著者
北島 万裕子 加悦 美恵 飯野 矢住代
出版者
日本看護技術学会
雑誌
日本看護技術学会誌 (ISSN:13495429)
巻号頁・発行日
vol.11, no.2, pp.48-54, 2012-08-20 (Released:2016-07-08)
参考文献数
7

本研究の目的は,マスクを着用して発せられる看護師の声が,患者にどのような音として伝わっているかについて,マスク着用時と非着用時で比較し検討することである.対象は女子看護学生12名で,看護師役11名,患者役1名に振り分けた.方法は,検温場面を想定して看護師役の発する音声を録音し,音声分析ソフトPraatを用いて声質と音圧レベルを測定した.患者役には聞き取りやすさ等を調査した.結果,検温の測定内容について患者に話しかける場面ではマスク着用で声質に違いは認められなかったが,体温を測定する動作を伴いながら患者に脈拍数を伝える場面では,マスク着用時のほうがしわがれ声,かすれ声といった聞き取りにくい音声となっていた (p=0.076).6,000~8,000Hzの高音域では7名以上 (63%以上) がマスク非着用時の音圧レベルが高く声が大きくなっていた.患者役は,マスク着用時に「声がこもっている」「声が小さくなった」と感じていた. 以上より,マスク着用時の看護師の音声は,他の動作を伴う際や高音域で話す際に聴こえにくい可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

「マスク着用時の看護師の音声は,他の動作を伴う際や高音域で話す際に聴こえにくい可能性が示唆された」 研究報告 マスクを着用した看護師の声は患者にどのような音として聞こえているのか 北島 万裕子, 加悦 美恵, 飯野 矢住代 https://t.co/zSXu6gGlor #保育士試験 #実技試験 #マスク着用
日本語は言語として周波数が低いのもあって、マスク越しの会話がしやすいのはありそう。 https://t.co/IDYou0IDaa

収集済み URL リスト