リハ科医みのる@口腔ケア×誤嚥性肺炎 (@Aspiration_p)

投稿一覧(最新100件)

参考文献 https://t.co/zay0wlemXD とろみ剤、服薬ゼリーが錠剤の崩壊性に及ぼす影響 https://t.co/0EpBz43P0H らくらく服薬ゼリー https://t.co/iVrrp6nz3A
相関係数は機械と機械の圧力の相関なので、人間の舌圧との相関は不明ですが、それほど大きくはずれないのではないかと予想します。 引用元は下の抄録の一般演題3「舌圧測定器を用いた「舌でつぶせる」食品物性の検討」をご参照下さい↓ https://t.co/c28ZnirmR3
非経口摂取高齢入院患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」 https://t.co/Ygv2w7c7Xk 水を使用した従来の口腔衛生管理では肺炎起炎菌を含む洗浄水を誤嚥させる危険性が高い。経管栄養患者の場合,洗浄水を誤嚥する危険性はさらに高くなる。 口腔ケアによる肺炎リスクにも注意が必要です https://t.co/zaQaFdMun3
地域在住高齢者における睡眠の質と嚥下呼吸機能との関連 https://t.co/xqtA555USY 高齢者400名を対象に嚥下障害と睡眠の質に関するインターネットアンケートを実施 結果:高齢者において睡眠の質と嚥下機能の関連性が示された 嚥下機能の低下→就寝中の誤嚥↑→咳嗽↑→睡眠の質低下の機序のようです
睡眠中の嚥下回数 https://t.co/m6ZwW3QHQM 睡眠中の平均嚥下回数/1時間は2.4回 嚥下の頻度は睡眠stageに関係しており,睡眠が深くなるに従い嚥下の頻度が低くなっていた.また睡眠中に嚥下が行われない最長時間は平均 68.8分であった(下図) 日中の平均が23.5回なので、睡眠中はかなり少ないですね https://t.co/49tWiZQaWN
摂食嚥下の流れは従来は準備期→口腔期と段階的な流れとされていましたが、最近は準備期と口腔期の流れにプロセスモデル(下図)を採用した説明が増えてきました。 https://t.co/bQIIz4TUpe 咀嚼→嚥下までの過程で、舌はとても複雑な運動を担当しています。最近舌圧が注目されているのも納得ですね☝️ https://t.co/gqMpwu5O7p
オーラルフレイルと食事の満足感の関連 https://t.co/uBX9bvZ1Ko 対象者940名 残存歯数20本以上/未満の間で食事の満足感に有意差は認められなかった オーラルフレイル(下図参照)該当者(全体の8.4%)は,非該当者に比べて食事を「とてもおいしい,おいしい」と回答した者(OR 0.49)が有意に少なかった. https://t.co/pNWWFZYTeb
100㎖水飲みテストによる嚥下障害スクリーニングの精度(2020年) https://t.co/JaSt7ZoAw8 EAT-10(カットオフ3点)と100㎖ 水飲みテストのムセの兆候と嚥下時間(カットオフ10/11秒)を組み合わせた嚥下スクリーニングの感度と特異度は74%,61%と良好であった. 対象者は自立度の高い高齢者だったようです
RT @HideWakabayashi: 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌に執筆した「リハビリテーション栄養の視点で考える誤嚥性肺炎予防」という原稿が公開されました。PDFで読めます。リハ栄養の実践で医原性サルコペニアやサルコペニアの摂食嚥下障害を予防することが、誤嚥性肺…
とろみ調整食品が速崩壊性錠剤の崩壊,溶出,薬効に及ぼす影響 https://t.co/zay0wkWM65 とろみ剤、服薬ゼリーが錠剤の崩壊性に及ぼす影響 https://t.co/0EpBz3Me99 らくらく服薬ゼリー https://t.co/iVrrp65Yc2 とろみ剤の薬剤への影響が気になる方は自己判断せず,主治医または薬剤師へご相談下さい
睡眠中の嚥下回数 https://t.co/1CY9iXyIoF 睡眠中の平均嚥下回数/1時間は2.4回 嚥下の頻度は睡眠stageに関係しており,睡眠が深くなるに従い嚥下の頻度が低くなっていた.また睡眠中に嚥下が行われない最長時間は平均68.8分であった(下図) 日中の平均が23.5回なので、睡眠中はかなり少ないですね
嚥下前後の呼吸コントロールが飲み込みやすさに与える影響 https://t.co/fWdoMOOJ5U 自由嚥下および指示嚥下前後の4つの呼吸位相パターンで主観的飲み込みやすさを比較検討した 吸-呼の筋活動量が呼-呼と比較して高値(効率悪い) を示し,嚥下前が呼気であると飲み込みやすいと感じる傾向にあった。
誤嚥性肺炎の予防と治療 ─PEG は誤嚥性肺炎を予防できるか─ https://t.co/DMR3UIKK2G 2012年の文献ですが日本語なので読みやすいと思います。 (一部抜粋)食事を摂っていなくとも,口腔ケア,嚥下リハビリテー ションを行い,胃腸の蠕動運動の改善,胃食道逆流の予防などを行うことが大切である.
