2 1 0 0 OA 生物と接着

著者
松本 恒隆
出版者
一般社団法人 日本生体医工学会
雑誌
BME (ISSN:09137556)
巻号頁・発行日
vol.1, no.4, pp.330-337, 1987-04-10 (Released:2011-09-21)
参考文献数
10

生物として, ハマグリ, 食虫植物, クモ, トビケラ, ムラサキイガイ, ウナギなどの粘接着について述べる. ハマグリの接着における投錨効果, ムラサキイガイの粘着から接着への硬化機構について詳論し, 今後に展開される医用接着剤, 粒子強化複合材料などの開発への指針について示唆を与えた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

貝柱が裏からこすると取れる話('、3_ヽ)_ https://t.co/WKQ3lQzd7t
@nekonopen 「貝殻の凹部に存在するコラーゲン繊維は,なお機械的に凹部にくい込んでいるので, その部分は剥がれずにいる.これを裏からこすると,振動によってすりぬけて剥離する」松本 恒隆『生物と接着』https://t.co/Jn8wSuOcV0

収集済み URL リスト