著者
小原 知之 清原 裕 神庭 重信
出版者
九州精神神経学会
雑誌
九州神経精神医学 (ISSN:00236144)
巻号頁・発行日
vol.60, no.2, pp.83-91, 2014-08-15 (Released:2016-01-05)
参考文献数
9

福岡県久山町では,1985年より精度の高い認知症の疫学調査が進行中である。1985年から2012年までに65歳以上の高齢住民を対象に行った時代の異なる認知症の有病率調査の成績を比較すると,血管性認知症(VaD)の有病率に明らかな時代的変化はなかったが,認知症,特にアルツハイマー病(AD)の有病率は人口の高齢化を超えて大幅に増加した。危険因子の検討では,中年期および老年期の高血圧はVaD発症の有意な危険因子であり,中年期に高血圧であった群は老年期の血圧レベルにかかわらずVaDの発症リスクが有意に高かった。一方,糖尿病は主にAD発症の有意な危険因子であり,ADおよびVaDの発症リスクは負荷後2時間血糖値の上昇にともない有意に上昇した。防御因子の検討では,定期的な運動および野菜が豊富な和食に牛乳・乳製品を加える食事パターンとADおよびVaD発症の間に有意な負の関連が認められた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

Twitter (10 users, 11 posts, 2 favorites)

2番目 内分泌内科の先生 久山町 糖尿病と認知症 https://t.co/PX2GfiYSKZ 重度の低血糖と有害な臨床転機 https://t.co/CKC6YqUoZZ 低血糖と認知症発症リスク… https://t.co/VQxqVBzvwO
地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究:福岡県久山町では,1985年より精度の高い認知症の疫学調査が進行中である。1985年から2012年までに65歳以上の高齢住民を対象に行った時代の異なる認知症の有病率調査の成績… https://t.co/7gMWdS4MWt
地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究 #医療 https://t.co/oEM8bsXnoL
【はてブ新着学問】 地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究 https://t.co/F8GG37odE7
地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究 https://t.co/LeKYvZvBkZ
#society #jounalistic 地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究: 福岡県久山町では,1985年より精度の高い認知症の疫学調査が進行中である。1985年から2012年までに65歳以上の高齢住民を対.. https://t.co/8JRQFAXGHU
“地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究” https://t.co/WfiK0Byzdt
[B!] 地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究 https://t.co/l66uYaH6Qa
【九州神経精神医学】 地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究(総説) https://t.co/aLqOkNwSZc https://t.co/zoBe6expZD
【九州神経精神医学】 地域高齢住民における認知症の疫学:久山町研究(総説) https://t.co/aLqOkNwSZc https://t.co/zoBe6expZD

収集済み URL リスト