住田 朋久 (@sumidatomohisa)

投稿一覧(最新100件)

European Commission 2018 "Hydrogen Society (Japan): Case Study Report" (Mission-oriented R&I policies) https://t.co/nL0bph90E2 徳丸宜穂 2020「二つの「ミッション指向型イノベーション政策」の思考と政策形成」『Trans/Actions=とらんす・あくしょんず』 https://t.co/Kv87kip8C5
RT @contractio: 米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXG…
RT @contractio: 米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXG…

72 72 72 0 OA 日蓮の国へ

RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @asarin: 心理学研究・早期公開論文 木下 冨雄 深層防護とリスクコミュニケーション ──大規模感染症に対する社会心理学からの貢献── https://t.co/RC4AU8GSZ3 リスコミ研究の泰斗である木下先生がご経験を踏まえて執筆された意見論文です.どうぞお…
RT @foxmonkey0414: 2014年の人工知能学会誌の表紙の件、最初の表紙イラストに「意味」が付与されたのは炎上の後。 炎上後に表紙問題にどう対応するべきか、編集委員会で議論を重ねて、その後の表紙でストーリをつけたんですよ。 編集委員だった坊農氏が顛末を報告されてい…
RT @NahokoTokuyama: 今年7月の日本霊長類学会で行った自由集会「大型類人猿と人の関わりの変遷:過去・現在・そして未来に向けて」の報告が霊長類研究に公開されました(オープンアクセス)。 https://t.co/itabO9KRcl
加納諸平・神野易興編『紀伊国名所図会 後編 巻之一 若山補遺』平井五牸堂、1851年、ホ13裏、14表。 https://t.co/jByALP35Va https://t.co/XbiYYZaXmS https://t.co/GSHd0Wi2jo
RT @MValdegamas: 小松香織「トルコにおける親日観の源流」『学術研究 : 人文科学・社会科学編(早稲田大学)』69(2021年3月)https://t.co/3V8MB1m41Z 「非西洋で近代化に成功した日本」というステレオタイプが、日露戦争後の日本紹介本によっ…
RT @MValdegamas: 岡田努「鉄道オタク青年の対人行動と自己に関する探索的検討」『金沢大学人間科学系研究紀要』13(2021) https://t.co/lEdrAK9Nrh 【要旨:本研究は鉄道オタクと呼ばれる青年の対人行動や自己のあり方について,鉄道を趣味としな…
RT @Cristoforou: 「私としては、3 月22 日に本件について呉座氏本人に直接に抗議をし、加えて共著者の倉橋・辻田両氏とも意見を交換し、本件は本書の主張に反する許しがたい行為であるとの認識を共有しています」→前川先生と倉橋先生はともかく、辻田先生は全く共有してませ…

39 4 0 0 OA 游心録 : 随筆集

RT @nekonoizumi: 堀口九萬一、随筆集『游心録』は国会図書館デジタルコレクションで読めるけど、外交官ならではの随筆でもあり中々面白いのだ。 https://t.co/JN4DJBxZIo
RT @sumidatomohisa: 飯田豊(2010)「科学技術社会論とメディア論の協働に向けて」『福山大学人間文化学部紀要』10. http://ci.nii.ac.jp/Detail/detail.do?LOCALID=ART0009322817
RT @khargush1969: 矢島祐利(1989)「ガズナ王マフムードとアル・ビールーニー:アラビア科学研究ノ ート-14-」『科学史研究』28(169): 41-45. https://t.co/RYSZdaOquS 少し古いものだけれど矢島祐利先生のアラビア科学研究ノ…
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - 女性の頭髪の清潔について : 髪をめぐるジェンダー化された下位文化の形成とその身体化” https://t.co/QBNFBnYaxX 横山友子 大阪府立大学, 博士(人間科学), 甲第2054号, 2021-03-31
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - 〈1919~1945〉日本男性作家に築き上げられた中国女性像 : ジェンダー・主体性・ポストコロニアリズム” https://t.co/ebDqlGUDVU WANG, Yang 立命館大学, 博士(文学) , 甲第147…
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - 旅行案内書を主な分析資料とした温泉地域の近代化過程に関する研究 : 有馬温泉を事例として” https://t.co/aUfWVyhNkS 広瀬正剛 北海道大学, 博士(観光学), 甲第14420号, 2021-03-25
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - 近代日本宗教制度の類型的比較研究” https://t.co/KKhcXeWUNf 沖野大輔 国士舘大学, 博士 (政治学), 甲第60号, 2021-03-20
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - 寺院売薬の民俗学的研究” https://t.co/sZczgEEuDF 越川次郎 中部大学, 博士(言語文化学), 乙第30号, 2021-03-23
RT @nekonoizumi: 三浦裕子「博士論文 - バウムクーヘンの比較文化史的考察 : 15世紀のドイツから現代までのレシピの解読を中心に」 https://t.co/q7a9HsFKgF 九州大学, 博士(比較社会文化), 甲第15354号, 2021-01-3
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - バウムクーヘンの比較文化史的考察 : 15世紀のドイツから現代までのレシピの解読を中心に” https://t.co/9O3Y8S7bFr 三浦裕子 九州大学, 博士(比較社会文化), 甲第15354号, 2021-01-…
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - Wikipediaにおける学術文献の参照記述に関する研究” https://t.co/gt0xY5zsW0 吉川次郎 筑波大学, 博士(図書館情報学), 甲第9984号, 2021-03-25
RT @morita11: “CiNii 博士論文 - ファンタジー映画におけるジェンダー・人種・階級表象-『ハリーポッター』と『ロード・オブ・ザ・リング』を中心に-“ https://t.co/NKVrKqzPLQ 河慧柱 日本大学, 博士(芸術学), 甲第5687号, 20…
RT @tsysoba: 国際連合教育科学文化機関憲章発効75周年ということで検索したら発見。日本のユネスコ(UNESCO)加盟に至る経緯がよく分かる。戦後日本の国際社会復帰の契機になったと言われるのもなるほど。 / 神山晃令「日本ユネスコ加盟の側面」外交史料館報. 2021年…
RT @2013_ishitobi: 80-90年代の「校則問題」は、「服従けしからん派」と「自由けしからん派」が見かけ上対立しながら水掛け論を繰り返すという構図だよね、という論文を90年代に書いた覚えがあり… …で、四半世紀経って、いまの校則論議はどうなのかということですな……
RT @evil_empire1982: 池上高志『生命理論としての認知科学:減算と縮約の哲学をめぐって』 https://t.co/sPmnp6sBMU #CiNii
RT @kasamashoinRS: 半田 結 -  絵巻に見る「病のイメージ」―『日本絵巻大成』から― https://t.co/wrBWPkx0dw

4 0 0 0 OA 演説

RT @yakumoizuru: 『電氣學會雜誌』創刊号(1888)、榎本武揚(1836-1908)の演説から始まっている。 「私ハ元来物理学ヲ嗜ミ往年和蘭ニ留学致シ居リマシタ節ニモ海軍士官タル本業ノ余暇ニハ……」 https://t.co/r9RqpVLIvX https:/…
RT @idleness_venomy: なお、この「意見」は、学生との意見交換の結果らしい。 髙橋省吾「「裁判官の倫理」について」 https://t.co/pCgz4UVQMC
岡田道一校閲、熊本県女子師範学校附属小学校「国民学校学校給食の原理と実践」明治図書、1940年 https://t.co/xJnNMZU3XT いただきます 調理室(大釜) 調理室(食器棚) 運搬 配食 調理室(流し) 米つき室 https://t.co/wzfWGAfPCB https://t.co/j8ovfHwHHl
RT @sumidatomohisa: レストランぬのびき(京都府伊根町立本庄小学校) https://t.co/8WbSfO5VHO 熊本県女子師範学校附属小学校編『国民学校学校給食の原理と実践』1940 https://t.co/IyVbkleLpq 全文公開 風間トオル『…
RT @sumidatomohisa: 「その御用の命あれば、これを御汲湯と称え、二七戸の湯戸の主人、各自覆面をあて、長柄の柄杓をもって、新調の檜桶ふ、大湯の熱泉を汲み入れ」斎藤要人 1897『熱海錦嚢』33 高柳友彦 2006 https://t.co/NI8xBvbNft…
RT @sumidatomohisa: 『法然上人行状絵図』14世紀前半、第9巻第3図 如法経供養、1188年9月11日 『法然上人行状絵図2』1924 https://t.co/P6ZQfHJ11s https://t.co/70SFuVawFr https://t.co/I…

7 0 0 0 OA 栄花物語

福原敏男 1993「神事芸能の細男(せいのう)について」『国立歴史民俗博物館研究報告』 https://t.co/srm8mInfHF 『年中行事絵巻』巻9「祇園御霊会」12世紀後半 『転害会図絵』1776写、中世 『栄華物語』24巻「若枝」1030ころ 「御霊会の細男の手のごいして、かほかくしたる」 https://t.co/8Tb97CfonJ https://t.co/F4I07PeAxs
喜多村信節『嬉遊笑覧』1830 https://t.co/Vedp3uYeiY 1903 https://t.co/cyhEGAspU3 1932 「神功皇后〔201~269〕異国を征伐したまうとき磯良というもの覆面して舞える」 守屋磐村、山崎光子編『覆面考料』21の「磯良というものを被って」「男装で」は間違いです。 https://t.co/QqYK53utAR https://t.co/xDpWTCgtxz

