小嶋 慎二@アポネット (@kojima_aponet)

投稿一覧(最新100件)

RT @kojima_aponet: そうそうこれ 【社会薬学 2017 年 36 巻 1 号 p. 39-44】 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規 https://t.co/jTS62MhtyO https://t.co/xZjHMwpzbd
RT @kojima_aponet: そうそうこれ 【社会薬学 2017 年 36 巻 1 号 p. 39-44】 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規 https://t.co/jTS62MhtyO https://t.co/xZjHMwpzbd
RT @youmama_open: 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規 https://t.co/eaOjrXh6YR あ、日本が特殊なんだ。 海外フリーダムと思ってたけど、めっちゃ規制されてるのね。 https://t.co/tpEKtNT3tL
RT @youmama_open: 個人輸入できますよ、で終わってしまうと、またニュアンスは違ってくるから。 「日本の処方箋医薬品の個人輸 入の法規制は、諸外国の法規制と大きく異なっていることは否定できない。  インターネット上での違法医薬品販売は世界的な問題となっている。」…
RT @AK16G28: あとケタスがネット通販で販売されてるじゃないかってのはこれが原因で、本当は違法だけど特別に見逃されてる状態 イブジラストが米国内で流通始めたら販売がアウト https://t.co/u4oNnpUwAP https://t.co/4gU13kIywV
RT @kojima_aponet: 海外では法整備されているのに、日本は薬機法68条による「未承認医薬品の広告」の違反でしか取り締まれないらしい。だから、個人輸入が野放しなのか。 【社会薬学】 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規 https://t.co/x…
@NAGANO_Go レジットスクリプト社の岡沢宏美さんの寄稿論文に詳しく記されています。 【社会薬学 2017 年 36 巻 1 号 p. 39-44】 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規… https://t.co/R4H1r5gj3I
@NAGANO_Go レジットスクリプト社の岡沢宏美さんの寄稿論文に詳しく記されています。 【社会薬学 2017 年 36 巻 1 号 p. 39-44】 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規… https://t.co/R4H1r5gj3I
そうそうこれ 【社会薬学 2017 年 36 巻 1 号 p. 39-44】 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規 https://t.co/jTS62MhtyO https://t.co/xZjHMwpzbd
そうそうこれ 【社会薬学 2017 年 36 巻 1 号 p. 39-44】 諸外国における処方箋医薬品の個人輸入に関する法規 https://t.co/jTS62MhtyO https://t.co/xZjHMwpzbd
フレイル、プレフレイル、認知機能低下、脳卒中既往、喫煙がリスク因子。生活習慣病の予防・改善を図ることも必要。 【日本公衆衛生雑誌】 高齢者の自立喪失に及ぼす生活習慣病,機能的健康の関連因子の影響:草津町研究 https://t.co/DUat14wvyf
東京薬大の研究。本文は英文 高血圧症のみで, コントロール良好な降圧薬を1~2剤服用する患者を対象に, 現在の通院頻度と患者の希望する通院頻度や血圧の自己管理についての基礎データを収集 【レギュラトリーサイエンス学会誌】 リフ… https://t.co/Y7rwB9jj7e
岐阜薬大はいろんな論文を出してくるな 【Biol Pharm Bull】 Developing and Verifying the Efficacy of "Educational Program for Promoting A… https://t.co/OgqG268Fzc
RT @kojima_aponet: @chihayaflu こんなのもあった 滋賀大の博士論文 東アジの医薬分業と連携の章で、韓国の医療保険制度と医薬分業という項がある 論文全般に結構すごい内容 【滋賀大学学術情報リポジトリ】 医薬分業から医薬連携へ : 医薬分業の制…
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…
今月からオープンアクセスに この回で最終回か なかなか興味深い 日本で発売されるようになってから,既に70年以上もの歴史を誇る「キップパイロール」 【ファルマシア 54(11) p1070-1071,2018】 家庭薬物語第… https://t.co/IQy47ZvYuK
今月からオープンアクセスに この回で最終回か なかなか興味深い 日本で発売されるようになってから,既に70年以上もの歴史を誇る「キップパイロール」 【ファルマシア 54(11) p1070-1071,2018】 家庭薬物語第… https://t.co/IQy47ZvYuK
サプリメントに対するイメージは3つのクラスタに分類できる。 ・「自分には必要ない!」タイプ ・「迷いに迷っちゃう」タイプ ・「つい使いたくなっちゃう」タイプ 【栄養学雑誌】 サプリメントに関する若年女性向け啓発リーフレット開発の… https://t.co/PIqEnnqUis