皮膚筋炎において嚥下障害に関連する自己抗体 https://t.co/ME5JjVPuRN 皮膚筋炎患者のうち嚥下障害あり(13例)と嚥下障害無し(79例)のうち以下の抗体について解析 抗ARS抗体,抗Mi-2抗体,抗SRP抗体,抗MDA-5抗体,抗TIF-1γ抗体,抗U1-RNP抗体,および抗 SS-A 抗体の陽性率は抗TIF-1γ抗体のみ有意差を認めた
胃瘻バッシングの結果、起きたこと https://t.co/JQckegkLqq 2016年の文献ですが、興味のある方は一読下さい。 胃瘻は悪ではありません https://t.co/jGsiuqLTKb

13 0 0 0 OA 摂食嚥下障害

嚥下に関わる男女差について https://t.co/yKZrJXnfxp 65 歳以上人口あたりの肺炎死は男性は女性の約 1.7 倍、気道閉塞死は男性が女性の約 1.3 倍多い 原因としては男性の方が喉頭下垂しやすく(喉頭挙上距離延長),舌圧の低下が女性より早く起こり,慢性呼吸器疾患の合併が多い事などが影響しています
非経口摂取高齢患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」 https://t.co/mQZEIL4RLU… 水を使用した従来の口腔衛生管理では肺炎起炎菌を含む洗浄水を誤嚥させる危険性があります.経管栄養患者の場合,洗浄水を誤嚥する危険性はさらに高くなります 口腔ケアによる肺炎リスクにも注意が必要です
咀嚼回数で飲み込み直前(L期),L期の中間(M期),L期より20%多く咀嚼(+20%)した段階における食塊の物性を餅,ピーナッツ(P),ビスケット(HB)で比較 https://t.co/W6YNdKx7ep ✅餅は硬さと粘着性が減った段階で嚥下 ✅PとHBは粘着性が最も高い段階で嚥下されていた 粘着性が高くても嚥下反射は起こる…

6 0 0 0 OA Zenker 憩室

Zenker憩室(咽頭食道憩室) https://t.co/EYYaglYFJm Zenker憩室は食道入口部の脆弱部であるKillian三角部(下咽頭後壁の下咽頭収縮筋と臨場咽頭筋の間)に形成される憩室であり,嚥下障害をきたす疾患です.非常に稀な疾患ですが,進行性に増大することもあり,頭の隅に入れておいてもいいかも知れません
睡眠中の嚥下回数 https://t.co/1CY9iXQjNf 睡眠中の平均嚥下回数/1時間は2.4回 嚥下の頻度は睡眠stageに関係しており,睡眠が深くなるに従い嚥下の頻度が低くなっていた.また睡眠中に嚥下が行われない最長時間は平均 68.8分であった(下図) 日中の平均が23.5回なので、睡眠中はかなり少ないですね https://t.co/qoETHkWe3S
誤嚥性肺炎患者の唾液分泌量と日内リズム https://t.co/mND6dv9sRl ✅誤嚥性肺炎患者は非誤嚥性肺炎患者に比べ唾液分泌量が少なかった 不顕性誤嚥の原因となる唾液の分泌が少ない方が良さそうですが,唾液による口腔内細菌の殺菌効果が低下して口腔環境が悪化するデメリットの方が大きいようです☝️
努力性に飴を舐める機能の定量評価 https://t.co/B9y0g5SKPR 健常若年者,健常高齢者,通所高齢者で飴(チュッパチャプス)を5分間全力で舐めるよう指示し,飴の重量減少(努力性に飴を舐める機能)を測定した.すべての対象群で努力性に飴を舐める機能は最大舌圧と正の相関がありました 全力で舐めてもOK
飴を舐める機能の定量評価(日本語の文献) https://t.co/s7jNUhf7jA 舌圧測定に興味があるが,舌圧測定器を購入するのは難しい場合も多いと思います.上の文献では飴(チュッパチャプス)を舐める機能(5分間に飴を舐めて減った重量)と舌圧の関係を検討し,有意な相関を認めたとのことです.面白いですね
摂食嚥下の流れは従来は摂食嚥下の5期モデル(先行期-準備期-口腔期-咽頭期-食道)で表されていましたが、最近は準備期と口腔期の流れにプロセスモデル(下図)を採用した説明が増えてきました。 https://t.co/bQIIz4TUpe 摂食嚥下において咀嚼や舌の動きはとても重要であり、歯科との連携は必須ですね
摂食嚥下障害を有する急性期病院入院患者における有床義歯の使用状況 https://t.co/YerkiqejGH 嚥下障害を有する急性期病院入院患者627名を対象 義歯装着が必要と判断された患者のうち,実際に義歯を使用している患者は25% 摂食嚥下障害が重度の患者ほど義歯を装着していない傾向にあったようです
健常者における舐め訓練による口腔機能向上に関する効果の検証 https://t.co/sIjgItiOts 舌圧を鍛える訓練は単調で飽きやすい傾向がありますが、飴を舐める動作だけで舌圧が鍛えられたようです 翔さん@sho20yurieも訓練で飴を使っているようです
@sho20yurie ちょうど明日こういう文献を紹介する予定でした↓ https://t.co/sIjgIt1d4S
非経口摂取高齢入院患者に対する「水を使わない口腔ケアシステム」 https://t.co/Ygv2w7c7Xk 水を使用した従来の口腔衛生管理では肺炎起炎菌を含む洗浄水を誤嚥させる危険性が高い。経管栄養患者の場合,洗浄水を誤嚥する危険性はさらに高くなる。 口腔ケアによる肺炎リスクにも注意が必要です https://t.co/cS1i7nYdit
肺炎の都道府県別年齢調整死亡率と人口10万人当たりの医師数,歯科医師数,看護師数,准看護師数との相関を調べた結果,相関があったのは准看護師数のみであった。 あくまで個人的な予想ですが,経管栄養/食事介助/口腔ケアを行うマンパワーが関係しているかもしれませんね https://t.co/jLMkt01NaO

13 0 0 0 OA 摂食嚥下障害

