著者
劉 雪琴 金 明哲
出版者
情報知識学会
雑誌
情報知識学会誌 (ISSN:09171436)
巻号頁・発行日
vol.27, no.3, pp.245-260, 2017-09-28 (Released:2017-11-24)
参考文献数
27

近年,テキストから抽出する文体的特徴の変化から筆者の感情や思想,精神状態などの変化を検討する研究が進んでいる.本稿では,脳の大患を経験した宇野浩二という作家の文体変化の時期を計量的アプローチにより分析することを目的とする.宇野浩二は日本の有名な作家であり,1927年に精神病にかかり,約6年間執筆活動を停止していた.1933年に文壇に復帰した宇野浩二の作風は著しく変化したと言われている.しかし,入院する前に発表された「日曜日」は,病後の作品と類似した特徴を示し,宇野浩二の文体は病気休養以前に既に変化し始めていた可能性が示唆されている.本稿では,宇野浩二が入院する直前に発表された作品を分析対象とし,判別分析法を用いて分析を行った.その結果,宇野浩二の文体は入院する前から既に変化し始めていたことがわかった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 18 posts, 16 favorites)

作家、宇野浩二は1927年に精神病にかかり、約6年間執筆活動を停止。1933年に文壇に復帰した宇野浩二の作風は著しく変化したと言われている。しかし、実は宇野浩二の文体は入院する前から既に変化し始めていたのである⇒入院する前に宇野浩… https://t.co/oklmW8J1t4

収集済み URL リスト