著者
野原 理子 冨澤 康子 齋藤 加代子
出版者
東京女子医科大学学会
雑誌
東京女子医科大学雑誌 (ISSN:00409022)
巻号頁・発行日
vol.87, no.5, pp.146-150, 2017-10-25 (Released:2017-10-25)
参考文献数
8

Purpose: In Japan, although much effort has been made to promote the work-life balance of women and to achieve a society with prosperity and vitality, consideration of working environment including childcare support is still behind. It is necessary to construct an effective system to support childcare for both men and women. This study aimed to examine the system of sick child leave and improvement of childcare environment, by investigating the situation of absence due to illness among nursery children in Tokyo.Methods: All the children who attended three nurseries in Tokyo between April 2011 and March 2016 were studied. The investigation was conducted for 4 days during August 2016. Data for age, sex and days of absence due to illness were extracted from either the attendance lists or health records of the children in each nursery for the period of 2011-2015. Children who were absent for the whole month were excluded from analysis for that month. This study was approved by the Tokyo Women's Medical University Ethics Committee (Approval Number 4040).Results: A total of 1,834 children (989 boys and 845 girls) were studied. The average annual number of days of absence due to illness per person by class was 19.3 days in the 0-year-old class. The number decreased with age, and was 5.4 days in the 5-year-old class. The average frequency of sick absence per month was the highest in July and the lowest in June.Conclusion: The present study showed that sick absence was the highest among the 0-year-old nursery children, indicating that a fine-tuned childcare support system such as allowing more sick child leave in the first year may be helpful to improve working environment.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (196 users, 203 posts, 102 favorites)

【女性のためだけ】のものであってはいけないのです。 子どもを育てている男性も同じようにサポートを受け、 全ての父母が(シングルマザー/ファザーも)子どもを楽しく育てられる社会になるといいなと思います。 出典 保育園児の病欠頻度に関する研究 https://t.co/yYkQQ33zkI
保育園児は1年にどのくらい病気で休むのかについての論文発見。 今年の評価時の面談素材として持っておく。 https://t.co/j3fcQLZWxK
@matsumoto_ogi 参考となる資料のリンクをお送りします。東京女子医科大の研究です。 https://t.co/n9tvEBQi5I 0歳児クラスは5歳児の4倍も病欠しています(1人当たり年間20日の病欠)。この状況ですので地域の医療資源を圧迫しないためにも、育休延長を可能としておくことが大事だと思います。ご検討をお願いします。
え少なくねぇか? >>園児1人当たりのクラス別の年間病欠日数 0歳児の病欠日数が最も多く平均で19.3日 年齢が上がるにつれ平均日数が減少し5歳児クラスでは5.4 日 保育園児の病欠頻度に関する研究 https://t.co/Op17TGc3Fu
#育休復帰 後によく思う「まさかこんなにお熱で休むとは…」 でも実は保育園児の年齢クラス別平均年間お休み日数研究があって ◆0歳児→19.3日 ◆1歳児→12.8日 平均で休むと言われています
#4月復帰ママツイオフ 何番煎じかわからんけど、保育園児の年齢別平均年間お休み日数の研究結果貼っときます。 0歳:19.3日 1歳:12.8日 自分一人の有休でまかなうのは無理。 ってのを旦那さんに伝えて!>< (夫も実家も頼れない私は次男の産休に入ってギリギリ足りた感じ) https://t.co/5RoLiUyBim https://t.co/c4zgILyYRQ
TLで知った研究(https://t.co/7rzDNWeycl )から0歳児クラス園児は年間19.3日病欠することも伝えて、これくらい休むことを私も覚悟し、上長にも理解を求めた。 今まで娘は大きな病気、嘔吐発熱等なく元気だから耳鼻科くらいしか病院行ったことがないんだ…それも不安要素の1つ
凄く大切な研究。これをベースに就業環境を創れば、子育て世代も安心して働けるのでは? ちょっとうちで試してみます(笑) 東京女子医科大学医学部衛生学公衆衛生学(一)教室『保育園児の病欠頻度に関する研究』 https://t.co/3mU68mouTy https://t.co/3mU68mouTy
保育園児の平均年間病欠日数のデータ。 うちの子(0歳児クラス)、もっと休んでるなぁ。。 0歳児クラス 19.3日 1歳児クラス 12.8日 2歳児クラス 8.9日 3歳児クラス 7.0日 4歳児クラス 6.5日 5歳児クラス 5.4日 出典:https://t.co/rBsVSfpmnr https://t.co/zIXUKyNPVr
保育園児の病欠頻度に関する研究って論文があった。 園児1人当たりのクラス別の年間病欠日数は0歳児で平均19.3日。別の報告では30.2日。 https://t.co/XrfY5scpgH
うちの子が病気しすぎるのは異常説は嘘でした。 研究結果をみるかぎり、平均以下じゃねえか https://t.co/SfAwsbD9Wy

収集済み URL リスト