サプリメントに対するイメージは3つのクラスタに分類できる。 ・「自分には必要ない!」タイプ ・「迷いに迷っちゃう」タイプ ・「つい使いたくなっちゃう」タイプ 【栄養学雑誌】 サプリメントに関する若年女性向け啓発リーフレット開発の… https://t.co/PIqEnnqUis
RT @kojima_aponet: この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 https://t.…
RT @kojima_aponet: この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 https://t.…
この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察… https://t.co/t1hegsUxOA
この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察… https://t.co/t1hegsUxOA
こんなもんなんだ 国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科に在籍していた2 ~4年の女子学部生115 名を対象に調査 月経困難症,PMSおよびPMDDについて,6割以上の学生が「知らない」と回答していた 【理学療法科学】 本学… https://t.co/CpWPDrJ9BG
アブストラクトだけだけど 詳細な問診の結果,約 10 年間,慢性頭痛に対してブロモバレリル尿素含有の市販鎮痛薬(ナロン顆粒)を内服していることが判明した。 【西日本皮膚科 81(2) 120-124,2019】 ブロモバレリル… https://t.co/cWO5lLahsJ
2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考… https://t.co/cKvy9rxd6y
2 年にわたり治癒が遷延した胃潰瘍が、ケトプロフェン経皮製剤の使用中止によりただちに治癒したという症例を経験した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(3) 158-161,2019】 NSAIDs経皮製剤(湿布)が原因と考… https://t.co/cKvy9rxd6y
2012年8~9月に茨城県ある市健診受診者に対し、かぜに対する認識や対処行動について無記名自記式質問紙で調査した。 【日本プライマリ・ケア連合学会誌 42(1) 2-8,2019】 かぜに対する認識と受診信念に関連する要因の探索… https://t.co/NaGUboXmjX
RT @kojima_aponet: 松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DK…
RT @kojima_aponet: 松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DK…
「ダメ.ゼッタイ.」で終わらせるのは「ゼッタイ.ダメ.」 【ファルマシア 54(6) 541-543,2018】 薬物乱用防止における薬剤師の役割 https://t.co/x0hkLo6Kdm https://t.co/dos0cYP6tg
「ダメ.ゼッタイ.」で終わらせるのは「ゼッタイ.ダメ.」 【ファルマシア 54(6) 541-543,2018】 薬物乱用防止における薬剤師の役割 https://t.co/x0hkLo6Kdm https://t.co/dos0cYP6tg
公開されるのを待っていました 気づかなかった 赤木佳寿子氏の論考 【保健医療社会学論集 (29)1 P33-39,2018】 (特集 生活モデルに基づいた地域包括ケアを目指して) 地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割 —薬… https://t.co/qeqwRvLKC3
公開されるのを待っていました 気づかなかった 赤木佳寿子氏の論考 【保健医療社会学論集 (29)1 P33-39,2018】 (特集 生活モデルに基づいた地域包括ケアを目指して) 地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割 —薬… https://t.co/qeqwRvLKC3
卸における流通の効率化を提案し、それによって削減された販売費及び 一般管理費の総額を根拠として病院に対する納入価を設定する仕組みを 考案し、実践を試みた 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見… https://t.co/HF2gD1Hqov
薬局総合満足もある程度、病院の総合満足度へ影響することが示唆された一方、医薬分業のサービス要素やサービス提供組織の評価を高めても、アドヒアランスには大きな影響を与えない 【生活経済学研究】 医薬分業制度における知覚サービス品質の… https://t.co/2UFo6zsaaE
学会での講演発表だけど これを見る限り、avoid ではなさそうけど 成書ではどう書かれているのだろう 【AUDIOLOGY JAPAN】 耳鳴診療ガイドライン 2019 の発刊に向けて (薬物療法について) https://t.co/zfGaC64zEe
【日本老年薬学会雑誌】 入院患者の健康食品・サプリメントと医薬品の相互作用リスクに関する実態調査 https://t.co/M1NkQVLQWf https://t.co/vXPiR5MrqV