嚥下に関わる男女差について↓(日本語の文献です) https://t.co/RixL65ab2N 男性の方が女性に比べ、誤嚥性肺炎や窒息による死亡が多い。 原因としては男性の方が喉頭下垂しやすく、女性に比べ会話量が少ない(女性の方がおしゃべり好き)、慢性呼吸器疾患の合併が多い事などが影響しています。 https://t.co/gxKStw5IGp
今日は「#口腔ケアの日」です。 マウスウォッシュについての文献2本紹介 https://t.co/SmzNhTCR2v https://t.co/t5WZDKn3gs 使用率:日本33%,米国63% 有効成分によって大きく5つに分けられる(下図) マウスウォッシュだけでは効果は低いので、ブラッシングもしっかり行いましょうね https://t.co/jDZilwIE68
今日は「#口腔ケアの日」です。 マウスウォッシュについての文献2本紹介 https://t.co/SmzNhTCR2v https://t.co/t5WZDKn3gs 使用率:日本33%,米国63% 有効成分によって大きく5つに分けられる(下図) マウスウォッシュだけでは効果は低いので、ブラッシングもしっかり行いましょうね https://t.co/jDZilwIE68
48時間連続論文紹介まとめ2 2日目に紹介した文献25本の中で,関心度の高かった上位3つ 高齢者肺炎患者に対するMASAの有用性の検討 https://t.co/0Kl1gNA5f9 高齢者における問診表EAT-10を用いた嚥下障害の有病率 https://t.co/sSPiLFJ8jx 食塊形成能と誤嚥性肺炎発症率 https://t.co/O42KZxkjjO https://t.co/i9T2Eq4l2L
完全側臥位法の有用性 従来の誤嚥予防対策では安全な経口摂取は困難な重度嚥下機能障害(兵頭スコア8.16±2.0点)と診断された65歳以上の高齢者47 例に完全側臥位法を導入した 完全側臥位法導入後、経口栄養での退院が有意に増加 (26.5→53.2%)した #48時間連続論文紹介 https://t.co/CLEKHi6Pv0
高齢者肺炎患者に対するMASA(下図)の有用性の検討 経口摂取のカットオフ値(95% の症例が経口摂取可能)は113点 肺炎再発のカットオフ値(82%の症例が 30 日以内に肺炎再発を認めなかった)139点 入院時のMASAスコア(169点以下)が肺炎再発の予測因子になると考えられた https://t.co/0Kl1gNA5f9 https://t.co/gwXoZvLl5H
嚥下時舌圧測定の有用性 嚥下時舌圧の測定は ①嚥下時舌運動機能の低下を検出する ②嚥下障害に対するリハビリテーション手技の舌運動への効果を検証する ③嚥下困難者用食品の開発に生体計測データを提供する という3つの大きな可能性をもつ #48時間連続論文紹介 https://t.co/zEV6H4J8TI https://t.co/RDnNNKoodD
サルコペニアの摂食嚥下障害とは、全身および 摂食嚥下に関与する骨格筋の筋力・筋肉量・機能の低下に 伴う摂食嚥下機能低下のことを指します。低栄養に対しては栄養管理、オーラルフレイルに対しては口腔ケア、口腔内治療、義歯調整が推奨されています #48時間連続論文紹介 https://t.co/d30ETeEDTL
回復期脳血管障害経管栄養例の誤嚥性肺炎の発症要因 脳血管障害経管栄養患者158例を対象として誤嚥性肺炎の発生率と発症要因を検討した 対象の13.9%に誤嚥性肺炎を発症し,リスク要因として脳幹・小脳病変,重症の嚥下障害,男性,高齢者が重要であった #48時間連続論文紹介 https://t.co/VQoyLdnLA9
脳梗塞既往高血圧症の高齢者468名を対象とした2年間の試験で,肺炎発症率はACE阻害剤で7%,他の降圧剤で18% 1350名の脳梗塞患者の3年間の試験ではACE 阻害剤430名,Ca 拮抗薬409名,利尿剤351名,降圧剤未使用160名の肺炎発症率は2.8%,8.8%,8.3%,8.8% #48時間連続論文紹介 https://t.co/zbxoPDAXP9
高齢者の市中肺炎例において絶食が摂食嚥下機能に及ぼす影響 75歳以上の肺炎で退院時に嚥下障害が残存した群と非残存群を比較した 入院後の絶食食数は嚥下障害残存群で6.7食、非残存群で1.1食であった。絶食が嚥下障害を引き起こす可能性が示された #48時間連続論文紹介 https://t.co/5IQ65FAQzm
回復期リハビリテーション病棟に入棟した高齢脳卒中患者における誤嚥性肺炎 誤嚥性肺炎の危険因子として、男性,入院時低栄養,入院時経管栄養の有無があげられた。誤嚥性肺炎は脳卒中後の摂食状況および日常生活動作の回復に関連することが示唆された #48時間連続論文紹介 https://t.co/3nxh8Bvb4x
摂食嚥下障害に対する電気刺激療法 摂食嚥下障害に対して行われる筋力強化を目的とした電気刺激療法は,舌骨喉頭複合体をターゲッ トとした表面刺激が最も知られている(下図) 中枢強化を目的とした咽頭粘膜電気刺激療法も効果があるという報告あり #48時間連続論文紹介 https://t.co/aYweOU0cFS https://t.co/nWhYOcEYo8
新手法の嚥下リハ(嚥下内視鏡を全例に行い食形態/姿勢の決定、慢性唾液誤嚥対策、原則2000kcal目標)を受けた群291人と,対照群460人を比較 嚥下障害患者の割合は新手法群で多かったが、新手法群と対象群の肺炎発症者は1.7%vs2.8%であった(有意差あり) #48時間連続論文紹介 https://t.co/3x5rjGD7Nq
