著者
土方 康世 山崎 武俊 二宮 文乃
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.69, no.1, pp.7-14, 2018 (Released:2018-07-04)
参考文献数
18

目的:電磁波過敏症合併化学物質過敏症が疑われた患者に有効漢方処方の検討。方法:症状を中医学的に血瘀,陽虚,脾虚と弁証し,中国で半身不随に処方されてきた補気・活血・通絡作用のある補陽還五湯と補陽作用のある肉桂・炮附子を加えた補陽還五湯加肉桂,附子を投与。残存する下痢などの脾虚症状に,補脾作用のある黄耆建中湯を追加投与した。結果:長期にわたる頭痛,脱力発作,不眠などの QOL 低下が速やかに改善した。考察:補陽還五湯加肉桂,炮附子で補気・活血・通絡・補陽して先瀉し,黄蓍建中湯で後補して,化学物質過敏症および電磁波過敏症による諸症状改善に対し,有効である可能性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 11 posts, 10 favorites)

化学物質および電磁波過敏症が疑われた 患者の長年の多愁訴に補陽還五湯加減と黄耆建中湯エキスの併用が奏功した一症例 https://t.co/U3zkwCJDOJ
#化学物質過敏症 および #電磁波過敏症 が疑われた 患者の長年の #多愁訴 に #補陽還五湯加減 https://t.co/8JLeln1Z1h #黄耆建中湯エキス https://t.co/sJ2LMaKVx8 の併用が… https://t.co/pwQUP5hrNx

収集済み URL リスト