11 0 0 0 OA 嬉遊笑覧

喜多村信節『嬉遊笑覧』1830 https://t.co/Vedp3uYeiY 1903 https://t.co/cyhEGAspU3 1932 「神功皇后〔201~269〕異国を征伐したまうとき磯良というもの覆面して舞える」 守屋磐村、山崎光子編『覆面考料』21の「磯良というものを被って」「男装で」は間違いです。 https://t.co/QqYK53utAR https://t.co/xDpWTCgtxz

1 0 0 0 OA 漢文叢書

『礼記』内則 「女子が門を出ずるには必ず面を壅蔽〔ようへい〕すべし」 守屋磐村、山崎光子編『覆面考料』17 「女子出門、必擁蔽其面」 https://t.co/aEhYm06Hhf https://t.co/qZapLC5rGR https://t.co/QqYK53utAR https://t.co/Au2EAVVE0C
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒稲岡 勝 「教科書トラスト帝国書籍会社の成立と崩壊(上)」 『書物・出版と社会変容』(26) (2021/2) https://t.co/vA4LEc1gLc
RT @nekonoizumi: 『国際開発研究』に「キングコング対ゴジラ」?と思ったら、世銀と日本の衝突のことが「キングコング対ゴジラ」と形容されたことがあったらしい。 下村恭民 「「キングコング対ゴジラ」の政策含意:―「もう一つの視点」の提示を試みた『東アジアの奇跡』の事…
「その御用の命あれば、これを御汲湯と称え、二七戸の湯戸の主人、各自覆面をあて、長柄の柄杓をもって、新調の檜桶ふ、大湯の熱泉を汲み入れ」斎藤要人 1897『熱海錦嚢』33 高柳友彦 2006 https://t.co/NI8xBvbNft 画:江崎孝坪(1904~1963)「七人の侍」衣装考証 https://t.co/dASVyMNqqZ https://t.co/RAvUd2XUpx
菅野成寛 2017「日本経塚信仰の起源と源流を探る―中国調査中間報告」『岩手大学平泉文化研究センター年報』 https://t.co/D1MLoFjAxK 「経塚の成立と展開を、日本にのみ限定的に考えてきた既往の研究はもはや意味を失っている。」78 「10、11世紀の中国大陸において…考案…」 https://t.co/70SFuVawFr https://t.co/CrmtstyI04
RT @han_org: 吉川さんのこの論文、ぼくはけっこう好きで、今でも2回生向けの講読の授業で使ったりしてるのだけど、バブル末期に書かれたことによる時代認識の呑気さについては学生に解説しないとダメなんだよね。/J-STAGE Articles - 現代社会における権威主義的…
RT @contractio: ZIPで送ってくれ。>誰か/池田嘉郎(2011)「書評 遅塚忠躬『史学概論』(東京大学出版会、2010年)」 19世紀学研究 (5), 147-153, 2011-03 新潟大学コア・ステーションI / 1件のコメント https://t.co/…
RT @contractio: ZIPで送ってくれ。>誰か/池田嘉郎(2011)「書評 遅塚忠躬『史学概論』(東京大学出版会、2010年)」 19世紀学研究 (5), 147-153, 2011-03 新潟大学コア・ステーションI / 1件のコメント https://t.co/…
RT @contractio: ZIPで送ってくれ。>誰か/ 野家啓一(2011)「「歴史の物語り論」への批判と反批判:遅塚忠躬『史学概論』をめぐって(歴史・社会叙述とテクスト)」 立正大学人文科学研究所年報. 別冊 (18), 61-70, 2011 / 1件のコメント ht…
RT @contractio: ZIPで送ってくれ。>誰か/ 野家啓一(2011)「「歴史の物語り論」への批判と反批判:遅塚忠躬『史学概論』をめぐって(歴史・社会叙述とテクスト)」 立正大学人文科学研究所年報. 別冊 (18), 61-70, 2011 / 1件のコメント ht…
『法然上人行状絵図』14世紀前半、第9巻第3図 如法経供養、1188年9月11日 『法然上人行状絵図2』1924 https://t.co/P6ZQfHJ11s https://t.co/70SFuVawFr https://t.co/IBioy20Xsf
RT @okisayaka: たとえば地方経済はインダストリー4.0とかスマートスペシャライゼーションなどの標語と共にイノベ政策に組み込まれて行ったのが欧州の十年間だった。その成果は今後の検証としても https://t.co/7NqD3eOgAV
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/Y…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒澤田次郎 「チベットをめぐる日本の諜報活動と秘密工作 ― 一八九〇年代から一九一〇年代を中心に―(一)」「同 (二)」 『拓殖大学論集. 人文・自然・人間科学研究』40(2018)/41(2019) https://t.co/Y…
RT @ma85003: https://t.co/qKn7ETdoR0 山崎正勝「初期ガリレオにおける弦の法則と加速運動」『科学史研究Ⅱ』1990年 > 最速降下問題をガリレオがどのように考えたかを知る文献のようだ。読んでみよう。
RT @khargush1969: 矢島祐利(1989)「ガズナ王マフムードとアル・ビールーニー:アラビア科学研究ノ ート-14-」『科学史研究』28(169): 41-45. https://t.co/RYSZdaOquS 少し古いものだけれど矢島祐利先生のアラビア科学研究ノ…
「RISTEXの第三者委員会である評価委員会は、2007年度…に実施した「安全安心」研究開発領域の評価の際に、「テーマ設定等計画段階からの充実」「国際的な視点」「社会への実装」を指摘した」福島杏子 2010: 91 https://t.co/iZ6IEf974C https://t.co/VloafEAXK9 https://t.co/4sZAZgxwey
RT @Cristoforou: この論文にある英文の訳で「女性が家にいた時が良い頃であった」(p. 9)っていうの、なんかヘンなだと思って見てみたら原文が'it was high time the women stayed at home.'だった…査読誌なんだから気付いて指…

26 0 0 0 OA 方言叢書

RT @nekonoizumi: ”日本ではじめて妖怪事典を出版”というのはこれですね。 『現行全国妖怪辞典』(1935年) 方言叢書. 第七篇 - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/AcvC8mG0w8
RT @hayakawa2600: アウシュビッツの人体焼却炉の件、最初に知ったのはこの論文だった。PDFでタダで読めます:フォルクハルト・クニッゲ編(柴嵜雅子訳)「「最終的解決」の技術者たち」:『国際研究論叢』(大阪国際大学紀要) 21(3), 149-164, 2008-0…
RT @sumidatomohisa: 胡 哈斯其木格(コ ハスチムガ) 2019「近代内モンゴルにおける医療衛生の移入と受容に関する研究―聖母聖心会・善隣協会・興蒙豪委員会を中心に」博士論文(宇都宮大学・国際学) pdf公開 https://t.co/2tJuly5zuz…