嚥下障害に対する鍼治療 嚥下障害を改善させる方法の1つとして鍼灸治療の有用性は海外では報告されているが,日本では広く認識されるに至っていない 嚥下障害に有効な経穴として,廉泉(CV23),風府(GV16),陽陵泉(GB34),太渓 (K13),足三里(ST36)がある #48時間連続論文紹介 https://t.co/WfXc51jC6H https://t.co/6OMvKO3MtF
嚥性肺炎の原因菌として嫌気性菌が多いとされているが、その多くは1970年台の報告に基づいている 本研究の誤嚥性肺炎における最も検出割合が高かったのは口腔レンサ球菌31.0%であり、インフルエンザ菌16.7%、肺炎球菌11.9%、嫌気性菌は6.0%であった #48時間連続論文紹介 https://t.co/DRmOd6N5Q4
70 歳以上の高齢者の誤嚥性肺炎に関する総入院費の推計値(平成23年のデータ) この文献によると、全国における1日の誤嚥性肺炎による入院患者は19910人/日、年間の医療費は4450億円と推計されています。現在ではより多くの患者数、医療費が予想されます #48時間連続論文紹介 https://t.co/gN0DQCn29h
高齢者における 歯数と誤嚥性肺炎による医科受診との関連 現在歯数と誤嚥性肺炎の割合、残歯(20-32)が0.08%、残歯(10-19)が0.18%、残歯(1-9)が0.25%であった。現在歯数の少ない者ほど、欠損歯の多い者ほど誤嚥性肺炎の治療を受けていました #48時間連続論文紹介 https://t.co/zo3XQKblyq
兵頭スコアを用いた嚥下機能評価と誤嚥の予測因子 嚥下内視鏡検査を用いた評価スケールに兵頭スコア(下図参照)がありますが、誤嚥の予測因子としての検討を行った結果、兵頭スコアによる誤嚥の有無のカットオフは6点で感度0.863、特異度0.654でした。 #48時間連続論文紹介 https://t.co/nDXRw0eksb https://t.co/hCPlWWQ59C
嚥下障害の原因となりやすい薬剤を、実際の薬剤の画像と合わせて紹介します。 参考文献https://t.co/nCH9xeSzok ※紹介した薬剤の効果を否定するものではありません。あくまで嚥下障害を起こす可能性があるという注意喚起として受け取っていただければと思います。 https://t.co/Yq8tYSq5Ze
@ptmotoyoshi @siosiojunjun 参考にした文献を貼り付けますので、もしご興味があれば一読下さい。 https://t.co/nCH9xeSzok

お気に入り一覧(最新100件)

母校の現在学科長の春原先生 他の先生も執筆されている論文を発見!! 慢性期失語症患者に対する短期集中的リハビリテーションの効果 https://t.co/Yo1EJxU99G 論文にもある通り、評価に基づいた集中的な介入によって機能改善を感じているので励みになります。
中川 良尚先生 小嶋 知幸先生 慢性期の失語症訓練 https://t.co/guOqheoQnB
昨日の専門講座を受けてから慢性期の言語療法に関しての論文を読んでいるのですが、綿森先生の論文が印象に残ったので老健でのSTの役割が分からないって方に見て欲しいです。 https://t.co/FecKUp33wY
@4lSfKbZ9O4Cc4HT @Aspiration_p フォロー外から失礼します。 神津玲先生が脊髄小脳変性症患者を対象に体位と唾液誤嚥の関連性を調査した文献がございます。 https://t.co/uqfMcYWSTU 私見ですが、90度側臥位より、思い切って前傾側臥位にしたほうが患者さんも楽だったりします。ご参考までに。
再度 COPDと嚥下障害の関係性について井上先生を含む先生方執筆された論文があるので一緒に読んで欲しいです。 慢性閉塞性肺疾患症例における呼吸機能と嚥下機能の関連 https://t.co/Pq6mDYIX85
ご紹介した論文は井上登太先生も執筆されており、先生の論文はどの領域に通ずるものがあり、併せて読んで貰えたらと思います。 呼吸ケア,リハビリテーションの技術と知識を生かした誤嚥性肺炎への対処方法 https://t.co/73y2dGRbuc
訓練方法に関しては 伊藤先生 https://t.co/vu5kGjnUox 小嶋先生、佐藤先生、加藤先生 https://t.co/aCSWY3060S
訓練方法に関しては 伊藤先生 https://t.co/vu5kGjnUox 小嶋先生、佐藤先生、加藤先生 https://t.co/aCSWY3060S
書かれています。 他にも書きながら小嶋先生や紺野先生と杉下先生の論文も思い出したので苦手だなと思う方は一読してみては如何でしょうか? 小嶋 先生 https://t.co/X1mj63HRcT 紺野先生と杉下先生 https://t.co/Gn91P5etqA
書かれています。 他にも書きながら小嶋先生や紺野先生と杉下先生の論文も思い出したので苦手だなと思う方は一読してみては如何でしょうか? 小嶋 先生 https://t.co/X1mj63HRcT 紺野先生と杉下先生 https://t.co/Gn91P5etqA
発語失行を持つ失語症の方とのリハビリについて発信しているからなのか発語失行に関してご相談頂きます。学校で習っていても訓練内容に悩む方も多いので、発語失行を知って頂く機会になればと思いました。綿森先生の論文をご紹介します。 https://t.co/PvGPTsMISU 発語失行とはの概念から→
https://t.co/H7WfyriCiw この表を見て計算してました。 何度やっても苦手な電解質計算_φ(・_・ https://t.co/3eb7XJHgv8
@Aspiration_p 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会(2017年2月,岡山) 「とろみ剤と薬剤間に起こる性状変化の検討」 熊木良太,倉田なおみ,原田努,中村明弘 と、 https://t.co/W8CaRHX6Yd で知って以降、薬局薬剤師の立場からこの点に留意した服薬指導を行なっております。 しかし、なかなか理解が得られず……
