著者
藤井 康彦 稲葉 頌一 稲田 英一
出版者
一般社団法人 日本集中治療医学会
雑誌
日本集中治療医学会雑誌 (ISSN:13407988)
巻号頁・発行日
vol.19, no.1, pp.27-32, 2012-01-01 (Released:2012-07-10)
参考文献数
18

輸血後移植片対宿主病(graft-versus-host disease, GVHD)は免疫不全の患者にのみ発症すると考えられていたが,原病に免疫不全のない患者でも,human leukocyte antigen(HLA)一方向適合を主要な条件として発症することが明らかになった。日本人はHLAの多様性が少ないため,輸血後GVHD発症のリスクが高い。日本輸血・細胞治療学会は1992年に初めて「輸血によるGVHD予防のための血液に対する放射線照射ガイドライン」を公表し,2010年に4度目の改訂を行った。2000年以降,放射線照射血液製剤による輸血後GVHDの確定症例は確認されなくなった。しかし,2007年と2010年に日本輸血・細胞治療学会が実施した「輸血業務に関する総合アンケート調査」では,放射線未照射製剤を使用した施設が少なからず存在した。放射線照射ガイドラインによる予防対策は効を奏しているが,輸血後GVHDの重篤性や予防の必要性に対する認識が薄れる懸念があり,認識不足による予防の不徹底からの輸血後GVHDの発症は回避されるべきである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

「2000年以降,放射線照射血液製剤による輸血後GVHDの確定症例は確認されなくなった。」 https://t.co/7eX6NN27kL 「輸血後GVHDと確認された症例はありませんでした。」 http://t.co/1hlSZD7tyd 確かに、ちょっと調べれば分かる。
資料: 輸血によるgraft-versus-host disease(GVHD)予防のための血液に対する放射線照射 https://t.co/fWisgFQmfq

収集済み URL リスト