28 0 0 0 OA 新文典別記

RT @yhkondo: 『現代文解釈の基礎』の話だが、なぜあの本ができたかを考えると、日本語研究者が、教育に深く関与していた時代の名残だったという見方もあると思う。いわゆる橋本文法も単行の研究書としては存在していない。『新文典別記 上級用』という教師用指導書が一番の原典である…
RT @skasuga: 拙稿がオンライン公開されてたみたいです。学術会議問題の振り返りに資すれば…。 / “戦後史で振り返る「アカデミー」としての日本学術会議の意義” https://t.co/Jq9FNw50Oz
RT @katzkagaya: 生態学ではないけど、たとえばタッチパネルの機械的チャタリングを防ぐ回路、シュミットトリガー回路は、ヤリイカの巨大軸索での活動電位のメカニズムを研究していた生理学者オットー・シュミットがそのメカニズムに触発されて発明した。参考 https://t.…
RT @sumidatomohisa: 曉鐘成・山川澄成戯作、天保元人補刪『滑稽道中 伊勢参宮御影まいり』忠雅堂、1890年(初版1830年ころ) 鹿高(三重県名張市) 「こんなときに鹿のやの鼻ぶくろを持っていたら大当たりじゃのに」「かねて用意の鼻袋」81 https://t.…
RT @sumidatomohisa: 曉鐘成・山川澄成戯作、天保元人補刪『滑稽道中 伊勢参宮御影まいり』忠雅堂、1890年(初版1830年ころ) 鹿高(三重県名張市) 「こんなときに鹿のやの鼻ぶくろを持っていたら大当たりじゃのに」「かねて用意の鼻袋」81 https://t.…
神戸市初等教育研究会家事研究部編『学校を生活の場所としたる家事教育』帝国教育会出版部、1932年 https://t.co/w9Iok30hfb https://t.co/eOFitgGRKY 「中村ハル物語」 https://t.co/WoITkLoJFt https://t.co/zNohivxWnk https://t.co/Y8fkjaBhdi https://t.co/re4stesy1W
神戸市初等教育研究会家事研究部編『学校を生活の場所としたる家事教育』帝国教育会出版部、1932年 https://t.co/w9Iok30hfb https://t.co/eOFitgGRKY 「中村ハル物語」 https://t.co/WoITkLoJFt https://t.co/zNohivxWnk https://t.co/Y8fkjaBhdi https://t.co/re4stesy1W
中村ハル『郷土に立脚したる家事科の施設及指導の実際』啓文社書店、1932年 割烹の実習(神戸明親小学校・著者設計) https://t.co/LHsgyFYAKW 洗濯の実習(神戸明親小学校・著者設計) https://t.co/HpNOWWMRHs 園芸実習・蔬菜の栽培 https://t.co/59EjFX1Ufm 園芸実習・菊の手入 https://t.co/cQBZEckv5h
中村ハル『郷土に立脚したる家事科の施設及指導の実際』啓文社書店、1932年 割烹の実習(神戸明親小学校・著者設計) https://t.co/LHsgyFYAKW 洗濯の実習(神戸明親小学校・著者設計) https://t.co/HpNOWWMRHs 園芸実習・蔬菜の栽培 https://t.co/59EjFX1Ufm 園芸実習・菊の手入 https://t.co/cQBZEckv5h
中村ハル『郷土に立脚したる家事科の施設及指導の実際』啓文社書店、1932年 割烹の実習(神戸明親小学校・著者設計) https://t.co/LHsgyFYAKW 洗濯の実習(神戸明親小学校・著者設計) https://t.co/HpNOWWMRHs 園芸実習・蔬菜の栽培 https://t.co/59EjFX1Ufm 園芸実習・菊の手入 https://t.co/cQBZEckv5h
RT @morita11: “CiNii 論文 - チンパンジーが食べるアリを食べてみる:野生チンパンジー研究者のオートエスノグラフィ” https://t.co/f2hme0FiMD ※本文リンクあり
RT @MValdegamas: こちらの論文、 「日本再軍備の起源 : 米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」https://t.co/y3gnSikJHe 日本再軍備の停滞 : 米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月 http…
RT @MValdegamas: こちらの論文、 「日本再軍備の起源 : 米国政府内における検討の開始と頓挫,1946年~1949年」https://t.co/y3gnSikJHe 日本再軍備の停滞 : 米国政府による不決断の過程と要因,1949年9月~1950年8月 http…
RT @MValdegamas: 吉田真吾「日本再軍備の決定―米国政府による決断の過程と要因、一九五〇年七月~九月」『法学研究(慶應大学)』94:2(2021年2月)https://t.co/bmQdd9afsZ 読みました。朝鮮戦争と対日講和交渉の中で、米国側の様々なアクター…
RT @konoy541: この問題についてはとりあえず牧原憲夫先生の「万歳の誕生」を読みましょう。 https://t.co/LhW93g5IGs
海野十三『爆撃下の帝都 : 防空小説 空襲葬送曲』1932年 「お父さんのお誕生祝いにあげようと思って、ホラこれ! これをあげますよ。」…「一体、これは何だい。」「それは、ガスマスクですよ。毒ガスよけに使うマスクなんです。」 https://t.co/DPptgo2xnq https://t.co/HOSDb1l7R0 https://t.co/QS3cforcCq

1 0 0 0 OA 次の戦争

瓦斯マスク ガスマスク 粟屋関一『次の戦争』国際連盟協会、1922年 「最初に造ったマスクは口を覆うだけの粗末なもので紗のような布片を消毒液で浸しておいてそれをもって造ったものである。」 https://t.co/OpLsA14oVN https://t.co/ZXkfpNtmbV
RT @QbioTetsuya: 知り合いから、山本知幸さんが編纂した複雑系の歴史についての文章を教えてもらいました。日本の複雑系の歴史などをたどる貴重な資料です。私は基研複雑系や東京複雑系に参加できていないので、こちらのほうが遥かに正確ですhttps://t.co/rFuAw…

1 0 0 0 OA 国防叢書

帝国国防協会『国防叢書 日本の防空はどうする』 帝国国防協会出版部、1932年 https://t.co/084iThbzJp https://t.co/XGzBeHaHBG 防毒面 防毒具をつけて並んだ婦人たち(米国) https://t.co/3qWXAJ1XSR https://t.co/toDmJnB1m3

1 0 0 0 OA 国防叢書

帝国国防協会『国防叢書 日本の防空はどうする』 帝国国防協会出版部、1932年 https://t.co/084iThbzJp https://t.co/XGzBeHaHBG 防毒面 防毒具をつけて並んだ婦人たち(米国) https://t.co/3qWXAJ1XSR https://t.co/toDmJnB1m3

1 0 0 0 OA 国防叢書

帝国国防協会『国防叢書1 日本の防空はどうする』 帝国国防協会出版部、1932年 https://t.co/yAUO1weF3p 軍用防毒面 毒ガス防毒衣 防毒衣 防毒救護班の臨時救急所 毒ガス消毒隊 https://t.co/6cLmfa2Gfc https://t.co/oIpqij4FAi

2 0 0 0 OA 空襲!

保科貞次『空襲!』1931年 https://t.co/Nhu6QgdQgw 「毒ガスは防毒面〔マスク〕を装着することにより、これを防ぐことができるが、皮膚がただれるガスに対しては、防毒面、防毒衣袴、ゴム長靴および同手袋を装着し、さらし粉等を利用し、これを消毒しなければならぬ。」 https://t.co/xOMOIbSLEP https://t.co/9fQlqIWz2o
金子直編『青少年団必修防空訓練指針』日本魂社、1930年 https://t.co/8SpftKI00y https://t.co/6cLmfa2Gfc https://t.co/HG0jdFAe4k
https://t.co/ttdVrQFV1Z をDOIで表すことはできないでしょうか。たとえば、 https://t.co/0Z3ZINfb0U を https://t.co/6NATcARKBF としてアクセスできるとよいのですが。

17 0 0 0 OA 俚言集覧

鼻袋「公家衆廁などそのほか臭穢をさけんがために紫縮緬〔ちりめん〕などにてこしらい紐を両耳にかけて鼻をに覆う袋なり」 村田了阿編、井上賴圀・近藤瓶城増補『俚言集覧 下 に―を』皇典講究所印刷部、1900年(成立1797年ころ) https://t.co/J0H5WVaHDL https://t.co/eMldjvYKkY https://t.co/HqOTWkpLEe
曉鐘成・山川澄成戯作、天保元人補刪『滑稽道中 伊勢参宮御影まいり』忠雅堂、1890年(初版1830年ころ) 鹿高(三重県名張市) 「こんなときに鹿のやの鼻ぶくろを持っていたら大当たりじゃのに」「かねて用意の鼻袋」81 https://t.co/jKVB0n0IxT https://t.co/yijRV9nBI8 https://t.co/6cLmfa2Gfc https://t.co/U7UJUULmCI
曉鐘成・山川澄成戯作、天保元人補刪『滑稽道中 伊勢参宮御影まいり』忠雅堂、1890年(初版1830年ころ) 鹿高(三重県名張市) 「こんなときに鹿のやの鼻ぶくろを持っていたら大当たりじゃのに」「かねて用意の鼻袋」81 https://t.co/jKVB0n0IxT https://t.co/yijRV9nBI8 https://t.co/6cLmfa2Gfc https://t.co/U7UJUULmCI
RT @tanosensei: これです。面白いですよ。 CiNii 論文 -  「それいけ! アンパンマン」の社会学 https://t.co/B5JVtolW0g

7 0 0 0 OA 官報

RT @yakumoizuru: @sumidatomohisa マスク着用がどう広がったのか、とても気になります。製造の状況についてはなにか資料が残っているものでしょうか。画像は既出かもしれませんが、国会図書館のデジタルコレクションで見かけた1920年1月22日の官報掲載の広…