苅安誠先生の総説でも、舌などの力forceは構音と嚥下時は最大能力に比べて10〜20%、30〜40%と述べられている。この引用先の原著にもう一度当たってみようかな(たしか15、17しか読めなかった記憶)。 https://t.co/0xEuQLHBxp
症例報告が無事、掲載されました◎ 慢性経過の熱や咳、繰り返す肺炎、画像所見から結核などを疑ったのですが・・・ なんと脳幹出血に伴う不顕性誤嚥による、DAB(びまん性嚥下性細気管支炎)でした。 あな恐ろしや。 内科医として、とても教訓的でした。 https://t.co/ebSd7eCZd9
ラミプリル関連の咳は7.1%。 https://t.co/qQKszNFFxQ 他のACE-Iの咳の頻度はだいたい12〜28%です。参考程度ですが…。 https://t.co/ZeGT0yaHgp ちなみに治療開始5日以内の咳は治療中止後に全例停止。6〜10日以内の場合,18.4%が中止後も治まらなかったようです。(だいたい休薬から2〜20日) https://t.co/DKJJXXwDXZ
@megikaya 2003年のは3種の降圧薬とスタチン,葉酸,アスピリンの合剤で理論上だったのでしょうが,流石に4剤以上になってきたら,投与する勇気はないですね。(基本的に合剤は苦手です) https://t.co/AqcW16LE7M
症例報告が掲載されました◎ タグリッソが ①扁平上皮癌に有効であったこと ②リチャレンジでも有効であったこと をようやく世に出すことができて、安堵しています。 https://t.co/Tegpt0BujH
【嚥下障害における倫理の問題】 嚥下障害に関わる倫理のポイントについて、藤島先生による解説です。 ①本人に意思決定能力はあるか? ②「死んでもいいから食べたい」は本心か? ③倫理的価値はどこにあるか? ④経口摂取は最善の利益にかなうか? ⑤家族の判断は適切か? https://t.co/j7JhETOp6H
地域在住高齢者における睡眠の質と嚥下呼吸機能との関連 https://t.co/xqtA555USY 高齢者400名を対象に嚥下障害と睡眠の質に関するインターネットアンケートを実施 結果:高齢者において睡眠の質と嚥下機能の関連性が示された 嚥下機能の低下→就寝中の誤嚥↑→咳嗽↑→睡眠の質低下の機序のようです
オーラルフレイルと食事の満足感の関連 https://t.co/uBX9bvZ1Ko 対象者940名 残存歯数20本以上/未満の間で食事の満足感に有意差は認められなかった オーラルフレイル(下図参照)該当者(全体の8.4%)は,非該当者に比べて食事を「とてもおいしい,おいしい」と回答した者(OR 0.49)が有意に少なかった. https://t.co/pNWWFZYTeb
オーラルフレイルと食事の満足感の関連:地域在住高齢者による横断検討(柏スタディ)という論文です。 オーラルフレイル該当者8.4%は,非該当者に比べて食事を「とてもおいしい,おいしい」と回答した者(OR 0.49,95%CI 0.29~0.83)が有意に少ない結果でした。 https://t.co/OjYaHZgd91
誤嚥性肺炎患者に対するチーム医療による早期経口摂取が 在院日数と退院時経口摂取に及ぼす影響という、小山珠美さんの論文が公開されました。急性期医療でのチーム医療による早期経口摂取開始は、在院日数を短縮し退院時経口摂取率を高める可能性が示唆されたという結論です https://t.co/sYT1PFpemR
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌に執筆した「リハビリテーション栄養の視点で考える誤嚥性肺炎予防」という原稿が公開されました。PDFで読めます。リハ栄養の実践で医原性サルコペニアやサルコペニアの摂食嚥下障害を予防することが、誤嚥性肺炎予防につながります。 https://t.co/8U0tpC3mS3
【経管チューブを使った蕎麦啜り様訓練】 経管チューブの一端を塞いで、ストローのように啜る訓練法。シャキアexと同等の舌骨上筋群の筋活動を示す一方、胸鎖乳突筋の筋活動は空嚥下と有意差なかった。 https://t.co/M6o7JoVTdB 顎下部が筋肉痛になるくらい効きます。認知症の患者でも導入できます。
スピリチュアルペインの3つの喪失についてどこに書いてあったのかわからなくなったので調べましたが元ネタはこれじゃなかった気もする。もっといいものがあれば教えて下さい。 https://t.co/M3E9Cbhvyq

13 0 0 0 OA 摂食嚥下障害

嚥下に関わる男女差について https://t.co/yKZrJXnfxp 65 歳以上人口あたりの肺炎死は男性は女性の約 1.7 倍、気道閉塞死は男性が女性の約 1.3 倍多い 原因としては男性の方が喉頭下垂しやすく(喉頭挙上距離延長),舌圧の低下が女性より早く起こり,慢性呼吸器疾患の合併が多い事などが影響しています
理学療法士としてはこういう研究をどんどんやっていくと良いと思います。日本語ですが座位での前腕のポジションで嚥下への影響をみた研究もあります。 https://t.co/nci3PS2ef9 https://t.co/qnJKAtPTd8
術後認知機能障害なんてのもある。 知らんかった。 https://t.co/oosoNV6O3t https://t.co/pnwqPvZXns
