住田 朋久 (@sumidatomohisa)

投稿一覧(最新100件)

RT @lessor_tw: これが2002年。同じようなタイトルで同年の『社会福祉研究』にも投稿論文がある。ここからの20年こそが社会学的には面白いと思うのだけれど…。 小川英彦, 2002, 「「療育」概念の展開過程に関する一考察」『教養と教育』愛知教育大学, 2: 47…

185 4 3 0 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: 内務省衛生局「流行性感冒予防心得」1919年1月 (内務省衛生局編『流行性感冒』1922年、119–121頁) 「はやりかぜはどうして伝染するか」 「罹らぬには」 「罹ったなら」 「このほか気を付くべきことは」 https://t.co/…

185 4 3 0 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: 内務省衛生局編 1922『流行性感冒』内務省衛生局、110頁 「今回の流行における施設」 https://t.co/YsYiy9rifM 「「マスク」の使用を奨励し「マスク」を得るの途なき者に対してはこれを給与するの方法を講じことに患家そ…
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大場博幸 「非モテ独身男性をめぐる言説史とその社会的包摂」 『教育學雑誌』57 (2021) https://t.co/9Mv27akyRg
RT @nekonoizumi: 東北大のリポジトリにPDFあり。 平川新編著 『出羽国の庶民剣士 ―武田軍太「武元流剣術実録」の世界』(318ページ) https://t.co/XfgkXe2FGZ
RT @LaLaLanLanLan: この論文によると日露戦争後、軍隊の近代化で人間関係の匂いがなく中立的な「自分」という言葉が普及していったという仮説です⇒一人称代名詞としての「自分」http://t.co/JjJWh19c  RT @ikedanob: これって日本語で二人…
RT @igshrmshk: 植原亮「日本発の概念工学は実行に移せるか?――戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉 宣言!』評――」を読了。 内容解説の的確さ、周辺情報の整理の充実度合い、内在的批判と建設的提案のバランス、いずれの面でもすごく良い書評論文だと思った。 htt…

10 1 0 0 OA 文明開化

RT @sumidatomohisa: 1879(明治12)年 いわしや松本市左衛門「呼吸器広告」 宮武外骨 1925–1926『文明開化2 廣告篇』半狂堂、69頁にも掲載。 https://t.co/WRsLfy9qUl https://t.co/U5x37O9XpE

7 1 0 0 OA 医療器械図譜

RT @sumidatomohisa: 日本におけるマスク 1878(明治11)年 松本市左衛門編『医療器械図譜』95–96頁 英式三層護息器、鼻口護息器、ヱフライ氏ノ護息器 https://t.co/45zbks0uxX https://t.co/VDs3uONNBj
RT @AiUm1zfoFwrerrB: また闇の深い紀要を発掘してしまった 松崎昇『左翼の病理について』 "個々人の人権を守ろうといった主張は,途上国には有効な面があるかもしれないが,先進国には有害無益である" https://t.co/PQgCoxmnun こわい ht…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒後藤靖宏 「ロールプレイングゲームのBGMの印象にゲーム操作は影響があるのか」 『北星学園大学文学部北星論集』58巻2号 (2021/3) https://t.co/0skrevITeE
RT @mcnang: 政治学とは少し違いますが、公衆衛生倫理学では、「感染症の拡大防止という社会的利益と個人の権利の対立」について、以前から議論がなされてきました。(論点がまとまっている論文として、たとえば大北(2010):https://t.co/nQrL5NkK88) h…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 XIANG, Jingjing - 「復古」と医学 : 近世日本医学思想の研究 https://t.co/KI6RRfgIer
RT @okisayaka: サンプル数は小さいですが、某女子大の情報科学専攻者80名弱に聞き取りしたら「女子大だから情報系を受験した」「他の大学では別の学部を受験した」という学生が半数近くいたという話はあるので、日本の現状では取り得る選択しかも知れません https://t.…
RT @Cristoforou: あなた、私がウィキペディアについて論文も書いてるの知ってます?あと、ウィキペディアなんてたいしたことないと思ってるならなんでウィキペディアのことで突っ込んでくるの?余計なお世話だから引っ込んでてください。 https://t.co/3dFQ6b…
RT @rmaruy: 呉羽真(2021)「身体化された心の哲学と知能ロボティクス 」…学会員限定。読みたい。https://t.co/09GLLbyEqc

4 4 0 0 OA 科学史研究

RT @sumidatomohisa: 『科学史研究』(日本科学史学会)の創刊号(1940年)から第140号(1982年)が、国立国会図書館デジタルコレクションで公開されています。 https://t.co/9fewqkfOiS 第一書房による復刻版(1991年)を国立国会図書…

1 1 0 0 OA 科学史研究

神田茂「渋川家に関する史料」『科学史研究』2(1941) https://t.co/u0UmkfuDLS 冲方丁『天地明察』(2009)の参考文献に登場。 https://t.co/M5iKR873IX (佐藤賢一「ここが違うよ『天地明察』」(2010) https://t.co/Y6GZr1CU2Y ) https://t.co/ocJPHjgRUG

4 4 0 0 OA 科学史研究

『科学史研究』(日本科学史学会)の創刊号(1940年)から第140号(1982年)が、国立国会図書館デジタルコレクションで公開されています。 https://t.co/9fewqkfOiS 第一書房による復刻版(1991年)を国立国会図書館がデジタル化したものです。 https://t.co/ErhBbZgCiD https://t.co/LrT4OIoTCg
RT @yakumoizuru: 『日本思想戰大系』(全14巻、旺文社、1943-1945)日本の古本屋で手に入る分は注文してみた。巻によっては国立国会図書館デジタルコレクションで公開されていますね。リンク先は野村重臣『現代思想戦史論』(1943)。戦前の「思想」という語の用例…
RT @pokopenus: これ、本文批判textual criticismの方法論に関して日本語で読めるなかでもっとも詳細なものじゃないかな。もっとよい邦語文献があったら教えてほしいところ。開戦直前にこんな本が出ていたとは。NDLのデジタルコレクション読めるのが大変ありがた…
RT @suguruokubo: 木曜日の研究会にむけて読み直し。第二著者でしたが、この論文はかなり勉強になったのを思い出す。いろいろ見つけてアナハイの気持ちにもなるけれど。 https://t.co/pf1FNKcXsY

6 0 0 0 OA ペスト

RT @sumidatomohisa: 北里柴三郎校閲、石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年 https://t.co/vkdGj7iKvE https://t.co/cHRgs8PVHR https://t.co/Lm0z7rDWCK
ベルンハイム 1922『歴史とは何ぞや』岩波書店 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/ZTLRb8xhGJ 岩波文庫 https://t.co/1IfV4HAQ3u https://t.co/ONCAPlaPT5
RT @masuda_ko_1: .@iwanamishoten 「双書 科学/技術のゆくえ」は、他の巻も文庫化をご検討いただきたいです。https://t.co/yMOc56RR23 ; 吉川 弘之 (2002) 『科学者の新しい役割』の読書メモ https://t.co…
吉村良一 2019「損害賠償訴訟における疫学の意義―水俣病訴訟を例に」『末川民事法研究』5 https://t.co/jIcke8xjsy 注20で言及いただきました。 吉村 2021『政策形成訴訟における理論と実務―福島原発事故賠償訴訟・アスベスト訴訟などからの考察』 https://t.co/XPYwlpkiYT https://t.co/6bvGyvN5YF https://t.co/chuCsn7nEY
RT @BungakuReport: 博論は、リポジトリに上がっても、上がっただけで、学会で批評しようとしたり、賞を与えたりしようとしないのが問題だと思います。学位規則が変更になったのは2013年だというのに。 https://t.co/3f1ND4ax0M 「学会を「編集」す…
RT @asarin: @itsukoh0702 そうですね.できればこれもお読みいただけるとうれしいです. https://t.co/90RlTseT3T
RT @ariga_prdgmmkr: もう一つ今日の出来事としては、以前に雑誌『科学』に書いた記事から資料の存在を知って調査に来た人があった。いわゆるアカデミアの所属ではない方で、執筆した甲斐があったなと。|CiNii 論文 -  手紙がひらく物理学史(9)ローレンスと嵯峨根…

6 0 0 0 OA ペスト

北里柴三郎校閲、石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年 https://t.co/vkdGj7iKvE https://t.co/cHRgs8PVHR https://t.co/Lm0z7rDWCK
榊原釟次郎(さかきばらはつじろう)愛知堂 1885年~、『明治撰刻いろは韻』など出版。 https://t.co/B9kUo79XDY https://t.co/14mRi4Gypy 1887年、『英和商用会話』編(表紙は釟次朗、奥付は釟次郎)。 https://t.co/ch0bcc3vRd https://t.co/bTo6NB7hty https://t.co/sGJKkVNkiv https://t.co/H8jLWG1oty

1 0 0 0 OA 英和商用会話

榊原釟次郎(さかきばらはつじろう)愛知堂 1885年~、『明治撰刻いろは韻』など出版。 https://t.co/B9kUo79XDY https://t.co/14mRi4Gypy 1887年、『英和商用会話』編(表紙は釟次朗、奥付は釟次郎)。 https://t.co/ch0bcc3vRd https://t.co/bTo6NB7hty https://t.co/sGJKkVNkiv https://t.co/H8jLWG1oty

1 0 0 0 OA 六雄八将論

榊原釟次郎(さかきばらはつじろう)愛知堂 1885年~、『明治撰刻いろは韻』など出版。 https://t.co/B9kUo79XDY https://t.co/14mRi4Gypy 1887年、『英和商用会話』編(表紙は釟次朗、奥付は釟次郎)。 https://t.co/ch0bcc3vRd https://t.co/bTo6NB7hty https://t.co/sGJKkVNkiv https://t.co/H8jLWG1oty