197 0 0 0 OA 流行性感冒

RT @sumidatomohisa: @sourd ありがとうございます!写真は1939年ころですね。 「ちょうど百年前の世界もパンデミック禍に覆われていた。」とありますが、1921年の流行は小さなものでした。2021年はどれほど大きな流行になるのかまったく分かりません。 h…
RT @sumidatomohisa: 鈴木晃仁 2005 クロスビー『史上最悪のインフルエンザ』書評『社会経済史学』 https://t.co/1N42uc7a3Z pdf 「少なくとも近年のウィルス学者が語るところによれば、1918~19年のインフルエンザ流行を、私たちが安…
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『鬼滅の刃』が生じさせる新たな聖地 : 「境界の融解」と「移動」に注目した考察 (河島一仁教授退職記念論集)” https://t.co/a2svDOmUhf
RT @morita11: “CiNii 論文 - 『鬼滅の刃』における〈怪物的なもの〉 : 資本主義の隠喩としての人喰い怪物” https://t.co/Z0XV6pkZ9p
RT @iamr0b0t4: 『生物学史研究』という学術誌で、「UMA(未確認動物)のいる科学史」なんていう非常に面白そうな特集があるということを知った。 これは取り寄せるより買った方が早いな。 CiNii 論文 -  特集 UMA(未確認動物)のいる科学史(2007年度シン…
RT @t_kawase: 松山陽平先生による書評。まさに「一刀両断」。僕も一応読んだけど、イスラーム神学に詳しくなくても「こんな“野蛮”な解釈で、千年以上続いてきた訳ねえだろ」と感覚的に思った。あの本を褒めていた人は反省するべき。/J-STAGE Articles - 飯山陽…
RT @khargush1969: 松山洋平(2018)「書評 飯山陽著『イスラム教の論理』新潮社」『オリエント』61(1): 74-78. https://t.co/4hLKAzhezK ああとても重要な書評がようやくオープンアクセスに。「イスラーム」をどう論じ表象するのかと…

197 0 0 0 OA 流行性感冒

@sekkai スペイン風邪でもさまざまなワクチンが使われたようです。 https://t.co/185HfSwSlR 内務省衛生局『流行性感冒』1922 https://t.co/6cBeZnPOgL https://t.co/n4LRw9we0Z https://t.co/i0aTcc0MWv
RT @hrk_book: 【宣伝】 私の初めての論文が『科学哲学』54巻1号に掲載されました。いわゆる規則のパラドックスに対してクリプキが与えた懐疑論的解決を再構成し、その整合性を擁護しています。 https://t.co/7VrdIkY4uR
RT @sumidatomohisa: 清水右郷 2021「トランスサイエンス概念をつくりなおす」『科学哲学』 https://t.co/wHjvp0XJnC 小林傳司 2007『トランス・サイエンスの時代―科学技術と社会をつなぐ』 https://t.co/SLNIgw0J…
清水右郷 2021「トランスサイエンス概念をつくりなおす」『科学哲学』 https://t.co/wHjvp0XJnC 小林傳司 2007『トランス・サイエンスの時代―科学技術と社会をつなぐ』 https://t.co/SLNIgw0JDc https://t.co/3N1n9irLPY

お気に入り一覧(最新100件)

今村 浩(1987)「ジェームズ・Q.ウィルソンの圧力団体論の展開とその特質:「政治組織論」を中心に2」 早稲田社会科学研究 (34), p87-110, 1987-03 早稲田大学社会科学部学会 / 1件のコメント https://t.co/MdX4Japb7Z https://t.co/QQYN82mx4B
今村 浩(1987)「ジェームズ・Q.ウィルソンの圧力団体論の展開とその特質:「政治組織論」を中心に2」 早稲田社会科学研究 (34), p87-110, 1987-03 早稲田大学社会科学部学会 / 1件のコメント https://t.co/MdX4Japb7Z https://t.co/QQYN82mx4B
今村 浩(1986)「ジェームズ・Q.ウィルソンの圧力団体論の展開とその特質:「政治組織論」を中心に1」 早稲田社会科学研究 (33), p85-105, 1986-10 早稲田大学社会科学部学会 / 1件のコメント https://t.co/e71hcIFbfU https://t.co/9queBLLES1 #政治学
今村 浩(1986)「ジェームズ・Q.ウィルソンの圧力団体論の展開とその特質:「政治組織論」を中心に1」 早稲田社会科学研究 (33), p85-105, 1986-10 早稲田大学社会科学部学会 / 1件のコメント https://t.co/e71hcIFbfU https://t.co/9queBLLES1 #政治学
◆岡 義達 (1953)「権力の循環と象徴の選択」 國家學會雑誌. 國家學會雑誌 66(11・12), 611-636, 1953-06 https://t.co/U8Ac6i1fP2 行動科学的なタイトルに見えますね。
ポジティブデータが出ない博士課程の頃のようだ。今週は、イカの論文も読んだのに! https://t.co/wNypjlV1F7
藤田菜々子(2003)「ミュルダールにおける累積的因果関係の理論」 経済科学 51(2), 63-81, 2003-09 名古屋大学大学院経済学研究科 / 1件のコメント https://t.co/Ot4GHxPli1 https://t.co/oYDv44QWvW #PTS #Merton #Myrdal #E
藤田菜々子(2003)「ミュルダールにおける累積的因果関係の理論」 経済科学 51(2), 63-81, 2003-09 名古屋大学大学院経済学研究科 / 1件のコメント https://t.co/Ot4GHxPli1 https://t.co/oYDv44QWvW #PTS #Merton #Myrdal #E
“CiNii 博士論文 - 近現代「沖縄」文学研究 : ジェンダー・暴力批判・戦争記憶継承” https://t.co/p1OdxZEIIZ 栗山雄佑 立命館大学, 博士(文学), 甲第1471号, 2021-03-31
小本恵照(2017)「リスクと不確実性:企業経営の視点から見た概念の検討」 駒大経営研究 48(1・2), 1-46, 2017-03 駒澤大学経営研究所 / 1件のコメント https://t.co/iW1fwxLrHJ https://t.co/vOGcYxsXlj #Luhmann #risk #経営学
小本恵照(2017)「リスクと不確実性:企業経営の視点から見た概念の検討」 駒大経営研究 48(1・2), 1-46, 2017-03 駒澤大学経営研究所 / 1件のコメント https://t.co/iW1fwxLrHJ https://t.co/vOGcYxsXlj #Luhmann #risk #経営学
PDFあり。 ⇒中 直一 「第一次世界大戦と日本のドイツ語学習雑誌 : 『獨逸語學雜誌』に於けるドイツ観の変遷」 『言語文化共同研究プロジェクト』(2020), (2021/5) https://t.co/qt2HbMLB6a
PDFあり。 ⇒中村 綾乃 「ドイツ革命とゾルフ : 帝国の終焉から新生共和国へ」 『言語文化共同研究プロジェクト』(2020), (2021/5) https://t.co/TjgDp9gXbw
誰かzipで送ってくれ。/ 中里 巧(1999)「初期フランクフルト学派からの衝撃:河上正秀「ドイツにおけるキルケゴール思想の受容」を読んで」 創文 (411), 20-22, 1999-07 創文社 / 1件のコメント https://t.co/IRdic6jkKH https://t.co/V459rKqDYN #実存主義 #批判さん #哲学 #社会哲学
誰かzipで送ってくれ。/ 中里 巧(1999)「初期フランクフルト学派からの衝撃:河上正秀「ドイツにおけるキルケゴール思想の受容」を読んで」 創文 (411), 20-22, 1999-07 創文社 / 1件のコメント https://t.co/IRdic6jkKH https://t.co/V459rKqDYN #実存主義 #批判さん #哲学 #社会哲学
芦名定道(2004)「キリスト教思想から見た海老名弾正」 『アジア・キリスト教・多元性』2号 https://t.co/Jig64niEIO
ゲストとしてお招きした会を契機に書かれたこの論文については ホストとしてアンサーを返すべきではないか、という気がだんだんしてまいりました。 いまさらながら。 加藤哲理(2017)「盲点を観ること:ルーマンの社会システム理論への存在論的批判」 https://t.co/lgp2KMD9Zc
竹沢泰子 「西欧中心的人種分類の脱構築に向けて」 川田と同特集。これもよい https://t.co/mUJebPVwHI
川田順造「民族と国民国家」 なかなかよい。 https://t.co/X7SB1mXsA3
萩原尊礼『地震はどうして起るか』 https://t.co/PDW73fnhJD
田口 茂(2021)「〈外〉と〈内〉の切断と接続:認知と生命の本質をめぐって」 認知科学 28(2), 211-216, 2021 日本認知科学会 / 1件のコメント https://t.co/taz4O2iBpZ https://t.co/a2z9eFifmM #哲学 #現象学 #認知科学
田口 茂(2021)「〈外〉と〈内〉の切断と接続:認知と生命の本質をめぐって」 認知科学 28(2), 211-216, 2021 日本認知科学会 / 1件のコメント https://t.co/taz4O2iBpZ https://t.co/a2z9eFifmM #哲学 #現象学 #認知科学
庄子 綾(2021)「カッシーラーの文化哲学の意義」 上智哲学誌 (33), 3-18, 2021 上智哲学誌編集委員会 / 1件のコメント https://t.co/LC9xOsK2ph https://t.co/QDufdL8toW #Cassirer #哲学
庄子 綾(2021)「カッシーラーの文化哲学の意義」 上智哲学誌 (33), 3-18, 2021 上智哲学誌編集委員会 / 1件のコメント https://t.co/LC9xOsK2ph https://t.co/QDufdL8toW #Cassirer #哲学
レーヴィット論めずらしいね。/遠藤健樹(2021)「哲学的人間学から思想史へ:一九三〇年代におけるレーヴィットによるハイデガー批判」 文化 84(3,4), 19-37, 2021-03-31 東北大学文学会 / 1件のコメント https://t.co/dI6RFWCvtL https://t.co/9m68RlcPWI #哲学 #Heidegger #Loewith
レーヴィット論めずらしいね。/遠藤健樹(2021)「哲学的人間学から思想史へ:一九三〇年代におけるレーヴィットによるハイデガー批判」 文化 84(3,4), 19-37, 2021-03-31 東北大学文学会 / 1件のコメント https://t.co/dI6RFWCvtL https://t.co/9m68RlcPWI #哲学 #Heidegger #Loewith
これたぶん読んでないな。/ハウケ・ブルンクホルスト「人権と主権は本当に矛盾しているか?」 産大法学 40(1), 136-118, 2006-07 京都産業大学法学会 / 1件のコメント https://t.co/9Ft7n0AfOU https://t.co/M0unPngGU5 #Luhmann #法学
これたぶん読んでないな。/ハウケ・ブルンクホルスト「人権と主権は本当に矛盾しているか?」 産大法学 40(1), 136-118, 2006-07 京都産業大学法学会 / 1件のコメント https://t.co/9Ft7n0AfOU https://t.co/M0unPngGU5 #Luhmann #法学
武者金吉[1935]「南米土人の地震予知について」『地震』7(2) https://t.co/5ZgXu6U3Zd
“CiNii 論文 - ディスタンスを考える : アン・ラドクリフ『ユドルフォー城の謎』の距離と恐怖表象 (特集 ゴシック)” https://t.co/JzAgGee9aH
“CiNii 論文 - 女性科学者と女性怪物 : 『フランケンシュタイン』と女性たち (特集 ゴシック)” https://t.co/uF4qbsBrBW
“CiNii 論文 - [研究論文]旅立ちとふるさとの始まり―映画『耳をすませば』と「カントリー・ロード」をめぐって” https://t.co/k7DZu8d87T ※本文リンクあり
“CiNii 論文 - スペイン風邪は宗教誌にていかに記録されたか : 『豊山派宗報』『新興』『智嶺新報』を中心に” https://t.co/ufSjzJ4Pwa
“CiNii 論文 - 台湾における日本ロボットアニメの受容と広がり : 『マジンガーZ』から『重甲機神Baryon』まで” https://t.co/VNzdDKMrGN
なぜかJ-STAGEから省かれている。 「佐々憲三先生の御逝去を悼む」 https://t.co/LQCmEEktRa
中村 征樹 - 科学技術基本法改正と人文・社会科学 【科学技術基本法の改正では、「人文科学のみに係るものを除く」という規定が削除され、人文・社会科学が科学技術・ イノベーション政策のなかに明確に位置づけられることになった。】 https://t.co/4t2uoT8QLr
ハチの巣作りロボットの研究  https://t.co/KdiCGdp3mh
シュテルン=ゲルラッハ実験の歴史的背景については、藤澤高志&大西直毅「Stern-Gerlach実験の歴史的背景と応用――断熱変化をテーマに」(『日本物理学会誌』第72巻第5号、2017)に解説あります。 https://t.co/UzQI4fFZVs