Anticholinergic and Sedative Drug Burden and Functional Recovery after Cerebrovascular Accident: A Retrospective Descriptive Study. Anticholinergics and sedatives were associated with the time to recovery of ADL and postural balance. 日本のリハ薬剤研究です https://t.co/Au6eZlNHt0
最長発声持続時間(MPT) 自己排痰可能群10名、自己排痰不可能群10名の検討 可能群のMPT8.8秒に対し、不可能群3.3秒という結果。 話変わりますが、声門閉鎖に加え、橋や小脳疾患の方は呼気筋群の低下が多い印象。咳嗽による胸腔内圧や気道内圧が高められなさそう。 https://t.co/vziyydjsmy
「高次脳機能研究」に掲載いただいた我々の論文が、フリーダウンロード出来るようになりました。 興味のある方は、もしよければご一読ください

フォロー(4308ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @a_fuji_1122: No7:脳卒中急性期から始める早期経口摂取獲得を目指した 摂食・嚥下リハビリテーションプログラムの効果 急性期では口腔機能の温存や摂食の開始時期が話題になります。ちょっと古い論文ですが、症例数も多くて意思決定の参考になると思います。 https…
@kawaiiakarichan もしよければ… https://t.co/6b3oRdptho
RT @Kekimura: オバ、、、、じゃなくてベテランナースになるほど呼吸数を記録しなくなるようです。 カルテに呼吸数の記録がなかったら、その病院での研修は辞めた方が良いとある本に書かれていた(エビデンスレベル未確定)ので、是非呼吸数を記録しましょう。 https://t…
No7:脳卒中急性期から始める早期経口摂取獲得を目指した 摂食・嚥下リハビリテーションプログラムの効果 急性期では口腔機能の温存や摂食の開始時期が話題になります。ちょっと古い論文ですが、症例数も多くて意思決定の参考になると思います。 https://t.co/AYlYbh80lG
Ramus の臭覚障害はもうすぐ丸2年 : - - - 当帰芍薬散には、嗅球内神経成長因子の増加作用があり嗅上皮再生の促進に有効との説があり、飲み続けています。 最近1ヶ月、ニンニクの香りがわかるようになってきました。常に、鼻の奥に伊達巻の匂いがこもっている感覚があります。 https://t.co/1gFtE3sW9W https://t.co/PTtvlFgYpz
No6.回復期リハビリテーション病棟の脳損傷患者における嚥下障害の機能予後 回復期リハ病棟で在宅復帰のキーポイントになるのが、嚥下と排泄介助、移動かなって思っています。MMSEやRCPMなども組み合わせて、現場的にも判断材料の1つになりそうです。 https://t.co/waIvEswWrO
RT @koji_yama_st: @Ka2445 なるほど。学術的には間違いなくタイプ分類は必要ですよね!ブローカとウェルニッケくらいはっきりしていれば良いんですけどね
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
@Ka2445 なるほど。学術的には間違いなくタイプ分類は必要ですよね!ブローカとウェルニッケくらいはっきりしていれば良いんですけどね
RT @naturalair_STM: 「多環ムスク化合物の下水処理場における動態と環境負荷量の推定」熊本大学 合成香料は脂溶性が高く、生体内で高濃度で濃縮される。 下水処理場に流入する合成ムスクの内、約60%が除去されず、放流水及び下水汚泥として環境へ放出されることが判明。…
RT @ykamit: @eizaburodoi 学部卒でNHKに入られたそうです。坂井研で長尾先生の一つ上、堂下先生の同期(?)。なので京大大学院では研究してなくて論文博士だと思います。↓よると画像圧縮・符号化の研究で学位を取られてようです(量子化の粒度を変えて線形補間って脳…
RT @huuchi: 声帯麻痺後のTension Imbalanceによる嗄声に対し音声治療が奏効した2症例 https://t.co/4o6NuL0sMP ※Tension Imbalance=左右声帯のテンション不均衡 “Flow phonation を主体とした音声治…
RT @huuchi: 一側性声帯麻痺に対する音声機能改善術後の音声治療 https://t.co/P139QrNg5c “声門閉鎖訓練として、以前はプッシング法がよく用いられていたが、仮声帯の収縮を引き起しやすいため、単独では行わず、あくび・ため息法やアクセント法などのリラク…
こちらを参考にしました。 Liposomal-Amphotericin B による 低カリウム血症発現における要因解析 https://t.co/K2UGKWIEbY
学会準備でセラピストの臨床能力について考えています。 モヤモヤしている部分をスッキリ言語化されている文献と思いました。 「臨床能力」と「臨床行為」を区別して考える視点は勉強になりました。これからの課題です。 https://t.co/X1D63QZuB3
RT @Takuya_530822: 精神科長期入院患者と合意される作業療法目標の特徴 https://t.co/wPouefwQAh
RT @huuchi: ビブラートの生成メカニズムに関する研究https://t.co/r2pbsMJpLv“歌唱中のオペラ歌手の声道をリアルタイムMRIで撮像して声道壁の振動を分析”“下咽頭収縮筋の甲状咽頭部の活動は … 甲状軟骨を後方に回転させる”“ビブラートの生成において…
失行について調べていたら目からうろこなものに出会った、、、かなりあいまいさが縮小された形に論理的にモデル化されている。 これを知って臨床に望めたらもっと見方・解釈が広がるな、、、 https://t.co/ifWc3e41JJ