1 0 0 0 OA 英和商用会話

榊原釟次郎(さかきばらはつじろう)愛知堂 1885年~、『明治撰刻いろは韻』など出版。 https://t.co/B9kUo79XDY https://t.co/14mRi4Gypy 1887年、『英和商用会話』編(表紙は釟次朗、奥付は釟次郎)。 https://t.co/ch0bcc3vRd https://t.co/bTo6NB7hty https://t.co/sGJKkVNkiv https://t.co/H8jLWG1oty
RT @pokopenus: これ、本文批判textual criticismの方法論に関して日本語で読めるなかでもっとも詳細なものじゃないかな。もっとよい邦語文献があったら教えてほしいところ。開戦直前にこんな本が出ていたとは。NDLのデジタルコレクション読めるのが大変ありがた…
RT @ShigeruTaguchi: RISTEXの企画調査「人工主体の倫理」の報告書をようやく仕上げた。大変優れた17名の共同研究者を得て、半年間だが大変濃密な議論ができた。 今後フルプロジェクト申請に向けて準備を進めていく予定。ある種の「実験倫理学」も準備中。 https…
松原篤ほか 2020「鼻アレルギーの全国疫学調査2019(1998年,2008年との比較): 速報―耳鼻咽喉科医およびその家族を対象として」『日本耳鼻咽喉科学会会報』123(6): 485–490 https://t.co/KzentVx25H pdf アレルギー性鼻炎全体49.2% 花粉症全体47.5% スギ花粉症38.8% https://t.co/Lue5alioz3 https://t.co/PeOWG5Ofl6
RT @conchucame: 『哲学分野における男女共同参画と若手研究者育成に関する理論・実践的研究』2019 読んだ。 なんでこれpdf公開しないのよ、と思ってしまうくらい良い資料でした。 科研費の成果報告書なので売ってもないし、ぜんぜん所蔵もないすね。 https:/…
RT @nekonoizumi: 益田肇『人びとのなかの冷戦世界 想像が現実となるとき』、どんな本かなと思ったら、立命館の紀要に紹介が。 益田肇 「人びとのなかの冷戦:想像がグローバルな現実となるとき」 『立命館国際研究』31巻5号(2019) https://t.co/Ul…
RT @sumidatomohisa: 荒木英齊 1960「花粉症の研究 : I. 空中花粉の季節的変動」『アレルギー』9(8) https://t.co/fqNUaYG8wR pdf 荒木英斉 1961「花粉症の研究 : II花粉による感作について」『アレルギー』10(6)…
RT @sumidatomohisa: 荒木英齊 1960「花粉症の研究 : I. 空中花粉の季節的変動」『アレルギー』9(8) https://t.co/fqNUaYG8wR pdf 荒木英斉 1961「花粉症の研究 : II花粉による感作について」『アレルギー』10(6)…
RT @inenoha: そういえば「新しい科学的事実は批判者が説得されることではなく,科学者の世代交代によって認められるようになる」(ざっくり)といういわゆるプランクの規則についても聞かれることがあるのですが,晩年のWissenschaftliche Selbstbiogra…

8 0 0 0 OA 医術用図書

RT @sumidatomohisa: 日本におけるマスク 1877(明治10)年 石代十兵衛編『医術用図書』23頁 https://t.co/sZTiV5IICG https://t.co/xDOzRM6oCS
RT @NDLJP_en: A letter from Thursday Island, Australia, tells the true stories of Japanese pearl hunters: https://t.co/ZHr3cfyoB5 https://t…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/Y…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/Y…

2 0 0 0 OA 我一幕物

Thomas Lamarre "Masks: Empire, Social Distance, Contagion" https://t.co/w1AVGn6ekA #AAS2021 Mori Ōgai 森鷗外, “Masks” 仮面, 1909 https://t.co/uQM1zalNQO https://t.co/rrLdwItL6A
RT @koyulic7: 「売られゆく女;公娼研究」とい1918年の本(娼妓になるときの身体検査を担当していたお医者さんが書いた)に出てくる言葉が1ページ目から現在でも全然古く感じないような内容で、こんなに同じなんだなって思ったんだ。 https://t.co/mgVMy9f…
丸山隆一 2020「脳を理解するとはどういうことなのか:外野からの一考察」『日本神経回路学会誌』 https://t.co/RV9S2RjPsa https://t.co/RHpkxZndtX
倉持隆雄・今林文枝 2018「SDGsと日本のベストプラックティス」『学術の動向』 https://t.co/wmvFkIucOT pdf Japan Science and Technology Agency "Book of Japan's Practices for SDGs: Creating Shared Value by STI, Business and Social Innovation" 2018 https://t.co/ywlbbi66mF pdf

3 0 0 0 OA ペスト

北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再販 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「ペスト肺炎患者に近接する者は何人を問わずデ〔レ〕スピラートルまたは綿花をもって鼻および口を被覆し、かつ眼鏡を用うべし」95 https://t.co/fRVec9nTlA 初版にはなし https://t.co/o1xDApMSFZ https://t.co/v9Nhkta7fR https://t.co/MFZPJjXaqZ

6 0 0 0 OA ペスト

北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再販 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「ペスト肺炎患者に近接する者は何人を問わずデ〔レ〕スピラートルまたは綿花をもって鼻および口を被覆し、かつ眼鏡を用うべし」95 https://t.co/fRVec9nTlA 初版にはなし https://t.co/o1xDApMSFZ https://t.co/v9Nhkta7fR https://t.co/MFZPJjXaqZ

6 0 0 0 OA ペスト

RT @sumidatomohisa: 北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」…
RT @hhhhhhaaaaaa2: 相対論はどこから生まれたか https://t.co/ARvv8rdK9W 良記事だった。 "特殊相対性理論はMichelson-Morleyの実験から生まれたという, ほとんどだれもが当然のこととしている解釈はじつは根拠のない神話であるこ…
RT @netlorechase: 私も詳しくないのであまり研究が示せないですが、落下防止装置付きの棚や滑り止めつき、傾斜のある配架など、色々と工夫はあるようです。 参照:「図書館家具の地震対策」(柳瀬2020) https://t.co/GRAEi7R7n4

13 0 0 0 OA 奇態流行史

RT @sumidatomohisa: (宮本)外骨編 1912『奇態流行史』半狂堂 女の「反歯隠し」 「明治31年の暮より34年の春にかけて、東都の婦女間に白絹の襟巻を鼻口にかけて顔の半部を包むこと流行せり…始め新橋辺の芸妓が防寒のための工風なりしを、追々両家の婦女の間にも行…

6 0 0 0 OA ペスト

RT @sumidatomohisa: 北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」…
胡 哈斯其木格(コ ハスチムガ) 2019「近代内モンゴルにおける医療衛生の移入と受容に関する研究―聖母聖心会・善隣協会・興蒙豪委員会を中心に」博士論文(宇都宮大学・国際学) pdf公開 https://t.co/2tJuly5zuz 善隣会編 1981『善隣協会史―内蒙古における文化活動』 https://t.co/1EZgRn5pxN https://t.co/LsNjlgyyfr
RT @tonton1965: 学術雑誌には普通の雑誌では考えられない酷評書評が載ることがあるが、一番すごかったのはこれ https://t.co/3Kj5QUNNiW
羽原熊二郎「山中篤衛」『大大阪之医界』医風社出版部、1930年、83–85頁 https://t.co/xcePSAGftt 大阪医政界の先覚者。大阪医会、大日本連合医会大阪支部。 1899年大阪ペスト「開業医と官憲との間に立ちて防疫方策の連絡統一を計る等…」 1900年1月7日肺ペストのため死亡。 https://t.co/5e2kyH2KPE https://t.co/6gEFfJ3LuN
羽原熊二郎「石神亨」『大大阪之医界』医風社出版部、1930年 https://t.co/xcePSAGftt 大阪府医師会議長、泉北郡医師会長 熊本公立病院附属古城医学校、鳩野宗巴、マンスフェルト、南郷病院、東京病院(慈恵病院)、龍驤艦、海軍大学、伝染病研究所、療養所、大阪結核予防協会 https://t.co/HDoAg0wlLA https://t.co/uBC84jEsv6

6 0 0 0 OA ペスト

RT @sumidatomohisa: 北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再販 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」…

185 4 3 0 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: @nekonoizumi 国立国会図書館デジタルコレクションにも。 内務省衛生局編『流行性感冒』(1922) https://t.co/9ZbwV2ibL2

185 4 3 0 OA 流行性感冒

@nekonoizumi 国立国会図書館デジタルコレクションにも。 内務省衛生局編『流行性感冒』(1922) https://t.co/9ZbwV2ibL2 https://t.co/gxwKo282hM

6 0 0 0 OA ペスト

RT @sumidatomohisa: 北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」…
RT @kenjiitojp: 考えてみたら、自分のこの論文がまさにバウンダリー・ワークに関するものだった。自分で忘れていてどうする。 伊藤憲二「竹内時男と人工放射性食塩事件 : 1940年代初めの科学スキャンダル」https://t.co/FIXV33axZd https:/…

