著者
大関 好明 本田 充 首藤 健一 信永 利馬
出版者
公益社団法人 日本獣医師会
雑誌
日本獣医師会雑誌 (ISSN:04466454)
巻号頁・発行日
vol.44, no.6, pp.616-621, 1991-06-20 (Released:2011-06-17)
参考文献数
9

ヒキガエル中毒は多くの臨床家が経験しているものと推察されるが, その実態は明らかでない. かかる観点から今回, 犬におけるヒキガエルによる実験的中毒を試みた.供試犬は臨床上健康と思われた9頭で, 捕獲した野生のヒキガエルを摂食および噛齧させ, のち経時的に観察した.摂食犬は, ヒキガエルの大小や犬の体重等に関わりなく摂食約60分後に2頭, 10時間-12時間の間には全例に嘔吐が認められ, のちにNo.7を除き次第に正常に復した.いっぽう, 生体を噛齧した2頭はその直後に流挺, 頭振等のジギタリス様中毒症状を呈し, のちに次第に正常に復した. 一部供試犬の摂食前, 後の血液学的変動は, ほぼ生理学的変動の範囲内の変化であった. さらに剖検による炎症の程度は個体により異なったが, 小腸炎が全剖検犬の88.8%(8頭/9頭) に認められた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 18 posts, 3 favorites)

<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
<自動>犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw
犬のヒキガエル中毒については、この論文が詳しい 犬の実験的ヒキガエル中毒における臨床症状と病理学的所見 https://t.co/mfDuJQLfXw

収集済み URL リスト