【日本老年薬学会雑誌】 入院患者の健康食品・サプリメントと医薬品の相互作用リスクに関する実態調査 https://t.co/M1NkQVLQWf https://t.co/vXPiR5MrqV
【日本老年薬学会雑誌】 ヘパリン類似物質含有製剤の選択に有用な情報構築に関する検討 https://t.co/p4ImT1gAyn https://t.co/dZVoX9EiCu
【日本老年薬学会雑誌】 ヘパリン類似物質含有製剤の選択に有用な情報構築に関する検討 https://t.co/p4ImT1gAyn https://t.co/dZVoX9EiCu
厚生労働科学研究として行われていますが、データベースの方にはまだアップされていませんでした 【YAKUGAKU ZASSHI】 がん患者の健康食品摂取に関連した有害事象の症例報告に関するシステマティックレビュー… https://t.co/HltwNM4eIL
厚生労働科学研究として行われていますが、データベースの方にはまだアップされていませんでした 【YAKUGAKU ZASSHI】 がん患者の健康食品摂取に関連した有害事象の症例報告に関するシステマティックレビュー… https://t.co/HltwNM4eIL
論点が広範囲ですが 根本的な問題として市民の自己判断によって向精神薬の備蓄が行われている可能性が示唆された 【日本医療経営学会誌】 向精神薬を服用している市民を対象とした災害時用の医薬品備蓄に関する意識調査 https://t.co/CPfGGekdsd
日本の頻回配送の現状は,医薬分業が不完全で卸の取引先の多さが原因 医療機関及び保険薬局における余剰の配送回数を極力減少させる努力をしていく必要がある 【日本医療経営学会誌】 病院・医薬品卸売事業者の連携による医薬品購入価の見直… https://t.co/qXdCLn5muI
RT @kojima_aponet: @DrPooh08 【J Epidemiol】 The risk of functional limitations after driving cessation among older Japanese adults: the JAGE…
@DrPooh08 【J Epidemiol】 The risk of functional limitations after driving cessation among older Japanese adults: the… https://t.co/WkDYr8jP08
【J Epidemiol】 The risk of functional limitations after driving cessation among older Japanese adults: the JAGES coh… https://t.co/kv88CUScCa
RT @kojima_aponet: 永井恒司先生はぶれないなあ 【薬剤学 79 (1), 26-30 (2019) 】 私のLifework:専門を侵食された擬薬剤師から脱出し,薬剤師Ethicsを備え世界に恥ずかしくない真の薬剤師への伸展 https://t.co/Zl5…
薬剤師の業務で言えば,正しい薬を正しい個数,正しい患者の袋に入れるのが仕事だと思ってい るとすれば,それはAI以前にAmazonや楽天に負けるということである. 【ファルマシア 2018 年 54巻 9号 p.882-886】… https://t.co/Xx9hbd7fvV
永井恒司先生はぶれないなあ 【薬剤学 79 (1), 26-30 (2019) 】 私のLifework:専門を侵食された擬薬剤師から脱出し,薬剤師Ethicsを備え世界に恥ずかしくない真の薬剤師への伸展 https://t.co/Zl5rwFE9Uj
RT @kojima_aponet: @toyosshi あと、こちらでも佐谷先生はこの朝日新聞の社説について触れられていますね。 【薬学図書館 1997年42巻4号 381-387】 素晴らしき薬剤師:医薬分業と阪神大震災での活躍 https://t.co/3n5MQXe…
RT @kojima_aponet: @toyosshi あと、こちらでも佐谷先生はこの朝日新聞の社説について触れられていますね。 【薬学図書館 1997年42巻4号 381-387】 素晴らしき薬剤師:医薬分業と阪神大震災での活躍 https://t.co/3n5MQXe…
RT @kojima_aponet: @toyosshi j-stage で検索していたら、ファルマシアで佐谷圭一先生(当時日薬常務理事)がこのことに触れていた。 【ファルマシア 1991年27巻2号 p144-146】 基準薬局の目指すもの https://t.co/tL0…
RT @kojima_aponet: @toyosshi j-stage で検索していたら、ファルマシアで佐谷圭一先生(当時日薬常務理事)がこのことに触れていた。 【ファルマシア 1991年27巻2号 p144-146】 基準薬局の目指すもの https://t.co/tL0…
@toyosshi あと、こちらでも佐谷先生はこの朝日新聞の社説について触れられていますね。 【薬学図書館 1997年42巻4号 381-387】 素晴らしき薬剤師:医薬分業と阪神大震災での活躍… https://t.co/j3a6dUZWxS
@toyosshi あと、こちらでも佐谷先生はこの朝日新聞の社説について触れられていますね。 【薬学図書館 1997年42巻4号 381-387】 素晴らしき薬剤師:医薬分業と阪神大震災での活躍… https://t.co/j3a6dUZWxS