13 0 0 0 OA 奇態流行史

RT @sumidatomohisa: (宮本)外骨編 1912『奇態流行史』半狂堂 女の「反歯隠し」 「明治31年の暮より34年の春にかけて、東都の婦女間に白絹の襟巻を鼻口にかけて顔の半部を包むこと流行せり…始め新橋辺の芸妓が防寒のための工風なりしを、追々両家の婦女の間にも行…
国立国会図書館デジタルコレクションの全文検索での「日本列島」の初出。 「第一章 日本列島」「第二章 朝鮮」 「わが日本列島を分かちて、関東・奥羽・中部・北陸・近畿・中国・四国・九州・台湾・北海道・樺太の十一地方とす。」 山崎直方 1914『女子教育日本地理教科書』 https://t.co/a7HOPGfDxF https://t.co/ZIPaV3CkRl
RT @jun_makino: そういえば、「学術の動向」の https://t.co/EWchssGTX0 「ただちに健康に影響はありません」から「放射線被ばくの間の関連は認めら れない」までは、
RT @hideshiyamane: これ最高に面白い。 竹内時男と人工放射性食塩事件 : 1940年代初めの科学スキャンダル 伊藤 憲二 https://t.co/OYZaOvXo3W
RT @nekonoizumi: 今東光「稚児」および『弘児聖教秘伝私』の位置づけに関しては、 辻晶子「今東光『稚児』と『弘児聖教秘伝私』」『叙説』38 (2011) https://t.co/pLknA4YT5H 同「『弘児聖教秘伝私』再考」『中世文学』58(0) (2013…
RT @nekonoizumi: 今東光「稚児」および『弘児聖教秘伝私』の位置づけに関しては、 辻晶子「今東光『稚児』と『弘児聖教秘伝私』」『叙説』38 (2011) https://t.co/pLknA4YT5H 同「『弘児聖教秘伝私』再考」『中世文学』58(0) (2013…
RT @homme_pensant: ・ヴェイユの科学思想の標準的な研究書 https://t.co/HlyiyARgdK ・同じく日本語による論文 https://t.co/uBdHRz5hyB #シモーヌ・ヴェイユ #SimoneWeil
RT @kanayVc: 今日誕生日の坂田昌一(1911―70)の無限階層論は、彼なりのマルクス主義理解に基づいてのものでもありました。どういうこと? と思われた方は是非以下の拙稿をご覧ください。 https://t.co/oDt7UaiCNm  >RT

6 0 0 0 OA ペスト

RT @sumidatomohisa: 北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」…
RT @oyazame36: 上谷氏の研究論文ですが12〜14が興味深く、ガールスカウトのフィールドワーク記録からの派生で「写真が主体になりやすかった」と考えてます。 https://t.co/CXBMv7MhI9 私見ですが、「この延長上に(連帯としての)インスタ文化がある…
RT @yakumoizuru: 国立国会図書館デジタルコレクションでも見たりダウンロードしたりできます。 https://t.co/iJKbFQSWQb
RT @satoshinr: おなじみ国会図書館の神足さんのレポート。「諸外国におけるインターネット媒介者の「責任」」。今こそ読まれるべき内容かと。https://t.co/gINSyRFlj6
RT @sumidatomohisa: 北里柴三郎・高木友枝・志賀潔・守屋伍造 1900 「神戸市大阪市「ペスト」病調査報告」『細菌學雜誌』56: 377-407 https://t.co/oeCSRLWb5H

185 4 3 0 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: 内務省衛生局「流行性感冒予防心得」1919年1月 (内務省衛生局編『流行性感冒』1922年、119–121頁) 「はやりかぜはどうして伝染するか」 「罹らぬには」 「罹ったなら」 「このほか気を付くべきことは」 https://t.co/…
RT @mcnang: 政治学とは少し違いますが、公衆衛生倫理学では、「感染症の拡大防止という社会的利益と個人の権利の対立」について、以前から議論がなされてきました。(論点がまとまっている論文として、たとえば大北(2010):https://t.co/nQrL5NkK88) h…
坂田昌一「広い観点に立って」民主主義科学者協会物理部会監修『日本の原子力問題』(『季刊理論・別冊学習版』3)、理想社、1953年、5–7頁、6頁。 「…太平洋戦争中であったという回答をよこした人が非常に多かった。」 https://t.co/cVn2tVFJKD https://t.co/J14JJV60rE https://t.co/vYduJ1zPnf

185 4 3 0 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: @sourd ありがとうございます!写真は1939年ころですね。 「ちょうど百年前の世界もパンデミック禍に覆われていた。」とありますが、1921年の流行は小さなものでした。2021年はどれほど大きな流行になるのかまったく分かりません。 h…
RT @rmaruy: 日本神経回路学会誌2020年3月号所収の拙文、「脳を理解するとはどういうことなのか:外野からの一考察」がJ-STAGEに掲載されました。現在は閲覧は学会員のみ、2021年3月からオープンアクセスです。https://t.co/cteHJaHsjq
RT @rmaruy: 神経回路学会誌へ昨年寄稿した文章がオープンアクセスになりました。多元的で可変的な脳の理解へ。よろしければご覧ください。https://t.co/cteHJaHsjq「脳を理解するとはどういうことなのか:外野からの一考察」丸山隆一(2020)
RT @rmaruy: 平理一郎(2020)「…マルチスケールな大規模包括計測が技術的に可能となっていることは,少なくともげっ歯類において,脳の全体性を解明する時代が到来していることを意味している.」https://t.co/GI5QKJGNXn …神経細胞活動測定のムーアの法…
武田清子 1960「近代科学摂取の三つの道―福沢諭吉、加藤弘之、植村正久を中心に」『国際基督教大学学報 I-A 教育研究』 https://t.co/nlWmNdw1vc 日本学術会議 学問・思想の自由保障委員会 最も自由に研究できた 1930– 213 1935– 213 1940– 115 1945– 96 1950– 147 … https://t.co/qxVCZVZ6Ha https://t.co/pnAh8be4WD
RT @sumidatomohisa: 小沼通二 2017 「初期の日本学術会議と軍事研究問題」 https://t.co/aFbRkk11f2 「学問・思想の自由保障委員会」1951年のアンケート調査 「いつが最も自由に研究ができたか」「1930年から5年ごとに区切って回答を…
RT @rmaruy: 日本神経回路学会誌2020年3月号所収の拙文、「脳を理解するとはどういうことなのか:外野からの一考察」がJ-STAGEに掲載されました。現在は閲覧は学会員のみ、2021年3月からオープンアクセスです。https://t.co/cteHJaHsjq

185 4 3 0 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: @sourd ありがとうございます!写真は1939年ころですね。 「ちょうど百年前の世界もパンデミック禍に覆われていた。」とありますが、1921年の流行は小さなものでした。2021年はどれほど大きな流行になるのかまったく分かりません。 h…

185 4 3 0 OA 流行性感冒

@sourd ありがとうございます!写真は1939年ころですね。 「ちょうど百年前の世界もパンデミック禍に覆われていた。」とありますが、1921年の流行は小さなものでした。2021年はどれほど大きな流行になるのかまったく分かりません。 https://t.co/I6PgyUNlsy https://t.co/7OdcQQJhDO https://t.co/CU8NpTRZYN https://t.co/XuF5RgTsUs
RT @tani6s: 元祖谷村ノート『一物理学者が観た哲学』はおかげさまで1年余りでダウンロード3万2千回を超えました! https://t.co/pcTTaFKtCU
RT @mcnang: 感染症流行の数理モデル : 大学初年次で学ぶ数学の応用例 https://t.co/dUd9cWBqBk 基本再生産数 R0, 感染者数の集団全体に占める割合 s(0<s<1) のとき、 実行再生産数 R = R0s となる。
RT @rmaruy: 内村直之「この30年間に日本関連の自然科学系ノーベル賞受賞者は 18人になるが,そのタネはいずれも個人の興味から出てきたもので,国家に導かれてはいない.どうすれば個々の研究者が自分のタネを育てられるようにするか,研究システムの是非をもっと議論すべきだろう…

13 0 0 0 OA 奇態流行史

RT @sumidatomohisa: (宮本)外骨編 1912『奇態流行史』半狂堂 女の「反歯隠し」 「明治31年の暮より34年の春にかけて、東都の婦女間に白絹の襟巻を鼻口にかけて顔の半部を包むこと流行せり…始め新橋辺の芸妓が防寒のための工風なりしを、追々両家の婦女の間にも行…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒昆野伸幸 「愛知県における「誓の御柱」」 『國學院雑誌』120巻11号 (2019/11) https://t.co/VGsBRE3t2b
RT @nekonoizumi: PDFあり。論文の文章で、「論じる」ではなく、「以下~について論じていく」というように「~ていく」と用いられる表現の分析、対象資料が『史学雑誌』と『歴史学研究』。 ⇒福沢将樹 「論文の〈予告表現〉に見られる「~ていく」試論」 『愛知県立大学説林…
RT @nekonoizumi: PDFあり。「本稿は、明治末期から大正時代にかけて増加した笑った写真(本稿では「笑う写真」とした)の誕生と定着過程を明確にすることを目的としたもの…」 ⇒岩井茂樹 「「笑う写真」の誕生 : 雑誌『ニコニコ』の役割」 『日本研究』61巻 (202…
RT @makimuuuuuu: 「おそ松さん」をクィアに読み解く論文めちゃ面白かった。 綾波レイ的な「代わりならいくらでもいる」存在不安のある、決してこちらを傷つけない、おバカでかわいく無力な男子を、安全なところから性的な部分まで見ることができる座席に視聴者を座らせる装置……

お気に入り一覧(最新100件)