さっき紹介してもらった金沢大学の論文にも、 https://t.co/tSbeicjgvd bilingualとmonolingualのTDとASDの間に統計的に有意な差は無いと。 おっし。大丈夫や。その医者と父親が間違ってる「かもしれない」ということを上奏できるな。
RT @y_mizuno: ということで訂正が必要。「2008年に打ち上げ...フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡...超新星残骸において宇宙線陽子が加速されている明確な証拠...裏付ける結果...決定的な検証は2020年代に本格稼働する次世代の大気チェレンコフ望遠鏡Cherenko…
@Toyoakisawano layer-to-layerもやってました。シュミーデンって響きがなんかいい感じで特に記憶に残ってるんですよね
No5 予告の適否が飲料の嚥下運動に及ぼす影響嚥下時に食事の形態の認知や予測が、嚥下機能に影響を及ぼすことを調べて興味深い論文です。 食事介助を行うときに間違った情報を伝えると、誤嚥につながる可能性がありそうです
@gUurQgHfVZAC0n1 私が経験した時にはCGMがあまり一般的ではなかったですが、今だとわかりやすそうですね。 論文ありました。 https://t.co/Mu2qYqPakI
RT @huuchi: 10年後20年後どころではなく、既に、今、歌手の感覚と歌唱中に実際に起こっている現象との関連は科学的に判明しつつあります。そうした研究に注目し続けることは、非常に重要ですね。 歌唱時の身体感覚の解明:MRIによる発声器官の可視化と音響分析を中心とした試…
RT @yakuzaishi1222: こちらを参考にしました。 酵素免疫測定法による食物・生薬中のフラノクマリン類含量のスクリーニング https://t.co/ZJ7rG1b8Cm
局所麻酔薬・局所麻酔法の再検討 https://t.co/UuegyuKxxS
こちらを参考にしました。 酵素免疫測定法による食物・生薬中のフラノクマリン類含量のスクリーニング https://t.co/ZJ7rG1b8Cm
専門家でも生物学者でもないのですが、空気の振動や流れの落ち着いた安定した無風環境が好条件を作ってる可能性があり(柏手良いかもですね)、小型の扇風機などで問題の場所に夕方だけでも風を送ると、ユスリカが嫌って別のところに集まるかもしれません。 https://t.co/d9evs6kOa9 https://t.co/VkOobI5CUL
あーあこれはひどいね 閲覧の際は注意です 当院におけるクマ外傷9例の検討 https://t.co/wVcG1a7Fhp
RT @RamusInferior: 1F トリチウム汚染水問題 : - - - 膨大な水分子の中に、わずかな数の重い放射性水分子が混じっているのがトリチウム汚染水。 南極大陸の内陸高地に降る雪には、重い水分子が少ない。重い水分子は海水から蒸発しにくく、すぐに降水するからだ。…
RT @RamusInferior: 南極 砕氷航法 : - - - 氷の厚さ1.5mまでは3ノットで「連続砕氷」。 1.5mを越える場合、艦を2~300m 後退させ、最大推力で前進、氷に体当たりとともに乗り上げ、艦の自重で砕く「ラミング(チャージング)砕氷」。 図 水野滋也;…

フォロワー(7569ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @a_fuji_1122: No7:脳卒中急性期から始める早期経口摂取獲得を目指した 摂食・嚥下リハビリテーションプログラムの効果 急性期では口腔機能の温存や摂食の開始時期が話題になります。ちょっと古い論文ですが、症例数も多くて意思決定の参考になると思います。 https…
@kawaiiakarichan もしよければ… https://t.co/6b3oRdptho
RT @Kekimura: オバ、、、、じゃなくてベテランナースになるほど呼吸数を記録しなくなるようです。 カルテに呼吸数の記録がなかったら、その病院での研修は辞めた方が良いとある本に書かれていた(エビデンスレベル未確定)ので、是非呼吸数を記録しましょう。 https://t…
No7:脳卒中急性期から始める早期経口摂取獲得を目指した 摂食・嚥下リハビリテーションプログラムの効果 急性期では口腔機能の温存や摂食の開始時期が話題になります。ちょっと古い論文ですが、症例数も多くて意思決定の参考になると思います。 https://t.co/AYlYbh80lG
Ramus の臭覚障害はもうすぐ丸2年 : - - - 当帰芍薬散には、嗅球内神経成長因子の増加作用があり嗅上皮再生の促進に有効との説があり、飲み続けています。 最近1ヶ月、ニンニクの香りがわかるようになってきました。常に、鼻の奥に伊達巻の匂いがこもっている感覚があります。 https://t.co/1gFtE3sW9W https://t.co/PTtvlFgYpz
No6.回復期リハビリテーション病棟の脳損傷患者における嚥下障害の機能予後 回復期リハ病棟で在宅復帰のキーポイントになるのが、嚥下と排泄介助、移動かなって思っています。MMSEやRCPMなども組み合わせて、現場的にも判断材料の1つになりそうです。 https://t.co/waIvEswWrO
RT @koji_yama_st: @Ka2445 なるほど。学術的には間違いなくタイプ分類は必要ですよね!ブローカとウェルニッケくらいはっきりしていれば良いんですけどね
RT @hrtmtsk: 太郎丸博(2020)「メタ分析によるセクハラ大学教授の平均年齢と身分の推定」『京都社会学年報』28: 15-27。これは気になります。 https://t.co/fWfXsHgMZa
