著者
藤井 義晴
出版者
公益社団法人 日本農芸化学会
雑誌
化学と生物 (ISSN:0453073X)
巻号頁・発行日
vol.28, no.7, pp.471-478, 1990-07-25 (Released:2009-05-25)
参考文献数
37
被引用文献数
2

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

ter********さんが補足で書いた通りであれば全く問題は有りませんが、来年はネギ類を栽培するとナスやトマトを栽培するにも病原菌が少なくなり生育が良くなります。根元に一緒に植えても良いです。 大豆の直前でのネギ類の栽培は根粒菌の生育を妨げます。 有機肥料は米糠ボカシがお勧めです。 もみ殻燻炭はアルカリが強いので使用はPH測定後にして下さい。アレロパシー植物を栽培した場合はもみ殻燻炭 ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

植物のアレロパシー。 ドクダミも他生物の成長阻害物質をだしているらしい。 #Cultivation_kairi #乖離の緑化プロジェクト https://t.co/9nGxZHGaE9

収集済み URL リスト