アメンボ科昆虫 における走光性 の季節 的変化  https://t.co/q71Hav9f1i
ミミズって“Turn alternation(交替性転向反応)”示すのね。 ダンゴムシにおいては逃避の際に交替性転向反応の頻度が増すらしい。 https://t.co/bOtakUY6ey
ハッタミミズ研究 残された課題, 渡辺弘之 https://t.co/zmIKnczUGu
@bebe13572468 教科書と呼んでよいのかどうか若干自信がないので「的な」という書き方にしました。 少し古い本ですね。 こちらです。 https://t.co/l7OqfRWEXz
WEB公開されてないのな。/寺田喜朗(2008)「新宗教とエスノセントリズム:生長の家の日本中心主義の変遷をめぐって」東洋学研究 (45), 198-169, 2008, 東洋大学東洋学研究所 / “CiNii 論文 -  新宗教とエスノセントリズム--生長の家の日本中心主義の変遷をめぐって” https://t.co/TObm7SqLHo
井出裕久(2020)「『インタビューの社会学』を読み直す―書評とリプライを手がかりに」 大正大學研究紀要 (105), 132-115, 2020-03-15 https://t.co/yQmPnGlGwP / “CiNii 論文 -  『インタビューの社会学』を読み直す ― 書評とリプライを手がかりに ―” https://t.co/b5GWjkaUA8 #社会学
メモ https://t.co/miDQetdULL 建屋間ネットワークのデータ転送性能評価
生存学研究所が所蔵する障害者総合情報ネットワーク https://t.co/1g1aHF2WHf の資料についての文章をご紹介いたします。 ■塩野 麻子 「障害者総合情報ネットワークのアーカイヴィング・メソッド」 『立命館生存学研究』,第2号,pp.219-223. https://t.co/295fhP9IwT @ShinyaTateiwa
アリジゴクの大顎に直結する嗉嚢には、昆虫病原性微生物が共生していることが分かっている。それらの微生物は、アリジゴクの捕食行動を利用して他の昆虫に感染する。 参考 https://t.co/HKvvMfJwDa
@Cristoforou 突然すみません、別の作品でもそういう傾向があるのは実際に研究者さんの論文などでも確認ができます。これとかhttps://t.co/QbepBk9xfW
アウトリーチ活動である「アート×サイエンス IN 京都市動物園 アートで感じる? チンパンジーの 気持ち」の紹介およびチンパンジー向け映像鑑賞時のヒトとチンパンジーの視線計測の比較研究。https://t.co/8wbYLfVclB
これの前史、つまり竹内がいかに有名な「物理学者」になったのかについては少し前の『現代思想』に、「竹内時男とアインシュタイン」というのを書いた。https://t.co/CzLCu63jhI
伊藤 憲二: 竹内時男と人工放射性食塩事件 : 1940年代初めの科学スキャンダル, 科学史研究, 2019 年 57 巻 288 号 p. 266-283 https://t.co/uDaB54VSGk
ネット公開はまだですと。 https://t.co/AYOgTVKag4
国会図書館。 https://t.co/l0H0hkOcYn
「本研究では,江戸時代における弘前藩の史料である[年中行事御祝献立並三方等御飾]に記載されている食事の描写から栄養価の算出を試み」 PDFあり。 山岡 伸・小山 達也 - 江戸時代の史料からの栄養価の算出方法の検討 https://t.co/nAmlQzBtW4
もうちょっと真面目に言うと、伊田 (2019) が整理してくれているようにフェミニズムにおける再生産労働論はそもそも生殖・家事だけでなくセクシュアリティも不可視化された労働・搾取としてその視野に捉えていた. → https://t.co/HraQJRxXNt
https://t.co/c9PuPtBVtq この中の物理という言葉は自然科学、あるいは科学と置き換えてもほぼよいでしょう。 https://t.co/F4mXzLPOgB

6 0 0 0 OA ペスト

北里柴三郎校閲・石神亨纂著『増補再版 ペスト』丸善株式会社書店、1900年3月 「医師看護人のごとく患者に接近するものは特別に注意を怠るべからず、その予防法中実用すべきは呼吸子(レスピラートル)の完全なるものをもって十分に鼻口を覆い…」 https://t.co/nEsl5FoLMo 160–161頁 https://t.co/9OTlQW9JRk
⾬宮昭彦,2019,「現代社会の<⾃⼰記述>と現代経済史の視点」 『⾸都⼤学東京⼤学院経営学研究科 Research Paper Series』5: 1-66. https://t.co/eOH7I4PVZP
⾬宮昭彦,2010,「⽐較社会史の「理論」と社会システム論的アプローチ」『思想』1032: 68-92. https://t.co/EjDR5rmN2M
仁科芳雄について自分が書いた唯一の原稿。論文ではなく史料紹介ですが。|CiNii 論文 -  手紙がひらく物理学史(5)仁科芳雄とボーアの相補性原理 https://t.co/JQrtiqg4jY #CiNii
「形式論理から哲学的論理学ヘ:ヤスパースによる「超越」的思考の意義」今本修司 https://t.co/c5gswO3DOR
◆橋本毅彦(1993)「実験と実験室(ラボラトリ-)をめぐる新しい科学史研究」化学史研究 20(2). https://t.co/dtm7YbjgWS
https://t.co/p0LH7X6NSO
大森実「『暦象新書』の研究 : 主としてその物理学について」 https://t.co/gKRUbG9YRB
佐藤哲彦(2003)「薬物使用の質的研究における説明と記述──シンボリック相互作用論における科学的・合理性とディスコースの分析」犯罪社会学研究 28(0), 82-95, 2003, 日本犯罪社会学会 / “CiNii 論文 -  薬物使用の質的研究における説明と記述:シンボリック相互作用論…” https://t.co/oPWDhctLos
【初期の日本学術会議と軍事研究問題 小沼通二】 https://t.co/TdlzWdr6uQ ・・・1948年12月12日に東京で平和問題討議会を行い、その結果をまとめて1949年1月に、「戦争と平和に関する日本の科学者の声明」を発表した。 12月の会議に提出され、仁科芳雄が発表した東京地方自然科学部会報告は、
日本学術会議法の2004年の第4次改正(学会推薦方式の削除等)の経緯、内容についての批判的解説。科研費審査委員の選出方法変更、総合科学技術会議との関係などの論点も重要かと。/ 池上 甲一「日本学術会議の改革と農業経済学界の対応方向」農林業問題研究 40(4), 2005 https://t.co/mDfvu2UPug
これも読んだか。/奥田 栄(1992)「科学の語り方」 科学基礎論研究 20(4), 225-230, 1992, 科学基礎論学会 https://t.co/Wiohrrgnrm / 1件のコメント https://t.co/dTsrbKfAWR “CiNii 論文 -  科学の語り方” https://t.co/mQH0dyc80y #Gilbert&Mulkay #科学論
これも読んだか。/奥田 栄(1992)「科学の語り方」 科学基礎論研究 20(4), 225-230, 1992, 科学基礎論学会 https://t.co/Wiohrrgnrm / 1件のコメント https://t.co/dTsrbKfAWR “CiNii 論文 -  科学の語り方” https://t.co/mQH0dyc80y #Gilbert&Mulkay #科学論