@toyosshi j-stage で検索していたら、ファルマシアで佐谷圭一先生(当時日薬常務理事)がこのことに触れていた。 【ファルマシア 1991年27巻2号 p144-146】 基準薬局の目指すもの… https://t.co/jacZ3xosef
@toyosshi j-stage で検索していたら、ファルマシアで佐谷圭一先生(当時日薬常務理事)がこのことに触れていた。 【ファルマシア 1991年27巻2号 p144-146】 基準薬局の目指すもの… https://t.co/jacZ3xosef
松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DKzwKypbWr
松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DKzwKypbWr
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
【地域経済学研究】 医療業と地域経済 経済効果と地域医療政策の展開を中心に https://t.co/sgYtXZHE1d
静岡県訪問看護ステーション協議会の協力を得て、33の訪問看護ステーションに調査票225部を配布し、透析患者や膀胱留置カテーテル者などを除外した167名分について解析した。 【日本老年医学会雑誌】 在宅医療高齢者における排尿障害と… https://t.co/kVDM02xWnP
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…
RT @kojima_aponet: これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「1993(平成5…
梅垣敬三氏による総説 保健機能食品は生活習慣の重要性の認識や改善の「気づき」に利用することが適切である。それが実践できれば保健機能食品は多くの人に役立ち,増大する医療費の削減にも貢献することが可能 【栄養学雑誌】 保健機能食品… https://t.co/RFzcKAPUPz
薬局での健康指導による生活習慣改善の効果を検証するために、薬局薬剤師師が来局者へ生活習慣振り返りシートを用いて継続的に生活習慣の振り返りと生活改善のための目標設定を行った 【薬学雑誌】 薬局店頭での継続的な生活習慣振り返りによる… https://t.co/Hli8Oj2xIz
【薬学雑誌】 乳がん患者への補完代替医療─システマティック・レビューを用いたオーバービュー─ https://t.co/IW1H3i6RQR
大阪薬大の報告 【日本プライマリ・ケア連合学会誌】 薬局及びドラッグストアにおけるセルフメディケーション支援の意義 ―薬剤師等による風邪様症状に係る受診勧奨事例からの考察― https://t.co/IgPdVxypVW
2017年6-8月に当直時間帯に薬剤師が常駐しておらず,時間外処方せんに薬剤師が対応していない熊本県の27施設を対象とし,経口抗菌薬の配置状況について郵送による書面アンケート調査を行った 【 日本臨床救急医学会雑誌】 時間外外来… https://t.co/1TIcF1m9GN
こちらが2014年に行われた先行研究みたいです 【Biol. Pharm. Bull. 39, 313–322 (2016)】 Identification of the Discrepancies between Pharma… https://t.co/4CF2H37m9c
具体的な商品名を示せばいいのに 【医薬品情報学】 ジェネリック医薬品―緩下剤センノシド―にみられる患者嗜好に関する検討 https://t.co/RTCBpXDGwV https://t.co/0CprL8zD7t
具体的な商品名を示せばいいのに 【医薬品情報学】 ジェネリック医薬品―緩下剤センノシド―にみられる患者嗜好に関する検討 https://t.co/RTCBpXDGwV https://t.co/0CprL8zD7t
【国立国会図書館・レファレンス】 https://t.co/lJS3uv4pgd 薬局薬剤師に求められる役割の変遷と現在の議論 (No.820(2019年5月)) https://t.co/sFTpoVYEyG
北海道科学大学の報告 薬剤師の在宅業務において、薬物療法に有益な業務と課題を探索することを目的に2016年1月に行われたWEB調査の結果と解析 【在宅薬学】 薬物療法に関する在宅訪問薬剤師の実施業務と意識調査 https://t.co/ic8fO4mNoz
【在宅薬学】 薬事法規制度改正の議論から考える薬局・薬剤師のあり方と地域医療での関わり https://t.co/HVH0VoCLcr
ヨーロッパの薬剤師はどこへ向かう?~ヨーロッパ版薬局ビジョン~ https://t.co/pINBMM3U7i アジアの薬学教育と薬剤師の今 https://t.co/S1S1ut7zAE
ヨーロッパの薬剤師はどこへ向かう?~ヨーロッパ版薬局ビジョン~ https://t.co/pINBMM3U7i アジアの薬学教育と薬剤師の今 https://t.co/S1S1ut7zAE
(特集?)世界の薬局・薬学事情 米国薬剤師によるワクチン接種 https://t.co/gj3UEFFFhq カナダとの比較から見えてくる在宅訪問薬剤師の可能性 https://t.co/QD9aSaQQGh オーストラリア… https://t.co/KgO9NNgstx
(特集?)世界の薬局・薬学事情 米国薬剤師によるワクチン接種 https://t.co/gj3UEFFFhq カナダとの比較から見えてくる在宅訪問薬剤師の可能性 https://t.co/QD9aSaQQGh オーストラリア… https://t.co/KgO9NNgstx
