著者
廣瀬 智也 清水 健太郎 小倉 裕司 山野 修平 大西 光雄 鍬方 安行 嶋津 岳士
出版者
日本外科代謝栄養学会
雑誌
外科と代謝・栄養 (ISSN:03895564)
巻号頁・発行日
vol.47, no.2, pp.53-61, 2013 (Released:2013-06-07)
参考文献数
14
被引用文献数
1 1

【はじめに】慢性肝不全に対しては分枝鎖アミノ酸(BCAA)などのアミノ酸が通常使用されるが,急性肝不全症例にその使用は推奨されていない.一方,急性肝不全時のアミノ酸値の変化を詳細に検討した報告は少ない.【目的】急性肝不全時の血中アミノ酸値を検討すること.【対象と方法】2004 年から2007 年に当センターに入院した急性肝不全症例において,血中アミノ酸値と臨床経過を後ろ向きに解析した.【結果】対象は8 例で,全例劇症肝炎の定義を満たしていた.年齢は中央値38.0 歳(IQR34.5-40.8),性別は男5 人,女3 人.入院時の血中総アミノ酸量は中央値10305.0 nmol/ml と極めて高値であった.血漿交換,透析などの治療過程において総アミノ酸値は低下し,BCAA 値は正常もしくは低値を示す症例が見られた.【結語】劇症肝炎時は,血中アミノ酸値は全体に高値をとり,治療過程において低下する.アミノ酸の投与時期や投与方法に関しては今後の検討課題である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 8 favorites)

@yakuzaishi1222 以下の報告にその理由の記載がありましたよ。ご参考までに。 ・急性肝不全症例におけるアミノ酸分析の検討 https://t.co/TyfZTCbugU ・急性 肝不全患者における特殊組成アミノ酸製剤投与による肝性脳症増悪の危険性 https://t.co/LnxErAYHS7
慢性肝硬変の急性増悪による肝性脳症には分岐鎖アミノ酸製剤使うけど、急性肝不全では尿素サイクルの機能が低下してて分岐鎖アミノ酸の窒素が処理されずにアンモニアが上昇して脳症が悪化するから使わないらしい それっぽい文献見つけたので一応貼っとく https://t.co/6xtEuULLTC

収集済み URL リスト