2 0 0 0 OA 科学の語り方

これも読んだか。/奥田 栄(1992)「科学の語り方」 科学基礎論研究 20(4), 225-230, 1992, 科学基礎論学会 https://t.co/Wiohrrgnrm / 1件のコメント https://t.co/dTsrbKfAWR “CiNii 論文 -  科学の語り方” https://t.co/mQH0dyc80y #Gilbert&Mulkay #科学論
これは読んだか。/金森 修(1999)「科学をめぐる戦争」学術の動向 4(11), 25-29, 1999, 公益財団法人 日本学術協力財団 https://t.co/MVluHLtNPp / 1件のコメント https://t.co/IOxNK1bBhn “CiNii 論文 -  科学をめぐる戦争” https://t.co/QYuRiTyp4Y #Gilbert&Mulkay #科学戦争
これは読んだか。/金森 修(1999)「科学をめぐる戦争」学術の動向 4(11), 25-29, 1999, 公益財団法人 日本学術協力財団 https://t.co/MVluHLtNPp / 1件のコメント https://t.co/IOxNK1bBhn “CiNii 論文 -  科学をめぐる戦争” https://t.co/QYuRiTyp4Y #Gilbert&Mulkay #科学戦争
これは読んだか。/金森 修(1999)「科学をめぐる戦争」学術の動向 4(11), 25-29, 1999, 公益財団法人 日本学術協力財団 https://t.co/MVluHLtNPp / 1件のコメント https://t.co/IOxNK1bBhn “CiNii 論文 -  科学をめぐる戦争” https://t.co/QYuRiTyp4Y #Gilbert&Mulkay #科学戦争
「布置する」とは/松山圭子(2009)「「科学知識=権力」としての医薬品が内包する倫理問題:薬は布置されているのか?」 医学哲学 医学倫理 27(0), 112-116, 2009, 日本医学哲学・倫理学会 https://t.co/VPXitUblMh / “CiNii 論文 -  「科学知識=権力」としての医薬品が内…” https://t.co/kkV5shRRcG
「布置する」とは/松山圭子(2009)「「科学知識=権力」としての医薬品が内包する倫理問題:薬は布置されているのか?」 医学哲学 医学倫理 27(0), 112-116, 2009, 日本医学哲学・倫理学会 https://t.co/VPXitUblMh / “CiNii 論文 -  「科学知識=権力」としての医薬品が内…” https://t.co/kkV5shRRcG
「Gilbert+Mulkay+談話分析」の検索結果。/佐藤哲彦(2017)「逸脱研究の論点とその探求可能性:ディスコース分析をめぐって」社会学評論 68(1), 87-101, 2017, 日本社会学会. / “CiNii 論文 -  逸脱研究の論点とその探求可能性:ディスコース分析をめぐって” https://t.co/mKdCaJbqR7 #社会学 …
自分もこういう論文を書いたことがありますが、コンピューティング史の素養がないので限界を感じると同時に、何か違う切り口を見つけなくてはいけないと思っている次第です。|CiNii 論文 -  台風の数値予報の始まり、あるいは黎明期の計算気象学における問題意識の連鎖 https://t.co/9AR3cPuvP8
例えば以下の研究では確かに紙のほうが良い結果になるのですが、反射光と透過光では差がなく、理由ははっきりしないものの、媒体への慣れの可能性を示唆しています 表示媒体の違いが誤りを探す読みに与える影響 https://t.co/CovYCWBHg9
山下 範久 - 「史観」批判は出会えるか? https://t.co/3h7uAhP34s
次。 伊勢田哲治(2006)「書評:バンジョー/ソウザ『認識的正当化』 」 https://t.co/bmZgTG2qyt
町村敬志, 2013, 「都市社会学という「問い」の可能性:構造と変動から30年を振り返る」日本都市社会学会年報 2013(31), 5-20, 2013 / “CiNii 論文 -  都市社会学という「問い」の可能性:― 構造と変動から30年を振り返る ―” https://t.co/XODgeBsE5Z #社会学 #都市社会学 #本郷DS
冒頭、reflexivityに「内省」って訳語を当ててるの見てのけぞったんだけど、reflexivityにそんな意味あるの????/船津 衛(2009)「創発的内省理論の展開」放送大学研究年報 (27), 63-73, 2009 / “CiNii 論文 -  創発的内省理論の展開” https://t.co/1U3TS5tns4 #社会学
報道特集,ソロモン諸島の映像については,全国ソロモン会の協力を得たとのこと https://t.co/uHBN9GslMC 遺骨収集活動については,今でも毎年行われているという事実だけ紹介されたが,深田さんの研究 https://t.co/S6h7qOe6LA をオセアニア学会関西地区例会で聞いたとき,難しいものだと思った
尾崎俊介(2017)「アメリカにおける「精神療法文学」の系譜 (中村正廣教授退職記念号)」外国語研究 50, 25-43, 2017 / 1件のコメント https://t.co/gJRjF8ThAi “CiNii 論文 -  アメリカにおける「精神療法文学」の系譜 (中村正廣教授退職記念号)” https://t.co/SJWuGfDhx5 #自己啓発 #ニューソート
尾崎俊介(2017)「アメリカにおける「精神療法文学」の系譜 (中村正廣教授退職記念号)」外国語研究 50, 25-43, 2017 / 1件のコメント https://t.co/gJRjF8ThAi “CiNii 論文 -  アメリカにおける「精神療法文学」の系譜 (中村正廣教授退職記念号)” https://t.co/SJWuGfDhx5 #自己啓発 #ニューソート
葛西賢太(1992)「調和思想からキリスト教科学へ─癒やしの思想と技法をめぐって」 東京大学宗教学年報 (9), p1-17, 1991、東京大学文学部宗教学研究室 / “CiNii 論文 -  調和思想からキリスト教科学へ--癒しの思想と技法をめぐって” https://t.co/gNyhHsZUZc #宗教学 #自己啓発 #ニューソート
@masayomasayo 隠岐さや香『文系と理系はなぜ分かれたのか』(星海社新書、2018年)もおすすめです。第1章公開。 https://t.co/3vhKxCdcIR 隠岐さや香「日本における文系理系の分断?」 https://t.co/5U5E9eEPpy 本書についてのブログ記事: 大隅典子氏 https://t.co/ru6K2Bk9c5 丸山隆一氏 https://t.co/Sr88jH2PeU
これ知らんかったわ。 東武瑠「社会運動論の方法論的拡充に向けて――Luhmann 機能的システム理論導入の試み――」 慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学・心理学・教育学 : 人間と社会の探究 (85), 1-18, 2018 https://t.co/XSt07OuTYW
榊原哲也(2020)「ベナーはハイデガーから何をどう学んだのか (谷徹教授退職記念論集)」 立命館文學 665, 964-977, 2020-02, 立命館大学人文学会 / “CiNii 論文 -  ベナーはハイデガーから何をどう学んだのか (谷徹教授退職記念論集)” https://t.co/a066k8aiR8 #現象学 #看護学
いわゆる「剣道難聴」は、音による感覚器官の機能低下ではなく、頭部への打撃による脳へのダメージによるとする報告書。諸々落ち着いたら改めて初段取りたいと思ってたけど、これ読むとこわいな。 https://t.co/qEG5jbwPQ3
なぜかいまごろGoogleアラートが送られてきた。/木下 衆「書評:酒井泰斗・浦野茂・前田泰樹・中村和生・小宮友根 編『概念分析の社会学2:実践の社会的論理』(ナカニシヤ出版、2016年)」保健医療社会学論集 28巻1号 / “酒井泰斗・浦野茂・前田泰樹・中村和生・小宮友根…” https://t.co/0oTJboW1Qn
佐野正博(1987)「科学の連続性と合理性」科学哲学 20 / 1件のコメント https://t.co/jd9bpULVfy “CiNii 論文 -  科学の連続性と合理性” https://t.co/yayI2DOyJt #科学哲学 #合理性
佐野正博(1987)「科学の連続性と合理性」科学哲学 20 / 1件のコメント https://t.co/jd9bpULVfy “CiNii 論文 -  科学の連続性と合理性” https://t.co/yayI2DOyJt #科学哲学 #合理性
伊勢田哲治(2001)「科学的合理性と二つの「社会」概念」情報文化研究 (14), 27-42, 2001-10 https://t.co/luABehrdI3 / 1件のコメント https://t.co/8qnc9mN8Fu “CiNii 論文 -  科学的合理性と二つの「社会」概念” https://t.co/xVRYfzLhUE #社会学 #科学社会学 #Merton #SSK
伊勢田哲治(2001)「科学的合理性と二つの「社会」概念」情報文化研究 (14), 27-42, 2001-10 https://t.co/luABehrdI3 / 1件のコメント https://t.co/8qnc9mN8Fu “CiNii 論文 -  科学的合理性と二つの「社会」概念” https://t.co/xVRYfzLhUE #社会学 #科学社会学 #Merton #SSK
山崎博敏(1982)「科学の生産性とその階層化過程:「マタイ効果」の基礎理論」広島大学 大学論集 11 / “山崎博敏(1982)「科学の生産性とその階層化過程:マタイ効果の基礎理論」広島大学 大学論集 11 - CiNii論文” https://t.co/kdO6h35T97 #社会学 #科学社会学 #Merton #社会学史 #社会学史講義
もう一つの論文も、メールで馬部氏に対し頑なに自説を主張する人に対する丁寧な反論だった。色々な人に絡まれておられるなあ…… ⇒馬部隆弘 「中近世移行期における淀川流路の変化 : 岡・禁野・磯島周辺を対象に」 『大阪大谷大学歴史文化研究』20 2020/3 https://t.co/fCCk6Iwb4b
これか。 CiNii 論文 -  『天の磐戸』日食候補について https://t.co/unPU8Z3jyv 『天の磐戸』日食候補について 国立天文台報, 13巻, 88 - 99, 2010 (谷川清隆, 相馬 充) https://t.co/bMbatLPbEp PDFあり。
筆者たちの調査(1986年)によると、日本の医学雑誌561誌のうち、全掲載論文が投稿論文からなるのは244誌(44.6%)、依頼論文だけからなるのは33誌(6.0%)とある。 https://t.co/rtwjMhdlB1
ルーマンのパブリック・イメージについて検討すべく資料を漁っていたんだけど、人類史に的に考えても特筆に値する木前利秋先生のこの最悪の書評を忘れてはいけませんね。 https://t.co/Q1bgMomweb
二村太郎・荒又美陽・成瀬厚・杉山和明 2012「日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか―英語圏と日本における受容過程の比較検討から」『E-journal GEO』日本地理学会 https://t.co/dvHOtvtcCT pdf 「「…植民地主義…や差別構造の構築など、人間社会…の影響力が…加味されてい」ない」226
夜のお仕事用。/中島貴子(2005)「森永ヒ素ミルク中毒事件50年目の課題」 社会技術研究論文集 3, 90-101, 社会技術研究会 / “CiNii 論文 -  森永ヒ素ミルク中毒事件50年目の課題” https://t.co/1myGWSG4xE #哲学講義 #STS
伊藤高史(2019)「社会システム理論から考えるジャーナリズムの機能:ジャーナリズムはなぜ「今(現在)」を伝えようとするのか?」 評論・社会科学128, 21-38, 同志社大学社会学会 / “CiNii 論文 -  社会システム理論から考えるジャーナリズムの機能 : ジャーナリズムはなぜ…” https://t.co/yV3IBl5Mgj
『混沌の共和国』読んでるけど、おもろいな……鈴木重周さんの以前の論考もめちゃくちゃ面白いからみんな読んだ方が良い。捻れた愛国心の問題考える上でとても有益です、マジで。以下リンクでPDFあるからさ! » ドレフュス事件期の反ユダヤ主義とジャーナリズム https://t.co/Ok2pG6QxA7
サイケデリック、ヒューマン・ポテンシャル、エクスタシー、エンハンスメント/渡邊拓哉(2012)「再魔術化の文化研究:20世紀後半期における自己変容の技術と欲望」 博士論文(名古屋大学) / “CiNii 博士論文 - 再魔術化の文化研究 : 20世紀後半期における自己変容の技術…” https://t.co/J8l0IuOS8Z
まさに初年次教育の文章表現科目で先行研究をマトリクスにまとめるというレビュー論文を作成するという実践をしましたが、高レベルすぎたので今は文献間の比較を非常に簡単なものにしました。2・3年次演習でやってくれたらかなり力はつくと思います https://t.co/l43nI9CFXN https://t.co/7kOVajd5jx
種村 剛, 科学技術コミュニケーション 24, 2018./『概念分析の社会学』を(わりと大々的に)参照していただいております。ありがとうございます。 / “72239” https://t.co/b2R0T19g1K #EMCA #CAE
シャルルマーニュがトレンドに上がっていたのでどうしたのかと思ったら、FGO だったようだ。時間が掛かりそうなのでやってないのだが、松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」でも言及されていたし、どんなものか知るために少し触るべきか。 https://t.co/JIqxhBKg9T
改革の前の時代に出たこの論文を見るとまた興味深いことがわかる。成均館大学校は李王朝の中心的高等教育機関だったが、日本による植民地時代は困難を体験し、戦後にはソウル大学に地位を奪われ、一私立大学として出発せねばならなかったようだ。 https://t.co/2ISXLmYTQH
ちなみに大庭健氏がらみではこういう史料紹介がありまして。ご関心の向きはどうぞ。CiNii 論文 -  湯浅治久「土佐山内氏家臣大庭氏の中世系譜認識と「軌跡」 : 大庭健氏蔵『大庭氏世系図』の紹介を兼ねて」 https://t.co/1MTdvodmKo #CiNii
森脇江介氏(https://t.co/P6NbLzgSpv)などが登壇してしかるべきでは? 「科研費100周年記念シンポジウム」11月5日「科研費の発展の歩みを総括するとともに、…日本の学術研究の振興に関する理解の増進を図るため、…記念シンポジウムを開催いたします」 https://t.co/Z3S1bkfC3K
以前に『日本物理学会誌』に書いたこの記事が、現役の物理屋さんに激賞されていたのを知った。心の底から嬉しい。|CiNii 論文 -  歴史の小径 誌上展示・理化学研究所の歩み1917~48年 https://t.co/iACdgwjtTt