(特集?)世界の薬局・薬学事情 米国薬剤師によるワクチン接種 https://t.co/gj3UEFFFhq カナダとの比較から見えてくる在宅訪問薬剤師の可能性 https://t.co/QD9aSaQQGh オーストラリア… https://t.co/KgO9NNgstx
高齢者では、意識障害を伴う長時間の体動不能による筋の圧迫に起因すると考えられた症例が5例あった 【日本内科学会雑誌 (94)7 1393-1395,2005】 横紋筋融解症11例の検討 https://t.co/PANxmuzGKI
これは薬剤の影響もあるんじゃないのかな 【日本臨床麻酔学会誌 (37)5 p 591-595,2017】 長時間の正座入眠により右下肢深部静脈血栓症と横紋筋融解症をきたし急性腎不全となった1症例 https://t.co/vxpoGTAEu8
筋肉に過度の負荷をかけるのは注意が必要ということね 【整形外科と災害外科 (63) 3 p469-471,2014】 加圧トレーニング後に挫滅症候群(Crush Syndrome)を合併した一例 https://t.co/zwGvp0rsFf
こういうのもあるんだ 【日本内科学会雑誌 (84) 4, 624-626,1995】 長時間の同一肢位保持により急性横紋筋融解をきたした1例 https://t.co/7tF111byXR
こんなことでも起きるんだ 【リハビリテーション医学 (37)7,467-470,2000】 あぐら座位での入眠による両下肢横紋筋融解症のリハビリテーションの経験 https://t.co/Li7zGYYCd5
こんな症例報告も 【整形外科と災害外科 (58)1,p116-118,2009】 腕立て伏せにより上腕三頭筋に限局して生じた横紋筋融解症の1例 https://t.co/qIULD9FSLa
J-stageで調べたら、93年11月に開催された日本体育学会第44回大会での報告 【日本体育学会大会号】 横紋筋融解症に対する運動処方 : 血中CK濃度の意義 https://t.co/JGW9tlharQ
RT @kadsho: 今後は外来部門でしょうかね。 米国臨床薬剤師の業務内容に見る日本の薬剤師の可能性 薬剤学 2018 J-STAGE Articles - https://t.co/Qa2XscjwQm
1年経過でオープンになりました 【ファルマシアVol.54 No.5 2018】 家庭薬物語第36回 リバガーゼF https://t.co/IOBOfGTpfG
【薬学雑誌・早期公開】 入院中の患児に対する2種類の服薬補助食品の有用性に関する調査 https://t.co/9o03AgeIwZ
こういう切り口の研究も重要 【薬学雑誌】 熊本地震における災害対策医薬品供給車両(モバイルファーマシー)の貢献と被災者を支援した薬剤師の思いに関する質的解析 https://t.co/EB3Fpciccb
RT @kojima_aponet: @syuichiao89 フルテキストみたけど、市販薬については考慮されていないとなっているから、どうなんだろうと思う。 https://t.co/xRa9w2em8g
@syuichiao89 フルテキストみたけど、市販薬については考慮されていないとなっているから、どうなんだろうと思う。 https://t.co/xRa9w2em8g
【臨床薬理 48(1) p9-14, 2017】 世界初承認医薬品の開発経緯およびリスクの特定状況に関する研究 https://t.co/QtiQSir2Zq 結構あるんだ より安全性情報のチェックが必要 世界で最初の承認国… https://t.co/YJu0G0T7MF
【臨床薬理 48(1) p9-14, 2017】 世界初承認医薬品の開発経緯およびリスクの特定状況に関する研究 https://t.co/QtiQSir2Zq 結構あるんだ より安全性情報のチェックが必要 世界で最初の承認国… https://t.co/YJu0G0T7MF
RT @kojima_aponet: やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Patient…

お気に入り一覧(最新100件)

この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察… https://t.co/t1hegsUxOA
この方とは以前の社会薬学会のポスターでディスカッションさせて頂きました。着眼点が興味深いです。 こういう研究はもっとあっていいと思う。 【大阪経大論集】 チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察… https://t.co/t1hegsUxOA
一中学校区を基本とする日常生活圏域設定の妥当性検討 -地方中核都市における高齢者福祉行政単位と高齢者の行動実態との比較考察- https://t.co/pheEKsBtfW
永井恒司先生はぶれないなあ 【薬剤学 79 (1), 26-30 (2019) 】 私のLifework:専門を侵食された擬薬剤師から脱出し,薬剤師Ethicsを備え世界に恥ずかしくない真の薬剤師への伸展 https://t.co/Zl5rwFE9Uj
松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DKzwKypbWr
松本俊彦先生の教育講演 薬物乱用教室でどのようなメッセージを伝えるか迷う 【児童青年精神医学とその近接領域】 人はなぜ依存症になるのか ─子どもの薬物乱用─ https://t.co/SEFalrRBTO https://t.co/DKzwKypbWr
【国立国会図書館・レファレンス】 https://t.co/lJS3uv4pgd 薬局薬剤師に求められる役割の変遷と現在の議論 (No.820(2019年5月)) https://t.co/sFTpoVYEyG
