著者
工藤 遥 田村 俊明
出版者
Japanese Society for the Science of Design
雑誌
日本デザイン学会研究発表大会概要集
巻号頁・発行日
pp.152, 2014 (Released:2014-07-04)

架空の存在でありながら世界中の神話に登場し、現代においてもファンタジーには欠かせない存在であり続けている竜・龍・ドラゴン。人間は彼らに対してなぜこれほどにまで興味を抱いてきたのか。そして、人間は彼らに何を投影しているのか。ここでは歴史を通して様々な姿に描かれてきた竜を追い、現代における竜のキャラクター性に目を向けることで、人間と竜との関わり、またその背後に潜む人間の自然に対する意識の変化を考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 2 favorites)

日本語で抄録を見たい方:https://t.co/YubDzb35a8
J-STAGE Articles - 竜のデザインと役割にみる自然への意識の変化 https://t.co/8phNUKT1Xq 後で読んでおこう.ドラゴン,龍に関する文献

収集済み URL リスト