39 0 0 0 OA 正チャンの其後

国立国会図書館デジタルコレクションのIIIF対応、古典籍資料に限らず著作権保護期間満了なら対象なのか! 例えば『正チャンの其後』https://t.co/RtqJwIanOf を各種IIIFビューワで開くと、Mirador https://t.co/fVpwhhsjss 、UV https://t.co/Ol65Tfl9xz 、ICV https://t.co/cqMFHX3rmZ のようになる。 https://t.co/Pp3ygBomjX
今日は百科全書研究会で、井田尚さんの下記の論文を踏まえてのご発表を伺った。この先の展開が楽しみなわくわくする内容だった/ 井田尚「『百科全書』の無署名項目IGNORANCEの引用群とディドロの痕跡」 https://t.co/w6oGnwBAZF
どうやら「特集:一橋におけるフーコー研究」的なものが必要でありそう。 / “藤田公二郎(2014)「『権力の系譜学』のために」 哲学 2014(65), 27…” https://t.co/UAF80PLNGj #lec #Hacking #Foucault #哲学 #Macht
小売・飲食業の深夜営業に関する動向『ISSUE BRIEF』965号, 2017.06.08. https://t.co/icvaHqGpLb #NDL調査局今月のトピック #働き方改革
「情報管理」誌休刊のお知らせ https://t.co/LJzH0naUyN ”本誌を取り巻く環境の変化に鑑み,このたび2018年(平成30年)3月(60巻12号)をもって休刊することといたしました。”
やっぱり面白い。 CiNii 論文 -  Frege的論理と非Frege的論理 https://t.co/hjGqMeGgwf #CiNii
ちょうど今、東ロボ本執筆中。2012年の段階でプロジェクトをどう位置付けていたかを書いたもの(AI学会特集号)が出てきた。ご関心があれば。 https://t.co/2sPLfz4PFm
「図書館における廃棄 : 基本的な考え方と実際 (<特集>ザ・廃棄)」 https://t.co/AwW83cR9Vn 仁愛女子短期大学図書廃棄要綱 1 .目的 古い図書を学生が利用した場合に, ものによっては陳腐な知識あるいは誤った知識を得る恐れがあるので, これを防ぐため。 https://t.co/Fw1vz19cOH
2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSNy6evmK7

3 0 0 0 政策科学

ほとんどの大学にないではないか。 / “吉村融・編著(1981)『政策科学:活力ある行政への挑戦』(旺文社 ラジオ大学講座) - CiNii 図書” http://t.co/KnwFnAv22s #PTS #BehavioralSciences #PolicySciences

3 0 0 0 OA 社会人の誕生

[誰か読んで] あったよ〜 / “杉森孝次郎(1922/大正11)『社会人の誕生』(隆文館) - 近代デジタルライブラリー” http://t.co/Ue5yQKXK6y
あ、大谷さんだ:科学の不正行為と盗作の文学史 https://t.co/5B68mBlw
http://t.co/cXIRpiqa あ、宇井純さんの「公害問題に現れた科学的方法論の限界」(1980年)はこれです。
RT @sumidatomohisa: 小笠原真(1992)「Robert K. Merton研究 -アメリカ社会学史の一節」『奈良教育大学紀要(人文・社会科学)』41. B! http://ci.nii.ac.jp/naid/120001700108/

フォロー(632ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
RT @OTsho: クリニカルリーズニングの概念分析の研究(Maruyama et al 2021)で使った、「概念分析」という手法は、作業療法領域ではまだまだ少ないです。 次の文献がわかりやすいのでおすすめです。 CiNii 論文 -  概念分析の手法についての検討--概念…
RT @dripping_out: 鎌田大資(2021)「ジョージ・H・ミードの社会的自己論とドイツ観念論哲学 : 初期シカゴ学派社会学の忘れられた一側面をめぐって」『椙山女学園大学研究論集 社会科学篇』(52) https://t.co/wDeP51yxig
RT @UN_Press: 【書評】戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉宣言!――哲学×心理学による知のエンジニアリング』 『科学哲学』に掲載(第53巻第2号、2020年、日本科学哲学会、植原亮氏評)。 *書評⇒ https://t.co/d9MKW3bK6P *書誌情報…
RT @lessor_tw: これが2002年。同じようなタイトルで同年の『社会福祉研究』にも投稿論文がある。ここからの20年こそが社会学的には面白いと思うのだけれど…。 小川英彦, 2002, 「「療育」概念の展開過程に関する一考察」『教養と教育』愛知教育大学, 2: 47…
RT @ShigeruTaguchi: 西郷甲矢人さんとの共著『〈現実〉とは何か』(筑摩選書)の北島雄一郎さんによる書評が『科学哲学』に出ました。 https://t.co/LkthalXbE4 初めての本格的な書評であり、本書の議論を深く捉えてさらに敷衍するような素晴らしい叙…
RT @UN_Press: 【書評】戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉宣言!――哲学×心理学による知のエンジニアリング』 『科学哲学』に掲載(第53巻第2号、2020年、日本科学哲学会、植原亮氏評)。 *書評⇒ https://t.co/d9MKW3bK6P *書誌情報…
RT @janip_pr: 小鳥の雑音回避パラダイムを用いたさえずり学習についての総説です。https://t.co/gZqkMrEnCn @ro_tachiさんに先を越されてしまい、すでにご自身で論文の概要を紹介されています。
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大場博幸 「非モテ独身男性をめぐる言説史とその社会的包摂」 『教育學雑誌』57 (2021) https://t.co/9Mv27akyRg
RT @tanosensei: ヒムラーのミンスク視察の意義を考察した拙稿「ミンスクの藪の中:ホロコースト加害者の語りが照らし出すこと」が公開されました。DLはこちらから。 https://t.co/MDzxy3Jd47
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【アメリカ】コロナ下における連邦議会下院の遠隔審議の継続 https://t.co/upbj30196D
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【フランス】再度の公衆衛生上の緊急事態について定めるデクレと法律 https://t.co/EW12yfr0hO
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【ドイツ】コロナパンデミック対策―倒産防止、税務申告の期限延長、現金給付拡充、医師支援、在宅勤務、入国規制、ウイルス解析― https://t.co/sszV…
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【 E U 】新型コロナウイルス復興基金設立規則の公布 https://t.co/PuKeQwP1bJ
昨日の授業の後半で、昨年4月に書いたこれ https://t.co/yDy6sFXKfj をネタにして、1年後の今を振り返ってみた。ワクチン以外はあると思う。この国は1年間、同じことを繰り返し、世界の実態には追いついていない。やはり政府と行政の質が問題なのだ。そういう人々に任せている私たちも問題なのだが。
アメンボ科昆虫 における走光性 の季節 的変化  https://t.co/q71Hav9f1i
RT @archerknewsmit: 北海道大学アイヌ・先住民研究センターの新しい研究紀要『アイヌ・先住民研究』第1号です。国際編集諮問委員会に私の師匠、リチャード・シドル先生がいます!https://t.co/Nd5ShXdmWu https://t.co/AOocn0f8…
RT @segawashin: 記事中にある市役所OB→大学事務局長→副学長という異例出世の砂原雅夫氏が、昨年下関市大から論文を出していた。学位論文にして箔でもつけさせるつもりかな…。https://t.co/ami8OGDbCI / “変貌する下関市立大学への危惧 2年間で3…
RT @JMSJ_metsoc: New Graphical Abstract of JMSJ now available online! https://t.co/5u6HyqMwLb Kikuchi, K., 2021: The Boreal summer intrase…
RT @VRStudioLab: 弊ラボの紹介が日本バーチャルリアリティ学会誌第25巻4号に掲載されました 賛助会員紹介 グリー株式会社 REALITY株式会社 GREE VR Studio Laboratory https://t.co/amFd3HYn1b #GREEV…