今後は外来部門でしょうかね。 米国臨床薬剤師の業務内容に見る日本の薬剤師の可能性 薬剤学 2018 J-STAGE Articles - https://t.co/Qa2XscjwQm
これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「199… https://t.co/dMxqw6wsSB
これは興味深いぞ 2018年3月5日収録 後半に医薬分業についての記述が 【医療と社会 28(4)2019】 第4回 「1993(平成5)年薬事法改正他」座談会録 https://t.co/Ym5AJasPjj 第4回「199… https://t.co/dMxqw6wsSB
近畿大の研究 薬局・薬店もしくは薬剤師が関与し救急車が出動したケースを検討し,薬局・薬店における救急対応のニーズに関して検討した。 【日本臨床救急医学会雑誌】 薬局・薬店における救急車要請事例に関する検討 https://t.co/VSscCKBjAS
フェキソフェナジン、ロラタジンは日米ともにパイロットの内服直後の飛行が認められているが、管轄する組織により細部基準が異なる。 【航空医学実験隊報告】 パイロットの花粉症治療における規制 https://t.co/y7JzDGTwzu
@chihayaflu こんなのもあった 滋賀大の博士論文 東アジの医薬分業と連携の章で、韓国の医療保険制度と医薬分業という項がある 論文全般に結構すごい内容 【滋賀大学学術情報リポジトリ】 医薬分業から医薬連携へ : 医… https://t.co/9ZBBe7NSPU
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
つい最近ツイッター上で話題になったテーマについてのLetter 反応が早いな 【日本補完代替医療学会誌】 妊娠中のハトムギ使用について https://t.co/4qYq1p8mDu https://t.co/xshmejGSKC
これはみんな読んでおこう!(頼んだ) J-STAGE Articles - 日本における健康医学情報の探索行動 : 2008年および2013年調査の結果 https://t.co/rnJhRFbzn0
やっと論文化されましたね(英文です) 【Intern Med】 A Retrospective Study on the Epidemiological and Clinical Features of Emergency Pa… https://t.co/75LjSAso13
薬剤師の意識調査と分析を通して健康サポート薬局の推進および効果的運用に向けた情報記録・管理・運用システム設計のための課題を明らかにすることを目的として研究 【デザイン学研究】 医療・健康ライフサポートモデル構築に向けた薬事システ… https://t.co/CYOR9XyAXK
J-stage は調べるといろいろあるな 【膵臓 2017】 我が国で処方可能な各種消化酵素製剤の特長とそれに応じた製剤の使い分け https://t.co/ZkSb3OWXVU
2013年10月の院内・院外・注射処方箋を基に調査・解析 【歯科薬物療法】 歯科における抗菌薬の使用動向─私立歯科大学附属18病院における使用実態調査─ https://t.co/oe5SWvxfOo
処方箋を一般名に統一するとともにGEを原則化することによって政府目標の80%が初めて達成できると考えられる。 【行動経済学 2017】 処方箋のデフォルト変更のジェネリック医薬品選択行動に与える影響:行動経済学からの検討 https://t.co/JAMafBknMb
正論を主張するのはもう永井先生くらいだろうな 【薬剤学 2017年 77 巻 1 号】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/YuypA0plgY
試しにググッたら出てきた インターネット薬局で医薬品の注文を出し、実店舗の薬局で受け取りを行うというモデルも オンライン服薬指導が、特定の医療機関の紹介につながるかもな 【国立国会図書館・レファレンス2014.8】 欧米のイン… https://t.co/BDOKiyA97P
信州大学を去るに当たって: 患者さんに寄り添い,学生時代の夢の実現に向けて 池田修一先生が定年退職されました。特別寄稿文で、HPVワクチン問題のことに言及されています。定年退職後もご健康に留意され、活躍されることを期待しています。 https://t.co/ZA9B4jJuJ2
【日本環境感染学会誌】 鹿児島県医師会災害医療チームによる2016年熊本地震における避難所感染対策支援活動 https://t.co/R2y3P4gQ0V
滋賀県内の159薬局が回答 在庫金額は在庫品目が増えるほど、また門前医療機関からの処方せん応需の集中率が下がるほど増える傾向にあった 【医薬品情報学】 保険薬局における応需処方箋枚数と医薬品在庫の関係https://t.co/SlcPd5RVOI
一包化による待ち時間への影響を調べた研究 大阪の循環器専門病院の門前薬局1施設で行われた 【Biol Pharm Bull】 The Impact of One-Dose Package of Medicines on Pati… https://t.co/3LXuWSifdJ
@yusuke_tsugawa 海外では本来テクニシャンが行う業務を行っているからです。 将来像にはこういう指摘も 【薬剤学 Vol. 75, No. 3 (2015) 139】 日本の薬剤師の将来:国際的な調査活動を基にした検討 https://t.co/E6Fr9UrgCk