2 0 0 0 OA 文学断片

(承前)徳富蘇峰「言論の不自由と文学の発達」は『文学断片』(国民叢書第5冊、民友社、1894)にも収録されている。同書は国立国会図書館デジタルライブラリーで読めます。 https://t.co/CXPEN00FKJ https://t.co/dIr8BUNbxv
◆東京市社會局(1928)『日傭勞働者の日記』 https://t.co/kB1PokkBLN https://t.co/qhQhGN6rql
◆東京市社會局(1928)『日傭勞働者の日記』 https://t.co/kB1PokkBLN https://t.co/qhQhGN6rql
Source: https://t.co/k6WO8al5R1
ZIPで送ってください。/ 猪原 透(2021)「大正期の社会科学と科学主義をめぐる思想史的研究」 / 1件のコメント https://t.co/vt6qTDwlZs “立命館学術成果リポジトリ” https://t.co/dyTj9xFgIo #思想史
山田貴裕(2010)「反実在論と「真理値リンク」問題」 https://t.co/BoRmR7G2yi 麻生尚志(2010)「科学的反実在論と自然主義」 https://t.co/YM6Xk2fFdR
山田貴裕(2010)「反実在論と「真理値リンク」問題」 https://t.co/BoRmR7G2yi 麻生尚志(2010)「科学的反実在論と自然主義」 https://t.co/YM6Xk2fFdR
佐藤暁(2011)「ダメットは何をどのように分析することを意味理論探究と呼んでいるのか」 https://t.co/cWrpm4NP6G 佐藤暁(2012)「知識としての言語を話す能力」 https://t.co/ETG1RmBAt8
佐藤暁(2011)「ダメットは何をどのように分析することを意味理論探究と呼んでいるのか」 https://t.co/cWrpm4NP6G 佐藤暁(2012)「知識としての言語を話す能力」 https://t.co/ETG1RmBAt8
◆渡辺祐邦(1970)「ヘーゲルの「論理学」における生命の概念」 https://t.co/qZo5pGDxJj
わが国における政治システム論の展開(1976)https://t.co/8oMtDDhj1M 日本における政治システム論の紹介から浸透まで。
佐藤 勉(2004)「ルーマン理論における排除個人性の問題」 淑徳大学社会学部研究紀要 (38), 63-78. 淑徳大学社会学部 / 1件のコメント https://t.co/OIcPxMo4pV “佐藤 勉「ルーマン理論における排除個人性の問題」 - CiNii” https://t.co/yW0Ni4q4vJ #社会学 #Luhmann
佐藤 勉(2004)「ルーマン理論における排除個人性の問題」 淑徳大学社会学部研究紀要 (38), 63-78. 淑徳大学社会学部 / 1件のコメント https://t.co/OIcPxMo4pV “佐藤 勉「ルーマン理論における排除個人性の問題」 - CiNii” https://t.co/yW0Ni4q4vJ #社会学 #Luhmann
佐藤成基(2020)「文化社会学の課題:社会の文化理論にむけて」 社会志林 56(4), 93-126. 法政大学社会学部学会 / 1件のコメント https://t.co/1vSvIN7tAo “CiNii 論文 -  文化社会学の課題--社会の文化理論にむけて” https://t.co/EGRZZ1IPSy #社会学 #文化
佐藤成基(2020)「文化社会学の課題:社会の文化理論にむけて」 社会志林 56(4), 93-126. 法政大学社会学部学会 / 1件のコメント https://t.co/1vSvIN7tAo “CiNii 論文 -  文化社会学の課題--社会の文化理論にむけて” https://t.co/EGRZZ1IPSy #社会学 #文化
大黒屋貴稔(2012)「シュッツにおける2つの意味:R. Heiskalaによるシュッツの「意味」概念批判によせて」 ソシオロジカル・ペーパーズ (21), 27-35. 早稲田大学大学院社会学院生研究会 / “CiNii 論文 -  A.シュッツにおける2つの「意味」概念 : R. Heiskalaによるシュ…” https://t.co/q57UADBqcx
浅野智彦(2021)「オタク文化とジェンダー」 東京学芸大学紀要. 人文社会科学系. II (72), 141-154. 東京学芸大学教育実践研究推進本部 / 1件のコメント https://t.co/z0jMPJUBDN “CiNii 論文 -  オタク文化とジェンダー” https://t.co/hCbgyabnJx #社会学
浅野智彦(2021)「オタク文化とジェンダー」 東京学芸大学紀要. 人文社会科学系. II (72), 141-154. 東京学芸大学教育実践研究推進本部 / 1件のコメント https://t.co/z0jMPJUBDN “CiNii 論文 -  オタク文化とジェンダー” https://t.co/hCbgyabnJx #社会学
香 春(2019)「リチャーズによる哲学的メタファー論の復活」 名古屋大学人文学研究論集 (2), 205-227. 名古屋大学人文学研究科 / 1件のコメント https://t.co/nlxQL33Sor “CiNii 論文 -  リチャーズによる哲学的メタファー論の復活” https://t.co/J9yB7LnZe5 #修辞学 #文学研究
香 春(2019)「リチャーズによる哲学的メタファー論の復活」 名古屋大学人文学研究論集 (2), 205-227. 名古屋大学人文学研究科 / 1件のコメント https://t.co/nlxQL33Sor “CiNii 論文 -  リチャーズによる哲学的メタファー論の復活” https://t.co/J9yB7LnZe5 #修辞学 #文学研究
戒田郁夫(1966)「「近代化」論と日本の近代化」 關西大學經済論集 16(3), 317-338. 關西大学經済學會 / 1件のコメント https://t.co/CUO5coMdbN “CiNii 論文 -  「近代化」論と日本の近代化” https://t.co/VxUuws4MiQ #E #歴史学
戒田郁夫(1966)「「近代化」論と日本の近代化」 關西大學經済論集 16(3), 317-338. 關西大学經済學會 / 1件のコメント https://t.co/CUO5coMdbN “CiNii 論文 -  「近代化」論と日本の近代化” https://t.co/VxUuws4MiQ #E #歴史学
影山僖一(2020)「人間間の意思疎通と組織能力:ルーマンのコミュニケーション論研究序説」 千葉商大紀要 58(1), 55-72, 2020-07 千葉商科大学国府台学会 / “CiNii 論文 -  人間間の意思疎通と組織能力 : ルーマンのコミュニケーション論研究序説” https://t.co/gXM2vkEKHN #社会学 #Luhmann
“CiNii 論文 - ナチス時代の体制派美術の問題(1) : 大ドイツ美術展に女性の裸体画を出展した画家の経歴について” https://t.co/OaNu3uWEa0 ※本文リンクあり
“CiNii 論文 - 新・鬼師の世界―伝統の変容:周縁の再中心化―「講」を源流にもつカラオケ喫茶” https://t.co/V4VMcs0ePR ※本文リンクあり
“CiNii 論文 - [研究ノート]安政5年コレラ流行とおどけ長唄 :『しに行 三日轉愛哀死々』” https://t.co/5g3eAJ1AQw ※本文リンクあり
“CiNii 論文 - ネット社会における文通の現状” https://t.co/zf7iXNSSlB ※本文リンクあり
“CiNii 論文 - 1931年から1945年における日本製輸出用人型ロボット玩具の表象と受容” https://t.co/yOl9fcnxjj
