著者
田ヶ谷 浩邦
出版者
公益社団法人 日本生体医工学会
雑誌
生体医工学 (ISSN:1347443X)
巻号頁・発行日
vol.46, no.2, pp.169-176, 2008-04-10 (Released:2008-10-06)
参考文献数
55
被引用文献数
4

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (13 users, 13 posts, 0 favorites)

睡眠関連ホルモンの計測https://t.co/eS5g9kkZNS
成長ホルモン(GH)の分泌周期 年齢におけるGHのピーク 2008年の文献だけど とても参考値になったhttps://t.co/X9Zb4wUBDW 入浴後もGH増えるって 初耳でした。 思春期迎えるお子さんの方はぜひ読んでみて! https://t.co/vxTdBCXh4v
成長ホルモン分泌時間。その考えは古い! 成長ホルモンはですね 壊れた細胞,組織の修復をする効能もあって美容に効果的らしいので調べてみたら 睡眠時間によって推移する!だとか。今まで教えられてきた常識が覆ってました
@88888000000 https://t.co/EDv9z46s3v 10年前の論文でも、やっぱり同じ感じだね。
睡眠不足はもちろんのこと夜勤による生体ホルモンの影響のまとめ(PDF公開論文J-stageより) ・睡眠関連ホルモンの計測 https://t.co/soTRtRSQwO ・生体リズムの乱れを調整する3要素(光、食事、メラトニン) https://t.co/TyXLKO3lhU
“睡眠関連ホルモンの計測” https://t.co/v8zssCWF2C
[B!] 睡眠関連ホルモンの計測 https://t.co/zctNJWauN0
2 2 https://t.co/iLmSOyCUsi
@ryuichi_0828 @Yakugakutan ご連絡ありがとうございます。症例報告も立派なエビデンスです。診察もしていないので話半分の仮説ですが、若いほど睡眠リズムが崩れにくいためベルソムラの効果が不十分だったのかもしれませんhttps://t.co/qWaKvhKzQm

収集済み URL リスト