@Ka2445 なるほど。学術的には間違いなくタイプ分類は必要ですよね!ブローカとウェルニッケくらいはっきりしていれば良いんですけどね
RT @naturalair_STM: 「多環ムスク化合物の下水処理場における動態と環境負荷量の推定」熊本大学 合成香料は脂溶性が高く、生体内で高濃度で濃縮される。 下水処理場に流入する合成ムスクの内、約60%が除去されず、放流水及び下水汚泥として環境へ放出されることが判明。…
RT @ykamit: @eizaburodoi 学部卒でNHKに入られたそうです。坂井研で長尾先生の一つ上、堂下先生の同期(?)。なので京大大学院では研究してなくて論文博士だと思います。↓よると画像圧縮・符号化の研究で学位を取られてようです(量子化の粒度を変えて線形補間って脳…
RT @huuchi: 声帯麻痺後のTension Imbalanceによる嗄声に対し音声治療が奏効した2症例 https://t.co/4o6NuL0sMP ※Tension Imbalance=左右声帯のテンション不均衡 “Flow phonation を主体とした音声治…
RT @huuchi: 一側性声帯麻痺に対する音声機能改善術後の音声治療 https://t.co/P139QrNg5c “声門閉鎖訓練として、以前はプッシング法がよく用いられていたが、仮声帯の収縮を引き起しやすいため、単独では行わず、あくび・ため息法やアクセント法などのリラク…
こちらを参考にしました。 Liposomal-Amphotericin B による 低カリウム血症発現における要因解析 https://t.co/K2UGKWIEbY
学会準備でセラピストの臨床能力について考えています。 モヤモヤしている部分をスッキリ言語化されている文献と思いました。 「臨床能力」と「臨床行為」を区別して考える視点は勉強になりました。これからの課題です。 https://t.co/X1D63QZuB3
RT @Takuya_530822: 精神科長期入院患者と合意される作業療法目標の特徴 https://t.co/wPouefwQAh
RT @huuchi: ビブラートの生成メカニズムに関する研究https://t.co/r2pbsMJpLv“歌唱中のオペラ歌手の声道をリアルタイムMRIで撮像して声道壁の振動を分析”“下咽頭収縮筋の甲状咽頭部の活動は … 甲状軟骨を後方に回転させる”“ビブラートの生成において…
失行について調べていたら目からうろこなものに出会った、、、かなりあいまいさが縮小された形に論理的にモデル化されている。 これを知って臨床に望めたらもっと見方・解釈が広がるな、、、 https://t.co/ifWc3e41JJ
さっき紹介してもらった金沢大学の論文にも、 https://t.co/tSbeicjgvd bilingualとmonolingualのTDとASDの間に統計的に有意な差は無いと。 おっし。大丈夫や。その医者と父親が間違ってる「かもしれない」ということを上奏できるな。
@Toyoakisawano layer-to-layerもやってました。シュミーデンって響きがなんかいい感じで特に記憶に残ってるんですよね
No5 予告の適否が飲料の嚥下運動に及ぼす影響嚥下時に食事の形態の認知や予測が、嚥下機能に影響を及ぼすことを調べて興味深い論文です。 食事介助を行うときに間違った情報を伝えると、誤嚥につながる可能性がありそうです
https://t.co/ynRLu9EH6N 自宅退院の可否カットオフ値:ICU退室時のFSS-ICUが16点以上 カットオフ値以上でも自宅退院困難が約4割いるため、自宅退院できない場合の予想として有効であるとの事
@gUurQgHfVZAC0n1 私が経験した時にはCGMがあまり一般的ではなかったですが、今だとわかりやすそうですね。 論文ありました。 https://t.co/Mu2qYqPakI
RT @huuchi: 10年後20年後どころではなく、既に、今、歌手の感覚と歌唱中に実際に起こっている現象との関連は科学的に判明しつつあります。そうした研究に注目し続けることは、非常に重要ですね。 歌唱時の身体感覚の解明:MRIによる発声器官の可視化と音響分析を中心とした試…
RT @yakuzaishi1222: こちらを参考にしました。 酵素免疫測定法による食物・生薬中のフラノクマリン類含量のスクリーニング https://t.co/ZJ7rG1b8Cm
局所麻酔薬・局所麻酔法の再検討 https://t.co/UuegyuKxxS
こちらを参考にしました。 酵素免疫測定法による食物・生薬中のフラノクマリン類含量のスクリーニング https://t.co/ZJ7rG1b8Cm
専門家でも生物学者でもないのですが、空気の振動や流れの落ち着いた安定した無風環境が好条件を作ってる可能性があり(柏手良いかもですね)、小型の扇風機などで問題の場所に夕方だけでも風を送ると、ユスリカが嫌って別のところに集まるかもしれません。 https://t.co/d9evs6kOa9 https://t.co/VkOobI5CUL
あーあこれはひどいね 閲覧の際は注意です 当院におけるクマ外傷9例の検討 https://t.co/wVcG1a7Fhp
RT @RamusInferior: 1F トリチウム汚染水問題 : - - - 膨大な水分子の中に、わずかな数の重い放射性水分子が混じっているのがトリチウム汚染水。 南極大陸の内陸高地に降る雪には、重い水分子が少ない。重い水分子は海水から蒸発しにくく、すぐに降水するからだ。…
RT @RamusInferior: 南極 砕氷航法 : - - - 氷の厚さ1.5mまでは3ノットで「連続砕氷」。 1.5mを越える場合、艦を2~300m 後退させ、最大推力で前進、氷に体当たりとともに乗り上げ、艦の自重で砕く「ラミング(チャージング)砕氷」。 図 水野滋也;…