著者
臼井 敬太郎
出版者
Japanese Society for the Science of Design
巻号頁・発行日
2014 (Released:2014-07-04)

科学万博の会場は当初から工業団地への転用が計画され、パビリオン建築も仮設的な位置づけを与えられ、転用や解体を見越した柔軟なデザインのあり方が提案された。それは、はからずとも万博が示した近未来空間の姿であった。その万博開催に先がけて運行されたPR列車「サイエンストレイン エキスポ号」は、日本各地を展示巡回した大規模なプレイベントであった。それは余剰になっていた車両、無用の長物になりつつあった貨物ホーム、操車場などの駅施設を巧みに活用した画期的な試みであった。それは、万博会場で実現されたフレキシブルなデザインを先取った、ある意味で象徴的な姿であった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

J-STAGEで検索される臼井敬太郎氏の記事。 サイエンストレインエキスポ号と転用のデザイン 科学万博つくば'85の再考 https://t.co/XZGFv7kdvi、 回転展望台のデザインと路面電車―京山八方閣と岡山電気軌道― https://t.co/21nMSKPSsm
サイエンストレインエキスポ号と転用のデザイン・日本デザイン学会デザイン学研究【PDFファイル】https://t.co/TjhnMVr8eH

収集済み URL リスト