自分も薬を慢性的に使用していてその状態を脱することがなかなかできなかったのだけれどもけっこう問題になってるお話。/「点鼻用血管収縮薬による薬剤性鼻閉 33 例の検討」 https://t.co/L8ueV2NDPf
北薬大の報告 院内処方支持が7割というのは衝撃だった 院外処方賛否の評価に関わるラベル分類というのが興味深い 【社会薬学】 国民の院外処方賛否に関する評価の視点─混合研究法を用いて─ https://t.co/DxzxUyE7SV https://t.co/6mH2pEspli
北薬大の報告 院内処方支持が7割というのは衝撃だった 院外処方賛否の評価に関わるラベル分類というのが興味深い 【社会薬学】 国民の院外処方賛否に関する評価の視点─混合研究法を用いて─ https://t.co/DxzxUyE7SV https://t.co/6mH2pEspli
ビタミンB6摂取量が50mg/日以上でレボドパの薬効が減弱する可能性が高くなると考えられた. 【食品衛生学雑誌】 レボドパの薬効に影響を与えるビタミンB6摂取量に関する系統的レビュー https://t.co/C6kby35FQJ
アムロジピン製剤の先発品及び後発品を用い、マグミット錠同時懸濁における各製剤間の配合変化の程度の差異について検討を行った 【医薬品情報学】 酸化マグネシウム製剤とアムロジピンベシル酸塩製剤間における 同時簡易懸濁時に生じる配合変… https://t.co/kd1WcQMYML
興味深い内容です 九州保健福祉大学大学院の博士研究のようです 【法政論叢 2016】 在宅医療を推進するための医療法からの一考察─ 保険薬局ならびに保険薬剤師の現状と問題点─ https://t.co/75gayQBVad https://t.co/0koApZs5vd
興味深い内容です 九州保健福祉大学大学院の博士研究のようです 【法政論叢 2016】 在宅医療を推進するための医療法からの一考察─ 保険薬局ならびに保険薬剤師の現状と問題点─ https://t.co/75gayQBVad https://t.co/0koApZs5vd
芍薬甘草湯内服中に低カリウム血症による心室細動を繰り返した一例 #日本集中治療医学会誌 https://t.co/vqGdTXlq1y
二酸化塩素のガスの放散によるウイルスや細菌の除去を標榜する市販の四社の四製品について,その効果の有無を検証した イメージ先行のビジネスに結び付けられている面も否めない 【日本環境感染学会誌】 身体装着型の二酸化塩素放散製剤の検証 https://t.co/OWdI2sHLde
【薬剤学】 意識の国際化:“日本独特”では世界の薬学・薬剤師にはなり得ない―利己先行から公益先行の薬学・薬剤師への意識改革― https://t.co/TGdD51ncvc
EBM教育についての論文が薬学雑誌に掲載されました(^-^) 現在も様々なトライアルをしているので、継続して発信していく予定です。 https://t.co/HiSajNjMst
【日本老年医学会雑誌】 高齢者高血圧診療ガイドライン2017 https://t.co/9vKihNAj4N (解説) https://t.co/we9k5rXTsE 【朝日新聞】 高齢者の高血圧「終末期は治療中止も 学会が指針 https://t.co/kbjkPqR6fm
【日本老年医学会雑誌】 高齢者高血圧診療ガイドライン2017 https://t.co/9vKihNAj4N (解説) https://t.co/we9k5rXTsE 【朝日新聞】 高齢者の高血圧「終末期は治療中止も 学会が指針 https://t.co/kbjkPqR6fm
一薬局でこれだけの報告ができるのはすごい 【医薬品情報学】 疑義照会の内容からみる薬の専門家としての薬局薬剤師の責務 https://t.co/6iXx6kMCjb https://t.co/kK037klvEc
一薬局でこれだけの報告ができるのはすごい 【医薬品情報学】 疑義照会の内容からみる薬の専門家としての薬局薬剤師の責務 https://t.co/6iXx6kMCjb https://t.co/kK037klvEc
諏訪中央病院東洋医学センターを5年以上通院する患者257名中2名(0.8%)で認めた。いずれも山梔子を含む方剤を長期服薬 【日本東洋医学雑誌】 漢方専門外来の長期間通院患者における特発性腸間膜静脈硬化症罹患者に関する検討 https://t.co/9PTmoRqdUE
OTC販売時に薬剤師等が生活者にアドバイスが役立ったとの実感を与えることが、相談意向に影響を与える 【医薬品情報学】 OTC薬購入時における薬剤師・登録販売者に対する生活者の相談意向に影響を与える要因 -風邪様症状に着目した検討- https://t.co/EiNbz1k7cn
1,890薬局5,447人分の患者データを解析、薬剤師が訪問時に 薬剤使用に伴う副作用を発見した患者割合は14.4%だった 【薬剤疫学】 在宅患者における薬物治療に伴う副作用 ―全国調査からの考察― https://t.co/8uYl4nKAnp
防風通聖散を始めとするオウゴン配合方剤と葛根湯は今後の販売等に適切な改善を期待したい。 【日本東洋医学雑誌】 厚生労働省副作用情報に基づく一般用漢方製剤の副作用の件数と内容の調査 https://t.co/UQO5iF7w7Y
やっぱりね 臨床試験段階では本剤による血圧上昇作用は明らかにはされなかったが JADER を利用した今回の検討では,ミラベグロンにおいて ROR: 7.52(95 %CI: 4.89-11.55)というシグナルを検出 【薬学雑誌】 https://t.co/ocDu4gQCeD
【食品衛生学雑誌】 ワルファリン服用者におけるビタミンK摂取量の許容範囲に関する系統的レビュー https://t.co/yYeJTfAhnd https://t.co/WvkpfBpGoM
