインスリン製剤不足の影響、sick day対応も困難だった可能性。 糖尿病.57(1):16-21,(2014) 「東日本大震災による 1 型糖尿病患者の血…
東日本大震災の発生後1~2ヶ月は1型DM患者のHbA1cが悪化したという報告。食事内容の偏りやインスリン製剤不足の影響、sick day対応も困難だった可能性。 糖尿病.57(1):16-21,(2014) 「東日本大震災による 1 型糖尿病患者の血糖コントロール悪化に関わる因子の検討」 https://t.co/PZuGRMujwo
針を付けたままインスリン製剤を保管すると、製剤内への空気混入・薬液の漏出を繰り返すことによって薬剤濃度が変化する可能性がある。 糖尿病.50(12):877-82,(2007) 「インスリンカートリッジ内への空気混入が製剤の濃度および注入器の注入精度に与える影響について」 https://t.co/zmVh4vaVlE
更年期ではエストロゲンの低下により手や腰の関節や骨が痛むことがあります。 更年期症状とリウマチの症状、見分けるのが難しいことがりますね。。。_φ(・_・ https://t.co/F9Xg9RzZfg https://t.co/mwCxWpUCP6
CiNii 図書 - 八甲田山から還ってきた男 : 雪中行軍隊長・福島大尉の生涯 https://t.co/V1HfvE01R9 後藤伍長は立つていたか : 八甲田山"雪中行軍"の真相を追う https://t.co/HB5jBPjtyD 八甲田雪中行軍遭難事件の謎は解明されたか改訂版 松木 明知 https://t.co/H7nuC7CmjY
CiNii 図書 - 八甲田山から還ってきた男 : 雪中行軍隊長・福島大尉の生涯 https://t.co/V1HfvE01R9 後藤伍長は立つていたか : 八甲田山"雪中行軍"の真相を追う https://t.co/HB5jBPjtyD 八甲田雪中行軍遭難事件の謎は解明されたか改訂版 松木 明知 https://t.co/H7nuC7CmjY
RT @Office_j: 【備忘】 久山町研究から、「冠動脈イベント・アテローム血栓性脳梗塞」(ASCVD)の10年間発生率予測スコア登場。 JAT https://t.co/OravFEhmzB https://t.co/psrygLcaLy
【備忘】 久山町研究から、「冠動脈イベント・アテローム血栓性脳梗塞」(ASCVD)の10年間発生率予測スコア登場。 JAT https://t.co/OravFEhmzB https://t.co/psrygLcaLy
大分県立看護科学大学 第16回看護国際フォーラム 日本におけるNP教育開発のプロセスと現在 2016年 https://t.co/AazkjwDgcj
めも◆バイオ医薬に活用される粘膜吸収促進剤の開発 https://t.co/wPgveNJQhc
@1007YC0528 この文献が参考になります。 https://t.co/tobtn0Atbn https://t.co/V5IBXytuHi
RT @MKoujyo: 一般の方には昨日いろいろご紹介した中で、 以下の日本語論文がわかりやすいかもしれません 論文ですが非常に読みやすく、理解しやすいです 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― https://t.co/oGRwKRyJhi
米国におけるNurse Practitioner(NP)Physician Assistant(PA)の実態 https://t.co/ERD81VPCG9