ほえー / 「日本で家畜化されたもう一つの野生動物日本鹿」 https://t.co/IivW54ruDx
澤田唯人(2014)「隠喩的対話という技法:「語り得なさ」をめぐる当事者実践の社会学」 三田社会学 (19) / 1件のコメント https://t.co/quAqsgCXnR “CiNii 論文 -  隠喩的対話という技法 : 「語り得なさ」をめぐる当事者実践の社会学” https://t.co/F43vqUoevv #修辞学 #社会学
澤田唯人(2014)「隠喩的対話という技法:「語り得なさ」をめぐる当事者実践の社会学」 三田社会学 (19) / 1件のコメント https://t.co/quAqsgCXnR “CiNii 論文 -  隠喩的対話という技法 : 「語り得なさ」をめぐる当事者実践の社会学” https://t.co/F43vqUoevv #修辞学 #社会学
転位行動の諸問題 (大阪大学、前田嘉明) https://t.co/AN1zCP9WD9
お。これも公開されてるね。偉いぞ。 https://t.co/j1YTr8W05R
「ディルタイ+ルーマン」で検索すると、廳 茂先生の科研費データがヒットすることを知った。 https://t.co/jsyprCnGtj
Sacks, H. (1974) "On the Analyzability of Stories by Children," in R. Turner (ed.) Ethnomethodology, Penguin, Harmondsworth, pp. 216–232. https://t.co/5kPndOBaIK
◆松本 康(2003)「都市社会学の遷移と伝統」 日本都市社会学会年報 21 https://t.co/xSgS3nimjg
PDFあり。 ⇒瀧元 誠樹,増田 敦,金 誠,束原 文郎,出合 祐太 「ブルキナファソにおける野球の普及について」 『比較文化論叢 : 札幌大学文化学部紀要』26 (2011) https://t.co/MxjboQ0xZt
「東北地方の社会学の強みの 1 つは農村社会学の長い伝統…東北地方の農村研究のほとんどが英語で刊行されていない…東北地方の農村社会学者の一種の「自己規制」…東北地方(ないしは日本)は特殊な社会だから,そこから得られた知見は普遍性を持たない…」https://t.co/2FDYDWI0lh
“CiNii 論文 - 戦後の家庭料理に見られるマツタケ高級化の過程:―料理雑誌・漫画記述や採取者の意識から―” https://t.co/fVYI87AY7X ※本文リンクあり
“CiNii 論文 - 掃除機と電気冷蔵庫の普及を通してみるごみと人間の関係 : 高度経済成長期に着目して” https://t.co/mimFzZ7kYb ※本文リンクあり
松井勇起(2020)「メディア知識人論から見た加藤秀俊論:実感論争における他人指向型社会への評価に焦点を当てて」 情報メディア研究 19(1), 81-99, 情報メディア学会 / “CiNii 論文 -  メディア知識人論から見た加藤秀俊論:―実感論争における他人指向型社会への評価に焦…” https://t.co/H55EYLbF5P
◆高橋誠一郎(1932)『重商主義経済学説研究』 改造社 https://t.co/5xHqgbuqL4 https://t.co/XKwXphnc07
首藤明和(2021)「回族の結婚と「個人化」「親密な関係」「コミュニケーション・メディア」「予期構造」:N・ルーマン構成主義的認識論からの結婚研究に対する新たな問い」 中国21 54, 39-64, 2021-03 愛知大学現代中国学会 / “CiNii 論文 -  回族の結婚と「個人化」「親…” https://t.co/gU8tlUTa5g
宮嶋秀光(2020)「ルーマンのシステム論における人間学批判 : フンボルト人間学の研究(2)」 人間学研究 (18), 15-37, 2020-12-25 名城大学 / “CiNii 論文 -  ルーマンのシステム論における人間学批判 : フンボルト人間学の研究(2)” https://t.co/HlseiRqq0u #Luhmann
memo: J-STAGE Articles - 特集論文 乳児の体験世界に〈他者〉はいつ登場するのか https://t.co/yas4z6Rpno
アメンボ科昆虫 における走光性 の季節 的変化  https://t.co/q71Hav9f1i
※ご参考:「フッサールとフルッサー」 https://t.co/sXoKCy9p60 https://t.co/bkEJbb2JZn
ミミズって“Turn alternation(交替性転向反応)”示すのね。 ダンゴムシにおいては逃避の際に交替性転向反応の頻度が増すらしい。 https://t.co/bOtakUY6ey
ハッタミミズ研究 残された課題, 渡辺弘之 https://t.co/zmIKnczUGu
@bebe13572468 教科書と呼んでよいのかどうか若干自信がないので「的な」という書き方にしました。 少し古い本ですね。 こちらです。 https://t.co/l7OqfRWEXz
WEB公開されてないのな。/寺田喜朗(2008)「新宗教とエスノセントリズム:生長の家の日本中心主義の変遷をめぐって」東洋学研究 (45), 198-169, 2008, 東洋大学東洋学研究所 / “CiNii 論文 -  新宗教とエスノセントリズム--生長の家の日本中心主義の変遷をめぐって” https://t.co/TObm7SqLHo
井出裕久(2020)「『インタビューの社会学』を読み直す―書評とリプライを手がかりに」 大正大學研究紀要 (105), 132-115, 2020-03-15 https://t.co/yQmPnGlGwP / “CiNii 論文 -  『インタビューの社会学』を読み直す ― 書評とリプライを手がかりに ―” https://t.co/b5GWjkaUA8 #社会学
メモ https://t.co/miDQetdULL 建屋間ネットワークのデータ転送性能評価
生存学研究所が所蔵する障害者総合情報ネットワーク https://t.co/1g1aHF2WHf の資料についての文章をご紹介いたします。 ■塩野 麻子 「障害者総合情報ネットワークのアーカイヴィング・メソッド」 『立命館生存学研究』,第2号,pp.219-223. https://t.co/295fhP9IwT @ShinyaTateiwa
アリジゴクの大顎に直結する嗉嚢には、昆虫病原性微生物が共生していることが分かっている。それらの微生物は、アリジゴクの捕食行動を利用して他の昆虫に感染する。 参考 https://t.co/HKvvMfJwDa
@Cristoforou 突然すみません、別の作品でもそういう傾向があるのは実際に研究者さんの論文などでも確認ができます。これとかhttps://t.co/QbepBk9xfW
アウトリーチ活動である「アート×サイエンス IN 京都市動物園 アートで感じる? チンパンジーの 気持ち」の紹介およびチンパンジー向け映像鑑賞時のヒトとチンパンジーの視線計測の比較研究。https://t.co/8wbYLfVclB
これの前史、つまり竹内がいかに有名な「物理学者」になったのかについては少し前の『現代思想』に、「竹内時男とアインシュタイン」というのを書いた。https://t.co/CzLCu63jhI
伊藤 憲二: 竹内時男と人工放射性食塩事件 : 1940年代初めの科学スキャンダル, 科学史研究, 2019 年 57 巻 288 号 p. 266-283 https://t.co/uDaB54VSGk
ネット公開はまだですと。 https://t.co/AYOgTVKag4
国会図書館。 https://t.co/l0H0hkOcYn