【食品衛生学雑誌】 ワルファリン服用者におけるビタミンK摂取量の許容範囲に関する系統的レビュー https://t.co/yYeJTfAhnd https://t.co/WvkpfBpGoM
これは興味深い ケトプロフェンテープのの物理化学的および薬学的特性(pH、剥離力、透湿性、伸縮性)を製品名を挙げて比較。 【Drug Discoveries & Therapeutics】 https://t.co/ws04hPs7hS
薬剤疫学「処方箋データベースを利用した認知症患者に対する向精神薬等の利用実態の調査」 https://t.co/YS9OllyqXu
北里大学病院救命救急センターの報告 約3年の調査期間中に796 件の自殺企図もしくは故意の自傷による搬送があり,そのうちの 367 名が向精神薬の過量服薬による急性薬物中毒であった。 【日本臨床救急医学会雑誌】 https://t.co/xgIo1V81O6

フォロー(544ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(4213ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @matsusakat: パンくんは志村さんを慕っていただろうけど、この映像はインチキです。こちらの論文でも書きましたが、志村どうぶつ園は捏造映像のつぎはぎを多用していました。視聴者を騙すこういうやり方に、志村さんを巻き込まないで欲しかった。 https://t.co/P…
RT @kadsho: #ベプリジル はQT延長と濃度と比例し、また濃度が高い患者で投与量が多いことが示されており、2012年にはTDM対象薬になっています。濃度測定はすべきと思います。 不整脈例におけるベプリジルの至適投与量と血中濃度域 心電図 2011 https://t…
#ベプリジル はQT延長と濃度と比例し、また濃度が高い患者で投与量が多いことが示されており、2012年にはTDM対象薬になっています。濃度測定はすべきと思います。 不整脈例におけるベプリジルの至適投与量と血中濃度域 心電図 20… https://t.co/PHRPZCx6Ah
RT @YukiyaMEDICAL: @dragonandphoeni 半減期≒作用時間を調べてみました。 アタラックス:20.0±4.1時間 ザイザル:7.3±1.0時間 確かに、不眠に対する保険適応がないザイザルの方が睡眠薬としては優秀そうですね。 勉強になりました。…
RT @kuriedits: 長らく市販薬を研究してきた東京薬科大学の渡辺教授の総説。まとまってます。そういえばそうだなと思う部分も多々あります。 - 最近のOTC医薬品とセルフメディケーションに関する社会的な背景と一般消費者の意識 https://t.co/jS9l142I…
RT @kuriedits: 長らく市販薬を研究してきた東京薬科大学の渡辺教授の総説。まとまってます。そういえばそうだなと思う部分も多々あります。 - 最近のOTC医薬品とセルフメディケーションに関する社会的な背景と一般消費者の意識 https://t.co/jS9l142I…
RT @kuriedits: 3つの受診勧奨ケースレポート。それぞれに学びがあります。一読おすすめです。個人的にはケース3が印象的。 患者紹介状を使用した医療機関への受診勧奨とその後のフォローアップ https://t.co/VdlxGSIfv5
RT @NoHateTV: そのとおり。ネトウヨの多くは経済的に安定していて年齢層も社会的地位も高いというのが徳島大学の樋口直人さんの研究等によって明らかになっています
【#キク勉】 化学療法による末梢神経障害(CIPN)の危険因子 ・オキサリプラチン(L-OHP)投与を含むFOLFIRINOX療法(FFX)の履歴 ・女性のセックス J-STAGE Articles - アルブミン懸濁型パクリタキ… https://t.co/9DEZFqctgN
3つの受診勧奨ケースレポート。それぞれに学びがあります。一読おすすめです。個人的にはケース3が印象的。 患者紹介状を使用した医療機関への受診勧奨とその後のフォローアップ https://t.co/VdlxGSIfv5
長らく市販薬を研究してきた東京薬科大学の渡辺教授の総説。まとまってます。そういえばそうだなと思う部分も多々あります。 - 最近のOTC医薬品とセルフメディケーションに関する社会的な背景と一般消費者の意識 https://t.co/jS9l142I5J
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
DI関連の研究って全くしたことがないので、すごい、ということくらいしかわからないのであります。 医薬品情報学の教育と研究の探究 (総説) #YakugakuZasshi #薬学雑誌 https://t.co/wx6Effkw63
RT @manabunoda: J-STAGE Articles - 小児科近隣薬局における完全分離型の感染症待合室,非感染症待合室の有用性評価 https://t.co/Jc14RGgUTP
J-STAGE Articles - 小児科近隣薬局における完全分離型の感染症待合室,非感染症待合室の有用性評価 https://t.co/Jc14RGgUTP
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @_uranus238: ヒラヨシノボリが新種記載されたようです! 驚くことに、石垣&西表の集団と沖縄島以北の集団は別種で、それぞれヤイマヒラヨシノボリ(Rhinogobius yaima)とケンムンヒラヨシノボリ(Rhinogobius yonezawai)の2新種とし…