著者
野﨑 園子
出版者
一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会
雑誌
日本静脈経腸栄養学会雑誌 (ISSN:21890161)
巻号頁・発行日
vol.31, no.2, pp.699-704, 2016 (Released:2016-04-26)
参考文献数
12
被引用文献数
2

服薬困難の実態と薬剤性嚥下障害について、調査研究をもとに述べた。服薬困難は普通食を食べている軽症者でも、服薬が自立しているものでも見られた。事前の嚥下スクリーニングテストで服薬困難を予測できる可能性が示唆された。口腔内・咽頭内残薬はどの剤形でもみられ、ほとんどの患者は残薬を自覚しておらず、不顕性誤嚥につながる可能性がある。これらの残薬については薬剤の付着性が関与が疑われた。薬剤性嚥下障害の原因は、非定型抗精神病薬の常用量のリスペリドンが高頻度でみられた。服薬開始後嚥下障害出現まではほとんどが1週間以内、また、服薬中止から嚥下障害回復までは2週間以内であった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 20 favorites)

嚥下障害の原因となりやすい薬剤を、実際の薬剤の画像と合わせて紹介します。 参考文献https://t.co/nCH9xeSzok ※紹介した薬剤の効果を否定するものではありません。あくまで嚥下障害を起こす可能性があるという注意喚起として受け取っていただければと思います。 https://t.co/Yq8tYSq5Ze
@ptmotoyoshi @siosiojunjun 参考にした文献を貼り付けますので、もしご興味があれば一読下さい。 https://t.co/nCH9xeSzok

収集済み URL リスト