フォロー(638ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @MomokoSuda: 5月の「学術の動向」に寄稿した文章がオンラインで公開されていました。昨年の科学ジャーナリスト賞に選んで頂いた毎日新聞での仕事『誰が科学を殺すのか』(毎日新聞出版)に基づく内容です。 J-STAGE Articles - 「科学技術の司令塔」の変…
RT @MomokoSuda: 5月の「学術の動向」に寄稿した文章がオンラインで公開されていました。昨年の科学ジャーナリスト賞に選んで頂いた毎日新聞での仕事『誰が科学を殺すのか』(毎日新聞出版)に基づく内容です。 J-STAGE Articles - 「科学技術の司令塔」の変…
RT @MomokoSuda: 5月の「学術の動向」に寄稿した文章がオンラインで公開されていました。昨年の科学ジャーナリスト賞に選んで頂いた毎日新聞での仕事『誰が科学を殺すのか』(毎日新聞出版)に基づく内容です。 J-STAGE Articles - 「科学技術の司令塔」の変…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大澤 絢子 「「物語る」歴史学―親鸞と恵信尼はなぜ夫婦なのか」 『学際日本研究』第1巻 (2021/3) https://t.co/SZbsTyHiCh
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒韓相允 「1970年代の日本における「オカルト」概念の受容と展開 ―「密教ブーム」との関係を中心として―」 『学際日本研究』第1巻 (2021/3) https://t.co/t5WTEAARFO
RT @rmsi_isng: スマホ利用者はフリック入力の方向によって単語の印象が変わってしまうという研究結果。 指先が変える単語の意味 https://t.co/12P36qfJbK
RT @Hyla_Ecosystem: @oikawamaru 餌台が(餌付けされる鳥にとっての)感染症リスクになるというのは言われていますね。例えばスズメのサルモネラによる集団死が報告されています 個人的には庭先が原因でこういうことが起こっても気づける人がいないというのも問題…
RT @ariga_prdgmmkr: 補足しておくと、「既視感」というのは解説でも引用していただいているこれのことです→ CiNii 論文 -  科学技術白書に見る「技術革新」の意味合いの変遷 https://t.co/GBmOj2Rh2R #CiNii
RT @ariga_prdgmmkr: 補足しておくと、「既視感」というのは解説でも引用していただいているこれのことです→ CiNii 論文 -  科学技術白書に見る「技術革新」の意味合いの変遷 https://t.co/GBmOj2Rh2R #CiNii
補足しておくと、「既視感」というのは解説でも引用していただいているこれのことです→ CiNii 論文 -  科学技術白書に見る「技術革新」の意味合いの変遷 https://t.co/GBmOj2Rh2R #CiNii

3 3 3 0 OA 問題を語る

RT @chemical_tree: Shared Taskの意義のところは本当にその通りだと思います。ベンチマークの意義については乾さんのこちら(https://t.co/uXHZamEcrK)の記事も核心を突いてるので未読の方は読むのをおすすめします。 EDCW ワークシ…
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
こちらもお読みいただけると幸いです。 ・「解題 第68回大会テーマ部会B報告 : ワークショップ時代の統治と社会記述 : まちづくり・ワークショップ・専門家」https://t.co/fGNRyLw5BD ・「専門知と地域の人々のあいだで : 放射線リスクコミュニケーションの経験から」https://t.co/QvqX2XMZij
こちらもお読みいただけると幸いです。 ・「解題 第68回大会テーマ部会B報告 : ワークショップ時代の統治と社会記述 : まちづくり・ワークショップ・専門家」https://t.co/fGNRyLw5BD ・「専門知と地域の人々のあいだで : 放射線リスクコミュニケーションの経験から」https://t.co/QvqX2XMZij
米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXGkf https://t.co/G17O5m3nVH #Bergson
米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXGkf https://t.co/G17O5m3nVH #Bergson
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
RT @ikegai: すばら、おそらく日本語で初めてのCDL検討論文。早速令和3年改正著作権法31条絶版等資料送信との関わりも。図書館アーカイブ著作権関係の皆様必読です。/Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https:…
RT @NDLJP_en: The article "Christmas in Deshima" tells you how Christmas was celebrated secretly in Deshima in old times. https://t.co/4vc…

72 72 72 0 OA 日蓮の国へ

RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
RT @SuyamaToru: 機巧図彙には、和時計の機構について丁寧に書かれています。江戸時代に既にこんな機構があったと思うとすごいです。そして、不定時法に合わせるために天符を加えて工夫したのがまたすごい。 https://t.co/HK8lfJmdyR
色覚サポートメガネ系の話は、メリットを語ると同時にデメリットもちゃんと語ってほしいと思う。これは眼科の先生たちと意見が一致する部分。識別がしやすくなる部分がある半面、逆にこれまで識別できていたところが見分けにくくなることがある。それは原理的にそうなので。https://t.co/FMz70EscxK https://t.co/8lIFDYJOKl
ふらっとこんな論文見つけた。この著者の論文は以前にも読んだが、相変わらず面白い。 鈴木雅博「下校時刻は何の問題として語られたか:―時間外の仕事に規範を結びつけて解釈すること―」『教育社会学研究』(2019) https://t.co/3iRmlL2zHO
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 曾文莉 - 台湾映画における日本の表象の変遷 (1895-2015) https://t.co/nVkyGjeWSe
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @kosukedesu: 田中先生による1973年のロールズ先生『正義論』のご紹介。学生さんに今もアンチョコとして紹介できそうです。しかも、準教科書にした『法学入門』と同じ先生という感がしない方法論関連の深いご見識。広く深いご見識は昔からなのだな、と素直に思います。あと一…

2 1 1 0 OA 書評

むかし懐かしい(?)「廣松ってけっきょくマッハじゃん」ふうの批判の現代哲学バージョンをみせてくれもする。 中川大:野矢『他者の声 実在の声』書評 『科学哲学』39-2、2006年、116頁 https://t.co/HDmAbqStEG https://t.co/Oqz3DeP5g7
RT @myuuko: 嬉し泣きについて,8-9歳児は嬉しくて泣いたことを理解できるけど,5歳児は泣いた理由がわからなかったり「悲しくて泣いた」と判断するよという研究。日本語オープンアクセス。/ 幼児・児童の喜びによる泣き場面での他者感情推測 https://t.co/Daif…
◆木戸 淳(1995)「日経連『新時代の「日本的経営」』批判──「人間中心の経営」の欺瞞をつく」 労働運動 (362), p164-175, 1995-07 新日本出版社 https://t.co/xYyBEYFaBa
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第三回が無料オンライン公開されました! https://t.co/XrJRhvDJHn
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @NDLJP_en: NAKAYA Ukichiro was a Japanese physicist who created the world’s first artificial snow. Learn more about him and his contempo…
@vorotamoroz ありがとうございます。こういう研究は21世紀になってからです。R-Gの弁別の話以外にも、L-Mの比較に負荷がかかる状態でSの応答の違いを見るようなタスク(割とある状況です)は2色覚有利というのは当然とはいえちゃんと確かめた研究などわりと最近で面白いです。https://t.co/wPLs4ydI3A

フォロワー(1860ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @MomokoSuda: 5月の「学術の動向」に寄稿した文章がオンラインで公開されていました。昨年の科学ジャーナリスト賞に選んで頂いた毎日新聞での仕事『誰が科学を殺すのか』(毎日新聞出版)に基づく内容です。 J-STAGE Articles - 「科学技術の司令塔」の変…
RT @MomokoSuda: 5月の「学術の動向」に寄稿した文章がオンラインで公開されていました。昨年の科学ジャーナリスト賞に選んで頂いた毎日新聞での仕事『誰が科学を殺すのか』(毎日新聞出版)に基づく内容です。 J-STAGE Articles - 「科学技術の司令塔」の変…
RT @MomokoSuda: 5月の「学術の動向」に寄稿した文章がオンラインで公開されていました。昨年の科学ジャーナリスト賞に選んで頂いた毎日新聞での仕事『誰が科学を殺すのか』(毎日新聞出版)に基づく内容です。 J-STAGE Articles - 「科学技術の司令塔」の変…
RT @myuuko: 昨日あたり話題になってたような気がした。 J-STAGE Articles - 「心理学研究」の新心理尺度作成論文に記載された尺度作成の必要性 https://t.co/CzOmxKsq3l
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒大澤 絢子 「「物語る」歴史学―親鸞と恵信尼はなぜ夫婦なのか」 『学際日本研究』第1巻 (2021/3) https://t.co/SZbsTyHiCh
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒韓相允 「1970年代の日本における「オカルト」概念の受容と展開 ―「密教ブーム」との関係を中心として―」 『学際日本研究』第1巻 (2021/3) https://t.co/t5WTEAARFO
RT @rmsi_isng: スマホ利用者はフリック入力の方向によって単語の印象が変わってしまうという研究結果。 指先が変える単語の意味 https://t.co/12P36qfJbK
RT @ariga_prdgmmkr: 補足しておくと、「既視感」というのは解説でも引用していただいているこれのことです→ CiNii 論文 -  科学技術白書に見る「技術革新」の意味合いの変遷 https://t.co/GBmOj2Rh2R #CiNii
RT @ariga_prdgmmkr: 補足しておくと、「既視感」というのは解説でも引用していただいているこれのことです→ CiNii 論文 -  科学技術白書に見る「技術革新」の意味合いの変遷 https://t.co/GBmOj2Rh2R #CiNii
補足しておくと、「既視感」というのは解説でも引用していただいているこれのことです→ CiNii 論文 -  科学技術白書に見る「技術革新」の意味合いの変遷 https://t.co/GBmOj2Rh2R #CiNii

