著者
窪田 愛恵 伊藤 栄次 髙橋 直子 井上 知美 大鳥 徹 小竹 武 西内 辰也 平出 敦
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.6-13, 2019-02-28 (Released:2019-02-28)
参考文献数
13

目的:薬局・薬店もしくは薬剤師が関与し救急車が出動したケースを検討し,薬局・薬店における救急対応のニーズに関して検討した。方法:大阪市消防局の救急活動記録から,薬局・薬店もしくは薬剤師が関与した救急要請のあった事例を抽出して検討した。結果・考察:薬局・薬店が関連した事例は6年間で1,075件であった。救急要請の原因としては,774例が内因性で,全身倦怠感,失神,腹痛,痙攣,呼吸困難が多かった。このうち意識レベルに問題を生じたケースは183例あった。外因性は250件で,転倒に伴う打撲,挫創,骨折が多かった。病院外心停止の事例も10件報告されていた。結論:薬局・薬店では基礎疾患を有して複数の薬剤を常用している高齢者が数多く薬局・薬店を訪れるが,内因性の救急病態とともに,転倒に伴う損傷にも対応できる必要がある。一次救命処置ができる体制も重要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 11 favorites)

J-STAGE Articles - 薬局・薬店における救急車要請事例に関する検討 https://t.co/HYsW3HGZKy 大阪市での事例調査. 参考になります.
薬局・薬店が関連した事例は 6 年間で 1,075 件 救急要請の原因 ✅内因性(全身倦怠感,失神,腹痛,痙攣,呼吸困難など)が774 例 ✅外因性(転倒に伴う打撲,挫創,骨折 など)が250例 ✅病院外心停止の事例も 10 件!! 病院だけでなく、もちろん薬局も救急に必要!
近畿大の研究 薬局・薬店もしくは薬剤師が関与し救急車が出動したケースを検討し,薬局・薬店における救急対応のニーズに関して検討した。 【日本臨床救急医学会雑誌】 薬局・薬店における救急車要請事例に関する検討 https://t.co/VSscCKBjAS

収集済み URL リスト