著者
田ヶ谷 浩邦
出版者
公益社団法人 日本生体医工学会
雑誌
生体医工学 (ISSN:1347443X)
巻号頁・発行日
vol.46, no.2, pp.169-176, 2008-04-10 (Released:2008-10-06)
参考文献数
55
被引用文献数
0 or 4

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (7 users, 7 posts, 3 favorites)

睡眠不足はもちろんのこと夜勤による生体ホルモンの影響のまとめ(PDF公開論文J-stageより) ・睡眠関連ホルモンの計測 https://t.co/soTRtRSQwO ・生体リズムの乱れを調整する3要素(光、食事、メラトニン) https://t.co/TyXLKO3lhU
» _pdf https://t.co/cp7BwjUSKi
“睡眠関連ホルモンの計測” https://t.co/v8zssCWF2C
[B!] 睡眠関連ホルモンの計測 https://t.co/zctNJWauN0
2 2 https://t.co/iLmSOyCUsi
@ryuichi_0828 @Yakugakutan ご連絡ありがとうございます。症例報告も立派なエビデンスです。診察もしていないので話半分の仮説ですが、若いほど睡眠リズムが崩れにくいためベルソムラの効果が不十分だったのかもしれませんhttps://t.co/qWaKvhKzQm

収集済み URL リスト