19 1 1 0 OA 摩擦の物理

@sekibunnteisuu 静止摩擦の微視的起源は様々な説が提唱されていると理解しています。 https://t.co/cZB8oxflkV 無論、いずれも実効的ポテンシャル極小点の曲率が極めて大きいとまとめることは可能ですが、力学の初学者に対してそれを「バネ係数が極めて大きいバネ」と称するのはかなりミスリーディングと思います。
RT @pass_around_mer: @biomasterchan @ItohMaki 元の論文を簡単に見つけられたのでシェアします。結論から言うと「痛みは殆どない」というのは間違いですね。 これを痛みが殆ど無いというなら、その医師のクリニックでは痛みの訴えを無視されること…
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…
鴻 浩介「アンスコムの実践的知識論:「それが理解するものの原因となるもの」」 『哲学』68 https://t.co/n7vMXzet9I
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…

フォロワー(1854ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @lessor_tw: これが2002年。同じようなタイトルで同年の『社会福祉研究』にも投稿論文がある。ここからの20年こそが社会学的には面白いと思うのだけれど…。 小川英彦, 2002, 「「療育」概念の展開過程に関する一考察」『教養と教育』愛知教育大学, 2: 47…
RT @Takashirouzu: つくばの四神門についてはこんな考察も.「つくばには四神相応のアイデアを取り入れた『都市ゲート』は有るのだが,実際の地形条件は四神相応を満たしているわけではない」【PDF】https://t.co/6PPjXZUoy2
RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
RT @OTsho: クリニカルリーズニングの概念分析の研究(Maruyama et al 2021)で使った、「概念分析」という手法は、作業療法領域ではまだまだ少ないです。 次の文献がわかりやすいのでおすすめです。 CiNii 論文 -  概念分析の手法についての検討--概念…
RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
RT @dripping_out: 鎌田大資(2021)「ジョージ・H・ミードの社会的自己論とドイツ観念論哲学 : 初期シカゴ学派社会学の忘れられた一側面をめぐって」『椙山女学園大学研究論集 社会科学篇』(52) https://t.co/wDeP51yxig
RT @UN_Press: 【書評】戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉宣言!――哲学×心理学による知のエンジニアリング』 『科学哲学』に掲載(第53巻第2号、2020年、日本科学哲学会、植原亮氏評)。 *書評⇒ https://t.co/d9MKW3bK6P *書誌情報…
RT @nekonoizumi: 赤阪俊一先生の「カール禿頭王は本当に禿げていたか」は、ヨーロッパの中世において頭髪が持っていた象徴的な意味や、容姿と男性性の関係など当時のジェンダーにまつわる議論もある面白い論文です。>RT PDFあり。 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』1…
RT @ShigeruTaguchi: 西郷甲矢人さんとの共著『〈現実〉とは何か』(筑摩選書)の北島雄一郎さんによる書評が『科学哲学』に出ました。 https://t.co/LkthalXbE4 初めての本格的な書評であり、本書の議論を深く捉えてさらに敷衍するような素晴らしい叙…
RT @lessor_tw: これが2002年。同じようなタイトルで同年の『社会福祉研究』にも投稿論文がある。ここからの20年こそが社会学的には面白いと思うのだけれど…。 小川英彦, 2002, 「「療育」概念の展開過程に関する一考察」『教養と教育』愛知教育大学, 2: 47…
RT @ShigeruTaguchi: 西郷甲矢人さんとの共著『〈現実〉とは何か』(筑摩選書)の北島雄一郎さんによる書評が『科学哲学』に出ました。 https://t.co/LkthalXbE4 初めての本格的な書評であり、本書の議論を深く捉えてさらに敷衍するような素晴らしい叙…
RT @UN_Press: 【書評】戸田山和久・唐沢かおり編『〈概念工学〉宣言!――哲学×心理学による知のエンジニアリング』 『科学哲学』に掲載(第53巻第2号、2020年、日本科学哲学会、植原亮氏評)。 *書評⇒ https://t.co/d9MKW3bK6P *書誌情報…
@hhayakawa @NobuKawai そうなんですね。π0 -> 2γ がプローブに。 「中性π中間子の崩壊ガンマ線:(中略)日本の早川幸男が星間物質からの中性π中間子崩壊ガンマ線の検出を提唱し,後にガンマ線天文学が生まれることになった」 https://t.co/FMsRopMuo7 確か一度だけ、遠方から早川幸男先生のお姿をお見かけしたことあり。
ということで訂正が必要。「2008年に打ち上げ...フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡...超新星残骸において宇宙線陽子が加速されている明確な証拠...裏付ける結果...決定的な検証は2020年代に本格稼働する次世代の大気チェレンコフ望遠鏡Cherenkov Telescope Array(CTA)」で可能。 https://t.co/FMsRopMuo7
銀河系外から地球に飛来する宇宙線の起源は、「活動銀河核すなわち銀河の中心部にある超巨大ブラックホールが候補天体としてあげられるが,今のところ,説得力のある証拠は得られていない.一方,銀河宇宙線については「超新星残骸起源説」が標準的な学説として広く受れ」 https://t.co/FMsRopMuo7
RT @hhayakawa: @y_mizuno @NobuKawai https://t.co/totUWwUqYm に解説があります。昔から良く知られています。
RT @ryotaiino: 生物物理誌の巻頭言に寄稿させて頂きました。よろしければご一読ください。 「生きものが機械でもいいじゃない」 https://t.co/HG9srEz13e pdf直リンク https://t.co/L57nojsQKv https://t.co/J…
RT @ryotaiino: 生物物理誌の巻頭言に寄稿させて頂きました。よろしければご一読ください。 「生きものが機械でもいいじゃない」 https://t.co/HG9srEz13e pdf直リンク https://t.co/L57nojsQKv https://t.co/J…
RT @janip_pr: 小鳥の雑音回避パラダイムを用いたさえずり学習についての総説です。https://t.co/gZqkMrEnCn @ro_tachiさんに先を越されてしまい、すでにご自身で論文の概要を紹介されています。
RT @ro_tachi: 動心研に出した和文総説が早期公開されてました。小鳥のさえずり学習研究について、最新動向をまとめたものです。 https://t.co/Picx8KD6nS
「日本原子力学会誌コラム」ってこれか。 "徳島文理高等学校3年 松本 杏奈" 東京のスダチ https://t.co/kMkp0sgnCA
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大場博幸 「非モテ独身男性をめぐる言説史とその社会的包摂」 『教育學雑誌』57 (2021) https://t.co/9Mv27akyRg
CiNii 論文 -  ソヴィエト・ロシアにおける史跡・文化財保護運動の展開 : 情熱家から「社会団体」VOOPIKに至るまで https://t.co/LPP8QD60TH #CiNii
CiNii 論文 -  文化財教育--文化財保護思想を育むために https://t.co/IRXR9EFB8w #CiNii
CiNii 論文 -  「地域文化財」の思想と博物館の創造 (特集 歴史研究と文化財) https://t.co/wlUMOr060m #CiNii
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大場博幸 「非モテ独身男性をめぐる言説史とその社会的包摂」 『教育學雑誌』57 (2021) https://t.co/9Mv27akyRg
CiNii 論文 -  弥生時代大規模集落の評価:大阪平野の弥生時代中期遺跡群を中心に https://t.co/AHZKuzjXWc #CiNii
CiNii 論文 -  近年の「祭殿(神殿)」説について:主として宮本長二郎説に対する検討 https://t.co/PbCzIMrwuZ #CiNii
CiNii 論文 -  韓半島の初期青銅器文化と初期弥生文化 : 突帯文土器と集落を中心に (農耕社会の成立と展開 : 弥生時代像の再構築) https://t.co/opHl8N6uNf #CiNii
CiNii 論文 -  伊勢神宮棟持柱の古材転用(<連載>すごい〇〇! 第12回) https://t.co/vXtSSQxiI3 #CiNii
CiNii 論文 -  関東地方における弥生時代農耕集落の形成過程 https://t.co/IzFIUNxfwa #CiNii
CiNii 論文 -  唐古・鍵遺跡第74次調査:大型掘立柱建物の検出 https://t.co/4Pr0COufHb #CiNii
CiNii 論文 -  010 太陽にむかう舟 池上曽根遺跡・大型堀立柱 建物の復原 https://t.co/rJ333oGYWJ #CiNii
CiNii 論文 -  9053 棟持柱のある古墳時代の高床倉庫の遺構 : 竜野市揖西町北沢遺跡の事例 https://t.co/xdxkt0j9hN #CiNii
CiNii 論文 -  棟持柱をもつ掘立柱建物の構造復原 https://t.co/N4w5m046Gf #CiNii
CiNii 論文 -  独立棟持柱建物と祖霊祭祀 (縄文・弥生集落遺跡の集成的研究) -- (弥生時代の集落論) https://t.co/Ogw8wV61Jq #CiNii
CiNii 論文 -  弥生・古墳時代の独立棟持柱建物に関する考察 https://t.co/hrBd8ur3dj #CiNii
RT @tanosensei: ヒムラーのミンスク視察の意義を考察した拙稿「ミンスクの藪の中:ホロコースト加害者の語りが照らし出すこと」が公開されました。DLはこちらから。 https://t.co/MDzxy3Jd47
RT @KojimaYoshikazu: 【お知らせ】ロザリンド・ギル(児島功和・竹端寛訳)「沈黙を破る:新自由主義化する大学の‟隠された傷”」『法学論集』87、2021年。たびたび申し訳ありません。学術コミュニティに少しでも寄与したいという気持ちで作業したものです。多くの方に…
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【アメリカ】コロナ下における連邦議会下院の遠隔審議の継続 https://t.co/upbj30196D
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【フランス】再度の公衆衛生上の緊急事態について定めるデクレと法律 https://t.co/EW12yfr0hO
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【ドイツ】コロナパンデミック対策―倒産防止、税務申告の期限延長、現金給付拡充、医師支援、在宅勤務、入国規制、ウイルス解析― https://t.co/sszV…
RT @NDLJP: 『#外国の立法』No.287-1を掲載しました。 #小特集 #新型コロナウィルス感染症対策(8) 【 E U 】新型コロナウイルス復興基金設立規則の公布 https://t.co/PuKeQwP1bJ
昨日の授業の後半で、昨年4月に書いたこれ https://t.co/yDy6sFXKfj をネタにして、1年後の今を振り返ってみた。ワクチン以外はあると思う。この国は1年間、同じことを繰り返し、世界の実態には追いついていない。やはり政府と行政の質が問題なのだ。そういう人々に任せている私たちも問題なのだが。
税金を払わない大企業リストの公表(2014年11月) https://t.co/b0HsXgEBUp
アメンボ科昆虫 における走光性 の季節 的変化  https://t.co/q71Hav9f1i
RT @hi_masai: 小林昭七先生による「数学論文の書き方(英語編)」 https://t.co/MOwFglbsGQ 冠詞の使い方など、勉強になりました。辞書を引く大切さも。 学生の頃、検索ヒット数で英語を調べていたら 「辞書を引きなさい。多数決で正しさを決めるのは科…
RT @archerknewsmit: 北海道大学アイヌ・先住民研究センターの新しい研究紀要『アイヌ・先住民研究』第1号です。国際編集諮問委員会に私の師匠、リチャード・シドル先生がいます!https://t.co/Nd5ShXdmWu https://t.co/AOocn0f8…
RT @archerknewsmit: 北海道大学アイヌ・先住民研究センターの新しい研究紀要『アイヌ・先住民研究』第1号です。国際編集諮問委員会に私の師匠、リチャード・シドル先生がいます!https://t.co/Nd5ShXdmWu https://t.co/AOocn0f8…
RT @NDLJP: 立法調査資料『#調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1147「ふるさと納税の現状と課題―返礼品競争への対応と残された課題―」(PDF:533KB)を掲載しました https://t.co/H72gYFtQux
(甲状腺がん)ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常の頻度が高くなるという報告がなされ,ヨード摂取量が高いとされる我が国ではこれも注目される. #甲状腺がん https://t.co/kxgPRTUETV
(甲状腺がん)BRAF遺伝子異常は臨床上も悪性度と相関があるとする報告があり,特に甲状腺外浸潤,リンパ節転移,進行度,再発率との関連が報告されている  #甲状腺がん https://t.co/kxgPRTUETV
(甲状腺がん)RET/PTCが放射線照射に特異的とは言えず,RET/PTCは単に若年発症と関連がある可能性が高い https://t.co/kxgPRTUETV
CiNii 論文 -  埋蔵文化財発掘調査機関における熱中症予防対策実施状況 https://t.co/enztzF3Bik #CiNii
CiNii 論文 -  民間埋蔵文化財発掘調査会社における労働安全衛生管理の実態 https://t.co/jFjAUax9fP #CiNii
CiNii 論文 -  現代公衆衛生の思想的基盤 https://t.co/XPElo3FRwk #CiNii
CiNii 論文 -  近代日本の公衆衛生・労働衛生思想における体力観 https://t.co/hykxgHJMJ3 #CiNii
CiNii 博士論文 - 安全運動の思想史的研究 : 蒲生俊文と安全第一の誕生 https://t.co/8l7nz5toPH #CiNii
RT @twremcat: #厚生労働省 の出してくる「統計」がどれくらい無茶苦茶かは https://t.co/eTkX0OsB0m 「毎月勤労統計調査の諸問題」 参照
RT @M123Takahashi: Y,X1,X2が,添付の図の関係にあるとします.X1からYへの効果を知りたいとき,X2は中間変数なので,モデルに入れてはいけません.一方,X2からYへの効果を知りたいとき,X1は交絡因子なので,モデルに入れなければいけません.詳しくは,岩崎…
RT @LGBTQA_Article: 【L/LGBT】堀江有里「異なる被差別カテゴリー間に生じる<排除>と<連帯> 在日韓国/朝鮮人共同体における「レズビアン差別事件」を事例に」生存学研究センター報告 14号 立命館大学生存学研究センター https://t.co/UQ8jx…
RT @BungakuReportRS: 古市 将樹 - 三筆三蹟はなぜ三筆三蹟なのか (1)三筆三蹟の語られ方について 【本論でおこないたいのは、「三筆」「三筆」という呼称ができ て、他の能書を三筆・三蹟から区別(分節)する記号として作用したという指摘である】 https…
佐伯仁志「判批」医事法判例百選(初版)(2006年) 5頁は、その行為自体は危険でないが、後になってされる処置の基礎となって不適切な処置を誘発したり、将来における医師の適切な処置の機会を奪ったりしてしまうことによって生じる間接的・消極的危険として位置づけている。 https://t.co/wQDogbMxXU
,小林・前掲 ジュリスト 1167号128頁参照。 医事刑法の序論的考察(2・完) 著者 山中 敬一 雑誌名 關西大學法學論集 巻 61 号 4 ページ 910-962 発行年 2011-11-30 https://t.co/63aGg7MjJy
RT @segawashin: 記事中にある市役所OB→大学事務局長→副学長という異例出世の砂原雅夫氏が、昨年下関市大から論文を出していた。学位論文にして箔でもつけさせるつもりかな…。https://t.co/ami8OGDbCI / “変貌する下関市立大学への危惧 2年間で3…
RT @M123Takahashi: Y,X1,X2が,添付の図の関係にあるとします.X1からYへの効果を知りたいとき,X2は中間変数なので,モデルに入れてはいけません.一方,X2からYへの効果を知りたいとき,X1は交絡因子なので,モデルに入れなければいけません.詳しくは,岩崎…
RT @JMSJ_metsoc: New Graphical Abstract of JMSJ now available online! https://t.co/5u6HyqMwLb Kikuchi, K., 2021: The Boreal summer intrase…
RT @VRStudioLab: 弊ラボの紹介が日本バーチャルリアリティ学会誌第25巻4号に掲載されました 賛助会員紹介 グリー株式会社 REALITY株式会社 GREE VR Studio Laboratory https://t.co/amFd3HYn1b #GREEV…
CiNii 論文 -  アジア的生産様式論について https://t.co/0RZTGptAQe #CiNii
CiNii 論文 -  マルクス主義と奴隷制をめぐる諸問題(2)隷属の多様性について https://t.co/lVz9it0qZD #CiNii
CiNii 論文 -  マルクス主義と奴隷制をめぐる諸問題 https://t.co/zZXDVc7Pji #CiNii
CiNii 論文 -  階級社会形成に関する学説史的検討(Ⅳ) https://t.co/65fNvEIP5u #CiNii
小川太郎(教育学者) https://t.co/Fn3wPMiq5k わが国における1950年代の教育科学論-3-教育構造論争の分析-下- https://t.co/pk8EVLGJwj https://t.co/KLcDQDuKhi
CiNii 論文 -  縄文・弥生・古墳時代の土木技術:土質工学からみた古代土木技術 https://t.co/sGhRK2drSM #CiNii
CiNii 論文 -  <論説>形成期の土地共同体 (特集 : 共同体の諸問題) https://t.co/cVJ5CMwJqj #CiNii
CiNii 論文 -  社会理論における存在と意識 https://t.co/s9XH5vPYD9 #CiNii
CiNii 論文 -  上部構造・下部構造論への一考察 https://t.co/sPJ7Mii0NL #CiNii
CiNii 論文 -  マルクス主義と水の理論 https://t.co/NomaLZ32in #CiNii
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒野村育世 「有田焼の創始者 : 百婆仙についての基礎的研究」 『日本研究』第62集 https://t.co/KNnt0Knv5l
https://t.co/taGPmns05H:監視カメラの映像から「違和感」を検出する技術、特許出願へ https://t.co/6PQK6PiFMb 監視カメラにおける映像認識の動向 https://t.co/HBEf436KxV
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒野村育世 「有田焼の創始者 : 百婆仙についての基礎的研究」 『日本研究』第62集 https://t.co/KNnt0Knv5l
RT @parasite2006: https://t.co/amV0xYHIP1 ひょっとして、と思ってリンク先の論文https://t.co/JX61ZWXpt5 (掲載は日本疫学会の公式英語論文誌。無料で読めます)を見に行ったら、ラストオーサーが西浦先生だった。
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…