3 3 3 0 OA 問題を語る

RT @chemical_tree: Shared Taskの意義のところは本当にその通りだと思います。ベンチマークの意義については乾さんのこちら(https://t.co/uXHZamEcrK)の記事も核心を突いてるので未読の方は読むのをおすすめします。 EDCW ワークシ…
RT @DN_networks: 【拡散希望&感謝】 アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhqoIqK #CiNii 250館突入しておりました。皆さんのおかげです。次は300館を目指したいので引き続きリクエストぜひ…

118 32 32 1 OA 国体の本義

RT @ShinHori1: 昭和戦前の政府(文部省)は「君臨すれども統治せず」という英国流の発想を否定し、天皇御親政が本来の日本の姿だと主張し、国民をそのように教育していました。 https://t.co/djUMVecqwW https://t.co/XLhHWOxD1b
RT @bar1star: マジかよと思ったらマジっぽい (この2007年の論文では納豆アレルギー7例のレビューで全て若年男性、アナフィラキシー様症状が5-14時間後の発症とやや長め、原因としてポリガンマグルタミン酸の関与が疑われるところまで記載されている) https://…
RT @NakanishiyaSh: アニメーション研究/21 巻 (2020) 2 号 #書評 J-STAGE Articles - 永田大輔・松永伸太朗編著(2020)『アニメの社会学 アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論』(評者:萩原 由加里) https://t.…
RT @contractio: 米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXG…
RT @contractio: 米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXG…
【本日掲載】 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1164「台湾の国連機関参加に向けた取組」 「2020 年に世界中に広がった新型コロナウイルス感染症への対応を契機に、台湾の国際機関の参加に対する支持は国際的な高まりを見せている。」 【国立国会図書館(PDF)】→ https://t.co/lkOHtRglqJ https://t.co/iiGifqG4Bp
こちらもお読みいただけると幸いです。 ・「解題 第68回大会テーマ部会B報告 : ワークショップ時代の統治と社会記述 : まちづくり・ワークショップ・専門家」https://t.co/fGNRyLw5BD ・「専門知と地域の人々のあいだで : 放射線リスクコミュニケーションの経験から」https://t.co/QvqX2XMZij
こちらもお読みいただけると幸いです。 ・「解題 第68回大会テーマ部会B報告 : ワークショップ時代の統治と社会記述 : まちづくり・ワークショップ・専門家」https://t.co/fGNRyLw5BD ・「専門知と地域の人々のあいだで : 放射線リスクコミュニケーションの経験から」https://t.co/QvqX2XMZij
米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXGkf https://t.co/G17O5m3nVH #Bergson
米田 翼(2021)「適応と再認:ベルクソンの行動の進化論」 年報人間科学 (42), 15-29, 2021-03-31 大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室 / 1件のコメント https://t.co/uPXK4rXGkf https://t.co/G17O5m3nVH #Bergson

1 1 1 0 OA 小供遊

『子供遊』はこちら。 https://t.co/lkbl4yMh0K ちなみに最終ページにはなんともおだやかならぬ落書きも確認でき、「古典籍資料にみえたる如何はしき落書き」も収集してる身としては非常に情報価値の高い一冊でした。ほんと男子、進化してないよ。 (画像は貼りませんけど) https://t.co/dPOcDKEW2D
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
川端康雄・金沢徹文(2019)「「ポジティブな病いの語り」が与える生きづらさ」 質的心理学フォーラム11(0) https://t.co/uCDgiUe7Hs / 1件のコメント https://t.co/Hz2SF9b8z5 https://t.co/lG284W6Au0 #行動分析 #ポジティブ心理学 #積極思考
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 大阪環状線各駅の位置を含めた認知度に関する研究(土井 亜香里ほか),2017 https://t.co/rf0IkeOmvo 大阪環状線は大阪市営地下鉄御堂筋線に比べ,乗車人員も少なく,人々から親しまれていない懸念がある.…
RT @schrift_sprache: How many Meiji period books in Japanese but with a parallel title in Latin are you aware of? "Res c[=g]estae Japonien…
RT @ikegai: すばら、おそらく日本語で初めてのCDL検討論文。早速令和3年改正著作権法31条絶版等資料送信との関わりも。図書館アーカイブ著作権関係の皆様必読です。/Controlled Digital Lendingのフェア・ユース該当性と日本法への示唆 https:…

72 72 72 0 OA 日蓮の国へ

RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
RT @inudaisho: @A_KIBA @mogizm 戦前に外房は「ぐわいぼう」、外房州は「そとぼうしゅう」とふるがなをうつ例がある https://t.co/4hVwsr5zbT https://t.co/KHRDiV1fxQ
【拡散希望&感謝】 アニメの社会学 : アニメファンとアニメ制作者たちの文化産業論 https://t.co/4ARhhqoIqK #CiNii 250館突入しておりました。皆さんのおかげです。次は300館を目指したいので引き続きリクエストぜひお願いいたします。
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 劉菁菁 - 和歌集における「羈旅」の部立と官僚たちの旅歌 : 『万葉集』から『古今和歌集』へ https://t.co/OcPLAZj5Tm
RT @SuyamaToru: 機巧図彙には、和時計の機構について丁寧に書かれています。江戸時代に既にこんな機構があったと思うとすごいです。そして、不定時法に合わせるために天符を加えて工夫したのがまたすごい。 https://t.co/HK8lfJmdyR
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
マスコミは常に批判する存在なんだな…… https://t.co/qAXSxUS7Pn https://t.co/gvViMN2gpw
ふらっとこんな論文見つけた。この著者の論文は以前にも読んだが、相変わらず面白い。 鈴木雅博「下校時刻は何の問題として語られたか:―時間外の仕事に規範を結びつけて解釈すること―」『教育社会学研究』(2019) https://t.co/3iRmlL2zHO
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 曾文莉 - 台湾映画における日本の表象の変遷 (1895-2015) https://t.co/nVkyGjeWSe
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…

2 1 1 0 OA 書評

むかし懐かしい(?)「廣松ってけっきょくマッハじゃん」ふうの批判の現代哲学バージョンをみせてくれもする。 中川大:野矢『他者の声 実在の声』書評 『科学哲学』39-2、2006年、116頁 https://t.co/HDmAbqStEG https://t.co/Oqz3DeP5g7
RT @myuuko: 嬉し泣きについて,8-9歳児は嬉しくて泣いたことを理解できるけど,5歳児は泣いた理由がわからなかったり「悲しくて泣いた」と判断するよという研究。日本語オープンアクセス。/ 幼児・児童の喜びによる泣き場面での他者感情推測 https://t.co/Daif…
◆木戸 淳(1995)「日経連『新時代の「日本的経営」』批判──「人間中心の経営」の欺瞞をつく」 労働運動 (362), p164-175, 1995-07 新日本出版社 https://t.co/xYyBEYFaBa
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第三回が無料オンライン公開されました! https://t.co/XrJRhvDJHn
RT @Yamamoto0509: ファイザーワクチン接種28日後にすっごいレアな場所に静脈血栓症をきたした症例報告が日本循環器学会誌に載ってました
RT @NICHIBUNKENkoho: 【お知らせ】湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で昨年開催された「京都からやってきた妖怪たち 国際日本文化研究センターコレクション」の簡易図録がオープンアクセスで公開されました。 https://t.co/vP5wuQ…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
J-STAGE Articles - 板橋義三「アルタイ諸言語(含朝鮮語)と日本語」に対するコメント https://t.co/NHvr2A0hCE
RT @yatabe_: 連載講座「短時間フーリエ変換入門」の第三回が無料オンライン公開されました! https://t.co/XrJRhvDJHn
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
RT @schembart10: 赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙…
赤江雄一「環境史の鍵概念としての主観性と史料探索の今後」『史學』89(1・2), 137-145, 2020-10 https://t.co/GXXr2pKYDk リポジトリでも公開されてます!https://t.co/gB6v6HVQqQ 拙論も注で取り上げてもらってて、嬉しい限りです。
RT @Yamamoto0509: ファイザーワクチン接種28日後にすっごいレアな場所に静脈血栓症をきたした症例報告が日本循環器学会誌に載ってました
RT @NDLJP_en: NAKAYA Ukichiro was a Japanese physicist who created the world’s first artificial snow. Learn more about him and his contempo…
CiNii 論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUGJeL #CiNii そういう意味でこの池上論文って今の10倍くらい参照される可能性のある議論が眠ってる気がするんですよね(池上さんの論文ではこれが一番好きです)
RT @yukiyoshikawa89: 『質的心理学フォーラム』掲載の1年前ほど前の論文ですが、Web公開されているようです。 ご関心があればぜひ。 #EMCA 吉川侑輝, 2020, "音楽活動のなかのマルチモダリティ: 演奏をつうじたアカウンタビリティの編成," 質的心…