19 1 1 0 OA 摩擦の物理

@sekibunnteisuu 静止摩擦の微視的起源は様々な説が提唱されていると理解しています。 https://t.co/cZB8oxflkV 無論、いずれも実効的ポテンシャル極小点の曲率が極めて大きいとまとめることは可能ですが、力学の初学者に対してそれを「バネ係数が極めて大きいバネ」と称するのはかなりミスリーディングと思います。
RT @pass_around_mer: @biomasterchan @ItohMaki 元の論文を簡単に見つけられたのでシェアします。結論から言うと「痛みは殆どない」というのは間違いですね。 これを痛みが殆ど無いというなら、その医師のクリニックでは痛みの訴えを無視されること…
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…
鴻 浩介「アンスコムの実践的知識論:「それが理解するものの原因となるもの」」 『哲学』68 https://t.co/n7vMXzet9I

21 1 1 0 OA 夭怪着到牒 2巻

国会図書館デジタルコレクション『夭怪着到牒』より。 https://t.co/LCQjghxDNT
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…
RT @ykfrs1217: クラスター班に属するGIS専門家から(古瀬は含まれません)、「"夜間に人が集まる場所"の人流変化が、ほかの場所よりも流行状況(≈Rt)とより強く相関しましたよ」という論文がでましたhttps://t.co/0eafyOpL4e × ほら、夜の街が…